スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界のファイル共有トラフィック、2015年までに倍増、ただし割合は減少

以下の文章は、TorrentFreakの「File-Sharing Traffic Predicted to Double By 2015」という記事を翻訳したものである。少し古い記事です。

原典:TorrentFreak
原題:File-Sharing Traffic Predicted to Double By 2015
著者:Ernesto
日付:June 03, 2011
ライセンス:CC BY

CiscoのVisual Networking Indexによれば、世界のファイル共有トラフィックは、2015年までにおよそ14エクサバイト/月にまで成長すると予測されている。この予測によると、増加の大部分は、ラテンアメリカと中央ヨーロッパ、東ヨーロッパが占める。一方、西ヨーロッパでは最も低い成長率が予測されている。

未来のインターネット・トラフィック・トレンドの予測は、慎重を要するビジネスではある。しかし、それをうまくやれる企業があるとすれば、その1つはCiscoだろう。彼らは毎年、世界的なインターネット・トラフィック消費の5年間の予測を公表しており、そのレポートには主要なカテゴリーの1つとしてファイル共有が扱われている。

今週、Ciscoは、Visual Networking Indexの最新版を公表した。これは今後のインターネット・トラフィックの増加について興味深い洞察を提供する。この予測から、全体的なインターネット・トラフィックと比較して、ファイル共有は下り坂にあることが読み取れる。

Ciscoのデータによれば、2010年のファイル共有トラフィックは、消費者全体のインターネット・トラフィックのなんと40%を占めることが示されている。しかし、2015年までに、この割合は『たった』24%にまで落ち込む。これは、NetflixやYouTubeといったビデオストリーミング・サービスなど他のトラフィックソースが、より高い成長率で推移するため。

ただし、このことがファイル共有トラフィックの減少を意味するわけではない。Ciscoによると、世界規模のファイル共有トラフィックは平均して年間23%の成長を続けると予測されている。これは、2010年にはわずか4,968ペタバイト/月だったファイル共有トラフィックが、2015年までに13,797ペタバイト/月にまでまることを意味する。現在と比較すると、(Ciscoの予測が正しければ)ファイル共有トラフィックは2015年までに2倍以上成長することになる。

いずれの地域においてもファイル共有トラフィックの成長が予測されているが、ラテンアメリカ、中欧、東欧では年間成長率35%と最も顕著な成長が予測されている。北米は成長率18%とまずまず、西欧は年間成長率14%と振るわず。それでも、2015年までに2010年と比較して2倍にはなる。

また、P2Pファイル共有トラフィック以外にも興味深い点がある。Ciscoは、RapidShareやMegaUploadといったダイレクト・ダウンロード・サービスに言及しており、これらは2015年までにおよそ5,680ペタバイト/月ものトラフィックを生み出す。これは2010年と比較して600%超の増加となる。

このCiscoの予測は注目に価するものではあるが、その正確さについては十分な注意が必要だ。昨年、Ciscoはファイル共有トラフィックが2014年までに7エクサバイトにまで成長すると予測した。しかしそれから1年、既に11エクサバイトにまで上っている。この1年、一見するとファイル共有界隈にはとりわけ大きな進展があったわけではないが、これほど大きな違いが生み出されていたのだ。

とはいえ、よく当たる占い師といっても、ついていない日もある。ファイル共有が定着しているという全体的な結論には、同意せざるをえない。

今年6月の少し古い記事なのだけれども、総務省が「我が国のインターネットにおけるトラヒックの集計・試算」を公表したのに便乗。

国内ダウンロード通信量22.6%増、P2PからWebへシフトか - 総務省発表 | ネット | マイコミジャーナル

日本においても、ファイル共有トラフィックの割合が減少し、ビデオ・ストリーミングトラフィックが増大しつつあるのだろう。前者については、ユーザ数の減少も見られてはいるが、コンテンツのリッチ化に伴うので絶対量としての増減については不明。

スポンサーサイト

北米・欧州のBitTorrentトラフィック、2011年も上昇を続ける

以下の文章は、TorrentFreakの「BitTorrent Traffic Surges After LimeWire Shutdown」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:BitTorrent Traffic Surges After LimeWire Shutdown
著者:Ernesto
日付:May 17, 2011
ライセンス:CC BY

カナダのブロードバンドマネジメント企業Sandvineが公表したインターネット・トラフィックのトレンドリポートによると、BitTorrentトラフィックは世界的に上昇しているようだ。北米及び欧州におけるピーク時間帯の上りトラフィックの半分超がBitTorrentのトラフィックである。さらにこのレポートからは、LimeWireの停止が、Gnutellaネットワークにおけるトラフィックを激減させていることも読み取れる。

ComcastにBitTorrentトラフィック絞りを可能にしたハードウェアの製造元としてよく知られるSandvineが、最新のインターネット・トラフィックレポートを公表した。

このレポートは、2011年3月のインターネットユーザによるトラフィック消費量を測定したもの。ここから、P2Pランドスケープにおける幾つかの新たなトレンドを読み取ることができるだろう。

このデータから読み取れる全体的な結論としては、欧州及び北米において、BitTorrentトラフィックは未だ目覚ましい成長を続けている。成長の背景には、LimeWireの停止があった可能性も考えられる。一方、(LimeWireが使用していた)Gnutellaネットワークは風前の灯だ。

北米におけるピーク時間帯の帯域消費パターンは、上りトラフィック全体の52%がBitTorrentに起因していることが示されている。2010年の34%から大幅に上昇したことになる。この割合は、あくまでも相対的なものであるため、(訳註:トラフィック全体が成長しているとすると)BitTorentによって消費されるトラフィックの絶対量はさらに増加している。

北米のピーク時下りトラフィックにおけるBitTorrentの割合も、昨年の8%から上昇し、10%に達している。ピーク時の下りトラフィック全体に占めるNetflixのトラフィックは、およそ30%と群を抜いている。

北米におけるGnutellaプロトコル(FrostWireなど)のトラフィックは、LimeWireの停止後、ほぼ消失した。ピーク時上りトラフィックに占めるGnutellaの割合は、昨年11%から大幅に減って2%となった。上りトラフィックでは2%であったが、下りトラフィックにおいてはもはやトップ10圏内から脱落してしまった。

Top Applications in North America during peak hours. (source: Sandvine)

北米同様、欧州でもBitTorrentはファイル共有プロトコルの中で最も利用されていることが示されている。実際、2010年と比較しても、ピーク時間帯のトラフィックは上昇を続けている。

欧州でのピーク時間帯のトラフィック消費パターンは、上りトラフィックのおよそ60%がBitTorrentに起因する事を示している。上りトラフィックの『わずか』30%であった昨年と比較すると、2倍となった。

ピーク時間帯の下りトラフィックも、昨年の8%から21%に増加。上り・下りトラフィックを合わせると、第2位のHTTP(サイバーロッカーを含む)を大きく引き離し、BitTorrentがリストのトップに位置している。

Top Applications in Europe during peak hours. (source: Sandvine)

LimeWireの停止とBitTorrent使用の増加が直接関連しているかどうか、は依然不明だ。もし関連があるとしたら、北米におけるGnutellaの激減と同時に、BitTorrentが増加したとをうまく説明できるだろう。しかし、欧州におけるGnutellaトラフィックは、昨年の時点で事実上存在してしいないに等しいが、それでもBitTorrentトラフィックは急成長を遂げている。

Sandvineは帯域制御装置を販売しており、P2Pトラフィックの割合を過大に評価することが彼らの利益につながることに留意する必要があるが、上記のデータは、BitTorrentが北米や欧州において、未だ成長していることを示している。BitTorrentトラフィックの相対的な割合は、いずれの地域においても増加した。インターネット全体のトラフィックも増加しており、BitTorrentトラフィックの絶対量も増加していることになる。

RapidshareとMegaupload、2つあわせてFacebookのトラフィックを抜く

以下の文章は、P2P Blogの「Rapidshare and Megaupload cause more traffic than Facebook」という記事を翻訳したものである。

原典:P2P Blog
原題:Rapidshare and Megaupload cause more traffic than Facebook
著者:Janko Roettgers
日付:October 26, 2009
ライセンス:CC by-nc-sa

ネットワーク管理デバイスメーカーSandvineの新たな調査によると、ワンクリック・ホスティング・サイトRapidshare.comとMegaupload.comの2つが、3億人のユーザを抱えるFacebook以上にグローバルなIPトラフィックを生じさせているのだという。

同社の2009 Global Broadband Phenomenaレポートによると、Facebookが引き起こしているトラフィックは全グローバルIPトラフィックの1.5%未満であるという。Rapidshare、Megauploadの両サイトがそれに続き、それぞれグローバルIPトラフィックのおよそ1%を引き起こしている。またSandvineによると、ワンクリック・ホスティング・サイトやその他同様のストレージサイトは、2008年から今年にかけて56%もトラフィックが増大しているという。

Sandvineのレポートはさらに、ファイル共有アプリケーションによって消費されるトラフィックのシェアについても興味深い洞察を提供している。平均して、上り帯域全体の31.4%が、下り帯域全体の15.6%が、P2Pによって生じているという。ちょうど1年前には、上り帯域全体の60.18%が、下り帯域全体の22.31%が、P2Pによるものであった。

先日、これと類似したレポートについて指摘したように、この結果が、必ずしも人々がもはやP2Pを利用していないことを示しているわけではない。単に、ほかの領域、特にビデオストリーミングが急速に成長を遂げているだけのことである。Sandvineは、YouTubeが現在、全グローバルトラフィックの5%を生じさせているとレポートしている。

おそらく、より興味深いのは様々な地域間での差異であろう。Sandvineによると、アジア・太平洋地域での全トラフィックに占めるP2Pトラフィックの割合はたった8.6%であった。一方、アフリカでは35%にも上った。欧州では29.2%、北アメリカでは18,5%であった。ラテンアメリカでは35%で、この地域で主に利用されているP2Pファイル共有クライアントAres(スペイン語で利用できるクライアント)によって引き起こされているものだろう。Ares単体で、同地域の上り帯域の34%を消費しているという。

調査元が調査元だけに、P2P対策の次の市場を狙っているわけだからまぁいろいろと考えるだろうね、位には思っておいた方がよいかもしれない。

Cisco予測:P2Pトラフィックの増大は続くも2011年にはオンラインビデオに抜かれる

以下の文章は、P2P Blogの「Cisco: P2P will keep on growing, but online video will dominate」という記事を翻訳したものである。

原典:P2P Blog
原題:Cisco: P2P will keep on growing, but online video will dominate
著者:Janko Roettgers
日付:June 9, 2009
ライセンス:CC by-nc-sa

本日、Ciscoはヴァーチャル・ネットワーキング・インデックス予測の結果を公表した。それを見るに、我々の帯域への飽くなき渇望は、早々に留まることはないようだ。同ネットワーク機器メーカーの予測によれば、2013年までに世界中のインターネットが月に消費する帯域は56エクサバイトにも上るという。今から5年後にはそうなっている、ということだ。

こうした増加の大部分は、オンラインビデオによってドライブされる。実際、オンラインビデオサイトは、帯域消費の最大の原因となるだろう。あなたも予測しているとおり、現在世界規模でIPトラフィックの大部分を占めるファイル共有ネットワークでの帯域消費をも上回ることになる。P2Pもトラフィックの増大を突けるのだろうが、オンラインビデオと同じペースで増大を続けるというわけではなく、2011年には追い抜かされることが予測されている。それはCiscoの以下のグラフからもおわかりだろう。

更に、Ciscoは地域別の差異についても興味深い点を提供してくれている。以下に、ファイル共有によるトラフィック消費の米国、韓国、中国、日本、ロシアの簡単な比較を掲載しよう。

私は中国の価値をどのように見積もれば良いのかは判断しかねるのだが、超高速回線が普及している韓国に関しては、最終的に米国を上回る可能性があるようだ。

それと、多くの人が疑問に思っている点について。

モバイルでのファイル共有はほとんど発展しないようだ。ほらこの通り。

P2Pトラフィック調査:P2Pファイル共有トラフィックは減少するもBitTorrentトラフィックは依然成長

以下の文章は、TorrentFreakの「BitTorrent Still King of P2P Traffic」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:BitTorrent Still King of P2P Traffic
著者:Ernesto
日付:Febrary 18, 2009
ライセンス:CC by-sa

最新の世界的P2Pトレンド分析によれば、BiTorrentは依然として最も人気のファイル共有プロトコルであるという。P2Pトラフィック全体としては、若干の減少を示しているものの、BitTorrentトラフィックはまだ上昇を続けている。これは全P2Pトラフィックの45ー78%以上に相当し、全インターネットトラフィックのおよそ27-55%に相当する。

大学・企業向けの帯域マネジメントソリューション開発を専門としたドイツベースの企業Ipoqueは、2008/2009 インターネットトラフィックレポートをリリースした。全体としては、複数の大陸のインターネットトラフィック1.3ペタバイトが分析の対象となった。

レポートでは、P2Pトラフィックの割合が微減する一方で、ファイル・ホスティングサービス、ストリーミングサイトのトラフィックが増大していることが示された。大半のP2Pユーザは東ヨーロッパにおり、同地域でのインターネットトラフィックの57%はBitTorrentユーザが生み出している。

南アメリカはBitTorrentトラフィックが最低であり、全体の20%である。また、ファイル共有アプリケーションAresのシェアは28%と依然支配的である。

P2P traffic vs. the rest

さらに、データはP2PトラフィックにおけるBitTorrentのマーケットシェアが依然増大していることを示している。2008年のBitTorrentトラフィックシェアは、北西ヨーロッパで45%、東ヨーロッパで23%、中東で40%の増加が見られている。

P2P market share across different regions

興味深いことに、レポートではBitTorrentトラフィックのおよそ4分の1が、プロトコル・ヘッダ暗号化を利用していることを示している。暗号化はプライバシーに関してメリットのあるものではないが、BitTorrentを使用していることを隠すことで、加入者の帯域を制限しようとするISPにそれを難しくすることができる。

全体としては、BitTorrentが過去1年の間に大幅な成長を示す一方で、eDonkeyはそのシェアを大きく落としたと言えるだろう。パーセンテージ的に、P2Pトラフィックは減少しているが、これはP2Pに対する興味が減少したというよりも、ストリーミング/ファイルホスティングサービスの増大によるものである。

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
調査/統計 トラフィックの記事
→次
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。