スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米法廷、「無実のユーザ」を含みうるとして著作権トロールをはねつける

原典:TorrentFreak
原題:Court Refuses To Allow Copyright Troll To “Ensnare” Innocent Subscribers
著者:enigmax
日付:January 25, 2013
ライセンス:CC BY

米国の著作権トロールに対する新たな勝利がもたらされた。裁判所は無実の可能性があるインターネット加入者から ポルノ企業が金をむしりとる見込みを大きく減じた。ビットトレントで海賊行為を行ったとされる110人を被告としたこの裁判では、 原告が収集したIPアドレスに基づく証拠から「罠にかかった」無実のインターネット加入者を 除外する方法が説明できず、裁判自体が取り下げられた。

米国、英国、ドイツで顕著に見られる著作権トロール裁判は、数十万の人々を不幸に追い込んでいる。

著作権トロール裁判が抱えている問題は多い。著作権者のコンテンツをネット上で違法に共有したとして現金を要求しているのは、攻撃的、過剰、皮肉なだけではなく、しばしば無実の人々をターゲットにしさえする。

著作権トロールの多くがアダルト産業に関わっているが、彼らがIPアドレスを証拠として訴訟相手を特定する場合、インターネット接続の加入者をターゲットにしている。そして彼らは、実際の著作権侵害者がインターネット接続の加入者ではない可能性が十分にあることも理解している。

残念なことに、彼らは無辜のインターネットユーザを巻き込む可能性をまったく気にかけてはいない。しかし、法廷がそれを考慮するならば喜ばしい限りである。

Third Degree Films v Does 1-110の裁判では、アダルトビデオ会社Third Degree Filmsがニュージャージー連邦地裁に110人のビットトレントユーザの身元について証拠開示手続きを求めた。いつものことながら、同社は被告らのISPに氏名、住所、電話番号、電子メール、MACアドレスなどの個人情報を開示する命令を出すよう判事に求めた。もちろん、開示されればいつものごとく「支払え、さもなくば……」という脅しをかけるつもりだったのだろう。

判事が指摘したの最初の問題は、訴訟の併合についてだった。マーク・フォーク判事は、1つの訴訟ですべての被告の著作権侵害を併合することを認めないとしたフェイス・S・ホッホバーグ判事の判決を引用し、全面的に同意すると述べた。この原則のもと、フォーク判事は110の身元不明の被告のうち109をThird Degreeの申し立てから除外した。

そうして1人の被告のみが残されることになったのだが、このアダルト会社は唯一残されたこの個人から勝利をもぎ取ることはできたのだろうが? 一言で言えば、ノー。他の管区の複数の判事と同じように、フォーク判事もIPアドレスは個人を特定しないという認識を示した。

「実際には、違反者は加入者以外の誰かかもしれない。たとえば、加入者の家族の誰か、加入者の家を訪れた客、もしくはネットワークにアクセスできた近所の住人かもしれない」と判事は判決の中で述べている。

さらにフォーク判事は、この種の証拠の弱さは無実の人物を被告として特定してしまう可能性があるとした。

「原告が求める証拠開示手続きにより、多数の無辜のインターネットユーザが訴訟の負担を課せられる可能性がある。これは原告の証拠開示手続きの必要性を上回る」

「原告の申し立てを認めた場合、無実の人物の個人情報を原告が得る可能性がある」

しかしフォーク判事は、著作権トロールが実際の侵害ユーザを特定する際の難しさを認め、残された一人の被告を特定するための命綱を投げた。

「法廷は、本決定で示された無実の個人の可能性に関する法廷の懸念に対処する詳細な計画について説明することを条件に、ジョン・ドゥ1に対する新たなディスカバリの申し立てを原告に認める」

言い換えると、このアダルト会社がインターネット料金を支払っている個人ではなく、実際の著作権侵害者の情報開示を求めていると法廷に認めさせれば、ISPから個人情報の開示を得ることができる、ということだ。

しかしこれはThird Degreeの能力を超えていたようである。翌日、彼らはすべての訴訟を取り下げた。トロールの敗北、常識の勝利。

この手の訴訟はもはやビジネス化しているがゆえに、一層たちが悪いというところもあるのだが、一方で、ポルノが違法に共有されやすいという問題も背景にはあるんだよね、これ。

どうも一部の法律事務所が売り込みに回っているらしくて、大手はそそのかされたりはしないんだろうけど、中小だと経営の苦しさやコンプライアンス意識の低さゆえに乗っかってしまうこともあるんだろうね。

スポンサーサイト

史上最大の海賊サイト、パイレート・ベイの9年間を振り返る

以下の文章は、TorrentFreakの「Pirate Bay Celebrates 9th Anniversary, a Brief History」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Pirate Bay Celebrates 9th Anniversary, a Brief History
著者:Ernesto
日付:September 15, 2012
ライセンス:CC BY

今日、パイレート・ベイは9周年を迎える。そこで、この類まれなるウェブサイトの足跡を振り返ってみよう。パイレート・ベイは友人同士の趣味のプロジェクトとして2003年にスタートし、そこからインターネット上で最大のウェブサイトの1つにまで成長した。パイレート・ベイは世界的なアイコンとなり、ハリウッドその他のエンターテイメント産業からは嫌悪され、その一方で膨大なファイル共有ユーザからは愛されている。

2003年9月15日、パイレート・ベイはスウェーデンの親文化団体Piratbyran(The Bureau of Piracy)によって設立された。

当時、スウェーデンにはファイル共有ネットワークがなかったため、Piratbyranは比較的新しいBitTorrentプロトコルを採用し、パイレート・ベイをローンチした。

当初、共同設立者のピーター・スンデ(Brokep)とフレドリク・ネイジ(TiAMO)、ゴッドフリード・ソヴァーソルム(Anakata)は、スカンジナビアのBitTorrentコミュニティを構築することを目標に掲げていた。

「その当時、Suprnovaという大手BitTorrentサイトはあったが、そこは世界中のコンテンツの集積を目的にしていた。僕らとPiratbyranはもっとスウェーデンやスカンジナビアのコンテンツを集めたかった。だから、僕らは大きな図書館を運営することにした。それがパイレート・ベイだよ」

その頃のパイレート・ベイのシステムは、お世辞にも優れたものとは言えず、極めて簡素なものだった。

パイレート・ベイのローンチ直後は、Anakataが当時勤めていたメキシコの会社のサーバーでホストされていた。

その2、3ヶ月後にはスウェーデンに移動し、TiAMOのラップトップ(Celeron 1.3GHz、256MB RAM)でホストされた。

パイレート・ベイのシステムは、トラッカー機能を含め、この1台に集約されていた。

パイレート・ベイのサーバー

しかし、サイトとトラッカーを維持するために更なるサーバー・パワーが必要とされるまでには、それほど時間はかからなかった。ビジターが増え続けたのだ。

サイト開始から1年後の2004年までに、パイレート・ベイのトラッカーは100万のピアと60,000以上のトレントファイルをトラッキングしていた。そして同じ頃、サイトの創設者たちは、パイレート・ベイにアクセスをしているのは、スカンジナビアのユーザだけではないことに気づいた。

実際、ユーザの80%はスカンジナビア以外の地域からアクセスしていた。パイレート・ベイチームは、世界的な人気をさらに加速させるため、サイトのデザインを一新した。そして2005年7月、複数の言語で利用できるようになった。

デザイン変更前のパイレート・ベイ

こうした変更により、パイレート・ベイの成長はさらに加速した。2005年までにパイレート・ベイがトラッキングするピア数は2,500,000にまで増加した。

パイレート・ベイの人気の増大にハリウッドその他が気づかぬわけがない。著作権者たちは削除通知の送付を開始した。一方、サイトの創設者たちはそうした通知をからかった。しかし、ハリウッドと米国からの圧力を背景に、パイレート・ベイは強襲された

2006年5月31日、設立から3年と経たずして、パイレート・ベイは強制捜査を受ける。65人のスウェーデン警察が、ストックホルムにあるデータセンターに立ち入った。捜査官の任務は、パイレート・ベイのサーバーをシャットダウンすることにあった。

パイレート・ベイ強制捜査の映像

サイトは3日間にわたってダウンした。しかし、3日後、パイレート・ベイは別の場所でホストされ、復活した。サイト運営者たちは淡々と、ハリウッドめがけて大砲をぶっ放す新たなロゴを掲げ、「ポリス・ベイ」を名乗った。その数日後、このロゴはフェニックスに差し替えられた。曰く、我々はデジタルの灰からよみがえった。

この強制捜査は、マスメディアでも大々的に取り上げられた。もちろん、わずか3日で復活を遂げたことも、その一因となった。このようなパブリシティにより、ハリウッドが望んだ結果とは真逆の現象が起こってしまった。多数のユーザがパイレート・ベイにアクセスし始めたのだ。

強制捜査後のロゴ

サイト創設者への捜査が続く中、パイレート・ベイは成長に成長を重ねた。2年以上の歳月を費やした捜査が終了した2009年初め、3人の共同創設者は実業家カール・ランドストロムと共に起訴された。

2009年4月、4人は著作権侵害を幇助したとして有罪判決を受けた。それぞれ懲役1年、罰金3,620,000ドルが科された。2010年の控訴審では懲役刑こそ減らされたものの、罰金は650万ドル以上にまで増額された。

一方、パイレート・ベイの資産は、サイトを運営していたセイシェルのReservellaという企業に移転された。

所有者が変わったパイレート・ベイには2つの大きな技術的変更がもたらされた。2009年秋、パイレート・ベイは悪名高きBitTorrentトラッカーを停止し、トレント・インデックスサイトへと姿を変えた。

そして今年初め、サイトの運営者は、一定程度のシードがあるトレントファイルを削除し、トレントファイルに代えてマグネットリンクへと移行した。これにより、第三者がパイレート・ベイの全データを保存し、ミラーサイトを運営することが極めて容易になった。

現在、パイレート・ベイはインターネット上で最も広く検閲されているウェブサイトとなり、こうしたミラーサイトが必要とされている。近年、デンマーク、イタリア、英国、オランダその他の地域のISPが、パイレート・ベイへのアクセスを遮断するよう法廷から命じられている。

しかし、パイレート・ベイは依然として存在している。

多数の訴訟、裁判所からのブロッキング命令、ストックホルム法廷での2つの有罪判決にも関わらず、パイレート・ベイはネット上で最もアクセスされるウェブサイト・トップ100に入り続けている。極めて稀有な存在といえるだろう。

では、パイレート・ベイの未来はどうなるのだろうか? 近いうちに、パイレート・ベイのドメイン名が差し押さえられたとしても驚きはしない。しかし、それによってパイレート・ベイが運営を停止するとも考えにくい。

これまでそうであったように、パイレート・ベイはファイル共有の不滅のアイコンとして、来年は10周年を祝っているだろう。

Happy Birthday Pirate Bay

大規模BitTorrent訴訟:著作権トロールに打撃?ユーザの情報開示が認められず

以下の文章は、TorrentFreakの「Court Kicks Out Copyright Troll Who Has "No Desire To Litigate"」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Court Kicks Out Copyright Troll Who Has "No Desire To Litigate"
著者:enigmax
日付:April 06, 2012
ライセンス:CC BY

ファイル共有ユーザに対する大規模訴訟において、カリフォルニア法廷は、著作権者の苦境に同情しつつも、法廷をBitTorrentユーザ特定のために利用することを認めないとした。判事は、著作権侵害を可能にするテクノロジーがそれを防止するテクノロジーに先行している状況を嘆かわしいとしたものの、法廷で争う意図はなく単に和解だけを目的としてユーザの特定を求める権利者には、協力できないと言う。

Hard Drive Productions, Inc.対Does 1-90は、有名なポルノ企業の原告が、今時のよくある著作権トロールのやり口を踏襲している事件である。

彼らはBitTorrentネットワークでIPアドレスを収集し、法廷において彼らの著作権を侵害しているとみられる人物の個人情報を得る。その情報からISP加入者にコンタクトを取り、(平均的には)2000ドルほどの和解金を要求し、支払われれば架空の訴訟を取り下げる。

この裁判で、Hard Driveは63日間の監視期間に「Amateur Allure - Natalia」をダウンロード・共有したとみられる90人のインターネット加入者の詳細について開示するようISPに求めている。

法廷は、「正当な理由」が示された場合においてのみ、裁判所命令でディスカバリが許可されるとした。「正当な理由」の審理原則は以下の4つの要件を満たす必要がある。

(1) 被告が連邦裁判所で提訴できる実際の人物ないし実体であることを裁判所が確定できるよう、原告は行方不明の当事者の十分な特性を特定することができること;

(2) 原告は、所在のつかめない被告を発見するために既にあらゆる措置を講じていること;

(3) 被告に対する現石の訴訟は、請求棄却の申し立てに耐えうるものであること;

(4) 原告は、召喚状の送達が可能であるなど、ディスカバリを通して被告を特定しうる合理的な見込みについて証明していること

しかし、ハワード・R・ロイド判事は、請求された初期のディスカバリが氏名不詳の被告の身元を「十中八九(very likely)」明らかにするかを考慮すると、問題があると考えた。

以前、Hard Driveは、ディスカバリによって著作権侵害を疑われるそれぞれのBitTorrentユーザを「完全に特定する」ことができると述べていた。しかしロイド判事は、ISPアカウント保持者が当該の著作権侵害者であるかもしれないが、著作権侵害者とは別の単に支払いをしているだけの人物かもしれない、と指摘した。つまり、当該のIPアドレスでアクセスした誰もが、実際の著作権侵害者でありえた。

それから法廷は、アカウント保持者がHard Driveの探している人物でないときに、誰が実際に侵害行為を行ったのかを突き止めるための二次的な「探索実行(fishing exercise)」手続きについて記した7つのリストについて言及した。これは法廷の手に余るものであった。

「原告の請求するディスカバリでは、氏名不詳の被告の身元を『十中八九』明らかにできないことは、極めて明白である。実際、原告のみならず他の原告も、初期のディスカバリが許可されたこれらの事件において、一人の被告も特定できなかったことを審理で認めている」とロイド判事は述べる。

また、「相当な理由」についても認められなかった。

原告は、この事件の氏名不詳の被告がカルフォルニア州在住であることを示す必要があった。しかしHard Drivは墓穴を掘った。IP位置情報ツールは「…IPアドレスが位置する国を予測する場合に限り、正しく信頼できる」と認めてしまったのだ。

これを確認するように、Hard Driveは、以前の訴訟においてディスカバリが許可された際、一部のISP加入者が訴訟の起こされた州には住んでいなかったことが判明したと認めた。

また、Hard Driveは、90人の氏名不詳の被告がBitTorrentを使って互いに映画を共有していたことを示す証拠を持たないことを認めており、法廷は90人の被告を1つの訴訟でまとめて扱うことに問題視した。

ロイド判事は、「原告は、同じスウォームに全く異なる時間に現れた被告らが、協力して著作権侵害を行った証拠を示してはいない。したがって、本法廷はこれを、90人の氏名不詳のの被告が関わる単一の取引、または緊密に関連した連続する取引とは認められず、共同訴訟としては不適当である。」と言う。

法廷は、Hard Driveによる氏名不詳の被告の特定を求める申立を却下し、一人の被告を除いて訴訟から切り離すよう命じた。Hard DriveがBitTorrentユーザ全員を特定したいのであれば、それぞれのユーザについて個々に訴訟を起こさなければならない。

いわゆる著作権トロールに反対する人々にとって、このロイズ判事の判断は非常に心強いものだろう。

「本法廷は、この決定が原告や他の著作権者を失望させるものであることは理解している。彼らが自らの作品のオンライン侵害を抑制したいと望むのも当然である。残念なことに、著作権侵害を可能にするテクノロジーは、それを防止するテクノロジーに先行しているように思える。」とロイド判事は言う。

「本法廷は、原告が明確な著作権侵害によって害されていると理解しており、また、このような訴訟が著作権侵害者を発見し、阻止する唯一の方法であるという主張には同情的である。しかしながら、本法廷は、実際に裁判で争う意志はなく、著作権侵害者と思しき人物(やISPの網にかかった無実の他者)に対する法廷外のビジネスプランを進めようとする原告に助力することはない。」

「原告は、侵害者またはそうでない者から『和解』金を引き出すという司法外の救済を目的として、訴訟におけるディスカバリ手続きを通して情報を得るために、法廷の助力を得ようとしている。これは本法廷の意図するところではない。」とロイド判事は結論づけた。

まとめると、

  • 「ISP加入者=著作権侵害者ではない」し、その可能性が高いよね
  • 同じコンテンツ(スウォーム/ネットワーク)だとしても、ユーザ同士の関係が曖昧なのであれば、まとめて裁判を起こせないよね
  • 90人の被告の中に別の州の人も混じってる可能性が高いよね
  • ちゃんと裁判する気もないのに、個人情報取得のために訴訟手続き利用してるよね。和解金をせしめたいだけだよね

という理由から、ISPへのユーザ照会を却下したというところ。著作権トロールへの不信感があっての判断だと思われる。

パイレート・ベイ、マグネットリンク導入によりトラフィックが大幅減少

以下の文章は、TorrentFreakの「Torrent-less Pirate Bay Sees Massive Drop in Bandwith」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Torrent-less Pirate Bay Sees Massive Drop in Bandwith
著者:Ernesto
日付:March 08, 2012
ライセンス:CC BY

サイトからトレントをなくすというパイレート・ベイの決断は、主に外部からの攻撃に抵抗しやすくするためであったが、同時に帯域コストにも大きな影響を及ぼしている。本日、パイレート・ベイ・チームがTorrentFreakに語ったところによると、この変更以後、サイト訪問者数は変化していないにもかかわらず、帯域が30%以上減少したという。大半のユーザは、若干の不安感は覚えつつも、新たなマグネットリンク・オンリーのサイトに満足してるようだ。

先週、パイレート・ベイは、同サイトからすべての人気トレントファイルを削除し、いわゆるマグネットリンクに置き換えた。

これにより、.torrentファイルを中央サーバから直接ダウンロードするのではなく、他のBitTorrentユーザから.torrentファイルをダウンロードすることになる。

この変更の結果、パイレート・ベイの帯域消費は激減した。本日、サイト運営者がTorrentFreakに語ったところによると、帯域使用量はほぼ3分の1に減少したという。

「現在、30%ほど帯域が減少しています。しかし、サイトへのビジター数は以前と同じままです」と彼らは話す。

また、パイレート・ベイのRSSフィードも含めると、およそ60%も減少するというのだから驚きだ。現在、パイレート・ベイが消費する帯域のほぼ半分が、RSSフィードに由来する。

とはいえ、トレント・レスになったパイレート・ベイが良いことずくめだ、というわけでもない。少なくないBitTorrentユーザが、マグネットリンクによって生じるちょっとした問題に戸惑っているようだ。

最も多い不満は、ダウンロード開始前に欲しいファイルを個々に選ぶことができないということ。大きなアーカイブから、1つのファイルだけをダウンロードしたいという場合に、この問題に直面する。.torrentファイルをダウンロードすれば、ダウンロードを開始する前に当該のファイルを選択することはできるのだが、uTorrentではそれもできない(BitCometとVuzeなら可能)。

これを回避するためには、トレントが完全にダウンロードされるまで詳細ウィンドウを開いておかなければならない。ただ、これはパイレート・ベイの問題ではなく、クライアント開発者側の問題といえる。

パイレート・ベイがマグネットリンクに移行した後、uTorrent開発チームは既にマグネット関連のバグを1つ修正している。マグネットリンクでダウンロード・キューを再登録した際、リジューム、リシードできないというもの。

上記のような問題もあるが、移行はスムースに行われたようである。

パイレート・ベイにとって、サイトを閉鎖の圧力から守るためには、マグネットへの移行は不可避であった。移転も容易になり、必要とされるリソースも以前に比べてわずかになった。そしてさらに、帯域コストも減少した。

Android版uTorrentの開発が進行中、リリース日程は未定

以下の文章は、TorrentFreakの「uTorrent Native Android Client On The Way」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:uTorrent Native Android Client On The Way
著者:Ernesto
日付:February 25, 2012
ライセンス:CC BY

uTorrent開発チームは、スマートフォンとタブレット用のAndroidネイティブなBitTorrentクライアントの開発に取り組んでいる。これはモバイル・オペレーティング・システム向けとしては初の、そしておそらく唯一のuTorrentクライアントになりそうである。現在、Android向けuTorrentの開発が進められてはいるものの、そのリリース時期については未定とのこと。

毎月1億4千万の活発なユーザを持つuTorrentは、西洋において最も利用されているBitTorrentクライアントである(訳註:東洋では迅雷)。

現時点でも驚異的な数字ではあるのだが、このユーザ数をさらに拡大する余地が残されている。近年、モバイル・オペレーティング・システムの人気はますます上昇しているが、現在のところ、いずれのモバイル・プラットフォームにも、uTorrentクライアントは存在していない。

しかし、近い将来これは変わるだろう。

uTorrentの親会社BitTorrent Inc.は、水面下でAndroidデバイス向けのuTorrentクライアントの開発に取り掛かっている。リモート・コントロール用のインターフェースではなく、完全に動作するBitTorrentクライアントとして。

「私たちも他のソフトウェア企業と同様に、モバイル・エクスペリエンスが私たちのユーザに非常に重要であることを理解しています」とBitTorrent Inc.は我々に語った。ただ、そのAndroidアプリのリリース日程については具体的な目処は立てていないという。

「現時点では、リリース予定日は設定していません」

BitTorrent Inc.はAndroid版uTorrentの詳細を積極的には明らかしたがらないものの、現在Windows/Mac版で利用できるあらゆる基本的な機能が実装されることになっているという。

この新たなAndroid版uTorrent以外にも、uTorrent開発チームは、Linux向けクライアントにも取り組んでいる。Linux版開発のアナウンスは2010年に出されていたが、コアとなるuTorrentクライアントが当初の予定からかなり進化したため、保留とされていた

将来、Androidユーザたちは、自分のスマートフォンやタブレットでuTorrentを楽しめるかもしれないが、一方でiOSファンにとっては、ネイティブなuTorrentクライアントは望み薄のようだ。

AppleがあらゆるBitTorrent関連アプリを禁止していることはよく知られている。Appleは、BitTorrentがしばしば著作権侵害に使用されているとして、そうしたアプリをApp Storeに置くことを許してはいない

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
表示中の記事
→次
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。