スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界で最も利用されているBitTorrentクライアントはuTorrentではなく中国のXunlei(迅雷)

以下の文章は、TorrentFreakの「Thunder Blasts uTorrent’s Market Share Away」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Thunder Blasts uTorrent’s Market Share Away
著者:Ernesto
日付:December 04, 2009
ライセンス:CC by-sa

これまで、uTorrentアプリケーションが、BitTorrentにおいて最も利用されているクライアントだと言われてきたが、実はそうではないという可能性が浮上した。3億5700万以上のユニークなピアIDから収集されたデータによると、中国のBitTorrentクライアント『Thunder(Xunlei/迅雷)』が最も利用されているBitTorrentクライアントであるという。

BitTorrentが中国でも広く利用されていることは、比較的よく知られている。The Pirate Bayが今年初めに公表したTPBトラッカー接続マップでも、全接続のおよそ3分の1が中国からのものであり、米国の8%と比較しても相当な量であることは明らかである。

中国に住む人々がBitTorrentダウンロードを管理するためにローカルなクライアントを好んで利用しているということも、中国国外の人々には目新しい事実かも知れない。こうした新しい視点は、3つの大手BitTorrentトラッカーに接続した3億5700万のユニークなピアIDをサンプルとしたデータから見て取れる。

EZTVのNovaKingは、OpenBitTorent、PublicBitTorrent、Denis Stalkerのオペレータからの協力を取り付け、これら3つのトラッカーの統計を収集した。1週間以上にわたって収集された統計から、最も利用されているBitTorrentクライアントがuTorrentではなく、中国産のBitTorrentクライアントThunder(別名Xunlei)であることは示された。

実のところ、このデータは我々にとって青天の霹靂であり、まずそのデータの妥当性を疑ってしまったが、TorrentFreakはこれらの統計が実際に正しいと確信している。これまで我々は数回にわたってBitTorrentクライアントのマーケットシェアについて報じてきたが、そこでは主要なBitTorrentクライアントとしてThunderがあげられることはなかった。しかし、以下のリストを見ると、実際にThunder/XunleiがuTorrentを凌駕している。

最も利用されているBitTorrentクライアント トップ10

この驚愕の結果を論理的に説明すると、これまでの統計は、中国のダウンローダーをほとんど含まないTorrentのサンプルからデータを収集したものであった、ということである。中国人は中国以外の世界で主に利用されているuTorrentやVuzeではなく、国内で利用可能なローカルなクライアント(とローカルなコンテンツ)を好んで利用しているようだ。

それ以外のところに目を向けると、uTorrentはVuze(旧Azureus)に僅差で勝っていることがわかる。しかし、我々が以前に報じたマーケットシェアに比べて、その差はごくわずかなものであることが示されている。このことは、これまでのマーケットシェア統計が、サンプルサイズとしては大きかったのものの、BitTorrent全体を代表するサンプルを扱ってはいなかったことも示唆している。

TransmissionとBitCometのマーケットシェアは、それぞれ3.3%、4.0%で、これについては過去の報道と一致する。また、第9位にもう1つの中国産BitTorrentクライアント『Toutu』があるが、これもこれまでの統計ではUnknown(不明)とされてきたものである。

この新たなデータは、BitTorrentのマーケットシェアに新たな光を当てるものとなるだろう。何よりも、BitTorrentの利用習慣が地域ごとに大きく異なることの証左でもあるだろう。そうした考え方は何も目新しいものではないが、数千万人に利用されてきたBitTorrentクライアントが、中国外の人々にほとんど知られてこなかったということは、驚くに値するだろう。

個人的にはあまり遭遇したことのないクライアントではあるのだけれど、アジア圏のコンテンツをダウンロードしていると、しばしばお目にかかるらしい。Xunleiについては、BitTorrent関連の掲示板で知り、この1年くらいの間に読者の方から何度かメールで質問され、少し調べた程度なので、それほど詳しくは知らないのだが、他クライアントのユーザからはそれほど評判のよいクライアントではないようで。

基本的には、迅雷のサイトから欲しいコンテンツを探し、それをダウンロードする際にクライアントであるThunder.exe(Xunlei)のインストールを求められる。動画であれば、ストリーミングもできるらしい。この迅雷はただのP2Pではなく、P2SPというサーバ-クライアント+P2P方式のダウンロードを提供している。BitTorrentの他にも、ed2k/KADやFTPをサポートしていることから、BitTorrentクライアントというよりは、統合ダウンロードマネージャといった色合いが強いのかもしれない。

また、迅雷のサイト経由で提供されるコンテンツには著作権侵害に関わるものも多く、2008年には国際映画業界団体のMPAから著作権侵害で訴えられている

他クライアントのユーザから、あまり評判がよくないというのは、あくまでも私見であるのだが、以前からメールで「BitCometでダウンロードしているとXunleiというクライアントが多数接続してくるのだが、アップもダウンもあまりせずにただぶら下がり続けている/Xunleiはほとんどアップせずダウンばかりしているが何なの?」とか、「Xunleiのはじき方を教えて」とか、「どういうクライアントなの?」とかいった質問を何度か受けていたり、掲示板等でもそういったあまりポジティブではない記述を目にする。

という程度しかこのXunleiについては知らないのだが、もし詳しく知っている方がいれば是非とも解説をいただきたいところ。

スポンサーサイト

成長を続けるuTorrent、Transmission、ユーザが離れつつあるVuze、BitComet

以下の文章は、TorrentFreakの「uTorrent Userbase Grows, Vuze takes a Dive」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:uTorrent Userbase Grows, Vuze takes a Dive
著者:Ernesto
日付:October 18, 2009 
ライセンス:CC by-sa

BitTorrentクライアントのマーケット・シェアに関する最新データによると、uTorrentが依然としてBitTorrentユーザ全体の60%以上の支持を集めるクライアントであることが示されている。 Vuzeは現在第2位に位置しているが、マーケット・シェアは14%に下落した。一方で、Transmissionは着実に成長を続けており、同クライアントのマーケット・シェア増加率は過去2ヶ月間で23%に達した。

BitTorrentはファイル共有テクノロジーとしてはメインストリームにあり、日々数百万人の人々がこのプロトコルを利用している。我々は興味深いトレンドをキャッチするため、2ヶ月おきにBitTorrentクライアントのマーケット・シェアを概観している。

本日のレポートは、数ダースのパブリックBitTorrentスウォームにいた17,221のユニークユーザのデータをベースにしている。このデータはデルフト工科大学のTribler P2P研究チームによって収集されたものである

以下の表中の結果は、ここのクライアントのマーケット・シェアを示している。これまでのレポートと同様に、マーケット・シェアが1%を越えたのは5クライアントのみで、今回の調査で観測された残りの14クライアントは「その他」カテゴリに集約された。libTorrent(rakshasa)で特定できなかった一部のクライアントは「不明」にカテゴライズされた。

9月のレポートからのマーケット・シェアの変動も表中には含めているが、なかなか興味深い傾向が見て取れる。まず第一に、uTorrentはそのユーザベースを拡大し、現在なんと60%ものマーケット・シェアを占めている。Vuze、BitComet、BitTorrentメインラインは、いずれもマーケット・シェアを落としている。

その一方で、Transmissionは成長を続けている。そのマーケット・シェアを23%ほど延ばし、BitCometを第4位の地位を射程圏内としている。12月のレポートもお楽しみに。

BitTorrent Client Market Share, October 2009
Ranking Client Market Share % Change % Platform
torrentfreak.com
1 uTorrent 60.16% +5.90% Windows, Mac
2 Vuze 14.22% -21.56% Windows, Mac, Linux
3 BitTorrent Mainline 8.65% -26.63% Windows, Mac, Linux
4 BitComet 4.43% -5.95% Windows
5 Transmission 3.65% +23.73% Mac, Linux
* 不明 7.97% +89.31% na.
* その他 0.92% -34.29% na.

対象となったTorrentのSwarmにいたユーザがBitTorrentユーザ全体を代表しているか、という問題があるので、一応はトレンドを掴むために、という感覚で見ておくとよいのかもしれない。

英国調査:若者の61%がファイル共有を利用、PCには8,000+の音楽ファイル

以下の文章は、TorrentFreakの「14-24 Year Olds Pirate 8,000 Music Tracks Each」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:14-24 Year Olds Pirate 8,000 Music Tracks Each
著者:enigmax
日付:August 10, 2009
ライセンス:CC by-sa

英国ハーフォードシア大学が行なった最新の調査で、一部にはショックな、一部には驚きの結果が示された。UK Musicに代って行なわれたこの調査では、14-24歳の61%がファイル共有ネットワークを利用し、コンピュータ上におよそ8,000もの楽曲を溜め込んでいることが明らかとなった。

UK Musicは、アーティストからレコードレーベル、音楽出版社、プロデューサー、著作権料徴収団体、そしてBPIといった英国音楽産業の様々なプレイヤーの利益を代表する統括団体である。

UK Musicに代ってハーフォードシア大学が行なったこの調査で、一部には興味深い結果が、一部には驚きの結果が示された。

14-24歳の年齢層では、平均して8,100以上の楽曲―購入によって入手したとは思いがたいほどの数―が自身のコンピュータに保存されていた。68%の回答者が日々音楽を聞くためにコンピュータを利用していると回答しているが、それも納得である。

調査対象となった1,808人のうち61%が、BitTorrentを初めとするP2Pネットワークを利用して音楽をダウンロードしたことを認め、そのうち83%が毎週、または毎日のようにそうしていることが示された。また、86%が友人からCDを借りてコピーしたことを認めている。

多数の回答者がP2Pを利用してアップロードしたことを認めるているが、それ以外の方法でも音楽は共有されているようだ。回答者の75%が電子メール、インスタントメッセージ、Bluetoothを利用して音楽を送信したことがあるとしている。

P2Pを利用して音楽を入手していると認めた人々のうち、85%が月額固定料金での「聴き放題(all you can eat)」ダウンロードサービスを歓迎するとしたが、そうしたサービスを利用できるようになれば違法ファイル共有を止めると回答したのは57%に留まった。

ここ最近、Spotifyのようなストリーミングサービスが違法ファイル共有に対抗しうる武器だと喧伝されてきた。しかし、調査対象の78%がそうしたサービスにお金を出すつもりはないとし、89%がストリーミングではなく所有したいと回答した。

また、半数以上の回答者が、デジタル音楽プレイヤーやモバイルフォンのメーカーが、それらデバイス上でのコピーによって生じた損失に対してアーティストに補償すべきである、と回答した。

UK Music CEOのFeargal Sharkeyはこのようにコメントしている。「我々の産業全体がこれからの進化を続けることは疑いありません。しかし、しかし、我々は音楽ファン、とりわけ若い音楽ファン達とともに手を取り合わなければ、何一つ達成することはできないでしょう。彼らは自身の欲求のままに要求しています。しかし我々は一致団結して、その難問に立ち向かっていかなければならなりません。私達は危険を承知で関わりを避けています。そのメッセージは大きく、そして明らかなものです。」

奇妙なことに、8,000曲もの音楽コレクションを持ち、それをデジタル音楽プレイヤーに取り込んでいたとしても、回答者の77%が「聴き放題」ダウンロードサービスを利用したとしても、フィジカルなCDアルバムの購入を続けるだろうと回答している。

デジタル、フィジカルと2回にわたってまで支払いをしてくれるのだろうか?音楽ビジネスが興奮しそうな響きを持ったモデルではあるが、実際には誰一人としてそれを実現することはないだろう。音楽産業が何をどうしたいと思ったところで、我々はもう歩を進めているのだから。

米国未放送のプリズンブレイク最終エピソード、BitTorrentにて人気を集める

以下の文章は、TorrentFreakの「Unaired Prison Break Finale a Hit On BitTorrent」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Unaired Prison Break Finale a Hit On BitTorrent
著者:Ernesto
日付:June 3, 2009
ライセンス:CC by-sa

2週間前、米国ではPrison Break シーズン4の放送が終了し、多数のファンが、Scofieldに何が起こったのかと気になっているところだろう。Prison Breakのエピソード23、24はまだ米国では放送されていないが、既にBitTorrentにて入手可能となっている。もちろん、数百万もの番組の熱心なファンたちがこれに気づかないはずもない。

毎週、我々はBitTorrent上でもっともダウンロードされたテレビ番組のトップ10を公表しているのだが、オフシーズンにしてはいつもとは異なる展開を見せている。米国ではまだ放送されていないPrison Breakの2本のファイナルエピソードが200万人近い人々にダウンロードされている。

この最後の2本は、通常のエピソードとは異なり、Foxから米国テレビ放送局に配給されておらず、このことはダウンロード統計からも見て取れる。通常であれば、テレビで放送されたエピソードの米国からのダウンロードは5%程度なのだが、この2 本のエピソードはその25%が米国からのダウンロードであった。

Prison Break第4シーズンのエピソード23、24がBitTorrentサイトに登場したのは、米国外の複数放送局がこれを放送したためであった。『Prison Break: The Final Break』と題された最後のエピソードは、米国では7月21日にDVD(毎度あり)でリリースされる予定となっている。

今週最もダウンロードされたテレビエピソードのデータは以下の通り。このデータは、複数のTorrentサイトの標本調査をTorrentFreakが集計したものであり、情報的、教育的目的のためにのみ公表している。

Most Downloads (recent episodes)

May 25 - May 31
ranking (prev) show est. downloads
torrentfreak.com
1 (…) Prison Break: The Final Break 1,930,000
2 (8) Breaking Bad 380,000
3 (…) Reaper 365,000
4 (…) Medium 360,000
5 (…) Mythbusters 340,000
6 (…) Mental 310,000
7 (…) Greek 300,000
8 (7) Legend of the Seeker 290,000
9 (…) The Tudors 270,000
10 (9) Primeval 260,000

2008年 BitTorrent上で最もダウンロードされた映画トップ10

以下の文章は、TorrentFreakの「Top 10 Most Pirated Movies of 2008」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Top 10 Most Pirated Movies of 2008
著者:Ernesto
日付:December 11, 2008
ライセンス:CC by-sa

2008年も終わりに近づき、我々は現在、様々なカテゴリーで最もパイレートされたタイトルにフォーカスを当てている。『Spore』が見事主役の座を勝ち取った前回のゲームTop10に続いて、今度は映画を見てみることにしよう。予想通りではあるが、The Dark Knightがトップに輝いた。ただ、残りのチャートは一部驚くべきランクイン、予想外の落選などが見られた。

ダークナイト 特別版 [DVD]興行収入の成功をそのままに、The Dark Knightは2008年BitTorrentで最もパイレートされた映画チャートをリードしている。Christopher Nolanが脚本・監督を手がけたこの『Batman Begins』の続編は、映画史におけるベストオープンウィーク/ウィークエンド興行記録を打ち立て、世界中で10億ドル近くを稼ぎ出した。

この映画の成功は、興行収入だけにとどまらない。今週初めにDVDがリリースされたが、発売当日だけで米国、カナダ、英国の店舗にて300万本を売り上げている。

こうした実世界でのものすごいセールスと共に、同映画はBitTorrentやその他のファイル共有ネットワーク上での競争でも勝利を収めている。BitTorrent単独で700万回以上ダウンロードされ、The Dark Knightは現在、2008年で最もパイレートされた映画タイトルとなった。複数のBitTorrentサイトのコメントでは、多くのダウンローダーが映画館で映画を見た後に、その違法コピーを入手していることがわかる。

その他の超大作と同様に『Dark Knight』は複数フォーマットでインターネット上にリークされた。それは7月のプレミア直後のカムバージョンに始まり、このリークはThe Pirate Bayのメンバーから祝福を受けている。その『カム』に続いて9月はじめにはDVDスクリーナーが、11月にはDVDがリークされた。後者のリリースは、ファイル共有ユーザの間で最も人気があることが明らかとなっている。

トップ10の残りのタイトルに目を向けると、興行収入とファイル共有ネットワーク上でのダウンロード数とにいくつかの乖離があることに気づかされる。たとえば『Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull』は興行収入では第2位につけているが、ダウンロードチャートでは第30位でしかない。それどころか、『The Bank Job』は興行収入では第66位でしかないが、BitTorrentでのダウンロードチャートでは第3位につけている。

このリストのデータは、TorrentFreakが大手BitTorrentトラッカーを含む複数のソースから収集したものである。CAMバージョンを含む全てのフォーマットがカウントされ、これまでのデータに基づき、我々が見逃しているであろう小規模な.torrentリリース分を補正している。

Most Downloaded Movies on BitTorrent, 2008
rank movie downloads worldwide grosses
torrentfreak.com
1 The Dark Knight 7,030,000 $996,500,000
2 The Incredible Hulk 5,840,000 $262,300,000
3 The Bank Job 5,410,000 $64,300,000
4 You Don’t Mess With The Zohan 5,280,000 $201,800,000
5 National Treasure: Book of Secrets 5,240,000 $457,400,000
6 Juno 5,190,000 $231,300,000
7 Tropic Thunder 4,900,000 $187,200,000
8 I Am Legend 4,870,000 $584,200,000
9 Forgetting Sarah Marshall 4,400,000 $104,500,000
10 Horton Hears a Who! 4,360,000 $296,945,439

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
調査/統計 ファイル共有の記事
→次
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。