スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界初となる大規模BitTorrentライブストリーミングコンサート実験が実施される

以下の文章は、TorrentFreakの「World’s First BitTorrent Powered Live Streamed Concert」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:World’s First BitTorrent Powered Live Streamed Concert
著者:Ernesto
日付:October 24, 2009
ライセンス:CC by-sa

本日、あるユニークなイベントが、ノルウェー北部の映画館で開催される。EUが資金提供するP2P-Nextプロジェクトの開発したSwarmplayerソフトウェアを使用した初のライブコンサートが、BitTorrentテクノロジーを利用してインターネット上でブロードキャストされる。

Northern Research Institute (Norut)によって開設されたFar North Living Labは、デジタル・クリエイティビティのためのプラットフォームの構築を目指している。このプロジェクトは、今年初め、大きなスクリーンに解像度2K(2048×1080)の映画をストリーミングするため、BitTorrentクライアントTriblerを用いるという素晴らしい実験から始まった

このストリーミング実験でブロードキャストされたのは、あらかじめ選択された一部のグループに限られ、インターネット全体で利用できるというものではなかった。しかし今日、プロジェクトの研究者たちは、より大きなスケールでBitTorrentストリーミングの第2実験を行うことになった。今回は、音楽のライブ・パフォーマンスをライブストリーミングで、世界中の全ての人々が視聴できるようブロードキャストされる。

「映画館でのセットアップは実にシンプルです。ごく一般的なコンピュータをオーディオ/ビデオミキサーに接続し、それをP2Pネットワークにフィードするというだけですから。」と同プロジェクトに携わる上級研究者Njål Borch博士はTorrentFreakに語った。

ライブ・パフォーマンスをストリーミングするため、彼らはEUが資金提供を行なっているP2P-Nextプロジェクトが開発したソフトウェアを使用する。また、複数のパートナーが、実験をスムースに行えるよう帯域を提供することになっている。

パフォーマンスはトロムスの映画館オーロラ・キノで開催されるInsomniaエレクトロニック・ミュージック・フェスティバルの一部として行なわれる。さらに刺激的なことに、同プロジェクトはInsomniaと同時並行して開催される北京のNotchフェスティバル、さらにノルウェー北部にあるシェルヴォイの会場にもライブフィードされる。

しかし、今回のブロードキャストはパブリックなものであり、インターネット接続を有していれば誰でも視聴できる。このストリーミング配信を視聴するために唯一必要なのは、Swarmplayerソフトウェアまたはブラウザ・プラグイン(Windowsのみ)だけである。いずれも、プロジェクトのウェブサイトからリンクされている。

Borchは、このBitTorrentストリーミング実験は、単なるコンセプトの証明に留まらず、最終的にはインターネットにおける未来のライブストリーミングにとって重要な役割を果たすだろうと言う。

「ライブストリーミング時のスケーラビリティが高いのであれば、これは膨大な帯域コストを要せず、相当数の視聴者を増やすことが出来るでしょう。私が可能性を感じているもう1つの効果として、帯域の増強が非常に容易になるということもあります。シードボックスを設置して、当該のTorrentにつなぐだけでよいのです。管理者権限が必要になるというものでもありません。」と彼はTorrentFreakに語った。

このワールド・プレミアに参加したいという方は誰でも、ブロードキャストが開始される中央ヨーロッパ標準時午後5時より受信できる。問題が生じない限り、プドフキンの1926年の映画『Mother』の新たなサウンドトラックからのライブパフォーマンスを視聴できるだろう。

Update: ブロードキャストは終了した。しばらくの間、人々がこのストリーミング技術をテストできるよう、現在は5分間のコンサートのクリップがストリーミングされている。実験は世界中のユーザからの訪問を受け、大成功に終わった。

スポンサーサイト

CXCR6:BitTorrentにてフリーなアルバムリリースを行うネットレーベル

以下の文章は、TorrentFreakの「Netlabel Shares Music on BitTorrent Sites, for Free」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Netlabel Shares Music on BitTorrent Sites, for Free
著者:Ernesto
日付:January 08, 2009
ライセンス:CC by-sa

数多くのミュージシャンたちが、BitTorrent上で自らの音楽を無料で提供するという実験に乗り出している。このトレンドは、BitTorrentコミュニティをターゲットにしたニューアルバムのリリースを行う新たなネットレーベル CXCR6の結成に繋がった。我々はその設立者にコンタクトをとり、無料の音楽をプロモートする彼の動機について話を伺った。

伝統的なレコードレーベルとは異なり、CXCR6は契約を行うことも、参加アーティストの音楽著作権に口を出すこともない。CXCR6は非営利で運営され、多くの人々が利用可能な形でオープンには音楽を配信することを目的としている。まさに、BitTorrentが最適な領域だ。

同レーベルは、よく知られたBitTorrentサイト、たとえばThe Pirate BayやDemonoid、What.cd、Waffles.fm、Indietorrentなどで、そのアーティストのアルバムを配信している。もちろん、これら以外のサイトにリークしたとしても、むしろありがたいことだと考えるだろう。TorrentFreakでは、ミュージシャンでもある同レーベルの設立者の1人、Lloyd Coxに話を伺った。我々は彼に、どのようにしてレーベルを運営しているのか、なぜ彼がBitTorrentをそれほどまでに音楽共有の優れた手段であると考えているのか、について尋ねてみた。

Lloydは我々に、CXCR6は集団的ではあるが、しかしレーベルとして機能しているのだという。「基本的にはリソースをプールしているので、レーベルとして機能しています。『レーベル』の下で、基本的に我々が得た全てのプロモーションをシェアします。その理由は、全てがCXCR6に返ってくるものだと考えているためです。したがって、あるアーティストが人気を獲得したとすれば、別のアーティストもそれを通じてプロモーションされ、ダウンロードされることになります。」と彼は説明する。

レーベルの主な目的は、どのような形であれ、可能な限り、そして無料でアーティストをプロモーションすることにある。「単に音楽をプロモーションするのと同時に、我々は一般的なレーベルがするように、様々なサイトや出版物にレビューを送付しています。私たちはCXCR6にて何も売ることはありませんが、PayPalを利用してアーティストに直接ドネーション(寄付)を行うことができます。」とLloydは言う。

CXCR6は、ネットレーベルとしてまさにスタートを切ったばかりではあるが、既に同レーベルには5名のアーティストが参加している。そして、そのうちの3組 Xihilisk、Slicepad、Severnは既に自身のアルバムを公開している。その他の2組のミュージシャンもそれに続く予定となっている。Lloyd自身、既にBitTorrentをプロモーションツールとして利用した経験があるという。昨年、彼は自身のアルバムをDemonoidにて独占的にリリースした。

この経験が、こうしたコンセプトに他のミュージシャンを参加させようと促すことに繋がった。「私が出会ったアーティストたちは、非常に優れた音楽を作っていたのですが、しかし、彼らの実力に見合った数の人々に聞かれてはいません。CXCR6は、膨大な数の人々に音楽を届ける可能性が開かれるかも知れません。」

「私はここ数年、BitTorrentを使って私自身の音楽を共有してきました。ただ、CXCR6の前身となったのは、What.cdの未契約のミュージシャンたちによる2,3枚のコンピレーションアルバムから来ています(日本語訳記事)。それらは2,3ヶ月でほぼ30,000ダウンロードを達成しました。このことが、新たな音楽のプロモーションのためにBitTorrentを利用することが正しい方向なのだと理解させてくれたのです。私はこれ以外に、誰も聞いたことのないアーティストたちによる複数枚のコンピレーション3万回以上ダウンロードさせることのできる方法を知りません。」

「BitTorrentは究極の利便性を提供してくれます。」とLloydは説明する。「新しい何かを無料で試すことができる、もしそれが気に入らなければ、ただ消せばよいのです。それを本当に気に入ったら、アーティストに寄付をしたり、CDを購入したり、ライブに行ったりしてサポートすることもできるのです。それに、ただで手に入るのを嫌いだという人はいないでしょう?」

その点には我々も同意せざるを得ない、よね?

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
表示中の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。