スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポスト・ナップスター時代:メジャーレーベルは苦しんでいるが、新しい音楽は生まれ続けている

以下の文章は、TorrentFreakの「Report: Despite Piracy, Music Is More Alive Than Ever Before」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Report: Despite Piracy, Music Is More Alive Than Ever Before
著者:Ernesto
日付:March 25, 2011
ライセンス:CC BY

米国の経済学者ジョエル・ウォルドフォーゲルが公表した論文によると、 音楽パイラシーは、RIAAやIFPI、その他業界団体の主張とは異なり、新たな音楽の創出を害してはいないという。むしろ、音楽はこの数年で民主化し、そのパワーバランスは、メジャーレーベルによる独占状態から、小規模なレーベルやインディペンデント レーベルへとシフトしている。音楽それ自体は、以前にも増して活気づいているのかもしれない。

近年、多くの研究者がインターネットパイラシーとメジャーレーベルの収益との関連について研究を行っているが、その結果はさまざまである。ある研究者は、パイラシーはセールスに影響しないと結論づける一方で、別の研究者は、ほどほどにネガティブな関係にあるという。とはいえ、全体的には、音楽産業が主張する損失は誇張しすぎ、というコンセンサスは得られている。

また、音楽産業はパイラシーが新たな音楽の創造を妨げると主張してもいるが、ミネソタ大学応用経済学教授ジョエル・ウォルドフォーゲルによって、その偽りを暴かれた。彼は最近公表された論文の中で、パイラシーがクリエイティビティを損ねる、または、レコ―デッド・ミュージックの供給を遅らせるという証拠は見当たらないことを示した。

「著作権によって形成される合法的独占状態は、新たな作品の創出を促進するとして正当化されているが、この関連を指示する証拠はない。」 と、ウォルトフォーゲルは論文「ミスアメリカンパイにさようなら?」 の冒頭で述べている。(訳註:正式なタイトルは「Bye, Bye, Miss American Pie? The Supply of New Recorded Music since Napster」)

「レコ―デッド・ミュージックの供給は、Napster以降も大きく減少することはなかった。少なくとも損益分岐点が低いインディペンデント・ミュージック・レーベルが、新たな作品の市場投入についてより大きな役割を担っていることを示唆する証拠はある。」と彼は結論づけている。

一部の研究者たちは、パイラシーと音楽産業の収益との関連について注目してきたが、この10年で音楽産業が別の大きなシフトを迎えていることは、ほとんど注目されてこなかった。この論文であげられている詳細なデータについては割愛するが、ウォルドフォーゲルが指摘したいくつかのポイントについて強調しておきたい。

音楽の民主化

ウォルドフォーゲルはこの論文の中で、これまで我々が指摘してきたポイントを繰り返し主張している。つまり、ファイル共有の増加と共に、テクノロジーも急速に発展したということ。新しい、そして安価なレコーディング・テクノロジー、音楽配信サービス、ソーシャルネットワークが登場し、以前はメジャーレーベルがなければできなかった種々のタスクが、インディペンデントレーベル、さらにはアーティスト個人でさえ、容易にできるようになった。

メジャーレーベルは、次第に時代遅れになりつつある。少なくとも、メジャーレーベルの役割が、より低い利益率で経営されるインディペンデントレーベルによって引き継がれ、その独占は崩壊しつつある。メジャーレーベルの場合、50万枚を売らなければ損益分岐点をこえないこともしばしばあるが、インディペンデントレーベルならば25,000枚、またはそれ以下で損益分岐点をこえることができると、ウォルドフォーゲルは例示している。

新たなテクノロジー、特にインターネットが、より広い規模で、音楽産業のルールを一変させていると解釈することもできる。

製作、プロモーション、ディストリビューション(配布)

ウォルドフォーゲルは「音楽をうまく市場に投入するには、3つの構成要素―製作、プロモーション、ディストリビューション―をうまくこなす必要がある。新たなテクノロジーは、それぞれの要素を大きく変えた。」として、3つの構成要素それぞれが、近年どのように劇的な変化をもたらしたのかについて説明している。

第二次世界大戦以降、音楽の製作コストは10年おきに減少を続け、このプロセスはポスト・ナップスターの時代に加速度を増した。現在、ほぼすべてのガレージバンドが、限られた予算の中で、高音質のアルバムを録音できる。これはほんの数年前にはほぼ不可能なことであった。

同様に、インターネットのおかげで、ありとあらゆるプロモーションが可能となった。唯一かかるコストは、それにかけられる時間である。YouTubeやFacebook、その他にも、Last.fmやPandoraなど音楽に特化したサービスなど、アーティストは多数のプラットフォームを駆使して、プロモーションを行うことができる。以前は(違法ではあったが)、レーベルが音楽のプロモーションのためにラジオ局にお金を支払うこともあった。

ディストリビューションについても変化が訪れている。現在、アーティストは最小のコストで作品をiTunesで売り出すことができる。また、無料で配布したいというアーティストにも、数百の選択肢がある。現在と10年前とを比較してみるといい。10年前、iPodは未だ世に出ておらず、アーティストはCDを物理的に出荷しなければならなかった時代と。

音楽産業は史上空前の変化を経験している。しかし、メジャーレーベルは新たな現実に適応する代わりに、パイラシーを排除する方向に力を注いだ。メジャーレーベルは収益を落としたが、それと同時期に立ち上がった数千の小規模インディペンデントレーベルは、良好な収益を上げている。

ウォルドフォーゲルが結論づけているように、メジャーレーベルの主張とは異なり、新たな音楽の供給はパイラシーのせいで減少することはなかった。むしろ、音楽産業全体はアーティスト個人、小規模なレーベルにパワーバランスがシフトするように変化している。これはメジャーレーベルを損なうことになりはしても、パイラシーのせいというわけではない。そして、音楽それ自体は以前にも増して活発になっている。

論文(のドラフト)にざっと目を通したけど、経済学は門外漢なもので正直なところ、よくわからない。どなたか詳しい方に解説してもらえればありがたいのだが…。

一応、新たな音楽供給の指標としては、評論家(たとえばローリングストーン誌やピッチフォーク)による「遡及的な」評価(「2000年代 ベスト500アルバム/トラック」とか、期限を区切らないベストアルバム/トラックとか)だとか。任意の年にリリースされたすべてのアルバム/シングルをカウントするとか、一定の売上を記録したもののみをカウントするという研究もあるけど、問題もあるよ、とか、指標の妥当性は検証しているよ、とか書いてあるけど、きちんと理解はできてないなぁ。うーん、と首をかしげられる方は元論文を読んでもらえれば。

ちなみに、タイトルは、「音楽が死んだ日」を歌ったドン・マクリーンの『アメリカンパイ』からインスパイアされたものだとか。

スポンサーサイト

海賊行為が音楽産業を殺す?またまたご冗談を

以下の文章は、TorrentFreakの「Is Piracy Really Killing The Music Industry? No!」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Is Piracy Really Killing The Music Industry? No!
著者:Ernesto
日付:April 18 , 2010
ライセンス:CC by-sa

音楽産業はこの10年間、収益が減少し続ける主な原因はデジタル・パイラシーであると主張してきた。しかし、音楽産業自身が提供するセールスデータから、彼らが組織的に無視してきた第三の要因こそ、現在の残念な状況を適切に説明していることが示されている。

70年代中頃、音楽カセットテープの登場により、セールスは上昇を続け、CDがその地位を奪う80年代後半まで続いた。CDセールスが急上昇を続けたため、結果的にカセットテープは徐々に姿を消していった。音楽産業用語を使えば、CDがカセットを殺した(CDs killed cassettes)、というところだろうか。

興味深いことに、こうしたフォーマット・シフトは、音楽産業にとって初めての経験というわけではなかった。レコード/カセット戦争もまさに同じパターンであり、LPは80年代初頭にその座をカセットに明け渡すこととなった。カセットが音楽ビジネスを支配してから30年後の現在、CDの敗北が始まった。

今回は新たな敵、デジタル・パイラシーがある。ここ10年間というもの、米国音楽産業はフィジカルなCDのセールスの低下に直面しているが、彼らはこれまでずっとそれをデジタル・パイラシーのせいであると主張してきた。それによってレーベルは、これまでに経験してきた中でも最大の急激なフォーマットシフト、つまりデジタル革命をうまい具合に無いものとして無視してきた。

インターネットやコンピュータ、最も重要なツールであるMP3プレイヤーなどが人気を伸ばし、音楽ファンたちは手持ちのCDからMP3やその他のデジタルファイルへと移行していった。当初、人々はCDそのものからコンバートしなければならなかったが、2003年にiTunes Storeがオープンし、最初の1週間で100万曲以上を売り上げた。

このフィジカルからデジタルへのシフトにおいて、もう1つの重大な変化が音楽産業に追い打ちをかけた。それは米国音楽産業の収益が減少を続ける理由を説明するものでもある。有料音楽配信の導入により、消費者はもはや2,3曲を欲しいがためにアルバム全編を購入する必要がなくなったのだ。消費者が手にしたこの新たな自由は、音楽セールスの有り様を一変させた。

RIAAの出荷データベースの統計によると、2004年から2008年にかけて、米国で販売されたシングル・トラックの数は669%も上昇した。その一方で、アルバムセールスは42%も減少した。、シングル・トラックのセールスはフルアルバムのそれよりも実入りが少ないため、大手レーベルは苦しめられることとなった。以下の図からもわかるように、販売された音楽『ユニット』数は急上昇を続けている。

米国での音楽『ユニット』出荷数

では、このどこにパイラシーの影響があるのだろうか?我々が言えるのは、全くわからん、ということだけだ。

確かに、ファイル共有は音楽におけるデジタル革命の副産物であるが、音楽産業の収益に対する影響は極めて誇張されてきた。どんな年次報告書であれ、音楽産業は低迷の原因がデジタルパイラシーにあると主張してきた。たとえ、デジタルセールスが好調であり、それがパイラシーと直接競合するものであるとしても。

フィジカルからデジタルへのフォーマットシフト、それに対応する購買習慣の変化の方が、パイラシー以上に、音楽産業の収益の現象を説明しうると我々は考えている。その根拠として、米国、ドイツのレーベル収益におけるデジタル/フィジカルの断裂を見てみることにしよう。

米国、ドイツともパイラシーが蔓延しているが、IFPIの公表したデータによると、両国の音楽消費習慣は全く異なる。ドイツでは、フィジカルメディアのCDが高い人気を誇っており、デジタルセールスは購入された全音楽『ユニット』の25%未満である。一方米国では、デジタルセールスは全セールスの70%を占める。

デジタルミュージックへのシフトが、収益に対してネガティブな影響を与えるという理論が正しいのであれば、理論上はドイツのレーベルはそうした影響をほとんど受けていないことになる。実際、2004年から2008年にかけて、米国レコード会社の純収入は30%減少し、一方のドイツでは5%未満の減少に留まっている。

このデータだけでは説得力が足りないと思われるかもしれないので、もう1つの、ほとんど触れられていないセールスデータを挙げることにしよう。

もしデジタルパイラシーが問題の根源であるのだとしたら、その影響の大部分はデジタルセールスにもたらされると考えるのが道理である。しかし、そのデジタルセールスは絶好調なのだ。多くの若者がもはやCDプレイヤーなど所有していないにもかかわらず、未だに音楽産業はフィジカル(CD)セールス減少の主因はデジタルパイラシーだとしている。デジタルパイラシーが食いつぶすのはデジタルセールスであると考えられるので、この理屈はおかしい。つまり、米国音楽産業がドイツよりもパイラシーの被害を受けているという理屈は成り立たない。

さて、音楽産業はこれに対して何か言い分はあるのだろうか?TorrentFreakはRIAAにこれらの知見についてのコメントを求めたところ、以下の声明を送ってくれた。

「私たちはこれまで常に、過去10年間の産業の減少傾向は複合的な原因によるものだと言い続けてきました。たとえば、エンターテイメント全体での競争や音楽の消費、アクセスの多様化などがあり得ます。しかし、私たちはオンラインで音楽を盗むことができるようになったことが、一番の原因だと考えてもいます。それだけではありません、しかし、第一の原因なのです。」

さて、RIAAの解釈は我々の解釈とは全く異なるようだ。音楽におけるデジタル革命は、音楽ファンの消費習慣を変えることにより産業全体を一変させた。パイラシーもその一因であり得るが、我々がここで見てきたデータからは、たとえ影響があるにしても、ごくわずかなものだと言えるだろう。

1つめのファクトは、音楽『ユニット』の販売数は増えているものの、シングル優位であり、アルバムがあまり売れていないがための問題、いわゆる「チェリーピック」問題。もともとシングルCDなんてものがほとんど無いに等しかった米国にその影響が顕著に見られているのかもしれない。ドイツとの比較もなかなかおもしろくはあるが、これに関してはドイツのデータをもう少し詳細に眺めてみないと判断しにくいなぁ。

音楽配信とチェリーピックのお話は、1年半ほど前に書いているので、詳しくはそちらをどうぞ。

レコード産業にとって、デジタル音楽配信は未来か - P2Pとかその辺のお話@はてな 

もう1つのファクトとして挙げられているデジタルパイラシーはデジタルセールスに悪影響を及ぼしていないじゃないか理論については、デジタルパイラシーが無ければデジタルセールスはもっと伸びていた、とも言えるわけで、それほど強い論拠とは言い難い。とはいえ、少なくともオンライン・パイレーツが少数派であることを考えれば、補助的な論拠とはなり得るかなとは思うけど。

まぁ、全体的に納得できる、というほどではないにしても、音楽産業が直面している問題はデジタル・パイラシー以上の問題だという点には同意。1曲99セントだの200円だのだからダメなんだ、とかいう単純な問題でもない。1曲3ドルとか500円にしても解決しないし、シングルとしてリリースするもの以外はバラ売りしない、アルバムで売るようにしてもたぶん解決しない。メジャーレーベルにしても、インディーレーベルにしても、以前のように出版、流通の唯一無二のハブであるわけではないのだから。

「まだまだCD全盛」なのか、「ますますオンライン配信が躍進」なのか

ネットユーザを対象とした調査で、音楽の購入はオンラインよりもCDの購入が依然として優勢だということが明らかにされたよ、というお話。音楽の購入の際にCDを購入すると回答したのが64%、ダウンロード購入は41%なのだそうだ。この記事のタイトルは、「ネットユーザーも音楽はやはりCDで」というタイトルがつけられているのだけれども、個人的にはCDという媒体がそこまで喰われているのか、という印象の方が強かったりする。ふと思ったのだが、この視点が意味するところは、「まぁ、まだまだCDも検討しているじゃないの」というネット優位の感覚、なのだろうか。考えすぎかな。

原典:ITmedia News
原題:ネットユーザーも音楽はやはりCDで――米調査
著者:ITmedia
日付:2007年05月23日
URL:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0705/23/news017.html

+ Read More

オーストラリア:CD販売枚数は増加するもセールスは減益、デジタル音楽市場への移行も鈍歩

オーストラリアの音楽協会が発表したところによると、オーストラリア国内のアルバムCDの出荷枚数は増加しているものの、その利益は減少しているよ、というお話。その背景には、オンライン音楽配信に対抗するための競争が激化した結果、アルバムCDの価格が低下していることがあるようだ。また、シングルCDの売上も低下しており、こちらもオンライン音楽配信の影響がうかがえる。一方で、その音楽配信の利益は前年に比べて3倍になったものの、国内音楽市場の約5%に過ぎず、ここ10年の音楽業界の低迷を救うほどには成長してはいない。しかし、協会側は今後の携帯電話市場を含んだデジタル市場の成長に期待しているようだ。

原典:theAge.com.au
原題:CD sales rise despite downloads
著者:Emily Dunn
日付:April 13, 2007
URL:http://www.theage.com.au/news/digital-music/cd-sales-
rise-despite-downloads/2007/04/12/1175971303268.html

+ Read More

英国調査:デジタルセールスの成長はアルバムセールスの減少を補えない

Enders英国メディア調査会社によると、音楽産業の未来展望は非常に暗いもののようだよ、というお話。単純によい作品がないということではなく、オンライン音楽配信への移行、1曲単位で購入できてしまうことによるアルバムのCherry-Pick(つまみ食い)によるアルバムセールスの低下、Appleによる固定価格設定や独占などによって、デジタル配信によって増加する収益の可能性をもってしても補いきれない減収があるのではないか、と見ている。もちろん、音楽業界の側でもこのことに気づいてはいるのだろうが、それにどのように対処していけばいいのかは、依然暗中模索といったところだろうか。海賊行為を殊更に問題視するのは勝手だけれど、結局は現実逃避のような気もするけどね。まぁ、海賊行為を肯定するわけじゃないけどさ、大事なのはバランスでしょうに。

原典:Ars Technica
原題:DRM, lock-ins, and piracy: all red herrings for a music industry in trouble
著者:Eric Bangeman
日付:April 12, 2007
URL:http://arstechnica.com/news.ars/post/20070412-drm-lock-ins-and-piracy-
all-red-herrings-for-a-music-industry-in-trouble.html

+ Read More

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
調査/統計 コンテンツ産業の記事
→次
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。