スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノルウェー海賊党、政党認可を受ける

以下の文章は、TorrentFreakの「Norwegian Pirate Party Gets Official Recognition」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Norwegian Pirate Party Gets Official Recognition
著者:Ben Jones
日付:January 26, 2013
ライセンス:CC BY

今週初め、オーストラリア海賊党が政党として認可された

無知な人々からは単なる「一発屋」として批判されているが、政府の透明性と説明責任、プライバシーの強化、著作権法・商標法・特許法改革に基づく政治運動は、確かに他の国々に広まりを見せている。その一つがノルウェーだ。

ノルウェー海賊党は、政党認可を受けたことをツイッターで控えめに報告した。ノルウェー海賊党が正式に政党と認められたことで、ノルウェー国民は海賊党に投票することができるようになる。

7月に本格的に立ち上げられたばかりのノルウェー海賊党が、わずか半年で認可を得ることとなった。認可を得るためには、2013年1月1日までに5000の署名を集める必要があった。

ブレンメイスンの登録簿に載ったということは、彼らがその目標を達成したことを示している。しかし、これまだ第一歩にすぎない。彼らはTorrentFreakへのメールの中で、ノルウェー海賊党はまだ国内19州の支部を組織していないと伝えてくれた。今年9月9日の選挙に向けて体制を整えたいとのことだ。

この記事のリンクで知ったんだけど、「Pirate Times」なんてニュースサイトがあるのね。世界の海賊党の動きを伝えてくれるサイトらしい。ほぼ毎日更新されているみたいし、なかなか面白い記事が並んでるので、海賊党の動向が気になる方にはオススメしたい。

どうせ海賊連中のやることだから、翻訳くらいはできるだろうなと思ったら、CC-BYでライセンスされてるから、だれでも翻訳できるみたいね。私もたまには翻訳してみたいけど、日本版Pirate Timesみたいのを立ちあげたい人は翻訳してみるといいんじゃないかな。

スポンサーサイト

ノルウェー文化省、著作権法改正を提案:ウェブサイトのブロッキング、ユーザ特定手続きの簡素化など

以下の文章は、TorrentFreakの「Pirate Bay Heads Norwegian Domain Blocking List」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Pirate Bay Heads Norwegian Domain Blocking List
著者:enimax
日付:May 20, 2011
ライセンス:CC BY

ノルウェー文科省は、違法ファイル共有の取り締まりを強化すべく、著作権法の改正を提案している。権利者がより簡単にインターネットユーザを監視するための道ならし、ファイル共有サイトのISPレベルでのブロッキングなどが提案されている。もちろん、ブロッキング候補の筆頭はThe Pirate Bayだ。

米国や欧州では、めまぐるしい勢いでファイル共有対策が広がりをみせている。この数ヶ月、ほとんど毎日のようにオンライン著作権侵害問題、それに対する厳しい対策などの話題がヘッドラインを飾っている。

あなたが映画産業や音楽産業に不満をいだいていようとも、彼らはロビイ活動を成功させるためのノウハウを身につけている。世界の主要マーケットにおいて同時多発的に法改正が進んでいるという状況は、強いメッセージとなる。

現在、ノルウェーにおいても、権利者寄りの法改正が進められようとしている。

「本日、文化省は著作権法改正に関する提案を発表しました。提案は、(インターネットユーザの)プライバシーを保護しつつ、ライセンシーにインターネット上の著作権侵害の追跡に必要なツールを与えるものとなります。」と文化大臣アンニケン・ヴィットフェルトは語った。

主要な提案は2つ―1つは著作権者がIPアドレスから侵害者の個人情報を容易に特定できるようにすること、もう1つは、例によって、大規模著作権侵害を行っているとみなされたウェブサイトをホールセールISPレベルでブロッキングすることである。

現在ノルウェーでは、違法ファイル共有に関わったIPアドレスの監視および証拠収集は、同国データ保護機関Datatilsynetから免許を交付された企業のみ許されている。文化省は、新たな法改正によって、このセーフガードを緩和するよう提案している。提案では、監視企業の登録は必要とされているものの、免許は必要としないとされている。

また、収集したIPアドレスについて、権利者がISPに個人情報を照会するプロセスも簡素化されている。

「ライセンシーが違法ファイル共有に用いられたIPアドレスに関わる人物の情報を取得するためのルールを、分かりやすく、明確にするよう提案されました」とヴィットフェルト文化大臣はいう。

「裁判所が身元確認について判断する前に、郵便・電気通信局が、ISPの守秘義務を免除すべきか否かについて声明を公表するかもしれません。」

さて、2つ目の提案についてだが、こちらはファイル共有サイトのドメインをブロッキングするというものだ。ブロッキングについては、既に米国ではPROTECT IP法案(参考記事)として、英国ではデジタル・エコノミー法(参考記事)として現れている。

ヴィットフェルト文化大臣は、「今日の言論の自由を維持しつつ、著作権を侵害するコンテンツを明確に、大規模に提供するサイトのブロッキングを可能にするでしょう。」と言う。また、大臣は後に行われた記者会見で、The Pirate Bayが含まれることを認めている。

大臣は、諮問書(協議資料:consultation paper)で提案されている2つのモデルのいずれかが通過した時点で、インターネット・サービス・プロバイダにブロッキング命令が課されることになると話す。

1つ目のモデルは、同国メディア局にブロッキング権限を委ねるというもの。これは、(著作権者からの)申し立てを受け付ける機関によってバックアップされる。2つ目のモデルでは、改正著作権法の下、裁判所がブロッキングを命じる権限を与えられる。

ところで、こうした著作権法改正議論と並行して、IFPIと音楽著作権団体TONOは、この1年、同国ISP TelenorにThe Pirate Bayをブロッキングさせるよう裁判で争ってきた。最終的に、両団体は「ノルウェーの法律では、そうしたブロッキングを義務付けられてはいない」と認めた

彼ら文化省の提案について、「望ましいスタート」だと歓迎した。

この提案は9月30日を最終期限として承認され、2012年には成立する可能性がある。

世界初となる大規模BitTorrentライブストリーミングコンサート実験が実施される

以下の文章は、TorrentFreakの「World’s First BitTorrent Powered Live Streamed Concert」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:World’s First BitTorrent Powered Live Streamed Concert
著者:Ernesto
日付:October 24, 2009
ライセンス:CC by-sa

本日、あるユニークなイベントが、ノルウェー北部の映画館で開催される。EUが資金提供するP2P-Nextプロジェクトの開発したSwarmplayerソフトウェアを使用した初のライブコンサートが、BitTorrentテクノロジーを利用してインターネット上でブロードキャストされる。

Northern Research Institute (Norut)によって開設されたFar North Living Labは、デジタル・クリエイティビティのためのプラットフォームの構築を目指している。このプロジェクトは、今年初め、大きなスクリーンに解像度2K(2048×1080)の映画をストリーミングするため、BitTorrentクライアントTriblerを用いるという素晴らしい実験から始まった

このストリーミング実験でブロードキャストされたのは、あらかじめ選択された一部のグループに限られ、インターネット全体で利用できるというものではなかった。しかし今日、プロジェクトの研究者たちは、より大きなスケールでBitTorrentストリーミングの第2実験を行うことになった。今回は、音楽のライブ・パフォーマンスをライブストリーミングで、世界中の全ての人々が視聴できるようブロードキャストされる。

「映画館でのセットアップは実にシンプルです。ごく一般的なコンピュータをオーディオ/ビデオミキサーに接続し、それをP2Pネットワークにフィードするというだけですから。」と同プロジェクトに携わる上級研究者Njål Borch博士はTorrentFreakに語った。

ライブ・パフォーマンスをストリーミングするため、彼らはEUが資金提供を行なっているP2P-Nextプロジェクトが開発したソフトウェアを使用する。また、複数のパートナーが、実験をスムースに行えるよう帯域を提供することになっている。

パフォーマンスはトロムスの映画館オーロラ・キノで開催されるInsomniaエレクトロニック・ミュージック・フェスティバルの一部として行なわれる。さらに刺激的なことに、同プロジェクトはInsomniaと同時並行して開催される北京のNotchフェスティバル、さらにノルウェー北部にあるシェルヴォイの会場にもライブフィードされる。

しかし、今回のブロードキャストはパブリックなものであり、インターネット接続を有していれば誰でも視聴できる。このストリーミング配信を視聴するために唯一必要なのは、Swarmplayerソフトウェアまたはブラウザ・プラグイン(Windowsのみ)だけである。いずれも、プロジェクトのウェブサイトからリンクされている。

Borchは、このBitTorrentストリーミング実験は、単なるコンセプトの証明に留まらず、最終的にはインターネットにおける未来のライブストリーミングにとって重要な役割を果たすだろうと言う。

「ライブストリーミング時のスケーラビリティが高いのであれば、これは膨大な帯域コストを要せず、相当数の視聴者を増やすことが出来るでしょう。私が可能性を感じているもう1つの効果として、帯域の増強が非常に容易になるということもあります。シードボックスを設置して、当該のTorrentにつなぐだけでよいのです。管理者権限が必要になるというものでもありません。」と彼はTorrentFreakに語った。

このワールド・プレミアに参加したいという方は誰でも、ブロードキャストが開始される中央ヨーロッパ標準時午後5時より受信できる。問題が生じない限り、プドフキンの1926年の映画『Mother』の新たなサウンドトラックからのライブパフォーマンスを視聴できるだろう。

Update: ブロードキャストは終了した。しばらくの間、人々がこのストリーミング技術をテストできるよう、現在は5分間のコンサートのクリップがストリーミングされている。実験は世界中のユーザからの訪問を受け、大成功に終わった。

元EMI取締役:違法P2Pファイル共有との戦いは『無益』である

以下の文章は、TorrentFreakの「Former EMI Boss: Fight Against Illicit P2P is “Useless”」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Former EMI Boss: Fight Against Illicit P2P is “Useless”
著者:enigmax
日付:Febrary 12, 2009
ライセンス:CC by-sa

少なくとも表面上は、大方のメインストリーム音楽産業はこれを認めるだろう、「違法ファイル共有はイービルである」と。しかし、ある種の主張を続けることにお金が支払われなくなったとき、変化が訪れる。前IFPI代表であり、前EMI取締役のPer Eirik Johansenは、もはや以前に勤めていた企業から給料をもらわなくなったことで、その本音を話し始めた。

大企業、特にグローバルな利益に対しても大きな関心を持っているような企業で働いているうちは、企業の方針に従わざるを得ない。あえて自らの意見を押し通そうとすれば、自らの立場を危うくしてしまう。もちろん、組織が個人に対しての支配力を保ち続けられるのは、ほとんどの場合金銭的な理由であるのだが、では、この影響力の源泉がなくなってしまったら何が起こるのだろうか?

Per-Eirik Johansenは長きに渡って音楽産業に従事し、複数の著名なアーティストを育て上げたことでも知られている。彼がIFPIのチェアマンに選出されたころ、彼はEMIの取締役を務めており、同社のCDに対するコピープロテクションに対する反発の矢面に立たされたこともある。

2004年、5000人もの人々がEMIにDRMを解除するよう働きかけ、ニュースサイトnrk.noはJohansenのオフィスに27回も電話をかけ、この問題に関して2度のインタビューを約束させた。最終的に、彼は「ディスクにコピープロテクションをかけずに提供したいとも思わないし、そうするだけの決定権もない」と認め、そうした決定権を持つのはEMI Londonだけであることを示唆した。

「私は常に消費者の話を聞いている」と彼は反論を述べた。「この5ヶ月のことを、あなた方にお話しましょうか。EMIは、ノルウェーでコピープロテクションのかかった400,000枚のCDを販売していますが、その同じ時期、私たちが消費者から受け取ったクレームは28件に過ぎません。私たちが話しあっていることは、ごくごく些細なことでしかないのです」。しかし、彼は本当に、これを取るに足らない問題であると考えていたのだろうか?

Johansenは現在、それまでの企業からの束縛から逃れ、ノルウェーのDagbladetのJoakimとのインタビューで自らの考えを自由に語っている。彼はEMIから給料を受け取っている間は、そのスタンスを堅持しなければならないと感じていたことを明らかにしている。

現在の彼は、海賊行為に対する音楽産業の戦いが役に立たないものであり、違法ファイル共有は窃盗と同じであるという主張には同意しないという。当初のEMIのアンチパイラシーイニシアチブに関して、Johansenはこのように述べている。「そのキャンペーンのメッセージは、私たちには著作権を守る理由がある、ということでした。これは今でも同じ考えです。」

「しかし、肝心なことは、現在、全ての世代が既に著作権を侵害しているということです。私たちにできる唯一のことは、よりよいソリューションを探し出すということだけです。」と彼はプラグマティックに話す。

現在49歳のJohansenは、自身のレーベルを運営しており、古き良きEMI時代、特に新たなアーティストを発掘し、育て上げていたころを思い出している。しかし、時代は変わった。「会社の収益が減少を続け、人件費を削減しなければならない今、もはやこの作業をドライブするだけの資源はありません。」と彼はいう。

しかし、Johansenは音楽産業のこれからに対する楽観主義を持ち合わせており、ライブコンサート市場の成長を指摘し、音楽から利益を上げる新たなモデルへの熱意を見せている。「私は非常に楽観的です。革命があり、それによって、状況は混沌としています。そして今日、健康的で、刺激的な起業家精神があります。今後1,2年で産業が何処に目を向けるかはよくわかりません。しかし、私は将来が約束されているものと確信しています。」

Johansenは、音楽産業全体としては決して価値を失ってはいないことを指摘し、レコーディング部門だけが、あまりにも長い間何もせず、新たな時代のビジネスモデルに適用し損ねたことで、最も苦しんでいるのだという。

「新たなテクノロジーに戦いを挑んでも、その戦いに勝てるわけがないのです。」と彼はいう。

そう、今はそれを受け入れる時代だ。

ノルウェー大手BitTorrentサイト、DDoS攻撃を受け停止

以下の文章は、TorrentFreakの「DDoS Attacks Force Norbits to go Offline」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:DDoS Attacks Force Norbits to go Offline
著者:Ernesto
日付:October , 2008
ライセンス:CC by-sa

+ Read More

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
表示中の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。