スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TorrentSpy、対MPAA裁判の判決に対し上訴

以下の文章は、TorrentFreakの「TorrentSpy to Appeal in MPAA Court Case」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:TorrentSpy to Appeal in MPAA Court Case
著者:Ernesto
日付:February 04, 2009 
ライセンス:CC by-sa

かつて最も多くのビジターを抱えていたBitTorrentサイト TorrentSpyはMPAAとの裁判の判決に対して上訴した。昨年、彼らはケースが打ち切られたことで11億ドルの罰金の支払いを命じられていたが、TorrentSpyの弁護人Ira Rothkenはこの危機に瀕した問題を上訴するのが妥当だという。 

長きに渡り、TorrentSpyはBitTorrentコミュニティではよく知られたプレイヤーであった。同サイトは2006年には、他のどのBitTorrentサイトよりも多くのビジターを集めたが、2007年、連邦判事より同サイトの全ユーザデータを保存するよう命じられたことで、その状況は一変した。

判事はTorrentSpyに対し、同サイトユーザの活動の詳細なログを記録するために ユーザをモニターするよう命じた。さらに悪いことに、TorrentSpyはこれらのログをMPAAに手渡すよう命じられた。TorrentSpyのオーナーJustin Bunnelは、同サイトユーザのプライバシー保護には代えられないとして、全ての米国内ユーザのアクセスをブロックした。そして2008年3月、彼は同サイトを完全に閉鎖することを決断した。

「この決断は私たち自身が下したものです。決して裁判所の命令や何かしらの合意があったと いうわけではありません。TorrrentSpy.com検索エンジンは2008年3月24日をもって、世界的に、そして永久に閉鎖されることになります。」とBunnelはユーザに対し、同サイト上でメッセージを送っている。その1ヶ月後、MPAAとの裁判が打ち切られ、同サイトに対して11億ドルの罰金を支払うよう命じられた。そして、現在、TorrentSpyはこれを上訴した。

TorrentSpyのオーナーIra RothkenがCnet Newsに 語ったところによると「私たちは、法廷がその手続きにおいて、そしてその判決において誤っていると主張しています。法廷は開示(ディスカバリー)の問題に 関してほんの1時間の審問でケースを打ち切り、TorrentSpyに審理の機会を与えませんでした。私たちは法廷が誤っており、その裁量を濫用したと考 えています。法廷の判決は、TorrentSpyに対して同サイトのプライバシーポリシーを違反するよう命じたものであり、法廷の開示命令とユーザのプライバシー権との均衡は、この上訴において重要な問題です。」

TorrentSpyがこの戦いを諦めようとしないことは、MPAAにとって不愉快なことだろう。MPAAのDan Glickmanはこの当初の判決にたいそう喜び、このように述べていた。「TorrentSpyの終焉は、スタジオの確固たる勝利であり、こうした海賊サイトが、権利者からの手厳しい告訴に直面せずに運営を続けられることはない、ということを示したものと言えるでしょう。」

上訴は、第9連邦巡回控訴裁判所に提出され、TorrentSpyは当初の判決を逆転させ、他の米国BitTorrentサイトオーナーに希望を取り戻すことを目的としている。

スポンサーサイト

EFF、TorrentSpyの電子メール盗聴問題をサポート

以下の文章は、TorrentFreakの「EFF Supports TorrentSpy in Electronic Privacy Case」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:EFF Supports TorrentSpy in Electronic Privacy Case
著者:enigmax
日付:August 06, 2008

+ Read More

(元)世界最大のBitTorrentサイトTorrentSpy、サイトの閉鎖を決断

かつては世界で最も高い人気を誇っていたBitTorrentサイトのTorrentSpyが閉鎖することを決断し、2008年3月24日を持って、同サイトを永久に閉鎖することにしたよ、というお話。これまでTorrentSpyはMPAAから著作権侵害を助長するものだとして訴えられており、裁判所からはユーザログを保存するよう命じられていた。これを不服として控訴していたものの、その訴えは棄却され、TorrentSpyはユーザのプライバシー保護を優先するとして米国からのアクセスを遮断、米国内のユーザの活動を保存することはできないと主張した。それに対し裁判所は、TorrentSpyの行為は証拠の隠滅に値する行為であると判断、審理の続行は不可能であるとし、TorrentSpyに不利な判決を下している

原典:TorrentSpy.com
原題:GoodbyeTorrentSpy
著者:The TorrentSpy Team

+ Read More

MPAA:TorrentSpyのログ保存回避策の違法性を非難

TorrentSpyTorrentSpyとMPAAとの訴訟は、今年8月、米国内ユーザからのアクセスに対して、RAMに格納されるそのユーザアクティビティ等の情報を保存せよ、との命令が確定したことから、関連する動きは加速している。その命令の確定と前後して、TorrentSpyはユーザのプライバシーを守れなくなったとして米国内ユーザからのアクセスを遮断することにした。それによって、TorrentSpyはログの提出を回避することができたのだけれども、一方でMPAA側はそのような行為は裁判の命令を回避するためのものであり、違法な試みだとして、申し立てを行っているよ、というお話。

原典:TorrentFreak
原題:MPAA Not Done With TorrentSpy Yet
著者:Ernesto
日付:October 12, 2007

+ Read More

TorrentSpy、米国ユーザの遮断によりトラフィックが激減?

TorrentSpy先月、TorrentSpyはMPAAとの裁判の中で、RAMに格納されるユーザデータのログを取るよう命じられた。それに対し、ユーザのプライバシーや安全性を保証できなくなったとして、TorrentSpyは米国ユーザのアクセスを遮断した。とはいっても、プロキシを利用するなどすれば、米国ユーザであっても容易にTorrentSpyにアクセスできる状態でもあったのだが(ちなみにプロキシを利用すれば、米国ユーザとしてのログは残らない)、それでも多くのユーザがTorrentSpyを離れ、新天地で.torrentファイルを探すようになっているようだよ、というお話。Alexaのトラフィックランキングをみると、TorrentSpyのランキングが劇的に低下しているのが良くわかる。一昨日のmininovaのエントリと多少被る感じのネタです。

原典:TorrentFreak
原題:TorrentSpy Toraffic Plunge After US Ban
著者:Ernesto
日付:October 06, 2007
URL:http://torrentfreak.com/torrentspy-traffic-plunges-after-us-ban-071006/

+ Read More

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
表示中の記事
→次
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。