スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリア海賊党、政党認可を受ける……がロシア海賊党は再び失敗

以下の文章は、TorrentFreakの「Australian Pirate Party Gets Approved and Russians are Denied (Again)」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Australian Pirate Party Gets Approved and Russians are Denied (Again)
著者:Ben Jones
日付:January 22, 2013
ライセンス:CC BY

今週は海賊党にとって悲喜こもごもの一週間だった。2つの国で政党の認可を受けられるか否かが決定された。オーストラリア海賊党は最高の一週間を過ごし、ロシア海賊党は法務省に再び「nyet(ノー)」を突きつけられた。

世界にはある種の対称性がある。世界の一方が昼なら、一方は夜。さらに大きな違いは、一方の半球が夏なら、もう一方は冬。まさに今、夏真っ盛りの南半球では、輝く太陽がオーストラリアの海賊たちを照らした。

地球の反対側の仲間たちがMegaローンチを祝っている中、オーストラリアの海賊たちはオーストラリア海賊党が政党として認可されたことを祝った。

オーストラリア海賊党の政党登録は1月14日までの異議申請期間が終了した。その間、彼らは著作権団体からの悪意ある、またはいい加減な意義を避けるべく平穏を保った。そうして1月15日、彼らは正式な政党となり、党員の受け入れを開始した。

オーストラリア海賊党の創設者ロドニー・サコウシは、オーストラリアに海賊党が必要な理由を強く主張している

「首相が内部告発者や出版者を裁判もなしに犯罪者呼ばわりし、2年にわたってインターネットのアクセスログを保持しようとしている。また、主体性のない外交官や官僚によって不当な貿易協定が締結され、ポリシー・ロンダリングが行われている。海賊が議会に進出すべき理由として、これ以上のことがあるだろうか。」

総選挙は8月ごろに行われることになっている。

南半球が夏を謳歌する一方で、北半球は冬――厳しい冬で知られるロシアには、寒風が吹きつけていた。

ロシア海賊党は、幸運をつかむことができなかったようだ。一昨年、ロシア海賊党は「名前が悪い」として、政党登録できなかった。法務省は「海洋犯罪」を助長すると判断した。ロシア海賊党はこの決定を覆すよう裁判を起こしたが、2011年7月、法務省を支持する判決が下された。

そして2012年、法改正により(日本語記事)、ロシア海賊党は再び政党登録申請の機会を得た。それに伴い、彼らは2012年6月30日、式典を開催した。しかし、今回も同じ結末が待っていた。法務省は「党が目指す目標および目的に合致しない『海賊』という語を用いている」として、再び申請を却下した。

「これは冗談ではありません。このような決定が高いレベルで行われているのです。法務省は考える頭がないのです」と党議長のパーヴェル・ラスドフは語った。

しかし、海賊党インターナショナルがロシア・カザンにて年次会議を開催すると決定したことで、いささかの励ましがもたらされ、しおれた魂を再びたぎらせ(そして他の海賊党を鼓舞し)、次の戦いにむけて党として結束を固めるかもしれない。

一つ確かなことは、海賊党は世界中の政治的な権威を逆撫で続けているということだろう。

ロシアの場合は、そもそも政党登録のハードルが高くて、法改正後もなんだかんだで高いってことなのかな。

ただ、The Voice of Russiaの記事を見ると、

党の登録が理由もなしに役人によって拒否されることも不可能となっている。法務省は政党登録を退ける場合、何が不足しているかを示し、その箇所の修正に3ヶ月の猶予を与えねばならない。

とある。「名前が悪い」と言われたなら、別の名前にすれば通るのだろうか……。まぁ、海賊党のアイデンティティが損ねられるから飲めない条件ではあるんだろうけど。

スポンサーサイト

あなたのBitTorrentダウンロード履歴を追跡、公開するエグいサイト

以下の文章は、TorrentFreakの「I Know What You Downloaded on BitTorrent….」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:I Know What You Downloaded on BitTorrent….
著者:Ernesto
日付:December 10, 2011
ライセンス:CC BY

BitTorrentは決して匿名ではないことは、多くの人が知るところであろう。しかし、最近のダウンロード履歴までウェブサイトで見られてしまうとなれば驚かれるのではないだろうか。これはまさに、Youhavedownloaded.comが公開している情報である。サイトの開発者は、BitTorrentのパブリックな(オープンな)性質について認識を高めて欲しいようで、現在、ファイル共有テクノロジーの更なる匿名化に取り組んでいるという。

さて、あなたは最近何をダウンロードしただろうか?

プロキシやVPNごしにBitTorrentを使用しているのでもなければ、世界中の人々が、あなたに断りもなく、それを知ることがでできる。

YouHaveDownloadedは、ロシアのサービスで、パブリックBitTorrentダウンロード全体のおよそ20%をトラッキングしているという。しかし、単にIPアドレスやファイル名を収集しているだけではなく、収集したすべての情報をウェブサイトにて公開している。

このサイトにアクセスすると、同サイトのデータベースに情報があれば、自分のダウンロード履歴が表示される。さらに、ファイル名やIPアドレスから、誰が何をダウンロードしたのかを検索することまでできる。本稿執筆時点で、データベースは51,274,000ユーザ、103,200トレントの情報を蓄積している。

彼らはなぜ、こうしたスパイツールを開発したのだろうか。TorrentFreakはサイトの設立者の1人、スレン・テルにコンタクトを取った。

「私たちは、インターネットがプライバシーを期待できるような場所ではない、ということを認識して欲しいだけなのです。」と彼はいう。「近頃は、自分がどのような情報を残しているのかという理解すらしないまま、インターネットを使用している人々が多くいます。また、たとえ理解していたとしても、その事実を直視しないようにすることもしばしばです。」

このロシアの開発者たちは、啓発の意味も込めてこのサイトを作ったのだという。この種の情報を公開されたくないのであれば、自らのトラフィックを正しく匿名化しなければならない。このメッセージは、サイトの『プラバシーポリシー』にも反映されている。

ベイビー、こいつはインターネットなんだぜ。この辺にゃプライバシーなんてもんはないのさ。あんたはプライバシーの守られた家にいて、リンクをクリックして、何かを読んで、映画を観る。あんたはただ一人でそうしてると思ってるかもしれない。だが、利口なオタクはあんたを監視してるのさ。あんたのあらゆる所作を見てんだ。彼らにとってあんたはヒトじゃあない。あんたはただのターゲット、消費者でしかないんだ。

冗談はさておき、このサイトは、これまで十分に強調されて来なかった、BitTorrentのパブリックな性質を認識させようとしている。もちろん、自分の情報が公開されることをよしとしない人もいるだろう。開発者はそうした人向けに、IPアドレスをリストから除外するオプションを提供している。

このダウンロード習慣の公開とは別に、開発者はっよりプライベートなファイル共有プロトコルの開発を進めているという。彼ら既にBitCoinのテクノロジーをベースにした理論的概念を持っているという。ただ、実用的なソフトウェアまでは程遠い段階にあるようだ。

「おおよそのアイディアはBitCoinと類似しています。重要なのは、各ピアが匿名かつ信頼できるアイデンティティを持つことにあります。BitCoinのような署名チェーン・アルゴリズム(signature chain algorithm)はその助けとなるでしょう。」とスレンは言う。

開発者らは現在、このアイディアがどの程度実現可能かを検討し、この取り組みを続けるか否かを判断するという。、また、今のところ、彼らは数千万のダウンローダーへの追跡、公開は継続する予定だという。

Update:動的IPアドレスを使用するユーザが同サービスにアクセスした場合、別の誰かがダウンロードしたコンテンツが表示される可能性がある。

プライバシーポリシーが愉快な感じですが、ニュアンスも含めてだいたいあってるかと(権利者側?にも喧嘩を売ってるところもなかなか愉快)。スクリーンショットにも「友だちを覗き見るって楽しくないかい?」も含めて、かなり露悪的な印象。やってることも十分エグいなぁとは思うけれども。

日本だと動的IPのユーザが多いし、接続を共有している場合もあるから、誤爆もかなりありそう。違法なダウンロードは止めましょう、という枕はとりあえず置くとして、動的IPならば定期的に変えておくのがよいかと。

あと、同サイトトップページへのリンクは上記の翻訳からは意図的に除外した。注意点として、アクセスすると自分のダウンロード履歴が表示される、ってだけじゃなくて、他のユーザがサイトトップにアクセスしたときにも(直近のアクセスがあったユーザとして)IPアドレスが表示されるかもしれない。それでもOK、問題ないよという方は以下のリンクからどうぞ。

■ YouHaveDownloaded.com

レコード産業、ロシアのダウンロードツールを開発/配布停止に追い込む でも…

以下の文章は、TorrentFreakの「Music Industry Destroys Another Powerful Free Download Tool」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Music Industry Destroys Another Powerful Free Download Tool
著者:Ernesto
日付:March 19, 2011
ライセンス:CC BY

方法さえ知っていれば、世界最大規模の無料音楽リソースに、わずか数クリックで好きなだけアクセスできる。数百万の楽曲を好きなだけストリーミングで楽しめるだけはなく、ちょっとしたテクニックやツールを駆使することで、簡単にダウンロードしたりもできてしまう。一見、そのような強力なソースにても足も出ないように見える音楽産業ではあるが、そのツール制作者に対してはどんな手を使ってでも叩きつぶすようだ。

2010年9月、音楽ダウンロードツールMulveの人気はピークに達した。Mulveは、ロシア版のFacebookとも言えるVKontakteからリソースを引っ張ってくることで、ありとあらゆるアーティストの高品質の音楽へのインスタントアクセスを可能にした。

しかし、そのわずか数日後、Mulveは姿を消した。IFPI、BPI、4大レーベルに促された英国警察がドメインのオーナーを逮捕したためだ。プロジェクトの運営者は、彼に対する摘発ではなかったが、プロジェクトを中止した。しかし、レーベルは音楽のソース、つまりVKontakteには何ら手を打つことはできなかった。

11月、この問題は再び再燃した。新たに類似した、しかし、さらにパワーアップしたツールが登場したためだ。Mielophoneはまさに強化版Mulveと言えるもので、より多くのソースから音楽データを集めるだけではなく、統合検索、last.fmとの連携、プレイリスト、ダウンロードマネージャー、ビデオ、歌詞などさまざまな機能が追加されていた。

しかし歴史は繰り返す。2月16日、Mielophoneドメインを登録した男性に、EMIとGala Recordsからメールが届いた。そのメールこそ、この駆け出しの、しかし将来有望なツールの終わりの始まりであった。

「ご存じのことと思われますが、弊社は訴訟および法執行機関を通じてロシア連邦における弊社著作権および隣接権の保護に取り組んでおります。あなたが関係する(いずれにしてもあなたのドメインの技術情報によれば)Mielophoneソフトウェアは、EMI/Gala Recordsの著作権および隣接権を侵害しております。」との書き出しでメールは始まる。

それからMielophoneの運営が、第146条(著作権および隣接権の侵害)の民事権利侵害に構成し、最高で懲役6年の刑が科せられるという。

さらに、そして不思議なことに、EMIとGalaは、Mielophoneの運営が第273条の刑事犯罪を構成し、最高7年の懲役が科せられるという。

第273条は「悪意のコンピュータ・プログラムの作成および使用、配布」に関するものである。

コンピューターまたはコンピュータシステム、ネットワークの破壊、ブロッキング、修正、情報のコピー、混乱を引き起こすコンピューター・プログラムの作成ないし既存のプログラムの改変、そのようなプログラムないしプログラムのキャリアとなるマシンの使用および配布は、3年の懲役および最高20万ルーブルの罰金または18ヶ月までの給与ないしその他の収入の差し押さえが科せられる。

過失により重大な結果を引き起こす行為は、3年から7年の懲役が科せられる。

しかし、EMIとGala Recordsはたいそうご立派で分別のある方々(だとメールでは強調されている)なので、Mielophoneの運営者は「訴訟によらない平和的な解決方法」を選択するチャンスが与えられた。たとえば、Mielophoneプロジェクトの中止と配布の終了とか。

TorrentFreakは、Mielophoneに関わる人々が、賢明にも法的助言を求めていることを知った。が、有益な情報は得られなかったようだ。具体的に言えば、弁護士はEMIの言うことをきくよう促した、と。

もはやMielophoneに選択肢はなかった。彼らは訴訟を避けるためには、プロジェクトを中止し、二度と復活させてはならないことを理解した。

それでも、Mielophone.airインストーラーは、今でもGoogle CodeやGoogle検索などで入手可能である。あぁ、またしてもVKontakteは無傷のまま、今まで通りにやっている。もちろん、彼らはMielophoneよりも容易に弁護士を雇えるし、メールだけで屈することもないだろう。

しかし、ここはインターネットである。このソフトウェアが、誰にも気づかれずに終わりを迎えることはない。既に、別のグループがMielophoneに代わる新たなアプリケーションを提供すると約束している。だが、現時点では詳細についてコメントを得ることはできなかった。

ロシア大手Torrentサイト、当局の命令でドメインをサスペンドされる

以下の文章は、TorrentFreakの「Huge Russian BitTorrent Site Has Domain Suspended」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Huge Russian BitTorrent Site Has Domain Suspended
著者:Ernesto
日付:February 18, 2010
ライセンス:CC by-sa

ロシアの大手BitTorrentサイトTorrents.ruが、当局の命令によりドメインを停止された。 Torrents.ruは、同国最大手のBitTorrentサイトでありとあらゆるジャンルのメディアをインデックスしていた。同サイトは現在、400万人のユーザにサービスの提供を続けるため、 仮のドメインで運営を継続している。

西欧諸国においては、The Pirate Bay やisoHuntなどのサイトが、主にその規模や人気のために多くのパブリシティを得ている。その一方で、英語圏や欧州の周辺であまり注目を集めてはいないながらも、非常に大規模なサイトも存在している。

そうしたサイトの1つにTorrents.ruがある。同サイトはロシアの大手BitTorrentサイトで、ユーザ数400万人、ホストしているTorrentは100万を超えていたが、比較的トラブル無く運営を続けてきた。今までは。

本日、ロシアの大手ドメインレジストラ、ウェブホスティングプロバイダ-のRU-Centerは、Torrents.ruのドメインを停止し、即時サスペンドした。

RU-Centerの広報アンドレイ・ウォロビヨフは、モスクワ チェルタノフスカヤ地方警察の刑事課からの命令でドメインをブロックしたことを認めているが、その理由については明らかにしていない。

一方、Torrents.ruの運営者たちは、この措置の影響を最小限のものに抑えるため、対抗策を講じている。

彼らは既に、ユーザが同サイトに継続的にアクセスできるようRutracker.orgという別のドメインが用意された。しかし、これは古いドメインのURLが付与された既存のTorrentには効果がない。

この問題は、既存のTorrentに記述されたアナウンスURLを、torrents.ruからbt.rutracker.orgに変えることで解決することができる。あるいは、単に新たなドメイン下のサイトにアクセスし、現在の新しいトラッカーURLが含まれているTorrentを再ダウンロードしてもいいだろう。

この件についての報道ビデオはこちら(ロシア語)。

Allofmp3:新たな訴訟と、相次ぐ支払先の取引停止

Allofmp3 現在、RIAAから200兆円の損害賠償を求めて訴訟を起こされているAllofmp3だけれども、フランスのライセンス団体からも裁判を起こされたよというお話。また、Visa、Mastercardからの支払いが停止している同サイトにさらに打撃となる、残りの支払先からの取引停止を言い渡されてもいるようだ。

原典:P2P Blog
原題:Allofmp3: More lawsuits, fewer payment options
著者:Jank0
日付:March 20, 2007
URL:http://www.p2p-blog.com/item-262.html

+ Read More

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
表示中の記事
→次
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。