スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュージーランド:スリーストライク法で初の有罪――権利者への損害賠償額は5.5ドル(505円)

以下の文章は、TorrentFreakの「First Kiwi File-Sharer Guilty, But Lack of Evidence Kills Large Fines」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:First Kiwi File-Sharer Guilty, But Lack of Evidence Kills Large Fines
著者:enigmax
日付:January 30, 2013
ライセンス:CC BY

ニュージーランドの著作権審判所は、あるインターネット加入者が無許諾で音楽をダウンロード、共有したとして、初となる罰を与えた。このケースはニュージーランド音楽産業協会(RIANZ)の勝利とも言えるが、彼らはその中身は満足はしていないだろう。音楽産業団体は多額の懲罰的損害賠償を求めたものの、証拠不十分として、その主張の大半は認められなかった。

2011年に施行されたニュージーランドの著作権侵害対策法――『Skynet』法であったが、しばらくは同法の犠牲者は出ずに済んでいた――昨日までは。

このケースには、同国ISP Telecomの女性加入者が関与していると見られており、発端は1年以上も前にさかのぼる。

背景

2011年11月24日、Telecomの著作権侵害対策チームはいわゆる『発見通知(detection notice)』を匿名の個人に宛てて送付した。そこでは、当該加入者がリアーナの『Man Down』という楽曲を共有していると述べられていた。これはIsland Def Jam Music Group(Universal)から寄せられたクレームに基づく通知であった。

2012年6月19日、女性加入者が再び同じ楽曲をアップロードしたことが発見されたことで、第二の『警告通知(warning notice)』が送付された。

その後、この女性加入者が今度はホット・シェル・レイの『Tonight Tonight』を共有していたとRCA Records(Sony Music)からクレームが寄せられたことで、2012年7月30日、第三の『執行通知(Enforcement Notice)』が送付された。

この最終『ストライク』の結果、2012年8月、この女性加入者のケースはニュージーランド著作権審判所に送られることになった。

翌月、女性は1つの楽曲に関するクレームを認めたものの、もう1つについては否定する答弁書を審判所に提出した。また、トレントクライアントの停止に困難が伴ったとも述べられた。

自白

「最初にダウンロードした曲はリアーナの『Man Down』です。これについては私の責任を認めます。違法なサイトからのダウンロードだとは知らずにこの曲をダウンロードしてしまいました」と彼女は答弁書に綴っている。

「この曲を私のコンピュータにダウンロードした時、uTorrentプログラムを使用しました。……私のコンピュータを起動した際、その曲はまだダウンロード中でした。同じ曲を2度登録したためだと思います。」

ホット・シェル・レイの楽曲については、不明なままである。

「私および私の家族はこの曲をダウンロードしてはいませんので、責任を認めることはできません。ただし、この曲を私のインターネットアカウントを使ってダウンロードした人物を発見したとすれば、その責任を負っていただきたいと思います」」と彼女は述べている。

有罪(しかし自白は助けにならず)

興味深いことに、著作権審判所はこのケースにおける調査結果が不十分であることを認めながらも、著作権侵害通知において指摘された個々のファイル共有の発生が実際の著作権侵害を構成する「制定法上の推定」にあたるとして、違法ファイル共有が行われたことを認めた。

罰金の計算

著作権審判所は現行法下では有罪になると判断し、罰金について検討を進めた。規則では、ダウンロードについては侵害された製品の価格が考慮されなければならない。Man DownはiTunesで2.39豪ドル(2.00米ドル)、Tonight Tonightは1.79豪ドル(1.50米ドル)で販売されている。

しかし、このケースはアップロード(配信)も含むことから、その分の上乗せも考慮する必要がある。RIANZとしては他のビットトレントユーザにアップロードした責任も課したかったところではあるが、著作権審判所はその提案に乗り気ではなかった。

「(RIANZ)が正しく認めているように、このケースではどれくらいダウンロードされたのか、とりわけこの加入者のアカウントによって当該録音物がどれくらいアップロードされたのかを知ることは極めて難しい。権利者は既存のインターネット監視サービスを用いているが、本件における楽曲をダウンロードした人物の詳細な数を特定することはできなかった」と著作権審判所は記している。

これを考慮して、著作権審判所は加入者に対し、Man DownのiTunesでの価格の2倍(2.39豪ドル×2)、Tonight Tonightについても同様の額(1.79豪ドル×2)――合計6.57豪ドル(5.49米ドル)をRIANZに支払うよう命じた。RIANZにすれば、有罪の裁定を得たことは喜ばしいものの、この点については失望しているだろう。

権利者に支払う罰金は少額に収まったものの、まだ2、3の問題を解決しなければならなかった。著作権審判所は、この加入者が警告通知の送付コストとして50豪ドル(42米ドル)、審判申請費用として200豪ドル(167米ドル)の支払いを命じた。

『抑止的な額』――と不十分な証拠

最後に「抑止的な額(deterrent sum)」の問題があった。これについては著作権侵害の「悪質さ」、侵害が当該作品の市場に与える影響、著作権審判所が命じる他の罰金の総額――の3点が考慮されることになっている。

RIANZはこの点について、この女性加入者がuTorrentをコンピュータにインストールし、8カ月の間に3度も侵害行為が検知されていること、RIANZが指摘した以外の著作権侵害行為をしていないとは「常識的に考えられない」ことを主張した。さらに、この加入者は著作権侵害をしないようにと警告した2つの通知を無視したとも述べている。

著作権審判所はこれに対し、これらの要素は今後審判所が扱うであろうケースにおいても共通する要素であるとしつつ、今回のケースは「特に目に余る」ものではないとした。また、長期間にわたって侵害が行われたことを認める一方で、この加入者が音楽を正規に購入していること、責任を認めていること、謝罪していること、審判に応じていることを挙げた。

著作権侵害の市場に対する潜在的な損害の影響については、RIANZの主張を裏付ける証拠がないとされた。RIANZはIFPIが英国で実施した2008年の報告書を提出していた。

著作権審判所は「この英国の報告書に重きをおくことはできないと考える」とした上で、この報告書では異なるビットトレントクライアントも含まれていること(uTorrentだけでなくAzureusも含まれている)、異なる作品を対象にしていること、個々の楽曲ではなくアルバム全体を扱っていること、5年近く前の調査であることなどを指摘した。

決定

著作権審判所はこれらの点を考慮して、1侵害につき120豪ドル、合計360豪ドル(301米ドル)を抑止的な額として、加入者に支払うよう命じた。

すべての額を合算すると、この加入者は616.57豪ドル(515.64米ドル=約4万7千円)を支払わなければならない。この額はRIANZが数年前、「スリーストライク」マシーンが稼働した際の皮算用とはかなり離れた数字であることは間違いない。

個人的には妥当な決定だと思う。ただ、今後頻度が高くなっていくのであれば、「抑止的な額」はもっと少額でも良いのではないかと思うけども。

スポンサーサイト

ニュージーランド:スリーストライク法を支持した議員がナチュラルに著作権侵害に関与

以下の文章は、TorrentFreakの「Kiwi MP Called Out As Pirate After Passing Anti-Piracy Law」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Kiwi MP Called Out As Pirate After Passing Anti-Piracy Law
著者:Ernesto
日付:April 15, 2011
ライセンス:CC BY

皮肉なことに、ニュージーランド議会議員メリッサ・リーは、著作権絡みの泥沼に陥っている。成立を急いでいた問題の改正著作権法への支持を表明する数時間前、彼女は友人からK-POPのコンピレーションをコピーしてもらったことを嬉々としてTweetしていた。

今週、ニュージーランド政府は、クライストチャーチ地震緊急立法の一部として、スリーストライク法の成立を急いだ。これは、3度にわたりネット上で著作物を共有した『疑いをかけられた』場合、罰金ないし6ヶ月間のネット切断が科せられる可能性があるというもの。

昨年、同法案は強い反対を受けてプロセスが滞っていたと思われていたが、今週になって突然持ち出された。しかし、今回は反対運動を展開するための時間は全くなく、わずか数時間で成立してしまった。

例によって、政治家が著作権関連の問題を決断するとき、彼らの著作権絡みの素行は丹念に調べ上げられる。そうして、下院議員メリッサ・リーは、面倒な状況に巻き込まれることになった。

まさに著作権者を保護するためのスリーストライク法を支持するスピーチを行うわずか数時間前、彼女は以下のようにTweetした。


そう、リー議員は、今日の若者の著作権に対するリスペクトの無さを非難する一方で、複数のK-POPミュージシャンの権利を侵害しているのだろう。ニュージーランドの著作権法では、コンピレーション(訳註:ミックステープ)を作り、友人にあげることは許されてはいない。

この矛盾に対するツッコミに驚いた彼女は、これらの楽曲が合法的にダウンロードされ、お金は支払われていると自己弁護した。しかし残念なことに、そのようないいわけは通用しない。National Business Reviewが指摘するように、友人が合法的に購入した楽曲をコピーしたとしても、その『ギフト』の受取人は著作権侵害となる。

さて、リー議員は既にワンストライクになったようだが、新たな法律の下では、立証責任は「疑いをかけられた」侵害ユーザであるので、彼女が無実だというのであれば、彼女自身がそれを立証しなければならない。そうでなければフェアとは言えないよね?

リー議員の過ちをもって偽善者だと非難するのは簡単だ。しかし問題はそれよりさらに深刻である。もし、彼女が合法的に購入された曲を友人のためにコピーしても良いと本当に思っているならどうだろうか?著作権絡みの法律に投票する立法者たる議員たちですら、彼らが何を決めているのかを完全には理解していないことを意味するのではないか。

リー議員の言い分では、友人とDVDや音楽アルバムを共有するのは全く合法だということになる。しかし、彼女が成立を助けた法律は、合法的に購入したMP3を誰かと共有することを認めてはいない。デバイスごと購入した場合を除いて。

まぁ、著作権学校からやり直せってこった!

受け取った人まで著作権侵害になるかどうかなんて、NBRには書いていないような。

リー議員がやったこと自体は、正直なところ、さして大きな問題ではないと思う。彼女がしたのは、ミックステープの時代からある交換の1つに過ぎない。インターネット上のファイル共有と、ローカル(でパーソナル)なファイル共有とでは、全く規模は異なる。もちろん、後者でも望ましいことではないし、厳密に言えば著作権侵害ではあるのだけれど。

ただ、この記事にもあるが、この法案の必要性を訴えたほどの国会議員が、この種の問題についてよく理解していないことが明らかになってしまったわけで。鬼の首とったっと大騒ぎできるようなことではなくて、ほんと深刻なんだなぁと思わざるを得ない。

ニュージーランド、スリーストライク法を可決

以下の文章は、TorrentFreakの「New Zealand Government Rushes Through Controversial Anti-Piracy Law」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:New Zealand Government Rushes Through Controversial Anti-Piracy Law
著者:enigmax
日付:April 14, 2011
ライセンス:CC BY

ニュージーランド政府が、問題のスリーストライク法案の成立を急ぐ動きを見せ、市民や一部議員を驚かせている。この法案では、著作権者からの著作権侵害クレームに基づき、ユーザのインターネット接続を最大6ヶ月間切断できるようになる。

状況は急転している。ニュージーランド政府は、違法共有を行うインターネットユーザをターゲットとした法案を、この数時間のうちに成立させようとしている。

2010年4月、満場一致で第一読会を通過したCopyright (Infringing File Sharing) Amendment Bill(著作権(著作権侵害ファイル共有)改正法案)は、スリーストライク型のシステムをもたらすものである。インターネット・サービス・プロバイダは著作権者からの要請を受け、著作権侵害が疑われる加入者に警告状を送付する、著作権侵害を繰り返すユーザをインターネットから一定期間切断するというもの。

ニュージーランドの著作権審判所(Copyright Tribunal)は、繰り返された著作権侵害事件について判断し、最大15,000NZドル(11,733USドル)の罰金を科す権限を与えられる。また、著作権侵害を繰り返すユーザは、最長で6ヶ月間にわたってインターネット接続が切断される可能性がある。

緑の党のギャレス・ヒューズ議員は、今日までこの法案が差し迫っていることを全く予期していなかったという。

「11月以降、審議がなかったので、本当に驚いています。」と彼は話した

ヒューズ議員は、改正案のインターネット切断条項を破棄するよう要請しているが、サイモン・パワー商業大臣のスポークスマンは、反対されるだろうと言う。なお、緑の党はネット切断条項については反対しているものの、法案そのものについては原則として支持している。

本日の第二読会には、Supplementary Order Paper (SOP)[訳註:訳語わからず。「付帯動議」?]が提出された。これは現在の条項案における立証責任の問題について明確化するためである。

知財を専門とするリック・シェラ弁護士によると、この条項は著作権者に有利な推定が含まれており、SOPはこの条項から、推定有罪を「疑う余地のない」ものとする文言を取り除くためのものであるという。

「何度か著作権者の代理人を務めたこともありますが、その私ですら、この推定がどうして必要なのか理解できません。つまり、著作権者が確固たる証拠を有しているのであれば、それを著作権審判所に提出すれば良いだけなのですから。」とシェラはNBRに話した

「審判所は、どちらの証拠がより妥当であるかを判断することができます。実際、審判所はこれまでそうしてきたのです。」

同法案は、第三、最終ステージを、今後数時間で通過する見込み。このニュースを知ったインターネットユーザたちは、昨年のインターネット・ブラックアウト・デモを再び行おうとTwitterで呼びかけている

結局、同法案は可決され、2011年9月より施行されることとなった。反対したのは緑の党と2名の無所属議員のみ。

ネット切断については、以前の約束が未だ有効であれば、2012年後半までノーティス&ノーティスで様子見が続く。ただ、BoingBoingによれば、2011年9月に施行されれば、それ以降いつでも執行されうる、という。

他にも、クライストチャーチ近郊で大きな被害を出したカンタベリー地震関連立法のどさくさに紛れて、とBoingBoingにはあるのだけれども、実際のところどうなんだろう。日本でも同じような騒ぎがあっただけに、気になるところ。

ニュージーランドのスリーストライク関連のこれまで動きについては、張睿暎さんの「諸外国における著作権侵害者に対する三振アウト制導入の動き(PDF)」にわかりやすくまとめられているので、よろしければご参考に。

ニュージーランド:スリーストライク制導入に慎重論

以下の文章は、TorrentFreakの「3 Strikes Still On Agenda, But Only If Kiwis Keep On Pirating」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:3 Strikes Still On Agenda, But Only If Kiwis Keep On Pirating
著者:enigmax
日付:November 03, 2010
ライセンス:CC by-sa

ニュージーランド議会商業委員会は、違法ファイル共有に関する著作権法改正案(Copyright (Infringing File Sharing) Amendment Bill)の報告書を提出したことで、同法案は第二読会へと進むこととなった。問題のスリーストライク規定は未だ同法案に含まれているものの、これは今後2年間で警告メールスキームが失敗に終わり、違法ファイル共有が続いた場合に限り、実施されることになっている。

ニュージーランド商業特別委員会は、オンラインでの著作権侵害を抑制することを目的とした、違法ファイル共有に関する著作権法改正案(Copyright (Infringing File Sharing) Amendment Bill)のレビューを行い、同改正案の変更を勧告した。

今年4月に全会一致で第一読会を通過した同改正案は、第92A条を撤回し、3ストライク・レジームを実施するものとなっていた。同改正案では、インターネット・サービス・プロバイダは、権利者からの要請に応じ、著作権侵害を疑われたユーザに警告状を送付するよう求められる。

著作権審判所(Copyright Tribunal)は、個々の著作権侵害のケースについて判定する権限を与えられ、最大で15,000NZドル(11,500米ドル)の罰金を科すこともできる。

声明において、商業大臣サイモン・パワーは、同改正案の変更を歓迎した。

「商業特別委員会の求める改正案の変更によって、実効性、効果性は高められるだろう。」とパワー氏。

同法案には、最大6ヶ月間、地方裁判所がインターネットユーザの接続を遮断する権限を与える条項が残されているが、委員会は、権利者がISP経由で送付する警告状に、市民が応じる限り、この措置を実施しないよう勧告している。

これについてパワー商業相は「政府は利害関係者と共に、適宜状況を把握し、レビューしつつ、適切なタイミングで実効性の高い抑止策の導入を検討することができる。」と言う。

そのレビューは、2012年後半に行われることになっている。ファイル共有ユーザは自らの行いを正すために、2年の猶予が与えられた格好だ。ユーザの行いが変わらなければ、切断措置実施の決定権はパワーズ商業相に一任されることになる。

「委員会が、現時点でのアカウント停止措置を見送るよう勧告したことを喜ばしく思う。」とInternetNZのCEOヴィルクラム・クマールは言う。

「アカウント停止措置を解決策として、法によって定めることを良しとは考えていません。ただ、法案に含めつつも、すぐには導入しないという決定は、セカンド・ベストとは言えるでしょう。少なくとも、現行法や当初の草案に比べれば幾分受け入れやすい。」

しかしクマールは、改正案の一部には未だ問題点があるという。「現在の改正案では、アカウントホルダーが全くコントロールできないところで、第三者に自分のアカウントを使用された場合にもアカウントホルダーに全ての責任がある、としています。」

一部の批判者が、警告メールの効果に懐疑的なのに対し、警告メールによって著作権侵害が大幅に減少するだろうと考える人もいる。

NZFACTの理事トニー・イートンは、「この違法ファイル共有に関する著作権法改正案は、うまくいけば、オンライン著作権侵害を大幅に抑制するでしょう。ある調査では、ISPから最初の警告メールを受け取ったとしたら、10人中7人が違法ファイル共有を止めるだろうという結果も得られています。」という

英国と同様、ニュージーランドでは少なくとも2013年8月まで、この警告メール・スキームはモバイル・ネットワークには適応されない。

「テクノロジーの進化、モバイル・ブロードバンドの低価格化によって、モバイル・ネットワークの除外というスタンスを変更することもありうる。」とパワー商業大臣。

また政府は、インターネット切断が「アカウントホルダーにとって明確に不当である」と見なされる場合、地方裁判所はインターネット切断の実施を拒否できるようにとも勧告している。

タイトルには「慎重論」と書いたが、まだまだ予断を許さない状況ではあると思う。2年経ってオンライン上の著作権侵害が収まらなかったからといって、ユニバーサルサービスともなっている/なりうるインターネット・アクセスを剥奪して良いものだろうか。特に世帯単位での加入契約となっている場合が多いことを考えると、私は良しとは思えない。

関連記事

■ どこでもNZ: 著作権の改訂について - Dokodemo New Zealand

ニュージーランド: 帰ってきたスリーストライク法案、全会一致で第一読会を通過

以下の文章は、TorrentFreakの「Kiwi 3 Strikes Anti-Piracy Bill Receives Unanimous Support」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Kiwi 3 Strikes Anti-Piracy Bill Receives Unanimous Support
著者:enigmax
日付:April 23, 2010
ライセンス:CC by-sa

音楽産業・映画産業はオンライン・パイラシー対策法を求め、世界中でロビイ活動を続けている。そしてニュージーランドの法律も 、そうした方向への変化に一歩歩を進めた。 Copyright (Infringement File Sharing) Amendment Billという多額の罰金、6ヶ月のインターンネット接続の停止を科す法律が、ニュージーランド議会の第一読会を通過した。全会一致でね。

2008年、ニュージーランド政府は、違法ファイル共有対策のための新たな法律の導入を提案した。このSection 92Aはすぐさま多方面からの批判を受け、政府はこの法案を引っ込め、起草段階に戻すことになった

その後、商業相サイモン・パワーは、Copyright (Infringing File Sharing) Amendment Bill(ファイル共有による著作権侵害対策改正法案)を提案した。これは初期のSection 92Aを、違法ファイル共有を対象とするよう修正されたものであった。

エンターテイメント産業が世界中で法改正を求めるロビイ活動を展開しているが、この法律も彼らの主張が反映されている。同法案の主な特徴は、著作権者に損害賠償請求権を与え、かつ地方裁判所に著作権侵害者のインターネット接続を6ヶ月間停止するよう申し立てることができるという「スリーストライク」レジームである。

この修正案では、著作権審判所(Copyright Tribunal)の管轄権を拡張することになっている。著作権審判所は、著作権者およびファイル共有ユーザ双方の主張を聞き、著作権侵害が疑われるケースについて判断する公的な権限が与えられる。また、ファイル共有ユーザに対して、最高15,000ドル(10,500米ドル)が科されることもなる。

昨日、この修正案は議会での第一読会を迎えた。

そして、全会一致で通過した。

「The Copyright (Infringement File Sharing) Amendment Billは、オンラインでの著作権侵害に対処するフェアでバランスの取れたプロセスを提供する。」と商業相サイモン・パワーは声明の中で語っている。

さらに彼は「3回通知プロセスは、ファイル共有ユーザに著作物の無許可の共有は違法であるとの十分な警告が与えられると同時に、著作権者に効果的な権利行使手段を提供する」という。

現在、この修正案は商業特別委員会に付され、6ヶ月以内に議会に報告書が提出されることになっている。

スリーストライク法に関して、私が言いたいことはほとんど以下のエントリに書いたので、そちらも参照していただければ幸い。

日本版スリーストライク法に断固反対する - P2Pとかその辺のお話@はてな

スリーストライク法関連の海外での展開については、東京都市大学専任講師 張 睿暎さんの「諸外国における著作権侵害者に対する三振アウト制導入の動き」(PDF)という論文にまとめられているので、スリーストライク法関連議論に興味のある方は是非ご一読を。というか必読。2010年2月28日までの状況なので、英国の最近の動き(DEBが下院を通過)などは反映されていないものの、スリーストライク法に関わるここ数年間の動向(ACTAも含め)が把握できるものとなっている。

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
表示中の記事
→次
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。