スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウェーデン:プライベートBitTorrentトラッカーの管理人2名を逮捕

以下の文章は、TorrentFreakの「Police Raid 'Excellent' Private BitTorrent Tracker, Admins Arrested」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Police Raid 'Excellent' Private BitTorrent Tracker, Admins Arrested
著者:enigmax
日付:May 26, 2011
ライセンス:CC BY

スウェーデン、ドイツ両国の警察が連携し、30,000のトレントを有するプライベートBitTorrentトラッカーを閉鎖に追い込んだ。この取り締まりにより、XNT.nuは閉鎖した。同サイトは、2009年に当局によって閉鎖に追い込まれた別サイトの代価サイトとして人気を集めていた。 警察はXNT.nuの2名の管理人を逮捕し、サーバーを押収した。

2009年、The Pirate Bayへの『有罪』判決に勢いづいたアンチ・パイラシー団体は、スウェーデンでホストされていたトレント・サイトへの圧力を強めていった。アンチパイラシー団体Antipiratbyranは、今後一切の著作権侵害活動を停止するよう複数のサイトに警告状を送付した。

2008年、最も人気のあったプライベート・トラッカーSweDVDRも、そうした警告を受け取った。彼らは別サイトSoftMP3とともに閉鎖をアナウンスしたものの、同時にソースコードの公開も行った。これにより、誰にでも同じサイトを立ち上げることが可能となった。

TVSourceとDVDRSourceという2つの新規サイトが、そのコードをもとに立ち上げられた。しかし、コードを手に入れたものの、彼らが成功をおさめることはなかった。一方、それらのサイト(実は、同一人物によって運営されていた)のスタッフは、それらのサイトを合併し、データベースを統合、XNT.nuという新たなサイトをローンチした。同サイトはユーザから『eXcelleNT』と呼ばれた。

2010年1月までに、eXcelleNTは13,000ものユーザを集めたが、保持していたトレントはわずか600に過ぎなかった。だがその状況は、2011年5月までに一変していた。ユーザ数は安定して17,000をやや下回る程度、トレント数も28,000-30,000と劇的に増えた。しかし、彼らの黄金期もそこで終わりを告げる。

Antipiratbyranによる調査の後、スウェーデンのボルレンゲ警察は火曜、XNT.nu管理人1名を逮捕した。

また、この日の家宅捜索によって得られた証拠から、ストックホルムの別の男性が逮捕された。

「この2名が共同して、同サイトの運営、管理を行っていたものと見ています。」とファイル共有事件捜査のベテラン検察官フレデリク・インブラドは話した。

スウェーデンの容疑者宅からコンピュータが押収され、サイトをホストしていたサーバーはドイツで押収された。

いずれも20代と見られる男性らは、本件についてある程度容疑を認めたとされている。両名とも、次の取り調べまで釈放された。

かつてはファイル共有のセーフ・ヘイブンと呼ばれたスウェーデンであったが、ユーザ、サイト双方への追求は確実に高まってきている。しかし、多数のサイト―かなり大規模なサイトを含む―が、依然として同国で運営を続けている。

スポンサーサイト

スウェーデン:海賊版映画の供給源だった人物が逮捕される

以下の文章は、TorrentFreakの「Anti-Piracy Group Say Police Have Arrested “Elite Pirate”」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Anti-Piracy Group Say Police Have Arrested “Elite Pirate”
著者:enigmax
日付:March 09, 2011
ライセンス:CC BY

アンチパイラシー団体のAntipiratbyranは、スウェーデン警察が「エリート海賊ユーザ」を逮捕したとアナウンスした。逮捕された30代の男性は、複数の『Scene』サーバーの管理人で、7,000本の映画を保存し、100名ほどのユーザがアクセスしていたとされる。男性は容疑を否認しているが、検察は男性に懲役刑が科せられる可能性もあるとしている。

The Pirate Bayから先日閉鎖したSwebitsに至るまで、ファイル共有サイドの悩みの種となっているアンチパイラシー団体Antipiratbyranは昨日、新たな勝利を宣言した。

Antipiratbyranのヘンリーク・ポンテンは、先週金曜日、スウェーデン警察はAntipiratbyranの調査を元に、いわゆるWarez Sceneのキープレイヤーとされる人物への家宅捜索を行ったと発表した。

ポンテンは「この人物は、エリート海賊ユーザの1人だ」という。「警察が広い視野を持って、BitTorrentユーザの違法かつ先鋭的なソースに対処したことを歓迎したい。」と話した。

30代の男性とされる人物は、スウェーデンの地方都市イェブレにて、地元警察(とスウェーデンのアンチパイラシーユニット)に逮捕された。

「大がかりな取締りでした。」とストックホルム警察知財犯罪部門のポール・ピンターは語った

当初の報道では、男性は8,300もの映画やテレビ番組、ゲームを、Scene界隈ではATHFとして知られるサーバーでホストしていたとされる。サーバーへのアクセスは認証制であったが(APBの報道では100人程度がアクセスしていたとされる)、こうしたサーバーから入手されたファイルがより大規模なファイル共有コミュニティへと流れていくことになる。

検察官フレデリク・イングブラドは、押収したコンピュータ・ハードウェアを捜査した結果、男性の容疑は「さらに固まった」という。

イングブラドによると「7,000本近い映画が保存されて」おり、多くの映画が公開前ないし直後に配信されていたという。

「本件では、(公開されていた)映画の本数も多く、懲役刑が科せられる可能性もあります。」とした。

容疑者の男性は取り調べに対し、容疑を否認しているという。

ロシア大手Torrentサイト、当局の命令でドメインをサスペンドされる

以下の文章は、TorrentFreakの「Huge Russian BitTorrent Site Has Domain Suspended」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Huge Russian BitTorrent Site Has Domain Suspended
著者:Ernesto
日付:February 18, 2010
ライセンス:CC by-sa

ロシアの大手BitTorrentサイトTorrents.ruが、当局の命令によりドメインを停止された。 Torrents.ruは、同国最大手のBitTorrentサイトでありとあらゆるジャンルのメディアをインデックスしていた。同サイトは現在、400万人のユーザにサービスの提供を続けるため、 仮のドメインで運営を継続している。

西欧諸国においては、The Pirate Bay やisoHuntなどのサイトが、主にその規模や人気のために多くのパブリシティを得ている。その一方で、英語圏や欧州の周辺であまり注目を集めてはいないながらも、非常に大規模なサイトも存在している。

そうしたサイトの1つにTorrents.ruがある。同サイトはロシアの大手BitTorrentサイトで、ユーザ数400万人、ホストしているTorrentは100万を超えていたが、比較的トラブル無く運営を続けてきた。今までは。

本日、ロシアの大手ドメインレジストラ、ウェブホスティングプロバイダ-のRU-Centerは、Torrents.ruのドメインを停止し、即時サスペンドした。

RU-Centerの広報アンドレイ・ウォロビヨフは、モスクワ チェルタノフスカヤ地方警察の刑事課からの命令でドメインをブロックしたことを認めているが、その理由については明らかにしていない。

一方、Torrents.ruの運営者たちは、この措置の影響を最小限のものに抑えるため、対抗策を講じている。

彼らは既に、ユーザが同サイトに継続的にアクセスできるようRutracker.orgという別のドメインが用意された。しかし、これは古いドメインのURLが付与された既存のTorrentには効果がない。

この問題は、既存のTorrentに記述されたアナウンスURLを、torrents.ruからbt.rutracker.orgに変えることで解決することができる。あるいは、単に新たなドメイン下のサイトにアクセスし、現在の新しいトラッカーURLが含まれているTorrentを再ダウンロードしてもいいだろう。

この件についての報道ビデオはこちら(ロシア語)。

OiNK元管理人、無罪評決を得るも民事訴訟の可能性

以下の文章は、TorrentFreakの「Music Industry Set For Civil Action Against OiNK」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Music Industry Set For Civil Action Against OiNK
著者:enigmax
日付:January 21, 2010
ライセンス:CC by-sa

BitTorrentトラッカーOiNKの元管理人アラン・エリスは先週、陪審員より詐取共謀について無罪評決を勝ち取った。これにより1つの戦いが幕を下ろしたのだろうが、今、もう1つの戦いが幕を開けようとしている。IFPIは、民事訴訟を検討しており、同サイトに寄付されたお金をアーティストに返還するよう要求することを約束している。

逮捕から2年以上の歳月が流れ、先日ようやくBitTorrentトラッカーOiNKの元管理人アラン・エリスの裁判が幕を下ろした。

ティースサイド刑事裁判所の陪審員は2時間の時間を費やし、全員一致の「無罪」評決を下した。それにより、エリスは再び自由の身となった。

エリスは待ち構えていたメディアにはコメントせず、控えめに法廷を立ち去った。一方、レコード産業、BPIはその感情を露わにした。

「被告は、無断で他者の作品を利用し、200,000ポンドもの利益を上げていた。この一件は、アーティストや音楽企業がさらなる保護を必要としていることを示している。」

舞台裏では、複数のオブザーバーたちが、音楽産業の敗北が歓迎された一方で、エリスの無罪評決を持ってこの件が終結しないかもしれないという懸念もあった。その懸念は正しかったようだ。

IFPIスポークスマン ジョン・ケネディは、今年のデジタル・ミュージック・レポート公表の記者会見の席上で、この「無罪」評決が終わりを意味するものではないと発言した。音楽産業はエリスを罰するための「別の道を模索」するのだという。つまり、彼を民事訴訟で訴えることを本気で考えているのである。

ケネディは、OiNKのユーザがサイトに寄付したお金を取り戻し、そこで音楽を共有されたアーティストに分配する責務が、産業にはあるという。また、彼はアラン・エリスを著作権侵害ではなく詐取で起訴したことについても、英国の法律が時代遅れであるとを批判した。

エリスは以前、無罪評決が下されたとしても、OiNKが復活することはない、と述べていた。「絶対にありません」と言い、彼は今ある自分の人生を歩んでいきたいと付け加えた。

一方のIFPIは別の選択肢を考えられないのだろう。

英国: 音楽BitTorrentサイト管理人、無罪評決を勝ち取る

以下の文章は、TorrentFreakの「OiNK Admin Found Not Guilty, Walks Free」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:OiNK Admin Found Not Guilty, Walks Free
著者:enigmax
日付:January 15, 2010
ライセンス:CC by-sa

アラン・エリスの裁判にて最終弁論が行われた。検察側は元OiNK管理人を非難し、同サイトが当初より不正かつ不当な利益の取得を目的として設立されたと主張した。弁護側はIFPIを激しく非難し、エリスこそ才能あるイノベーターであるとして対抗した。本日、陪審は全員一致の無罪評決を下し、エリスは自由の身となった。

2年以上にわたって待たされた後、OiNK裁判は先週、検察側によるアラン・エリスへの追求で火ぶたを切った。今週、裁判は弁護側のターンとなり、そして昨日、両陣営は双方の見解を要約し、ティースサイド刑事裁判所の陪審員に最終弁論を行った。

検察側のピーター・メイクピースは当然、極めて否定的な見解を提示し、ピンクの宮殿(訳注: OiNK)が最初から最後まで、エリス個人に利益を生み出すようデザインされた場所であったと主張した。

「2,100万回のダウンロード。600,000以上のアルバム。300,000ポンド。これは金のなる木だったのです。完全に彼に利益を生み出すようデザインされたもので、実に不正なものです。」とメイクピースは言った

彼は、OiNKが不正であるという結論に達するのは常識であると主張し、さらに、エリスは「犯罪的な活動を促進、助長、容易にする」ことが不正であることを理解しており、その上で陪審員に「継続的に、狡猾で計算された嘘」を話していると非難した。

もちろん、「犯罪的活動」を助長することは不正かもしれないが、OiNKユーザによって推奨された活動は民事の範囲にあることをメイクピース氏はよく理解すべきだろう。

メイクピースは批判したかと思いきや称賛し、そして再び批判する。彼はOiNKというウェブサイトが音楽共有にとっては「素晴らしいマシーン」であったとしつつも、サイトが実によいブランドネームを持っていた一方で、そのブランドは「音楽を食い物にすること」と同義であったと指摘した。

裁判の冒頭で、ロンドン大学教授のビアギッテ・アンダースノックは、ファイル共有は音楽産業を害してはおらず、むしろ売り上げに貢献しているという証拠を提示していたのだが、メイクピース氏は彼女の証拠をこき下ろした。

「こんなものは、ナンセンス、戯言、詭弁、ゴミでしかありません。」と彼は法廷で述べた。

一方、弁護側のアレックス・ステインは、エリスが決して意図的に不正を働いたことはなく、2004年にOiNKがローンチしたとき、それはインターネットの「素晴らしき世界」であったと主張した。

「多数の社会で、彼はイノベーターに、クリエイターに、リチャード・ブランソンになりえるのです。彼の才能はいずれある種のメディア組織に役立つものであり、決して潰されるべきものではありません。」

スタインのいうメディア組織こそIFPIである。彼らはOiNKに閉鎖を求めたことはなく、むしろ「静観」していたのだと彼は言う。

Gazette Liveは、スタインがIFPIに容赦のない攻撃を続けたと伝えている。

「IFPIはこのサイトを利用しました。IFPIのメンバー企業は自らの音楽をプロモーションするためにこのサイトを利用し他のです。そして今、彼らはエリスを潰そうとしています。おそらく、エリスは彼らにとって大きな存在になりすぎたのでしょう。彼らは現在、別のマーケティング・アプローチをとっているのだと思います。それが何なのかはわかりませんが。しかし、このサイトを閉鎖しなければならないということは決意したのでしょう。」

「ここにいる私たちは全員、IFPIによるある種のマーケティング戦略に操作されています。誰かが不正を行っているというのであれば、それは彼らです。」と彼は言う。

2週間の裁判を終え、陪審員は全員一致で評決を下した(12対0)。アラン・エリスは、音楽産業に対する詐取共謀に関して無罪である。彼は晴れて自由の身となってティースサイド刑事裁判所を出た。そして、彼の名前は消された。

この評決を控訴することはできない。ついにエリスは過去を洗い流し、前へと突き進んでいくことができる。

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
ネットと訴訟 対BTトラッカー/ハブの記事
→次
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。