スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

史上最大の海賊サイト、パイレート・ベイの9年間を振り返る

以下の文章は、TorrentFreakの「Pirate Bay Celebrates 9th Anniversary, a Brief History」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Pirate Bay Celebrates 9th Anniversary, a Brief History
著者:Ernesto
日付:September 15, 2012
ライセンス:CC BY

今日、パイレート・ベイは9周年を迎える。そこで、この類まれなるウェブサイトの足跡を振り返ってみよう。パイレート・ベイは友人同士の趣味のプロジェクトとして2003年にスタートし、そこからインターネット上で最大のウェブサイトの1つにまで成長した。パイレート・ベイは世界的なアイコンとなり、ハリウッドその他のエンターテイメント産業からは嫌悪され、その一方で膨大なファイル共有ユーザからは愛されている。

2003年9月15日、パイレート・ベイはスウェーデンの親文化団体Piratbyran(The Bureau of Piracy)によって設立された。

当時、スウェーデンにはファイル共有ネットワークがなかったため、Piratbyranは比較的新しいBitTorrentプロトコルを採用し、パイレート・ベイをローンチした。

当初、共同設立者のピーター・スンデ(Brokep)とフレドリク・ネイジ(TiAMO)、ゴッドフリード・ソヴァーソルム(Anakata)は、スカンジナビアのBitTorrentコミュニティを構築することを目標に掲げていた。

「その当時、Suprnovaという大手BitTorrentサイトはあったが、そこは世界中のコンテンツの集積を目的にしていた。僕らとPiratbyranはもっとスウェーデンやスカンジナビアのコンテンツを集めたかった。だから、僕らは大きな図書館を運営することにした。それがパイレート・ベイだよ」

その頃のパイレート・ベイのシステムは、お世辞にも優れたものとは言えず、極めて簡素なものだった。

パイレート・ベイのローンチ直後は、Anakataが当時勤めていたメキシコの会社のサーバーでホストされていた。

その2、3ヶ月後にはスウェーデンに移動し、TiAMOのラップトップ(Celeron 1.3GHz、256MB RAM)でホストされた。

パイレート・ベイのシステムは、トラッカー機能を含め、この1台に集約されていた。

パイレート・ベイのサーバー

しかし、サイトとトラッカーを維持するために更なるサーバー・パワーが必要とされるまでには、それほど時間はかからなかった。ビジターが増え続けたのだ。

サイト開始から1年後の2004年までに、パイレート・ベイのトラッカーは100万のピアと60,000以上のトレントファイルをトラッキングしていた。そして同じ頃、サイトの創設者たちは、パイレート・ベイにアクセスをしているのは、スカンジナビアのユーザだけではないことに気づいた。

実際、ユーザの80%はスカンジナビア以外の地域からアクセスしていた。パイレート・ベイチームは、世界的な人気をさらに加速させるため、サイトのデザインを一新した。そして2005年7月、複数の言語で利用できるようになった。

デザイン変更前のパイレート・ベイ

こうした変更により、パイレート・ベイの成長はさらに加速した。2005年までにパイレート・ベイがトラッキングするピア数は2,500,000にまで増加した。

パイレート・ベイの人気の増大にハリウッドその他が気づかぬわけがない。著作権者たちは削除通知の送付を開始した。一方、サイトの創設者たちはそうした通知をからかった。しかし、ハリウッドと米国からの圧力を背景に、パイレート・ベイは強襲された

2006年5月31日、設立から3年と経たずして、パイレート・ベイは強制捜査を受ける。65人のスウェーデン警察が、ストックホルムにあるデータセンターに立ち入った。捜査官の任務は、パイレート・ベイのサーバーをシャットダウンすることにあった。

パイレート・ベイ強制捜査の映像

サイトは3日間にわたってダウンした。しかし、3日後、パイレート・ベイは別の場所でホストされ、復活した。サイト運営者たちは淡々と、ハリウッドめがけて大砲をぶっ放す新たなロゴを掲げ、「ポリス・ベイ」を名乗った。その数日後、このロゴはフェニックスに差し替えられた。曰く、我々はデジタルの灰からよみがえった。

この強制捜査は、マスメディアでも大々的に取り上げられた。もちろん、わずか3日で復活を遂げたことも、その一因となった。このようなパブリシティにより、ハリウッドが望んだ結果とは真逆の現象が起こってしまった。多数のユーザがパイレート・ベイにアクセスし始めたのだ。

強制捜査後のロゴ

サイト創設者への捜査が続く中、パイレート・ベイは成長に成長を重ねた。2年以上の歳月を費やした捜査が終了した2009年初め、3人の共同創設者は実業家カール・ランドストロムと共に起訴された。

2009年4月、4人は著作権侵害を幇助したとして有罪判決を受けた。それぞれ懲役1年、罰金3,620,000ドルが科された。2010年の控訴審では懲役刑こそ減らされたものの、罰金は650万ドル以上にまで増額された。

一方、パイレート・ベイの資産は、サイトを運営していたセイシェルのReservellaという企業に移転された。

所有者が変わったパイレート・ベイには2つの大きな技術的変更がもたらされた。2009年秋、パイレート・ベイは悪名高きBitTorrentトラッカーを停止し、トレント・インデックスサイトへと姿を変えた。

そして今年初め、サイトの運営者は、一定程度のシードがあるトレントファイルを削除し、トレントファイルに代えてマグネットリンクへと移行した。これにより、第三者がパイレート・ベイの全データを保存し、ミラーサイトを運営することが極めて容易になった。

現在、パイレート・ベイはインターネット上で最も広く検閲されているウェブサイトとなり、こうしたミラーサイトが必要とされている。近年、デンマーク、イタリア、英国、オランダその他の地域のISPが、パイレート・ベイへのアクセスを遮断するよう法廷から命じられている。

しかし、パイレート・ベイは依然として存在している。

多数の訴訟、裁判所からのブロッキング命令、ストックホルム法廷での2つの有罪判決にも関わらず、パイレート・ベイはネット上で最もアクセスされるウェブサイト・トップ100に入り続けている。極めて稀有な存在といえるだろう。

では、パイレート・ベイの未来はどうなるのだろうか? 近いうちに、パイレート・ベイのドメイン名が差し押さえられたとしても驚きはしない。しかし、それによってパイレート・ベイが運営を停止するとも考えにくい。

これまでそうであったように、パイレート・ベイはファイル共有の不滅のアイコンとして、来年は10周年を祝っているだろう。

Happy Birthday Pirate Bay

スポンサーサイト

パイレート・ベイ、マグネットリンク導入によりトラフィックが大幅減少

以下の文章は、TorrentFreakの「Torrent-less Pirate Bay Sees Massive Drop in Bandwith」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Torrent-less Pirate Bay Sees Massive Drop in Bandwith
著者:Ernesto
日付:March 08, 2012
ライセンス:CC BY

サイトからトレントをなくすというパイレート・ベイの決断は、主に外部からの攻撃に抵抗しやすくするためであったが、同時に帯域コストにも大きな影響を及ぼしている。本日、パイレート・ベイ・チームがTorrentFreakに語ったところによると、この変更以後、サイト訪問者数は変化していないにもかかわらず、帯域が30%以上減少したという。大半のユーザは、若干の不安感は覚えつつも、新たなマグネットリンク・オンリーのサイトに満足してるようだ。

先週、パイレート・ベイは、同サイトからすべての人気トレントファイルを削除し、いわゆるマグネットリンクに置き換えた。

これにより、.torrentファイルを中央サーバから直接ダウンロードするのではなく、他のBitTorrentユーザから.torrentファイルをダウンロードすることになる。

この変更の結果、パイレート・ベイの帯域消費は激減した。本日、サイト運営者がTorrentFreakに語ったところによると、帯域使用量はほぼ3分の1に減少したという。

「現在、30%ほど帯域が減少しています。しかし、サイトへのビジター数は以前と同じままです」と彼らは話す。

また、パイレート・ベイのRSSフィードも含めると、およそ60%も減少するというのだから驚きだ。現在、パイレート・ベイが消費する帯域のほぼ半分が、RSSフィードに由来する。

とはいえ、トレント・レスになったパイレート・ベイが良いことずくめだ、というわけでもない。少なくないBitTorrentユーザが、マグネットリンクによって生じるちょっとした問題に戸惑っているようだ。

最も多い不満は、ダウンロード開始前に欲しいファイルを個々に選ぶことができないということ。大きなアーカイブから、1つのファイルだけをダウンロードしたいという場合に、この問題に直面する。.torrentファイルをダウンロードすれば、ダウンロードを開始する前に当該のファイルを選択することはできるのだが、uTorrentではそれもできない(BitCometとVuzeなら可能)。

これを回避するためには、トレントが完全にダウンロードされるまで詳細ウィンドウを開いておかなければならない。ただ、これはパイレート・ベイの問題ではなく、クライアント開発者側の問題といえる。

パイレート・ベイがマグネットリンクに移行した後、uTorrent開発チームは既にマグネット関連のバグを1つ修正している。マグネットリンクでダウンロード・キューを再登録した際、リジューム、リシードできないというもの。

上記のような問題もあるが、移行はスムースに行われたようである。

パイレート・ベイにとって、サイトを閉鎖の圧力から守るためには、マグネットへの移行は不可避であった。移転も容易になり、必要とされるリソースも以前に比べてわずかになった。そしてさらに、帯域コストも減少した。

世界最大のトレントサイト、ついにトレントを捨てる

以下の文章は、TorrentFreakの「The Pirate Bay, Now Without Torrents」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:The Pirate Bay, Now Without Torrents
著者:Ernesto
日付:February 28, 2012
ライセンス:CC BY

本日、The Pirate Bayは1つの時代の幕を下ろす。この世界最大のトレントサイトは、たった今、全ての人気トレントファイルを取り外し、マグネットリンクへと切り替えた。The Pirate Bayチームは、この変更が同サイトの将来にとって必要であったこと、その結果ユーザがトラブルに見舞われないことを確信しているという。「緑のボタンの代わりに、赤いボタンを押してみよう。万事うまくいくさ」と彼らは言う。

2、3週間前にアナウンスされていたように、The Pirate Bayはほとんどのトレントファイルの提供を停止した。

本日、10人以上に共有されている全てのトレントファイルが、いわゆるマグネットリンクに差し替えられた。

これにより、BitTorrentユーザは中央サーバから直接.torrentファイルをダウンロードするのではなく、他のユーザから.torrentファイルをダウンロードすることになる。

The Pirate Bayからトレントがなくなる、というとなんだがすごいことのように聞こえるかもしれないが、実際にはそれほど大きな変化はないだろう。

The Pirate Bayは「平均的なユーザにとって、それほど大きな違いはないでしょう。トレントがファイル名やファイルサイズを表示するまでに、最大でも2、3秒余計にかかるくらいでしょうか」とTorrentFreakに語っている。

「緑のボタンの代わりに、赤いボタンを押すだけのことです。問題はありませんよ」

現在のところ、少数の人々(10人以下)によって共有されるだけのトレントは、ファイルへのアクセス可能性を確実にするために残されている。マグネットリンクが機能するためには、最低でもSwarm内の誰か1人が、完全な.torrentファイルを保持し、かつその人物のBitTorrentクライアントがマグネットリンクに対応している必要がある。

「.torrentファイルを作成した人物が、マグネットリンクをサポートしていない時代遅れのBitTorrentクライアントを使っている可能性を考慮して、10ピア制限を設けました。現在までに、人気トレントクライアントはすべて、マグネットリンクをサポートしましたけどね」と彼らは言う。

The Pirate Bayが、全てのトレントファイルを削除すると最初にアナウンスしてから今日に至るまで、2年の歳月を要したのは、このマグネットリンクへのサポートが欠如していたためであった。BitTorrent開発者たちはこの呼びかけに応じ、それから数ヶ月のうちに、多数のクライアントで相次いでマグネットリンクがサポートされていった。

加えて、The Pirate Bayユーザであれば、自分のクライアントがDHTとPEXに対応しているかを確認しなければならない。

この変更がユーザにそれほど大きな影響を与えないにしても、これまでThe Pirate Bayのトレントに依存してきた外部サイトは、いくつかの修正が必要になるだろう。彼らが.torrentファイルを配布し続けたいのであれば、DHT経由で入手しなければならない。また、.torrentファイルへの直接リンクは機能しなくなり、当該のファイルの(The Pirate Bay内の)詳細ページにリダイレクトされることになる。

The Pirate Bayチームは、マグネットリンクへの移行は不可避であり、これによってサイトは閉鎖の脅威を遠ざけることができるのだという。この移行により、The Pirate Bayが必要とするリソースは以前に比べて大幅に減った。

「新しくなったサイトは、外部からの攻撃により強くなりました。より少ない帯域、少ないサーバで済みますし、ほどほどの環境であれば自宅回線からでも運営できますよ。」とThe Pirate Bayチームは言う。

「それが未来です。」

パイレート・ベイ裁判 上告棄却、旧運営者らの有罪が確定

以下の文章は、TorrentFreakの「Pirate Bay Founders' Prison Sentences Final, Supreme Court Appeal Rejected」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Pirate Bay Founders' Prison Sentences Final, Supreme Court Appeal Rejected
著者:Ernesto
日付:February 01, 2012
ライセンス:CC BY

スウェーデン最高裁判所は、長期に及んだパイレート・ベイ裁判において、上告を棄却する決定を下した。これはピーター・スンデ、フレドリク・ネイジ、カール・ランドストロムに言い渡された以前の懲役刑および罰金刑が確定したことを意味する。

2010年11月、スウェーデン控訴裁判所は、パイレート・ベイの運営に関与していた3名に対し、刑事上の著作権侵害で有罪とする判決を下した

フレドリク・ネイジ、ピーター・スンデ、カール・ランドストロムは、懲役刑こそ2009年の地裁判決時よりも減じられたものの、罰金については原告のエンターテイメント産業に数百万ドルにも及ぶ損害賠償を支払うよう命じられた。

3名は控訴審判決を不服として、最高裁判所に上告した。しかし今日、この請求は棄却され、控訴審判決が確定したことになる。

現在、ピーター・スンデ(a.k.a. Brokep)は懲役8ヶ月、フレドリク・ネイジは懲役10ヶ月、カール・ランドストロムは最も短い懲役4ヶ月を待つ身となった。損害賠償額は4600万クローナ(680万ドル)を合わせて支払わなければならない。

4人目の被告、パイレート・ベイの共同設立者ゴッドフリード・ソヴァーソルムは、病気を理由に控訴審を欠席していた。以降の審理に出廷することも出来ず、昨年、2009年の地裁判決における懲役刑(1年)および損害賠償が確定した。

カール・ランドストロムの弁護士パー・E・サミュエルソンは、「この判決は不合理である。史上空前の、世界が最も注目する訴訟でありながら、法が抱える複雑な問題を吟味し、分析するのを怠った法廷に失望した」と語った。

被告の1人は、現在欧州司法裁判所への申し立てを検討している、とTorrentFreakに語った。しかし、そうしたとしても、スウェーデンにて判決が執行されるのを防ぐ効力はない。

とはいえ、本日のニュースは、被告が必ずしも懲役刑に服さねばならないことを意味するわけではない。スウェーデンの司法制度では、5年以上かかった裁判の懲役刑から12ヶ月を減刑するのが一般的である。この裁判はその条件をみたすため、パイレート・ベイの被告はその資格を得ているといえる。しかし、この判断は裁判所に委ねられている。

たとえ減刑が認められなかったとしても、懲役刑が執行されるまでには2、3ヶ月の猶予が与えられる。また、ピーター・スンデとフレドリク・ネイジが既にスウェーデンから離れていることも。状況を複雑にするかもしれない。

この判決について、ピーター・スンデは最高裁に失望したとしながらも、驚きはないとしている。

「スウェーデンはこれまで、インターネットの自由を訴えてきた国だ。彼らは世界中の活動家を支援するためにたくさんのお金と時間とを費やしてきた。だが、彼らが誇らしく思う、支援を続けてきた人々は誰か?TPBはスウェーデンにおける言論の自由のための戦い、そして腐敗と検閲との戦いを引き起こした最も重要なムーブメントとなっている。」と彼は話す。

「一時期、TPB関係者全員が、著名なリークプロジェクトからアラブの春を支援する活動に関わっていた。我々は世界中で腐敗と戦った。我々は世界中の貧困国に機会の平等を促した。我々は情報の独占を叩き潰した。我々に近しい、TPBの活動を支援してくれた人たちは、ノーベル平和賞にノミネートされたっていいとすら言っている。」

「決して自慢したいのではない。ここで誰が正しいことしているかを正しく理解してもらいたいだけなのだ。エンターテイメント産業は、自分自身以外の誰も助けては来なかった」。

判決が確定したにも関わらず、パイレート・ベイは運営を続けている。これはパイレート・ベイそのものが訴えられたわけではないためだ。しかし、最高裁の決定が公表された数時間後に、パイレート・ベイは.seドメインにリダイレクトされるようになった。これは米国当局からのドメイン押収を懸念しての動きである。

Comcast、The Pirate Bayアクセス障害でTPBに支援の申し出、その後問題は解決

以下の文章は、TorrentFreakの「Comcast Offers Help to The Pirate Bay, Problems Fixed」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Comcast Offers Help to The Pirate Bay, Problems Fixed
著者:Ernesto
日付:May 12, 2011
ライセンス:CC BY

24時間ほど前から、ほぼ全てのComcastユーザが、The Pirate Bayにアクセスできなくなっていた。ComcastだけがThe Pirate Bayへのアクセスに問題を抱えていたISPというわけではないが、この問題はComcastネットワークおいて最も顕著に見られているようだ。この問題の解決に向けて、Comcastは、The Pirate Bayに同社エンジニアによる協力を申し出た。ほどなく、問題は解決した。

昨日、TorrentFreakは複数のComcast加入者から、The Pirate Bayへのアクセスに問題が生じているという電子メールを受け取った。

また、TorrentFreakのウェブ解析を見ても、「thepiratebay down」というフレーズでGoogle検索してきたビジターが急増していた。

こうしたビジターの大半は、Comcast加入者であった。このことから、我々はThe Pirate BayとComcastネットワークとのコネクションに何か問題が生じているではないかと推測した。

今朝方、我々はこの問題に関する記事を書いた。その中で、The Pirate Bayチームは、この問題の原因を探っていると話した。

この報道は、Comcast側にも届いたようだ。Comcastインターネット・システム・エンジニアリング エグゼクティブ・ディレクターのジェイソン・リビングッドは、「私たちはウェブサイトのブロッキングを行っていないことをお伝えします。The Priate Bayへのブロッキングは行っておりません」とTorrentFreakに話した。

元記事にあるように、我々は意図的なブロッキングを疑っているわけではない。しかし、明らかに何かしらの問題が生じていた。幸運にも、Comcastはこの問題の解決のために、The Pirate Bayに救いの手をさしのべている。

ComcastはThe Pirate Bayへの支援として、彼らが必要とすれば、リソースを提供する用意があることを明らかにした。「彼らをアシストするために、直接私たちのエンジニアを割く用意があります。」とジェイソン・リビングッドはTorrentFreakに話す。

当初、The Pirate Bayチームは、ComcastがPMTUレスポンスをフィルタリングしているのではないかと疑った。しかし、Comcastの調査によってその可能性は否定された。現在、The Pirate Bayチームは、他の可能性について検討している。しかし、Comcastは同社の側の問題ではないと考えているようだ。

The Pirate Bayチームは、ハードウェアのコアがどこにあるかを煙に巻こうとしており、このネットワーク・マジックの一部が、Comcastとコンフリクトしているのかもしれない。

UPDATE:この記事を書き上げる直前になって、Comcastユーザが再びThe Pirate Bayに接続できるようになったようだ。この問題は、Cocmastトラフィックを処理するTier1ネットワークの戻り経路フィルタ(Reverse Path Filtering)が原因であった模様。

Comcastは、The Pirate Bayとのパケット中継を行うSerious Tubes Networkにコンタクトをとり、問題を解決した。

Serious Tubes NetworksのCEOは「Comcastから、私たちのNOC(Network Operations Center)に、同社ユーザからThe Pirate Bayにアクセスできないとの苦情が届いているという報告を受けました。現在は、問題を解決し、ComcastからTPBにアクセスできるようになりました。」とTorrentFreakに語った。

まさにComcast Cares、ただ今回は直接彼らの助けはなかったけどもね。

Comcast Caresって知らなかったんだけど、こういう意味で使われたのね。

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
BTトラッカー ThePirateBayの記事
→次
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。