スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリアISP、著作権侵害裁判で映画産業に歴史的勝利を収める

以下の文章は、TorrentFreakの「Movie Studios Lose Landmark Case Against Aussie ISP」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Movie Studios Lose Landmark Case Against Aussie ISP
著者:enigmax
日付:February 04, 2010
ライセンス:CC by-sa

オーストラリアのインターネットサービスプロバイダ iiNetは、複数ハリウッドスタジオを相手にした裁判に勝利した。 本日、デニス・ コーディロイ判事は、iiNet加入者がBitTorrentを利用して著作物を共有していたとしても、iiNetはその加入者の著作権侵害に責任を負うことはない、という判断を下した。オーストラリア海賊党はこの判決を歓迎している。

本日、オーストラリア連邦裁判所は、Australian Federation Against Copyright Theft(AFACT)によって起こされた著作権侵害訴訟において、同国ISP iiNetの主張を認める判決を下した。

昨年、 Village Roadshow、Universal Pictures、Warner Bros Entertainment、Paramount Pictures、Sony Pictures Entertainment、Twentieth Century Fox Film Corporation、Disney Enterprises, Inc、Seven Networkなど複数の映画スタジオは、iiNetを相手取って裁判を起こし、同社は加入者がBitTorrentを利用して著作物を共有していることに何ら対策を講じていないと主張した。

iiNetはさまざまな側面からこの主張を論破し、2009年11月に結審した。

本日の判決でコーディロイ判事は、iiNetがネットワークをコントロールすることはできず、ISPは「セーフハーバー」規定によって保護されている、とした。

「iiNetが著作権侵害を是認し、また(iiNetが)発生していた著作権侵害を抑止する権限を有していたとも結論づけることはできない。」とコーディロイ判事は判決にて述べた

裁判当初、AFACTは、iiNetはAFACTメンバー企業に代って著作権侵害警告を加入者に送付すべきだと主張していたが、これについては、著作権侵害への対処方法ではないと判断された。

オーストラリア電子フロンティア協会は、この判決が「コモンセンスを反映した」ものだとし、オーストラリア海賊党もまた、この判決を歓迎した。

「コーディロイ判事は良い判決を下した。これはISPが、司法による判断、適法手続きなしに著作権侵害の申し立てに基づいて個人の回線を切断するなどという著作権者側の要望に応える法的根拠や義務がないことを反映している。」と党幹事長ロドニー・セルコフスキーは語った。

「基本的には、ISPは郵便サービスと同様に考えられなければならない。つまり、ISPは単にパケットという形態でデータを運んでいるだけであり、また、そうした通信はプライベートなものとみなされるべきだ。」と付け加えた。

iiNetは判決後の声明の中で、同社は「これまでテレコム法、著作権法の侵害を含め、法律違反を援助したことも、助長したこともありません」として、同社は「よき企業市民であり、それ以上によき著作権市民でした」と述べた。

iiNetは、これまでの長きにわたる大規模な法廷闘争を終え、エンターテイメント産業と共に、新たなビジネスに取り組みたいと話した。それは違法ファイル共有を抑制するための合法コンテンツサービスを模索することであるという。

AFACTの事務局長ニール・ガーネは、裁判所の判決は極めて遺憾であると話した。

「本日の判決は、オーストラリアの映画産業従事者5万人を困らせることになるでしょう。」と声明の中で述べられている

「しかし、私たちは、この判決が、どのように著作権侵害が生じたのか、ISPがそれらをコントロールする能力などの法廷での解釈が、技術的側面を注視して下されたものと信じております。iiNetネットワークで行われている苛烈な著作権侵害が、対策が講じられず、変化もしないままに置かれるような事態を、政府は良しとしないだろうと確信しております。」と彼は付け加えた。

AFACTはiiNetの莫大な訴訟費用の全てを支払わなければならなくなる。これまでのところ、AFACTはこの判決を控訴するかどうかを明らかにはしていない。

Michael Geist Blogでもこの判決をランドマーク・ディシジョンであるとして、エントリを掲載している。ただ、ここではもう少し突っ込んでいて、この判決はスリーストライクスキームを明確に否定したものであった、としている。そのエントリに沿って、AFACTの主張と判事の判断を以下に記しておく。

1.ISPは料金不払いの加入者の接続を切断している、ならばなぜ著作権侵害に対しても同様のことができないのか?

DtecNetの収集した証拠の質は別にしても、著作権侵害は単純な「イエス」「ノー」の問題ではない。iiNetユーザがBitTorrentシステムを利用して著作権侵害を犯したのか否か、どの程度の頻度で行われているのかを判断するためには、技術的、法的側面から詳細に、それこそ数十ページに及ぶ詳細な精査が必要である。被告は訴訟が提起されるまで、そのような手引きを有してはいなかった。被告はAFACTからの通知の根拠となる証拠がどのように収集されたのかを理解していなかったのは明らかである。被告は著作権侵害を疑うこと、そうした疑いに基づいて接続を切断することを明確に拒否した。一方で、料金の不払いに基づく加入者の接続切断が妥当であるのは、切断に先立ち、加入者が料金を支払っていないという第三者による証拠の提示を必要とはしないためである。

2.オーストラリア著作権法における「セーフハーバー」規定には接続の切断も含まれており、ISPはアクセスを遮断する技術的能力がある。

BitTorrentシステムにおける著作権侵害の性質、『侵害を繰り返すユーザ』という自明ではない概念が認められるためには、著作権侵害の容疑そのものに対しての冗長かつ複雑な審理を経なければならない。これを法廷ではなく、たとえば被告のような当事者が決定されるべき問題だと結論づけるのは非常に問題がある。著作権侵害は単純な問題ではない。個人の特定のような問題は克服不可能ではないかもしれないが、そうした問題は、著作権侵害が生じたのか否か、加入者に対する警告やアカウントの停止、強制解約によって抑止するか否かを最終的に被告が決断できるとする主張に対し、不利に働く。たとえそれが技術的に可能であるとしても、そうしたスキームは被告に多額の負担を強いることになる。これについては、マローン氏の2番目の先制供述書でも述べられているとおりである。もちろん、Kazaa訴訟の被告によって多額の損害を被ったとは主張しうるのだが、しかしそれは同被告が侵害の『手段』を提供したという文脈においてであった。本件被告がそうした(訳注: 手段を提供した)ことはなく、従って、警告の送付や切断スキームの強制による負担、その複雑性を考慮すると、そうしたスキームが抑止のために適切な権限であるとの結論には達しない。

そして、このように結論づけている。ちなみに、P2Pファイル共有ネットワークKazaaの話が出てくるのは、Kazaaの裁判がオーストラリアで行われたから。

AFACTからの通知に基づく加入者アカウントへの警告や強制解約は妥当な手続きではなく、さらに、それが著作権侵害を抑止するための適切な権限を構成しないものと法廷は見なす。被告は著作権侵害のための『手段』を作り出したわけではなかった。それは侵害を引き起こしたBitTorrentシステムの一部を構成するものであった。従って、侵害の抑止を被告の義務として課すことはできない。たとえ被告に義務があったとしても、それが対処のための妥当な手続きであったと判断するには至らない。[…]

加入者アカウントの強制解約が単数または複数の個人による著作権侵害を抑止するための手続きとなりうる(少なくともそのISPにおいては)のは明白であるが、しかし、その個人から[…]非侵害的なインターネットの利用まで奪うことになる。(訳注: Kazaa訴訟において)ウィルコックス判事が、Kazaaのシステムがほぼ著作権侵害の用途で利用されていることを認めつつも、Kazaaの被告にそのシステムの停止を命じようとしなかったことを鑑みるに、不確かかつ散発的な利用状況において、少なくとも法廷によるそれぞれのアカウントの侵害状況を精査することもなく、アカウントを強制解約することは不当であるといえる。アデレード社のヒギンス氏の言葉が適切である。アカウントの強制解約は著作権侵害を抑止するものではあるが、それ以上のことも含意しており、そうした状況においては、妥当であるとは言い難い。従って、警告やアカウントの停止/強制解約は、侵害を抑止するための被告側の適切な権限を構成するものではない。

いつものことではあるけれど、訳にかなり不安があったりするので、誤訳、不適切な表現などなど指摘していただければ幸いです。

スポンサーサイト

スウェーデンISP、加入者の個人情報開示を拒否

以下の文章は、TorrentFreakの「Swedish ISP Disputes Weak Piracy Evidence」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Swedish ISP Disputes Weak Piracy Evidence
著者:Ernesto
日付:July 15, 2009
ライセンス:CC by-sa

スウェーデンのISP Ephoneは、オンライン調査を通じて同社加入者からの多大なる支持を得たことで、著作権団体に加入者の情報を引き渡すよう求めた裁判所の命令に対し、上訴することを決断した。Ephoneは著作権団体が提示した証拠を「根拠に乏しい」とし、加入者のプライバシーの保護を優先した。

スウェーデンの新たなアンチパイラシー法IPREDが施行されて以来初となる裁判は、アンチパイラシーロビー団体が望んだほどにはうまく進んでいない。同法律の目的は、著作権者がISPから著作権侵害容疑をかけられたファイル共有ユーザの個人情報をより容易に取得するというものだったが、現実にはそれとは若干異なることがわかった。

今年4月、5社の音楽出版社が、2000以上のオーディオブックを違法に保存していたとして、FTPサーバのオーナーの情報を開示するよう地方裁判所に求めた。しかし、それがプライベートサーバであり、オーディオブックは一般にアクセス可能なものでなかったにもかかわらず、裁判所はISP Ephoneに対し、同IPアドレスを使用していた個人の情報を提出するよう命じた。

Ephoneはその命令に応じることを拒み、上訴することを決定した。興味深いことに、同社がそうした決断を下したのは、同社ウェブサイトでのオンライン調査のフィードバックを受けてからであった。

合計20,000人以上が参加したその調査は、同社が上訴すべきかどうかについて問うものであった。その結果は、全く疑う余地すらないものであった。99%もの回答者が、上訴することを是とし、中には裁判費用の一部を負担しても良いというものすらいた。

EphoneのCEO Bo Wigstrandは、同社の経営陣が今後の方針について議論したが、彼らが本当に必要としたものは加入者からのインプットであった、と述べている。「それこそが、私たちの最終的な決定を後押ししたものです。」とWigstrandは説明する

加入者や市民からのサポートに加え、スウェーデン会員議員のKarl Sigfridも、Ephoneの上訴をバックアップしている。彼は以前、著作権者からの追跡を回避するためとして、自身の加入するISPに彼のIPアドレスとリンクする個人情報を削除するよう求めている

Ephoneによると、本件で著作権者が提示した証拠は、不完全かつ不十分なものであった。Ephoneの弁護士によれば、その大半はスクリーンショットとログファイルのみであったという。そうした根拠の脆弱さは別としても、CEO Bo Wigstrandは、加入者のプライバシーを保護するためであれば、できることはすべてしなければならないのだと述べている。

デンマーク法廷、国内全ISPに対しThe Pirate Bayへのアクセスブロックにを命令

以下の文章は、TorrentFreakの「Danish ISPs to Fight the Pirate Bay Block」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Danish ISPs to Fight the Pirate Bay Block
著者:Ernesto
日付:January , 2009
ライセンス:CC by-sa

デンマーク法廷は全てのデンマークISPに対して、The Pirate Bayへの加入者のアクセスをブロックするよう命じた。大半のブロードバンドプロバイダーは、この平衡を失った決定に不快感を示し、そのうちの3社が、既 に高等裁判所への申し立てを行うことをアナウンスしている。

この裁判は、IFPIによってはじめられたもので、昨年、デンマークの裁判官は、Tele 2に対しユーザのThe Pirate Bayへのアクセスを遮断するよう命じた。IFPIは、Tele 2が大規模な著作権侵害を促進しており、それゆえ同サイトへのアクセスはブロックされなければならない、と主張した。

当時、The Pirate Bayの共同設立者BrokepはTorrentFreakに対し、「Torrentコミュニティには、これがデンマークの人々に何をもたらすのかを理解して欲しい。また、これは欧州連合にとって、極めて悪しき先例として利用されるだろう。私は全ての人々が、これと戦うことを祈る。」

残念なことに、デンマーク在住のThe Pirate Bayユーザにとって、状況はさらに悪化した。先月、デンマーク最大手のISPで大半のケーブルを所有するTDCが、予防的にThe Pirate Bayへのアクセスをブロックすることを決定した。そして現在、デンマーク法廷は、全てのISPに対し、同様の措置をとるよう命じ、従わない場合には重い罰金を科すとした。

しかし、ISPは戦わずして、この命令を受け入れるつもりはないようだ。TDC、 Telia、Telenorの3社は、この決定に対し申し立てを起こし、最高裁で争うつもりであるとアナウンスしている。彼らの主張の一部には、ISPは 加入者の潜在的な著作権侵害に対し、責任を有してはいない、というものがある。

「The Pirate Bayへのアクセスそれ自体は、著作権侵害ではありません。」とTeliaのJens Ottosenはdn.seに 語っている。「私たちは加入者にアクセスを提供しますが、それが違法かどうかを判断するのは、加入者自身です。私たちのタスクではありません。もしそうな らば、私たちはYouTube、MySpace、Googleにおける違法行為にも荷担していることになります。その違いは何処にあるというのでしょ う。」とOttosenはいう。彼はデンマークテレコム産業のチェアマンでもある。

実際、このケースは、単にThe Pirate Bayの問題で終わる話ではない。これはインターネットの検閲に関わる話だ。多数の著作権侵害コンテンツを有するYouTubeが次に続くのだろうか?BitTorrentサイトをブロックすることが公正であるのかどうかという議論は別としても、こうした措置は全く効果を持たない。 簡単に回避できるし、こうしたパブリシティーはサイトへのアクセスを増大させるだけなのだから。

デンマーク:ISPに対するThe Pirate Bayへのアクセスブロック命令、高等裁判所でも支持される

以下の文章は、TorrentFreakの「ISP Must Continue to Block The Pirate Bay」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:ISP Must Continue to Block The Pirate Bay
著者:Ernesto
日付:November , 2008
ライセンス:CC by-sa

2008年2月、デンマーク法廷はISP Tele2に対し、同社加入者のThe Pirate Bayへのアクセスを遮断するよう命じた。この問題の判決は上訴されていたが、本日、IFPIを喜ばせるような動きを見せている。高等裁判所は、同ISPに対する世界最大のBitTorrentトラッカーへのアクセス遮断措置の強制を求めた判決を支持した。

デンマークのISP Tele2に対して、The Pirate Bayへのアクセスを遮断することを求めた最初の訴訟は、世界のレコード産業を代表するアンチパイラシー組織IFPIによって始められた。IFPIは、Tele2が大規模な著作権侵害をほう助していると主張し、したがってThe Pirate Bayへのアクセスは遮断されなければならないとした。

その際、The Pirate Bayの共同設立者でもあるBrokepは、TorrentFreakにこう話している。「これがデンマークの人々に何をもたらすのかについて、Torrentコミュニティには考えて欲しいと思っている。また、これは欧州連合にとって極めて悪しき前例ともなりかねない。全ての人々がこれと戦うことを祈りたい。」

2月、デンマーク法廷はIFPIに味方し、Tele2は同社加入者に対して、The Pirate Bayへのアクセスを提供しているために、著作権侵害をほう助し、またそれによって、同社ルータ上で著作物のコピーを行なったと判決では述べられた。

この判決は、ISPによるインターネットのフィルタリングに関する議論を白熱させた。その理由の1つには、この判決が、ISPは加入者によって生み出されるトラフィックに対し責任を持たないとする欧州法に反するということが少なからずある。それにもかかわらず、IFPIはTele2に対し、DNSレベルでThe Pirate Bayへのアクセスをブロックするよう強制するという、初めての成功を手に入れようとしている。

しかし、現段階で全てが敗北に終わるというわけではなかった。サイトへのトラフィックは、ブロックによって生じたパブリシティによって増大することとなったし、この決定に対してTele2は上訴を申し立てた。また、The Pirate BayはTele2が勝利を収めるようなことがあれば、彼らは(訳注:IFPIに対して)賠償を請求すると述べた。そして、その賠償金は、音楽を作成し、それを無料でリリースする野心的なデンマークのアーティストに資金提供するために用いると約束している。

上訴の結果は、ほんの少し前に公表された。それはスウェーデンのトラッカー、Tele2、さらには無償奉仕の『インターネットポリスメン』になりたくないと強く願っている他のISPにとって、好ましくない結果であっただろう。高等裁判所はTele2に対しDSNレベルでのThe Pirate Bayへのブロックの継続を強制する判決を支持した。つまり、同社加入者は同サイトにアクセスすることはできない、ということだ。

デンマークのISPがインターネットを検閲するよう命じられたのは、これが初めてのことではない。2006年12月、法廷は類似したケースでTele2に対し、Allofmp3.comへのアクセスを妨害せよ、という不利な判決を下した。判決によると、同社加入者が音楽をダウンロードするためにAllmp3を利用するのであれば、Tele2は積極的に著作権を侵害したことになるのだという。

2月の判決が下った際、IFPIはTele2の上訴が失敗し、最終的な勝利をものにできた暁には、他のISPに対してもThe Pirate Bayへのブロックを強制するために更なる措置を講じると脅しを掛けている。デンマークIFPIの代表 JespterBayは今日、他のISPが先例に従って、同様にThe Pirate Bayへのアクセスを遮断してくれるだろうと、Computer Worldに話している。

Tele2が上訴するにしてもしないにしても、今のところ最高裁の判決がどうなるかは定かではない。この重要なニュースに関しては、更なる情報が入り次第、追って報告する。

オーストラリア大手ISP、ユーザの著作権侵害のためにハリウッドから訴えられる

以下の文章は、TorrentFreakの「Movie Studios Sue ISP Over BitTorrent Piracy」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Movie Studios Sue ISP Over BitTorrent Piracy
著者:Ernesto
日付:November , 2008
ライセンス:CC by-sa

Paramaunt、Sony、Twentieth Century Fox、Universal、Warner Bros、Disneyなど7つのハリウッドスタジオがオーストラリア第3位のiiNetを訴えるために手を組んだ。iiNetは同社加入者がBitTorrentを用い著作物の共有するのをやめさせる努力を怠ったとされる。iiNetはこうした主張を否定した。

iiNetは、従業員1,400名を抱えるオーストラリアでも大手のISPであり、通常のコンシュマー市場に1.5Mbps以上のDSLサービスを国内で初め提供し、現在では最大24Mbpsの接続サービスを提供している。これら比較的安定した速度は、iiNetの加入者に魅力的であるとされている。そして、他のISPの加入者と同様に、その加入者の多くはBitTorrentを利用して著作物を共有するために、同社の帯域を利用していた。現在iiNet画告訴されているように、7社のハリウッドスタジオは激怒している。

本日のAFACT (Australian Federation Against Copyright Theft)のプレスリリースによると、Village Roadshow, Universal Pictures, Warner Bros Entertainment, Paramount Pictures, Sony Pictures Entertainment, Twentieth Century Fox Film Corporation, Disney Enterprises, Inc. Seven Network(オーストラリアの人気テレビ局)などのスタジオは、iiNetを著作権侵害で訴えることにしたと発表した。

これら企業は、iiNetが「これらの企業の映画、テレビ番組のコピーがiiNetの加入者によって同ネットワークを介し行なわれる、既知の無許諾の利用を防ぐために、同社の利用規約を遵守させるといった適切な措置を講じなかった」ために訴えることにしたのだとの述べている。

AFACTの専務取締役Adrianne Pecoticは、iiNetがスタジオらの著作権侵害の訴えにもかかわらず、同社顧客に対して対処し得なかったために、これらのスタジオは訴訟を起こすことを強いられたのだという。Roadshow Entertainmentの常務Chris Chardは、Happy Feet, No Reservation, I am Legendといった彼らのタイトルの全てがBitTorrentを利用し、iiNet加入者によって著作権侵害されていると主張する。

スタジオはiiNetに侵害ユーザを遮断よう求めているが、今のとこr、iiNetはそうすることを拒否質得る。iiNetのCOO Mark WhiteはAPCに対し、同社が公式な回答を行うためにInternet Industry Association (IIA) に相談していると話している。

「私たちの考えはかなり率直なものです。私たちはいかなる海賊行為をも容認、支持しません。海賊版コンテンツを選択した人々は、法によって罰せられなければなりません。」と彼はいう。「これは産業としての問題ですから、私たちはIIAとの話し合いを行なっていますし、この問題を扱うに際しては、彼らと共同していくことになるでしょう。」

iiNet CEOのMichael Maloneは、同社が海賊行為問題に対して何ら手を打っていないというAFACTのクレームに反論を述べている。「彼らはIPアドレスのリストを送りつけてきて、こういうのです。『このIPアドレスは、この日付に違反に関与していました』、と。私たちはそれを見てこういうしかないのです。『はぁ、で、私たちにどうしろと?私たちは、あなた方が疑わしいといった訴えているだけでは個人情報はお渡しできませんし、何処ぞの誰かがかけた疑いに基づいて加入者の方を追放するなどということもできやしないのです』。ですから、あとはこういうしかないですね。『あなた方はこの人物が法を犯したと主張なさる。それを私たちは警察にお伝えする。あとは彼らにお任せしましょうよ』。」と彼はComputerworldに語っている。

もちろん、映画スタジオや著作権者、コメンテーターらが、著作権侵害を撲滅するためなら取るに足らぬとして(実際はそんなわけはないのだが)個人情報を奪い取ろうとするのは、それほど珍しいことではない。まさに今週、Jupiter ResearchのMike Mulliganは、“Why Music Can’t ‘Just Be Free’”と題された記事を公開している。P2Pデベロッパー(とこのケースではISPも)が「自らを無実であるというのであれば、自らのアプリケーションにフィルタリングメカニズムを導入して潔白を主張すべきだ」と述べている。TorrentFreakでは、MikeのVuze、LimeWire、Shareaza、Morpheusへの提案に対する正確な詳細を送ってみたのだが、当然のことながら彼から返事が来ることはなかった。

Michael Maloneはこの問題に屈するつもりは全くないようだ。「彼らはISPが実は秘密の魔法の杖でも隠し持っていると本気で思っているのだと思います。そんなものがあれば、さっと一降りで海賊たちをたちどころに消し去ることができるのでしょうね。」

iiNetに対する訴訟は、オーストラリア連邦裁判所に11月20日(本日)申し立てられた。訴訟手続きは2006年12月20日に続けられる予定である。

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
ネットと訴訟 対ISPの記事
→次
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。