スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TorrentSpy、対MPAA裁判の判決に対し上訴

以下の文章は、TorrentFreakの「TorrentSpy to Appeal in MPAA Court Case」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:TorrentSpy to Appeal in MPAA Court Case
著者:Ernesto
日付:February 04, 2009 
ライセンス:CC by-sa

かつて最も多くのビジターを抱えていたBitTorrentサイト TorrentSpyはMPAAとの裁判の判決に対して上訴した。昨年、彼らはケースが打ち切られたことで11億ドルの罰金の支払いを命じられていたが、TorrentSpyの弁護人Ira Rothkenはこの危機に瀕した問題を上訴するのが妥当だという。 

長きに渡り、TorrentSpyはBitTorrentコミュニティではよく知られたプレイヤーであった。同サイトは2006年には、他のどのBitTorrentサイトよりも多くのビジターを集めたが、2007年、連邦判事より同サイトの全ユーザデータを保存するよう命じられたことで、その状況は一変した。

判事はTorrentSpyに対し、同サイトユーザの活動の詳細なログを記録するために ユーザをモニターするよう命じた。さらに悪いことに、TorrentSpyはこれらのログをMPAAに手渡すよう命じられた。TorrentSpyのオーナーJustin Bunnelは、同サイトユーザのプライバシー保護には代えられないとして、全ての米国内ユーザのアクセスをブロックした。そして2008年3月、彼は同サイトを完全に閉鎖することを決断した。

「この決断は私たち自身が下したものです。決して裁判所の命令や何かしらの合意があったと いうわけではありません。TorrrentSpy.com検索エンジンは2008年3月24日をもって、世界的に、そして永久に閉鎖されることになります。」とBunnelはユーザに対し、同サイト上でメッセージを送っている。その1ヶ月後、MPAAとの裁判が打ち切られ、同サイトに対して11億ドルの罰金を支払うよう命じられた。そして、現在、TorrentSpyはこれを上訴した。

TorrentSpyのオーナーIra RothkenがCnet Newsに 語ったところによると「私たちは、法廷がその手続きにおいて、そしてその判決において誤っていると主張しています。法廷は開示(ディスカバリー)の問題に 関してほんの1時間の審問でケースを打ち切り、TorrentSpyに審理の機会を与えませんでした。私たちは法廷が誤っており、その裁量を濫用したと考 えています。法廷の判決は、TorrentSpyに対して同サイトのプライバシーポリシーを違反するよう命じたものであり、法廷の開示命令とユーザのプライバシー権との均衡は、この上訴において重要な問題です。」

TorrentSpyがこの戦いを諦めようとしないことは、MPAAにとって不愉快なことだろう。MPAAのDan Glickmanはこの当初の判決にたいそう喜び、このように述べていた。「TorrentSpyの終焉は、スタジオの確固たる勝利であり、こうした海賊サイトが、権利者からの手厳しい告訴に直面せずに運営を続けられることはない、ということを示したものと言えるでしょう。」

上訴は、第9連邦巡回控訴裁判所に提出され、TorrentSpyは当初の判決を逆転させ、他の米国BitTorrentサイトオーナーに希望を取り戻すことを目的としている。

スポンサーサイト

EFF、TorrentSpyの電子メール盗聴問題をサポート

以下の文章は、TorrentFreakの「EFF Supports TorrentSpy in Electronic Privacy Case」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:EFF Supports TorrentSpy in Electronic Privacy Case
著者:enigmax
日付:August 06, 2008

+ Read More

TorrentSpy、米国ユーザの遮断によりトラフィックが激減?

TorrentSpy先月、TorrentSpyはMPAAとの裁判の中で、RAMに格納されるユーザデータのログを取るよう命じられた。それに対し、ユーザのプライバシーや安全性を保証できなくなったとして、TorrentSpyは米国ユーザのアクセスを遮断した。とはいっても、プロキシを利用するなどすれば、米国ユーザであっても容易にTorrentSpyにアクセスできる状態でもあったのだが(ちなみにプロキシを利用すれば、米国ユーザとしてのログは残らない)、それでも多くのユーザがTorrentSpyを離れ、新天地で.torrentファイルを探すようになっているようだよ、というお話。Alexaのトラフィックランキングをみると、TorrentSpyのランキングが劇的に低下しているのが良くわかる。一昨日のmininovaのエントリと多少被る感じのネタです。

原典:TorrentFreak
原題:TorrentSpy Toraffic Plunge After US Ban
著者:Ernesto
日付:October 06, 2007
URL:http://torrentfreak.com/torrentspy-traffic-plunges-after-us-ban-071006/

+ Read More

トルコ、The Pirate Bayへのアクセスを遮断

現在、トルコ共和国からThe Pirate Bayにアクセスすることはできないようだよというお話。どうやら、トルコ側がThe Pirate Bayへのアクセスを遮断しているらしい。TorrentFreakによると、詳細は不明ながらも、トルコの大手ISPに対してThe Pirate Bayへのアクセスを遮断するよう、裁判所が命令しているとのことお。トルコでは以前にも、トルコ建国の父を侮辱するビデオをホストしているとしてYouTubeを、トルコ人著者の名誉を毀損したユーザがいるとしてWordPressを遮断しており、The Pirate Bayに対する措置もその一環かなと思ったりもする。以前にはタイにおいても国王を侮辱するビデオをホストしたとしてYouTubeへのアクセスを遮断している。

原典:TorrentFreak
原題:The Pirate Bay blocked in Turkey
著者:Smaran
日付:September 17, 2007
URL:http://torrentfreak.com/the-pirate-bay-blocked-in-turkey/

トルコは、おそらく現在最も有名なBitTorrentサイトを遮断した。およそ1週間前、The Pirate Bayは同国からアクセスすることができなくなった。トルコの読者からの報告によると、サイト管理人とその最近の決定によって、TPBが遮断されたのではないかという。

慰めとなることがあるとすれば、遮断されたのがThe Pirate Bayだけではないというこtだろうか。3月、YouTubeは取るこの建国の父を侮辱したビデオをホストしたとして遮断された。ただ、Googleがすぐさま当該のビデオを削除したため、遮断は2日間だけとなり、多くのトルコ人たちが安堵したことだろう。先月、一部のWordPressユーザがトルコ人著作者へ名誉毀損をしたとして、WordPress.com.comが遮断された。

最初に我々がThe Pirate Bayの遮断を聞いたのは、2日前のこと。それは、長らくTorrentFreakを愛読してくれたトルコ人のCenkからのメールによって知らされた。もはや彼の国では、The Pirate Bayはアクセス不可能であると。Cenkは、先週の月曜から政府がthepiratebay.orgへのいかなるアクセスをも遮断したという。しかし、プレスはこの問題に関して言及してはいない。「thepiratebay.orgが訴えられているとか、そのようなことは一切耳にしてはいません。そのような報道が紙上やその他いかなるところでもなされてはいないのです。」と彼は言う。

我々はこの件に関して、The Pirate Bayに何か知っていないかと尋ねてみた。彼らによると、「1年以上の間、遮断されている」のだという。「それが全国的なものか、メジャーISPに限られているものかは不明だけれどもね。」ただ、「それに関しては、法廷で判決が下されている」ようだ。

我々が発見したその判決によると、サイト管理人のためであるのか、そのユーザのためであるのかは不明であるが、トルコ最大のISP T醇вk TelekomにThe Pirate Bayを遮断するよう命じている。なんとも滑稽な皮肉ではあるが、たとえばバーバリーコーストに見られるように、トルコは歴史上最も有名な本物の海賊の本場である。まぁ、彼らがインターネットの世界に船出してはいないんだ、ということがいえるだろうね。

まぁ、一連の流れを見ていると、著作権の問題というよりは、信仰や信念に基づくものだろうと思われる。これは以前にも紹介した、タイ政府が国王を侮辱するクリップをホストしているとして、YouTubeを遮断し、告訴するとしていた事件に近いかもしれない。

どうも、TorrentFreakの記事を読む限りでは、トルコもタイと同様に国家的な畏怖の念を持たれた人への侮辱行為や非難に対しての、強硬手段という色合いが濃いような気もする。

著作権侵害とは言えどもさすがに国家規模で遮断するという事例はないが、国家の威信や信念に関わることであれば、いとも簡単に国家がWebサイトを遮断するしないという決定ができてしまうというのも、なかなか怖いことだなぁと思ったりもする。

にしても、このような事件を聞くにつけ、このような国はインターネットの時代についていけるのかと疑問に思ったりもする。確かに彼らにとっては畏怖の念を持った崇高な方なのかもしれないが、それと同時にその対象に対して批判的に見ている層も一般的には存在する。そういった批判を過剰に押さえ込もうとするというのは、あまりにも馬鹿馬鹿しいなぁト思ったりもする。

インターネットユーザの(特にコアなユーザは)その自由が制限されることを非常に嫌う。そうした中、強硬な遮断措置をとることで更に(遮断した側にとって)望ましくない結果に終わることもありうる。自然状態に任せるのも危険ではあるが、あまりに拘束しすぎるのも考え物かもね。

TorrentSpyの控訴を棄却される:RAM内のユーザログを提出命令へ

MPAAから著作権侵害で提訴されているBitTorrentサイトTorrentSpyは、6月に裁判所よりRAM内に蓄積されたユーザのログデータを提出するよう命じられていたが、それを不服として控訴していた。しかし、このたび裁判所が控訴を棄却したよ、というお話。とはいえ、先日お伝えしたように、TorrentSpyは既に米国ユーザからの利用をシャットアウトしており、肝心の提出すべきデータが無い、という状態。また、TorrentSpyのサーバはオランダにあり、米国以外のユーザの利用に関しては、これまでどおり続けられるようだ。まぁ、それほど深刻な状況にはなっていないみたいね。

原典:CNETJapan
原題:RAMの情報も開示の対象--米判事、TorrentSpyにユーザー情報の引き渡しを命令
著者:Greg Sandoval (翻訳校正:CNET Japan 編集部)
日付:2007年8月29日
URL:http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20355336,00.htm

+ Read More

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
BTトラッカー TorrentSpyの記事
→次
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。