スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Spotify、ミュージックパイラシーのオルタナティブとなるか

以下の文章は、TorrentFreakの「Spotify, An Alternative to Music Piracy」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Spotify, An Alternative to Music Piracy
著者:Ernesto
日付:November , 2008
ライセンス:CC by-sa

音楽産業は海賊行為に対抗するために強固な手段を講じたものの、それは決して特効薬となることはなかった。重要なことは、ミュージックラバーのニーズを満たすサービスに追いつかなければならないということ。それはともすれば、ハードコアな海賊さえ受け入れるだろう。Spotify、これまさにそれを実現するかもしれない。

Spotifyは、iTunesとLast.fmのいいとこ取りな見た目の軽量アプリケーションで、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるという音楽サービスである。音楽は一部P2Pテクノロジーを用いてストリーミングされているが、これまでに経験したことがないほど即座に再生をはじめる。

Spotifyのソフトウェアエンジニアの1人は、uTorrentの作者でもあるLudvig Strigeus。アプリケーションが極めて少ないリソース(我々がテストしたときには12KBしかメモリを消費しなかった)で動作するのも、納得である。uTorrentがBitTorrent Inc.に買収された際のお金の一部が、この海賊行為と競争しうるアプリケーションSpotifyにつぎ込まれたという噂もある。

我々は、このサービスについての詳細をSpotifyのAndres Sehrに伺った。彼は「Spotifyは音楽を楽しむための新しいかたちです。私たちは、ミュージックパイラシーに代る現実的な代案を提供していると信じています。海賊行為よりも優れたサービスを作ることこそが前進であり、それによって、(訳注:海賊)ユーザたちは、合法的で、持続可能なオルタナティブに転向するだろうと思っています。これはミュージックエクスペリエンス全体をより豊かにするのですから。」

Spotifyの音質は、160kbpsのMP3に相当する。これはストリーミングアプリケーションとしては十分だろう。さらにそのライブラリを充実させるため、EMI、Warner、Sony BMG、その他3つのメジャーレーベルとの契約を交わしており、これらレーベルはこの新たなコンセプトにポジティブに反応している。また、興味深いことに、Spotifyは頻繁にアクセスされる楽曲のストリーミングにP2Pテクノロジーを採用している。

「SpotifyはハイブリッドP2Pシステムを利用しています。これは音楽が我々のサーバとP2Pによって運ばれているということです。」とAndres Sehrはいう。「これによって我々は、それほど人気のないロングテールな音楽を提供すると同時に、多数のユーザが聞きたいという最新のヒットを即座に届けることも出来るのです。P2Pによって、我々は音楽を送信する速度を向上させ、さらにストリ―ミングコストを抑えることも出来るのです。」

Spotifyは音楽ストリーミングアプリケーションであることに加え、ユーザがプレイリストを作成し、互いに共有することを可能にする。たとえば、Pitchforkのエディターが2008年のトップ100を共有しているようにね。さらに、Spotifyのインターフェースは、“similar artists”、そして“artist radio”機能によって、新たなアーティストの発見を助けてくれる。

Spotifyユーザの全体的な反応は、非常にポジティブであるようだ。しかし、海賊行為と争うことは出来るのだろうか?もちろん、それは時が経たなければわからないだろう。しかし、SpotifyのインビテーションはBitTorrentコミュニティ内で活発にやり取りされており、それは最高峰の音楽トラッカーでも受け入れられている。

音楽トラッカーWhat.cdのあるユーザはこう記している。「正直言って、これは本当にすごい。今日の午後はずっと、終わりの見えないくらいの音楽カタログをブラウジングしたり、再生したりしてたんだけど、ローカルファイルを再生してるみたいにすごく早くて簡単だよ。これだけすごくてまだ初期ベータっていうんだから、これからどうなるか想像もつかないな。専用ラップトップでも買おうかなって気になっちゃったよ。」

とはいえ、Spotifyはまだ完全ではない。既にあがっている欠点としては、iPodやその他のポータブルMP3プレーヤーとの互換性がないということ。Spotifyチームは、将来的なiPod互換バージョンの可能性を否定しなかったが、現在のところはWindows/Macアプリケーションの最適化にフォーカスを向けるという。

総合すると、Spotifyには確かに可能性があると言えるだろう。ただ、海賊行為にうまく競争することが出来るかどうかは、時が経たねばわからないだろう。Spotifyは現在、招待制のサービスであり、この無料(広告付きの)バージョンは英国、スウェーデン、フィンランド、ノルウェー、スペイン、フランスでのみ利用できる。ただ、こうした制限は、海賊の前にはほとんど役に立たないものだが。

Update:我々は、あといくつかのインビテーションを持っているが、覚えておいて欲しいのは、これが英国、スウェーデン、フィンランド、ノルウェー、スペイン、フランスでしか利用できないということ。インビテーションが欲しいという方は、タイトルを"spotify"とつけたメールを送信してきて欲しい。ただ、一部の解説によると、インビテーションさえ必要ないとのことだが…。

Video: What is Spotify?

聞いてるだけでワクワクするなぁ。What.cdユーザの過不足ない宣伝っぷりがすばらしい。

にしても…「EMI、Warner、Sony BMG、その他3つのメジャーレーベル」って、その他3つにUniversalもはいってるじゃないの。皮肉かしら?

日本からも利用できればねぇ…。

スポンサーサイト

U2 Bono:うちのマネージャーがRadioheadに失礼な物言いをした、だがISPが利益を上げているのは憂慮すべきだ

以下の文章は、paidContent:UKの「U2’s Bono: Our Manager Wrong On Radiohead, But ISP Profiteering ‘Disturbing’」という記事を翻訳したものである。

原典:paidContent:UK
原題:U2’s Bono: Our Manager Wrong On Radiohead, But ISP Profiteering ‘Disturbing’
著者:Robert Andrews
日付:29 Jun 2008

+ Read More

Nine Inch Nails、Facebookユーザにニューシングル「Echoplex」を提供

Nine Inch Nailsといえば、フロントマンTrent ReznorがプロデュースしたSaul Williamsのアルバムを無料で公開したり、NINの最新アルバムをCCライセンスにて公開するなど、なかなか興味深い動きを見せているのだが、今回もそれに続くであろうお話。本日、NINは最新シングル「Echoplex」をFacebookユーザに無料で提供しているのだという。こうした動きは、以前から何かが起こるとされている5月5日に向けてのもの、と考えられる。明日、何が起こるんでしょうね。

原典:TorrentFreak
原題:Nine Inch Nails Give Away New Single on Facebook
著者:enigmax
日付:May 04, 2008

+ Read More

SXSW 2008、今年はBitTorrentでの楽曲配信はせず?:ユーザが勝手アップロードする事態に

今年で22回目を数えるSouth by Southwest (SXSW)音楽フェスティバルは、毎年3月テキサス州オースティンで開催される非常に大規模なメディアカンファレンス(他にも映画、インタラクティブ部門もある)。全世界から千を超えるアーティストが集まり、ダウンタウンの6thストリートを中心に、町中のさまざまなライブハウスなどのステージで、パフォーマンスを披露する全米最大規模の新人アーティストのショーケースでもある。これまでフェスティバル開催の数週間前には、その参加アーティストの楽曲がダウンロード提供され(任意での提供)、2005年からはそれらダウンロード提供されている楽曲が一挙にパッケージされたものがBitTorrentを介して公式に提供されていた。しかし、今年はこれまでとは異なり、サイト上でのダウンロード提供は開始されたものの、BitTorrentでの提供は行われていない。

原典:TorrentFreak
原題:SXSW 2008 on BitTorrent: 3.5 GB of Free Music
著者:Ernesto
日付:February 22、2008

+ Read More

無料ダウンロードされたほうが利益は上がる、というケースを考えるために

無料ダウンロードというと、違法P2Pファイル共有を彷彿とさせてしまうためか、その言葉に嫌悪感を覚えてしまう人もいるかもしれない。そんなものは著作権者の利益を損ねるだけで、損失以外の何者でもないと考える人もいるだろう。ただ、私はそうは思わない。そのような手法は、適切に用いることで、著作権者側に利益を与える可能性も秘めているとも思えるのだ。もちろん、そこで重要なことは『適切に』ということ。何から何まで『無分別に』ダウンロードできることが利益を生み出す、などというつもりはない。無料でダウンロードできることが『すべからく』損害を与えるものだというつもりもない。とりあえず、今回はその辺のことについて、音楽の無料ダウンロードの提供を題材に考えてみるよというお話。私自身、この話題について煮詰まっていないので、かなりカオスな内容となってしまった。考え方のエッセンスとして考えていただければこれ幸い。

+ Read More

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
オンライン配信 無料配信の記事
→次
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。