スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノルウェー海賊党、政党認可を受ける

以下の文章は、TorrentFreakの「Norwegian Pirate Party Gets Official Recognition」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Norwegian Pirate Party Gets Official Recognition
著者:Ben Jones
日付:January 26, 2013
ライセンス:CC BY

今週初め、オーストラリア海賊党が政党として認可された

無知な人々からは単なる「一発屋」として批判されているが、政府の透明性と説明責任、プライバシーの強化、著作権法・商標法・特許法改革に基づく政治運動は、確かに他の国々に広まりを見せている。その一つがノルウェーだ。

ノルウェー海賊党は、政党認可を受けたことをツイッターで控えめに報告した。ノルウェー海賊党が正式に政党と認められたことで、ノルウェー国民は海賊党に投票することができるようになる。

7月に本格的に立ち上げられたばかりのノルウェー海賊党が、わずか半年で認可を得ることとなった。認可を得るためには、2013年1月1日までに5000の署名を集める必要があった。

ブレンメイスンの登録簿に載ったということは、彼らがその目標を達成したことを示している。しかし、これまだ第一歩にすぎない。彼らはTorrentFreakへのメールの中で、ノルウェー海賊党はまだ国内19州の支部を組織していないと伝えてくれた。今年9月9日の選挙に向けて体制を整えたいとのことだ。

この記事のリンクで知ったんだけど、「Pirate Times」なんてニュースサイトがあるのね。世界の海賊党の動きを伝えてくれるサイトらしい。ほぼ毎日更新されているみたいし、なかなか面白い記事が並んでるので、海賊党の動向が気になる方にはオススメしたい。

どうせ海賊連中のやることだから、翻訳くらいはできるだろうなと思ったら、CC-BYでライセンスされてるから、だれでも翻訳できるみたいね。私もたまには翻訳してみたいけど、日本版Pirate Timesみたいのを立ちあげたい人は翻訳してみるといいんじゃないかな。

スポンサーサイト

オーストラリア海賊党、政党認可を受ける……がロシア海賊党は再び失敗

以下の文章は、TorrentFreakの「Australian Pirate Party Gets Approved and Russians are Denied (Again)」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Australian Pirate Party Gets Approved and Russians are Denied (Again)
著者:Ben Jones
日付:January 22, 2013
ライセンス:CC BY

今週は海賊党にとって悲喜こもごもの一週間だった。2つの国で政党の認可を受けられるか否かが決定された。オーストラリア海賊党は最高の一週間を過ごし、ロシア海賊党は法務省に再び「nyet(ノー)」を突きつけられた。

世界にはある種の対称性がある。世界の一方が昼なら、一方は夜。さらに大きな違いは、一方の半球が夏なら、もう一方は冬。まさに今、夏真っ盛りの南半球では、輝く太陽がオーストラリアの海賊たちを照らした。

地球の反対側の仲間たちがMegaローンチを祝っている中、オーストラリアの海賊たちはオーストラリア海賊党が政党として認可されたことを祝った。

オーストラリア海賊党の政党登録は1月14日までの異議申請期間が終了した。その間、彼らは著作権団体からの悪意ある、またはいい加減な意義を避けるべく平穏を保った。そうして1月15日、彼らは正式な政党となり、党員の受け入れを開始した。

オーストラリア海賊党の創設者ロドニー・サコウシは、オーストラリアに海賊党が必要な理由を強く主張している

「首相が内部告発者や出版者を裁判もなしに犯罪者呼ばわりし、2年にわたってインターネットのアクセスログを保持しようとしている。また、主体性のない外交官や官僚によって不当な貿易協定が締結され、ポリシー・ロンダリングが行われている。海賊が議会に進出すべき理由として、これ以上のことがあるだろうか。」

総選挙は8月ごろに行われることになっている。

南半球が夏を謳歌する一方で、北半球は冬――厳しい冬で知られるロシアには、寒風が吹きつけていた。

ロシア海賊党は、幸運をつかむことができなかったようだ。一昨年、ロシア海賊党は「名前が悪い」として、政党登録できなかった。法務省は「海洋犯罪」を助長すると判断した。ロシア海賊党はこの決定を覆すよう裁判を起こしたが、2011年7月、法務省を支持する判決が下された。

そして2012年、法改正により(日本語記事)、ロシア海賊党は再び政党登録申請の機会を得た。それに伴い、彼らは2012年6月30日、式典を開催した。しかし、今回も同じ結末が待っていた。法務省は「党が目指す目標および目的に合致しない『海賊』という語を用いている」として、再び申請を却下した。

「これは冗談ではありません。このような決定が高いレベルで行われているのです。法務省は考える頭がないのです」と党議長のパーヴェル・ラスドフは語った。

しかし、海賊党インターナショナルがロシア・カザンにて年次会議を開催すると決定したことで、いささかの励ましがもたらされ、しおれた魂を再びたぎらせ(そして他の海賊党を鼓舞し)、次の戦いにむけて党として結束を固めるかもしれない。

一つ確かなことは、海賊党は世界中の政治的な権威を逆撫で続けているということだろう。

ロシアの場合は、そもそも政党登録のハードルが高くて、法改正後もなんだかんだで高いってことなのかな。

ただ、The Voice of Russiaの記事を見ると、

党の登録が理由もなしに役人によって拒否されることも不可能となっている。法務省は政党登録を退ける場合、何が不足しているかを示し、その箇所の修正に3ヶ月の猶予を与えねばならない。

とある。「名前が悪い」と言われたなら、別の名前にすれば通るのだろうか……。まぁ、海賊党のアイデンティティが損ねられるから飲めない条件ではあるんだろうけど。

海賊党初の自治体首長がスイスで誕生

以下の文章は、TorrentFreakの「First Elected Pirate Party Mayor to Rule Swiss Town」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:First Elected Pirate Party Mayor to Rule Swiss Town
著者:Ernesto
日付:Sptember 24, 2012
ライセンス:CC BY

昨日、海賊党ムーブメントは新たな高みに到達した。スイスのアイヒベルクという小さな町の首長選挙で、世界初の海賊党首長が誕生したのだ。アレックス・アーノルドは63%もの得票を獲得し、既存政党の2人の候補者に圧勝した。この31歳のソフトウェア・プログラマーは、スイスの小さな町を豊かな未来へと導こうとしている。

2006年に始まった海賊党ムーブメントは、これまで数々の勝利を納めてきた。

海賊党初の、そして最大の成功は、2009年欧州議会選挙で2議席を獲得したことだろう。そして昨年には、ドイツ各地の州議会選挙で多数の議席を獲得した

昨日、海賊党にとって新たな目覚しい勝利がもたらされた。スイスのアイヒベルクという小さな町で、世界初の海賊党首長が誕生したのだ。

海賊党候補者のアレックス・アーノルド(31)は、スイス国民党(SVP)の2人の候補者に大差をつけ、63%もの得票を得た(投票率65%)。これは世界中の海賊党にとって快挙といえる結果である。

SVPがスイス最大かつ、スイス連邦議会の26%の議席を占める政党であることを考えると、この選挙結果は極めて印象的だ。

3年ほど前に設立されたスイス海賊党の勝利は、スイス国内政治のに海賊党が影響を及ぼしていること明確に示している。

「この勝利は、我々のような若い政党にとって、重要なマイルストーンになるだろう。多数の投票を得て勝利したということは、我々の支持者が過激なムーブメントの一部ではなく、社会の中に根ざしていることを意味しているのだ」とスイス海賊党代表のトーマス・ブルーダラーはコメントした。

スウェーデン海賊党の創設者リック・ファルクヴィンエは、この結果が人口1500人ほどの町の地方選挙での勝利以上の意味を持つという。この勝利は、世界中に散らばる他の海賊党を鼓舞するものである、と。

「アームストロング船長の言葉を借りれば、これはスイスの小さな町での勝利だが、盛り上がりつつある世界規模の政治運動にとっては偉大な飛躍である」とファルクヴィンエはTorrentFreakに語った。

「私たちの考え方やアイディアが広がり続けているのを、実に興味深く見守っている。先駆者はしばしば、行き詰まり、引き返し、また新たな道を進まなければならない。しかし、いつの日か、賞賛に値する、真の勝利を手にする瞬間を迎える。今がまさにその瞬間だ。」

首長としての役目を果たすにあたって、アーノルドは当然、海賊党の理念に沿った政治を行うだろう。

スイスではすでに、私的な使用を目的としたダウンロードは適法とされ、「違法ダウンロード」という概念は存在しないため、ファイル共有が焦点になることはないだろう。しかし、政治の透明性とプライバシーの問題については、海賊印の政治をしてくれるかもしれない。

アイヒベルクはいわゆるコミューンのような基礎自治体。たしかに規模としては小さいんだけど、自治体の首長として海賊党の理念を実現していくことに意義があるのかなと思う。そういう意味では、当選したことはマイルストーンではあるんだけど、首長になったことで何をなしたかということこそ、重要なんじゃないかなと思う。

欧州議会での海賊党議員の働きは評価に値すると思っているので、アレックス・アーノルドの活躍にも期待したい。一概には言えないが、自治体の規模が小さいほど、ドラスティックに良い方向に変えていける可能性もある。もちろん、その逆もありうるけど。

我々の代表を選ぶだけではなく、選んだあとに何を成したかをきちんと見続けていくことが大事なんだろうね。海賊党にかぎらず。

欧州緑の党、ファイル共有の合法化、DRMの禁止、著作権保護期間の短縮を求めるポジションペーパーを公表

以下の文章は、TorrentFreakの「European Greens Want to Legalize File-Sharing, Ban DRM」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:European Greens Want to Legalize File-Sharing, Ban DRM
著者:Ernesto
日付:October 07, 2011
ライセンス:CC BY

欧州緑の党は、デジタル時代における著作権政策に関するポジション・ペーパーを公表した。全体的なテーマとしては、消費者の利益のための著作権モノポリーを縮小である。とりわけ、緑の党は、個人的な使用のためのファイル共有の合法化、DRMの完全な禁止、著作権保護期間を5年に短縮することを求めている。

緑の党/EFA欧州緑グループ・欧州自由連盟)は、欧州議会の議会グループの1つ。現在、同グループは海賊党欧州議会議員のクリスチャン・エングストロムを含め57の議席を占めている。(訳註:現在の欧州議会議員数は736。緑の党/EFAは会派としては4番目;参考

今週、緑の党はデジタル時代の著作権に関する見解を記したポジションペーパーを公表した。これは海賊党のアジェンダを踏襲したものとなった。このペーパーでは、現在の著作権強化の向きを明確に否定し、極少数の金持ち企業のためではなく、市民の利益を確保する社会を求めている。

キーとなる提案の1つは、個人的な使用のためのファイル共有の合法化である。「個人間の非営利目的での共有は、たとえば私的複製の例外規定の範囲を広げるなどして、許容されるべきである」と緑の党のペーパーにはある。

さらに、DRMのような制限的技術は、完全に禁止、少なくとも制限の回避は解禁されるべきだとしている。

「DRMによる制限の回避は、常に合法的でなければならない。さらに、作品を合法的に使用する自由を制限するDRM技術を消費者保護法において禁止することも検討すべきである」という。

「多国籍大企業自らが作ったルールで消費者を従わせ、技術的手段によってそれを強制することを議会が許すのであれば、たとえ議会が均衡のとれた合理的な著作権法を導入したところで無意味である」。

また、緑の党は著作権の保護期間を70年から5年に短縮することも求めている。これには、著作権者が最長20年間まで保護期間を延長できるオプションがつけられている。彼らは、現在の状況は「不合理」であり、より合理的な著作権保護期間にすることで、社会は恩恵をうけるだろうとしている。

「死後70年間という現在の保護期間は不合理である。それほど長い見返りの期間を想定する投資家はいない」という。

全体として、このペーパーは、創造性に課せられた足かせを解き、インターネットの可能性を最大限に発揮するために後押しすることを提唱している。緑の党によれば、これはネット中立性が保証されなければならないということでもあり、商業著作物のリミックス、マッシュアップも認められるべきであるということも意味しているという。

海賊党議員クリスチャン・エングストロムは、緑の党の提案が、これまで海賊党が長らく求めてきたものと類似している、とTorrentFreakに語った。

「実に素晴らしいことです」とエングストロムは言う。「このペーパーは、はじめに現状がどうであるのか、そして緑の党の展望として何をゴールとすべきかについて書かれています。そして最後に、海賊党が提唱してきたような著作権改革が提案されています。これは実に筋が通ったものです。」

「著作権改革というアイディアは、海賊党が参加する以前から緑の党にありました。しかし、私たちは緑の党を後押しし、それをアジェンダとする手助けをしてきました」と彼はいう。エングストロム、そしてブリュッセルにいる海賊党メンバーらにとって、これは彼らが世界を変えうることを、2009年の選挙で海賊党が受けた支持が正しかったことを確信させるものであった。

「私は、海賊党に投票した225,000人によって、海賊党の意見を議会に広めることを使命として、ブリュッセルに送り出されました。私達が必要とするその意見が、いつかマジョリティを得るために。もちろん困難な仕事ではあります。しかし、今、最初のマイルストーンに到達したのです。機会を得ることで、海賊党は事をなすことができる、それが示されたのです。」とエングストロムは結論づけた。

著作権改革への熱意は、ブリュッセルだけに限られない。多くの海賊党員、ボランティアたちが、世界を変えることができると感じているだろう。

海賊党設立者のリック・ファルクウインエは「私達のアイディアは未来のためにあると、みな認識しています。彼らがますます強い支持を得ているのは素晴らしいことです。欧州議会に7つある会派の1つが、私たちの展望を自らのものとして採用したことは、次世代の市民的自由のための飛躍的な一歩となるでしょう」。

「40年前、緑の党の展望が十分に理解されるまでにはかなりの時間を費やしました。それと同じように、私たちも時間がかかるのでしょう。しかし、海賊党への理解と支持は成長を続けています。それは私達の展望がコモンセンスとして共有されるまで、続くものだと思っています。」とファルクインエは言う。

緑の党のポジションペーパーは、革命的なものだといえるだろう。しかし、欧州議会において同会派は少数派であり、この提案を立法にこぎつけるには長い道のりとなる。それでも、著作権改革がますます広く求められていることを、明確に示すことにはなるだろう。

ポジションペーパー(PDF)をざっと流し読みしてみたのだけれど、著作権保護期間については補足が必要そう。§25では「社会、投資家(制作者)双方の見地から」合理的な著作権保護期間として20年を提案していて、§26, §28で著作物の商業的排他性を維持したければ、発表から5年以内に登録することを義務付けている。保護期間の短縮と、義務的な登録制度の導入で孤児作品を減らそう、というところだろう。なので、登録しなければ5年で保護期間が満了するのではなく、商業的排他性を失うだけでは、と思うんだけどね。

閑話休題、海賊党以外にもこのような途方も無い主張をする政党があるのは喜ばしい。もちろん、海賊党の主張同様、実現可能性は低いのだろうが、著作権議論において対立軸を作り出す役割に期待したい。

主張の中身については、たとえば著作権保護期間の延長など、ベルヌ条約があるから無理だよね、なんて声も聞こえてきそうだが、政党、会派としての姿勢を示すにあたって、既存の条約や法律に縛られねばならない理由はない。既存のルールが常に正しいのであれば、もはや立法など必要とはしない。既存のルール通りでいい。

でも、時代、環境の変化と共に、ルールに綻びが出てくる。だからこそ、権利者側は著作権保護の強化を求め、海賊党や緑の党は保護の緩和を求める。ベルヌ条約のような国際条約がある以上、後者にとっては変えがたい状況があるのは事実にしても、ベルヌ条約があるから正しいということにはならない。

どうあるべきか、と、どう変えていけるか。少なくとも「どうあるべきか」がなければ、変えていくことはできないだろう。

ドイツ海賊党、ベルリン市議会選で15議席を獲得

以下の文章は、TorrentFreakの「Pirate Party Enters Berlin Parliament After Historic Election Win」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Pirate Party Enters Berlin Parliament After Historic Election Win
著者:Ernesto
日付:September 18, 2011
ライセンス: CC BY

海賊党が、史上初となる州議会の議席を獲得した。ドイツ海賊党は、総得票の約9%を占め、ベルリン市議会(州議会に相当)の議席獲得に必要な5%の壁をクリアした。国際的な海賊党ムーブメントにとって、これは2009年の欧州議会選挙での議席獲得に続く、第2の成功と言えよう。

本日、ドイツ海賊党は、ベルリン市議会選挙にて大勝利を収めた。投票所が閉められた2時間後、最初の開票結果が公表され、海賊党が9%の得票率であったことが判明した。議席にすると15議席を獲得したことになる。

ドイツ海賊党は2006年9月に設立され、その比較的短い歴史の中で、幾つかの成功の兆しを見せていた。既に、同党はドイツ各地に選出公職につく50名以上の党員がおり、これは世界に展開する他の国の海賊党のそれを足してなお上回っている。しかし、本日の選挙は、それ以上の快挙であった。

これまで、海賊党は州議会選挙、連邦議会選挙での当選はなかった。ドイツの選挙制度では、5%以上の得票率でなければ議席を獲得できないのだが、それゆえに、ベルリン市議会選挙の結果は、より一層印象的である。

この結果は、ドイツ海賊党が若い有権者から最も多くの支持を受けたことを示している。30歳未満の若者の15%が海賊党に投票し、さらに60歳以上の有権者でも4%が海賊党に投票している

フリードリッヒスハイン-クロイツベルク地区の開票結果が最初に公表されたが、そこでの海賊党の得票率は14.7%であった。開票率99.9%の時点で海賊党の得票率は8.9%であった。

得票率8.9%(開票率99.9%)

TorrentFreakはドイツ海賊党代表のセバスチャン・ネルツに、この成功が同党にとって何を意味するかを尋ねた。彼は、収入を得て、影響力を増したことにより、海賊党が目標を達成する可能性が高まるだろうと話す。

「今のところ、ドイツ海賊党は誰一人雇ってはいません。」とネルツは言う。「私も含めて、海賊党のために働くすべての人が、無給で働いているのです。一方、議会議員になれば、仕事に対して給与が支払われます。さらに、秘書や協力者への給与も公費で支払われます。これにより、海賊党員が海賊党のためにフルタイムで働くことができ、より多くの要員を確保することができます。」

「もう1つ重要な点としては、市民やメディアが、議会により詳細にアクセスするためのルートを得たということです。これまで何度となく、『あなた方の党は議席を持っていないのだから、関係ない』と言われてきました。今週末の大躍進によって、こうした党の立場は大幅に改善されるでしょう。」

海賊党はさらに、今回の選挙結果が党員や協力者の増加につながると期待している。同党の理念としては、可能な限りの透明性、市民のプライバシーの確保、特許の廃止、著作権を濫用する団体の影響力の制限を掲げている。

「私たちは、政治に対する透明性の高いアプローチが有効であることを実証したいと考えています。伝統的に、政治は秘密主義で『不可侵』な領域となっています。会議は密室で行われ、政策も協定も開かれてはいないし、条約も公表されません。」とネルツはTorrentFreakに話した。

「市民に対してオープンに、正直に、今何が起こっているのか、どのような選択肢が可能であるか、なぜ特定の選択肢が選ばれたのかを伝えていくことが可能であると証明します。市民が事実調査や政策決定と融和できることを証明します。なぜ決断が下される前に、市民の意見を求めないのか?私たちは十分に価値あることだと考えます。」

1つ確かなことは、ドイツ海賊党は本日、センセーショナルな勝利を収めたということだ。その結果、ベルリン市議会は間違いなく、最もテクノロジー・フレンドリーで、プライバシーへの配慮を求める政党に注意を払わなければならなくなる。ネルツによれば、海賊党の立候補者たちは、議会参加への準備も熱意も十分であるという。

「つまり、私たちは政治が改革できることを証明するのです。」とネルツは言う。

現在、スウェーデン海賊党の設立者リック・ファルクヴィンエと共に、数百名の海賊党狂たちが、選挙での勝利を祝っているようだ。昨日、選挙での大勝利を予言したリックは、宴の写真を我々に共有してくれた。

Party like it's no longer 1984

リック・ファルクヴィンエはこのようにブログに記している。「ベルリンの海賊たちは、今夜の出来事を起こすために尽力してくれた皆さんに感謝している。私たちはみな、肩を並べて次の世代のために戦っている。1つの成功は、私たち全員の成功だ。明日、人々はあなたの成功に目を向ける、そして、このムーブメントはますます大きくなる。あなたは、次世代の市民的自由活動にとって、インスピレーションの源なのだ。」

30歳未満で15%、30-44歳で12%、45-59歳で9%、60歳以上で4%って、すごいね。ネットに関わる問題が、市民にとって広く浸透しつつある中、その問題を主要な争点として掲げる政党がほとんどない中で支持を集めたとか、的を絞った過激な主張とわかりやすい綺麗事が他の政党に辟易している層にウケたとか、この結果を解釈するための理由はいろいろありそうなのだけれども、その辺りの分析も読んでみたいところ。

個人的には、海賊党の躍進は大歓迎。プライバシーの保護やオープンな政治については、全面的に賛同している。知財権に関わる理念については完全に支持しているわけではないが、特定争点政党が大多数を占めることも考えにくいので、バランサーとしての役割を期待している。まぁ、ある程度実現してもらってもいいんじゃないかとは思うけど。

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
表示中の記事
→次
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。