スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Spotify:レコードレーベルに祝福された大規模P2Pネットワーク

以下の文章は、TorrentFreakの「Spotify: A Massive P2P Network, Blessed by Record Labels」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Spotify: A Massive P2P Network, Blessed by Record Labels
著者:Ernesto
日付:June 17, 2011
ライセンス:CC BY

音楽産業は長らく、P2Pテクノロジーを唯一最大の脅威と認識し、ファイル共有ユーザが数億ドルの損失を生み出していると主張してきた。しかし、今やP2Pテクノロジーは音楽産業の未来の一部となっている。音楽ビジネスとP2Pテクノロジーとの深い結び付きの1つに、音楽ストリーミングサービスSpotifyがある。もはやSpotifyはインターネット上で最大規模のファイル共有ネットワークとなっている。

2008年秋にSpotifyのベータ版がローンチされた際、我々はこれを「音楽パイラシーのオルタナティブ」だと評した

Spotifyは、時折の広告が入るが無料で、または安価な月額使用料で広告なしに、数百万の楽曲をストリーミングできるという選択肢を提供し、音楽パイラシーのガチンコの競争相手となると思えた。

それから2年が経ち、Spotifyは急速にたくさんの音楽ファンの心を射止めた。現在のところ(訳註:2011年6月当時)、欧州の一部の国でしか利用できないが、それでも既に数千万人の無料ユーザ、100万人超の有料ユーザを集めた。音楽産業も折に触れて認めるサクセスストーリーである。

見逃されがちなことではあるが、実はこのSpotify、インターネット最大のP2Pネットワークの1つでもある。何も驚くことはない、Spotifyのリード・エンジニアの1人はルードヴィク・ストリゲス、BitTorrentクライアントuTorrentのオリジナルクリエイターだ。しかし、このプライベートP2Pネットワークについてはさほど知られていない。

P2Pテクノロジーを用いることで、Spotifyはサーバーへの依存を軽減し、帯域を節約することができる。そして、これはうまく機能しているようだ。実際、Spotifyユーザがインターネット経由でストリーミングする楽曲の大部分が、P2P接続によって得られている。ここで扱われている音楽はライセンスされており、すべての転送は完全な匿名、暗号化され、もちろんセキュアだ。

Spotifyが提供するデータから、楽曲アクセス時の3つの主要な音楽ソースについて見てみることにしよう。

上記のグラフから分かるように、大部分のトラックはローカル・キャッシュから再生されている。これはユーザが以前に聞いた曲で、そのファイルはローカル・ハードディスクに保存されている。残りの楽曲のうち、およそ80%はP2Pネットワーク経由でのアクセスとなっている。

さらに特筆すべきは、P2Pパフォーマンスは週末のピーク時間帯に最も効率的であるという点。Spotifyが提供するデータによると、P2Pトラフィックの割合は土曜の晩にピークに達する。

SpotifyのP2Pネットワークは、他のファイル共有プラットフォームから様々な影響を受けている。BitTorrent風のトラッカーとGnutella型のネットワークを用いているが、比較的小さなファイルを扱うよう調整されている。ストリーミング再生であるため、曲の出だしを優先し、また遅いピアは除外される。

このカスタムP2Pソリューションは、Spotifyの最も重要な特徴の1つ―ほとんど遅延なし―を保証する。楽曲はすぐに再生されなければならないが、遅延の中央値(median latency)は256ミリ秒と十分に期待に答えている。P2Pを使用したアプリケーションとしては実に驚くべき結果である。

最後に。音楽産業が完全に支持し、さらに一部所有さえしている大規模P2Pネットワーク。こんなことが起こるなんて誰が予測できただろう?

去年の6月の記事。この当時は欧州の一部地域での提供となっていたが、この翌月、米国でのサービス提供が開始された。

この記事内でmedian latencyが256ミリ秒とあるのだけれど、こちらの記事によるとこれはローカルキャッシュを含めての数字らしく、先読みなしの条件では390ミリ秒とのこと。それでも十分に速い。

ローカル・キャッシュに依存するところが大きいのは、比較的繰り返し聞かれるという音楽の特性があるのだろう。P2Pがうまく機能している辺りは、人気の楽曲にアクセスが集中する傾向にあることが一因として考えられる。また、がっつり使いこなしているユーザが多いようで、56%のユーザが5GBまたはそれ以上のローカルキャシュを保持しているという。

スポンサーサイト

VODOプロジェクト始動: 大手Torrentサイト連合、インディー映画製作者を支援

以下の文章は、TorrentFreakの「P2P Site Coalition to Help Indie Filmmakers」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:P2P Site Coalition to Help Indie Filmmakers
著者:Ernesto
日付:October 13, 2009
ライセンス:CC by-sa

MininovaやThe Pirate Bay、isoHuntを初めとする最大手のBitTorrentサイトは、映画製作者による作品のプロモーションを援助するという意欲的なプロジェクトの下に団結した。The Steal This Filmのディレクターによって設立されたVODOプロジェクトは、本日、その初のタイトルをリリースしデビューを飾った。

BitTorrentや一般的なファイル共有はしばしば軽蔑され、ハリウッドのお偉方からは嫌悪さえされてきた。一方で、多くのインディペンデントミュージシャンや映画製作者はこれらのテクノロジーを、ノーコストで自身の作品を公開することができ、インターネットなしには考えられないほどたくさんのオーディエンスにリーチすることのできる理想のツールだと考えている。

映画製作者とファイル共有コミュニティの持つ配信力とを結合させるため、Steal This FilmのディレクターJamie KingはVODOをローンチした。Mininova、The Pirate Bay、isoHunt、Miro、Vuze、FrostWireなど著名なファイル共有コミュニティがこのプロジェクトに参加しており、これらのサイトはVODOの映画作品をプロモーションすることを約束している。

本日、VODOは『Us Now』と題されたドキュメンタリーの初となるリリースをアナウンスした。この映画は『ユーザ』としての参加が、いかにして国家の統治のされ方を変化させるかに焦点を当てたドキュメンタリーである。オンライン・ネットワークの自己組織的構造が、政府の枠組みを恒久的に変化させるかもしれない、という筋書きだ。いうまでもなく、ファイル共有コミュニティと明白な繋がりを持つリリースであることを考えると、まさに理想的なデビュー作品である。この『Us Now』は現在、Mininovaにてフィーチャーされているが、いずれ他のパートナーたちもそれに続くことになっている。

BitTorrentコミュニティ(BitTorrent前CEO Ashin NavinやThe Pirate Bay前スポークスマンのPeter Sundeも含む)からの強力な支援を受け、VODOはファイル共有ユーザが望んでいる高品質の映画ダウンロードのトップブランドを確立することを目指している。一方の映画製作者たちは数百万人ものオーディエンス、寄付を通じて収益を手にする可能性を得ることになる。

How VODO Works

「aXXoのようなリリースグループをフォローしている方なら、こうしたモデルはよくご存じでしょう。しかし、VODOはただのリリースグループとは異なります。アーティストが自発的に共有するだけではなく、ダウンローダーは自発的にクリエイターに対し、寄付することを選択できます。VODOではクリエイターが自分で用意したドネーション・リンクを管理できますから、寄付は全額映画製作者の手に渡ることになります。」とVODOチームはTorrentFreakに話した。

VODOは今後数ヶ月に渡って、少なくとも毎月1本の映画を リリースすることを目指しており、その中にはDavid Millerが初監督を務めた『IIn Guantanamo』のプレミアも含まれている。グアンタナモ収容所にかなり肉薄したドキュメンタリーだ。「2010年の間にVODOは、フリー・トゥー・シェア モデルを核として、クリエイターに一連の収益機会を構築することを目指しています。」とKingは説明する。

VODOは、ファイル共有コミュニティのパワーをインディペンデント・アーティストのサポートのために利用し、かつマスに良質のエンターテイメントを提供するという、エキサイティングで意欲的なプロジェクトである。これぞP2Pとして最良のかたちであり、P2Pの真価が発揮されるところでもある。

現在、VODOプロジェクト初のリリースとなった『Us Now』をダウンロードしているのだけれど、現時点でシーダーは1,200人を越え、すこぶる快調にダウンロードが進んでいる。こちらのページからダウンロード、予告編の視聴ができる。"Here Comes Everybody: The Power of Organizing Without Organizations"の著者クレイ・シャーキーなんかも出演していて、なかなか面白そう。インターネットの今に興味のある方はダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

で、このVODOプロジェクトについては、実に興味深い、というか喜ばしい。これまでもインディペンデント映画製作者がインターネット上でドキュメンタリーなどを公開するというのはたびたびあったけれど、それをプロモートするという役割が欠如していたがために、多くの人の元に届けることは叶わなかった。もちろん、VODOによって劇的に改善されることはないのだろうけれど、それでもこうした動きによって良質なコンテンツが流通し、それによって送り手にも受け手にも利益がもたらされる方向に向かうことは喜ばしい。

寄付に頼るのは、率直に言って現実的ではないと思うが(Steal This Filmの場合は、テーマがテーマだけにアンチ・アンチ・パイラシーの人からの寄付が集まりやすかったのだと思う)、商業的にメジャーな流通に乗っていなくても、良質のコンテンツが存在している、という感覚を知らしめることこそ、今は重要なのかなと。そして、メジャーとインディペンデントとの垣根を持たない、良質のコンテンツをこそ是とするプラットフォームが登場する段になってようやく安定した利益を求められるのかなと。

茨の道ではあるのだろうが、そうした道をならす役割は受け手としてのユーザにも期待されている。何もアンチメジャーになる必要はない。ただ、メジャーでなくとも、積極的にそうしたコンテンツに目を向ける態度を持って欲しい、という意味で。

Pando、P2Pライブビデオストリーミングへの取り組みをほのめかす

以下の文章は、P2P Blogの「Pando is working on live video」という記事を翻訳したものである。

原典:P2P Blog
原題:Pando is working on live video
著者:Janko Roettgers
日付:May 25, 2009
ライセンス:CC by-nc-sa

Beep.tvが、Pando CEO Robert Levitanへのショートインタビューを公開している。このインタビューは、現在のPandoの取り組みに関する興味深いトピックをフィーチャーしている。

同社は、今年初めに再ローンチしたNBC Directサービスに関わっている。LevitanはNBCとの将来的な更なる共同についてほのめかしたが、それが実際にどのようなものになるのかについては言及を避けた。しかし、彼はこのように話している。

「私たちは今、大規模ブロードキャスト向けのビデオストリーミング、ライブイベントP2Pに向かっています。まぁ、新たな領域に踏み出しているというところでしょうか。」

ライブP2Pの現状は非常に混雑してきているように思える。幸運なことに、ライブウェブへのデマンドは非常に大きいようだが

最後の段落、ライブストリーミングへのデマンドとそれがもたらすであろう問題については、この問題について言及したNewTeeVeeの記事を紹介しているちょぶろぐの記事に概要が記載されているので、興味ある方は是非。

DCIA P2P & Video Conferenceのビデオが公開されたよ

以下の文章は、P2P Blogの「DCIA P2P & Video Conference videos available online」という記事を翻訳したものである。

原典:P2P Blog
原題:DCIA P2P & Video Conference videos available online
著者:Janko Roettgers
日付:
ライセンス:CC by-nc-sa

DCIAはAbcastのサイトに、先日行なわれた P2P & Video Conference のビデオを公開した。 このビデオは、MediadefenderのセールスディレクターChris Gillis, Pando CEOのRobert Levitan, Brand Asset Digital共同設立者のJoey P., Nettwerk COOのKeyvan Peymani, BoxeeのDave Mathewsやその他の人々によるプレゼンやディスカッションをフィーチャーしている。

ただ残念なことに、私の環境ではWindowsのIE以外ではこのビデオを視聴することはできなかった。まぁおそらくは、私にほんのちょっと運がなかっただけなんだろうけどね。

という皮肉。

カンファレンスの様子を見てみたかったので、これはありがたい。が、Windows IEのみというのはなんとも…。プレゼン用のスライドもあわせて表示してたり気を利かせてはくれてるんだけどねぇ。

ちなみに、最後に皮肉についてP2P Blogにコメントが寄せられていて、

Louis Choquel wrote:

Sad to see that as the speakers on stage are companies that offer HD video P2P distribution solutions...

ごもっとも。

Vipeers:Amazon E3/EC2とBitTorrentを利用したオンラインストレージ

以下の文章は、P2P Blogの「Vipeers launches free Bittorent file hosting - first review and invite code for private beta」という記事を翻訳したものである。

原典:P2P Blog
原題:Vipeers launches free Bittorent file hosting - first review and invite code for private beta
著者:Janko Roettgers
日付:November 03, 2008
ライセンス:CC by-nc-sa

今日、フランスの新たなメディアスタートアップZslideは、BitTorrentパワードのフリーファイルホスティングサービスVipeersのプライベートベータをローンチした。 Vipeersは、ZslideのプライベートP2PサービスPodmailingの一部をベースにしている。同サービスはサーバーベースのファイルホスティングとBitTorrentを組み合わせたものである。しかし、Vipeersはさらに一歩踏み込み、無制限のBitTorrent、HTTPダウンロードを提供する。

私はこの数日の間、このVipeersをテストすることができたのだが、このVipeersはRapidshareMegauploadとのような1クリックストレージと比較しても、魅力的だといわざるを得ない。ユーザはまず、アカウントを取得するためにレジストしなければならないのだが、現在のプライベートベータ段階では、インビテーションコードを必要とする。このブログの読者の方が登録できるように、コード「P2PBLOG66」を用意したので興味のある方は試してみて欲しい。

VipeersはJavaベースのアップローダーを用いてユーザのファイルを同社のサーバーに転送する。もし、誤って転送中にブラウザを閉じてしまったり、インターネット接続が切断されてしまったとしても、再びレジューム可能である。また、ファイルをアップロードするために、ニューバージョンのPodmalingを利用することもできる。こちらは特にディレクトリごとアップロードしたい場合に最適だ。

一度ファイルが完全にアップロードされると、同サービスは自動的にTorrentファイルと必要なリンクを生成する。ユーザはTorrentファイルのダイレクトリンクを得るだけではなく、一般的なランディングページへのリンクや、ブログ、ソーシャルネットワーク向けの複数のボタンを取得することもできる。

 

ユーザは、Vipeersのランディングページから直接ファイルをダウンロードすることも、BitTorrentやPodmailingを介してダウンロードすることも可能となっている。以下のCreative Commonsライセンスにて公開している私の著書Mix Burn & R.I.P.(ドイツ語)のランディングページを見てみて欲しい。以下のブログボタンを押すだけでいい。

File sharing & torrents by VIPeers 

Vipeersの興味深い点の1つには、このサービスがAmazonのS3・EC2アーキテクチャを完全にベースにしているという点がある。VipeersからTorrentをダウンロードする、これは実際には、AmazonのEC2サーバーをトラッカーとして、S3サーバーをスーパーサイズのシードボックスとして使用していることになる。これは、熱狂的な人気を持ち得ないコンテンツにとって非常に素晴らしい。Amazonがそのサーバーから常にシードを提供してくれるので、一般的なTorrentサイトでは即座にシード切れを起こしてしまうようなTorrentでも、Vipeers上では持続可能である。

さらに、Vipeersの面白いもう1つの点としては、Amazonのインフラが非常に安価であるということだろう。特に、インフラをスケールするためのイニシャルコストに関していえば。しかし、当然のことながら無料というわけにはいかないし、たとえP2Pを使用してコストを節約したとしても、大容量のファイルを送信することは最終的にはコストを強いる。それでも、RapidShareのような1クリックストレージは、ファイルホスティングがマネタイズできることを証明した。しかし、こうしたサービスは、広告収入を最適化するために、ユーザに面倒を強いている。

Vipeersはそれとは異なるルートを進もうとしている。同サービスにはうるさい広告もないし、ダウンロード可能になるまで不愉快なカウントを眺めなければならないなんてこともない。ZslideのLouis Choquelは、結局のところ、彼の会社はプレミアムサービスを提供することにしたのだと説明してくれた。彼は私に、まだ確定したことではないとしながらも、いくつかの例を挙げてくれた。「保存できるデータ総量の上限、ホスティング期間の上限、そして、より高速なダウンロードの可能性。これは筋が通っていると思いますし、ユーザにとってもフェアだと感じられるでしょう。」

では、このサービスの法的問題点はどうだろうか?1クリックストレージのRapidShareは最近、裁判に負けているし、YouTubeなどのビデオストレージもユーザのアップロードによって法廷に引きずり出されている。「Vipeersのようなファイル共有/Bittorrent/P2Pサービスを運営することは、困難を伴うということは理解しているつもりです。」とChoquelは認めている。「しかし、私はこのサービスが価値のあるものだと考えています。VipeersによってBitTorrentを利用した共有が容易になることは、インターネットに対する私たちの控えめな貢献であると考えています。私はテクノロジーと進歩を信じており、ちょっとした議論によって我々は止まってはならないのだと考えています。私たちはメディアと知識のディストリビューションの未来を築いているのです。」

うーん、このサービスの何がすごいってBitTorrentの知識を全く持ち合わせていなくても、その知識を必要とすることなく、BitTorrentによるディストリビューションを利用することができるということだろうか。これまで、たとえBitTorrentを利用して自前のコンテンツを配信したいと思ったとしても、トラッカーのアドレスを取得し、Torrentファイルを生成し、TorrentファイルをTorrentサイトにアップロードor自前でホストし、コンテンツをシードする、というところまで理解していなければならなかった。しかし、このVipeersを用いれば、一般的なオンラインストレージを利用する感覚で、Torrentファイルを生成し、Torrentファイルをホストしてもらうことができる。必要なのは、生成されたリンクやコードを自身のブログ/SNSのページに貼り付けることくらいだ。ただ、用意されているリンクは3種類あって、1つはHTTPダウンロード、もう1つはPodmalingダウンロード、そして最後にBitTorrentダウンロード。これらを利用者のテイストに沿って選択すればいい(全部掲載してもよいのだろうが)。

もちろん、HTTPダウンロードも可能なので、PodmailingもBitTorrentも必要ないよと思われるかもしれない。ただ、TorrentFreakによれば、同サービスがコンテンツをホストする期間は3ヶ月に限られているのだという。

「コンテンツをホストする期間は、最高3ヶ月を上限としています。しかし、たとえ私たちのサーバ上にコンテンツがなくなったとしても、生成されたTorrentのトラッキングは続けられます。つまり、Swarmは残り続け、人々はそれをダウンロードすることができるのです。」とChoquelはいう。

P2P Blogでは触れられていなかったが、同サービスのストレージ容量は1ユーザに付き最大5GBまでであるという。無制限ではないのは残念ではあるが、、プレミアムサービスを利用することでこうした制限は緩和されるのだろう。それにしたって、容量5GB、ホスティング期間3ヶ月、Torrentのトラッキングはサービスが続く限り、というのは無料のサービスとしては優秀なものだろう。少なくとも今のところは、広告も不愉快な待ち時間もないようだしね。

プレミアムサービスがどういったサービスになるのか、非常に楽しみだ。このサービスに興味を持った方は、とりあえず、そのアナウンスがあるまで、実際に利用して感触を確かめてみるといいだろう。上記のP2P Blog、TorrentFreakの記事に掲載されているインビテーションコードを利用するといいだろう。

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
P2Pビジネス P2Pとビジネスの記事
→次
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。