スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ:Wikileaksを検閲するも迂回サイトThaiLeaksが登場

以下の文章は、Copybitsの「WikiLeaks counters Thai censorship」という記事を翻訳したものである。毎日jpの記事「タイ:暴露サイト『ウィキリークス』への接続規制 『非常事態宣言に基づき遮断』」を読んでおくと状況を理解しやすいかもしれない。

原典:Copybits
原題:WikiLeaks counters Thai censorship
著者:nikozz
日付:August 20, 2010
ライセンス:CC by-sa

昨日 p2pnetは、タイが非常事態宣言にもとづいてWikileaksへの接続を遮断した、というバンコク・ポストの記事を紹介した。

p2pnetの記事の文末には、「タイ当局がネガティブな情報がリークされる可能性を危惧しての検閲であるかどうかについては言及されてはいない」とある。

もしそうした理由から検閲を行ったのであれば、遮断という措置には何ら効果はない。

タイ政府の検閲により、Thai Leaksというサイトが誕生した。以下、Thai Leaksより。

タイのWikileaksを蘇らせよう

何のつもりかわからないが、タイ政府はWikileaksへのアクセスを遮断している。これにより、タイのinternautwebizenたちは、現在ネット上でおこっている自由のムーブメントに加わることができなくなっている。これは、世界のどこであろうとも、看過できない事態である。従って、我々はWikileaksで入手できるタイ関連の全てのコンテンツをここに公開することにした。我々に必須のインターネット・インフラを遮断せんとするいかなる国に対しても、我々はこうした活動を継続していく。インターネットは複雑なトンネル・システムであり、我々はいかなる国家的ファイアウォールに対しても風穴を空けるだろう。

Wikileaksへのアクセスは、wiki.thaileaks.info経由で、またはhttps-enabled versionによるセキュアなコネクション経由(こちらはユーザの承認が必要)で可能である。

Wikileaksにて提供されている文書は、センシティブな内容を扱っている。我々がこの文書を提供するのは、タイ王室への不敬の念によるものではなく、情報の自由のための行為であることをご理解いただきたい

悪意などはない、これはインターネットのことである!
検閲下にある人々ならば、その意味を知っているだろう。

Wikileaksコンテンツへのマグネットリンク

(マグネットリンクはVuzeTransmissionなど多数のBitTorrentクライアントで機能する)どうかあなたのBitTorrentクライアントで、これらのファイルのシードを手伝って欲しい。たとえあなたがタイ国以外に住む人であっても。あなたのコンピューターにこれらのリンクを保存して欲しい。たとえこのページがブロックされたとしても、マグネットリンクは電子メールで、インスタント・メッセージで、印刷された文書でさえ送ることができる。情報のフローを絶やしてはならない。

タイ国の永続的ブロッキング・フィルターを回避するために

圧政的なブロッキング・フィルターを回避するために、いくつかの手段をここに提示しよう。もちろん、ここに例示されるものは、そうした手段のごく一部である。

このサイトはWikiCongによって運営しています。私たちは自由な情報のフローの遮断を是認しません。WikiCongへの参加をTelecomixへの参加をWikileaksを支援しましょう私たちが遮断される前に、どうかこのページ全てをコピーし、より多くのサーバに拡散してください!このページのダウンロードはこちらから。

スポンサーサイト

BitTorrent:SSHでファイアウォール/ISPの帯域制御を回避

ISPによるヘビーユーザに対する追加課金に関する議論が日本でも巻き起こっているが、ヘビーユーザではない私個人としては、「帯域制御が緩和されるのであれば」ありかもなぁと思っている部分がある。もちろん、追加課金が始まってみたら、私自身もその範囲に入っていた、などということになると、相当痛い話にはなるのだけれども(BtoCは対象外っていってもどこまでをそう取ってくれるのかはわからないし。Jamendoでのダウンロードとかね)。とはいえ、そのような話はまだまだ先のことになるだろうし、とりあえずはこの帯域制御のためにBitTorrentが利用できないという人もいるだろう。そうした人向けにSSH(Secure SHell)を利用した帯域制御/ファイアウォール回避のための方法をご紹介するよというお話。

原典:TorrentFreak
原題:BitTorrent: Bypass any Firewall or Throttling ISP with SSH
著者:Ernesto
日付:October 14, 2007
URL:http://torrentfreak.com/bittorrent-over-ssh-071014/

+ Read More

無料VPNソフトウェア、Hotspot Shieldを試してみる

以前に紹介したSecureIXと同様に、暗号化されたセキュアな通信を可能にする無料のVPNサービスHotspot Shieldを試してみるよ、というお話。本来はフリーホットスポットでの通信をセキュアなものにしてくれる、というサービスなのだけれども、ホットスポットから出なければ使えない、というわけではなく、自宅の回線からも利用できる。SecureIXは新たな接続を作らなければいけなかったり、アカウントを作成しなければならないため、少し敷居が高かったかもしれない(面倒だという意味でね)。しかし、このHotspot Shieldはアカウント作成の必要もなく、単にソフトウェアをインストールして、そこから接続を選ぶだけで簡単に接続が可能なVPNサービスという点では非常に敷居が低く、誰しもが簡単に利用可能かもしれない。

+ Read More

SecureIXを試してみる

前回のエントリで紹介したBitTorrentなどP2Pファイル共有でのダウンロード、アップロードを匿名にしてくれるという無料VPNサービスのSecureIX。でも、実際に利用に耐えられる程度なのかどうかは、よくわかりません。物は試しということで、実際に試してみました。今回は、HowToモノです。

+ Read More

無料VPNサービスSecureIX、匿名BitTorrent Downloadを提供

SecureIXという無料VPNサービスを利用することで、P2Pファイル共有でのISPによる帯域制御を回避したり、ISPにログを保持されるのを防いで訴訟の危険性を減らしたりできるよ、というお話。といっても、ログはSecureIX側が保持しているわけで、完全な匿名性というわけではない。ただ、現状よりは多少マシになるかも、と考える人もいるかもしれないしね、そういう人にはナイスなサービスかもしれない。ちなみにVPNについての知識をあらかじめ持っていた方が良いと思うので、VPNについて知りたい方は、こちらを参照するかぐぐってくださいな。

原典:TorrentFreak
原題:SecureIX Offers Anonymous BitTorrent Downloads
著者:Smaran
日付:February 04, 2007
URL:http://torrentfreak.com/secureix-offers-anonymous-bittorrent-downloads/

+ Read More

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
帯域規制/制御 規制回避のためにの記事
→次
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。