スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MP3Tunes対EMI裁判、MP3Tunes側にやや有利な判決(8月の記事)

以下の文章は、TorrentFreakの「MP3tunes Wins in Landmark 'Cloud Piracy' Case Against EMI」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:MP3tunes Wins in Landmark 'Cloud Piracy' Case Against EMI
著者:Ernesto
日付:August 23, 2011
ライセンス:CC BY

音楽ストレージ・ロッカーサービスのMP3Tunesが、EMIとの長きにわたる訴訟において、思いがけない勝利を手にした。米地裁判事ウィリアム・ポーレーは、MP3Tunesが著作権侵害を助長してはおらず、同サービスがDMCAの「セーフハーバー」保護の要件を満たしている と判断した。この画期的な判決は、クラウド・ストレージ・サービスを提供するDropbox、GroovesharkやAmazonにとって吉報となるだろう。

数年にわたって続いたEMI対MP3Tunesの訴訟は、音楽ストレージサービス側の明確な勝利というかたちで幕を閉じた。

昨日、ウィリアム・ポーレー判事は、ユーザに音楽をオンラインストレージに保存させたことについて、MP3Tunesが「著作権侵害を助長したことにはならない」ことを確認した。判事によると、MP3Tunesは、著作権侵害を繰り返すアカウントを停止し、同社の音楽検索エンジンSideload.comに送付されたDMCA削除要請に応じていたという。

ユーザはSideload.comから外部サイトにホストされている音楽を検索することができ、それをMP3Tunesのロッカーに加えることができる。RapidShareなどの外部ファイル・ホスティングサービスなどから検索される。

EMIは、これらのファイル・ホスティングサイトをいわゆる「パイラシー・ヘイブン(海賊の隠れ家)」だとして、DMCAのセーフハーバー条項による保護に値しないと主張した。ウィリアム・ポーレー判事はこの主張に同意せず、Sideload.comがリンクしているファイル・ホスティングサービスは定義上「違法」には当たらないと判断した。

MP3Tunes設立者のマイケル・ロバートソンは、この判決はクラウド・ホスティングサービスの明確な勝利だという。

「私たちは信頼性の高い方法で音楽サービスを運営してきました。それ故に、判事はMP3TunesがMP3TunesおよびSideload.comのサービスプロバイダとしてDMCAの下で保護を受けると判断したのです。」とTorrentFreakに語った。

「殆どの企業は、レコードレーベルからの攻撃に耐えることができず、インターネットの音楽の未来にとって重要な問題について法廷で判断を得ることができませんでした。この29ページに渡る判決が維持される限り、先例として置かれるでしょう。」とロバートソンは付け加えた。

判決では、大方がMP3Tunes寄りの判断がなされているが、EMIが小さな勝利を収めているところもある。

裁判官は、検索エンジンSideload.comからのリンクを削除すること、MP3Tunesがユーザのロッカーから(Sideload.comに)関連したファイルを削除することを求めた。さらに、MP3Tunesの複数の従業員が、自身のアカウントでEMIの音楽ファイルを保存していたとして、著作権侵害が認められた。

EMIはこの判決について「MP3Tunesとマイケル・ロバートソンに対し、SideloadおよびMP3Tunes上の数百の録音物、音楽著作物の著作権侵害が認められたことは喜ばしく思っています。しかし同時に、法廷がMP3TunesはDMCAのセーフハーバーで保護されると判断したことは誠に遺憾です」とのコメントを出している。

昨日の判決は重要なものではあるのだが、未だ両者には控訴の選択肢があることに注意が必要だ。既にEMIはそれをほのめかしており、また、MP3Tunesもすべての面で勝利を収めるためにそうするかもしれない。

「EMIは当初、MP3TunesがEMIの33,000作品の著作権を侵害していると主張していました。しかし判決では、そのうちおよそ99%が却下され。350ほどの作品についてのみ主張が認められました。これらについても、裁判所の判決が事実とは異なっており、控訴を検討しているところでもあります。」とロバートソンは話している。

この件について、以下の記事もご参考に。

EMIとMP3tunesの著作権侵害訴訟--双方が勝ち得たもの - CNET Japan

スポンサーサイト

Hotfile、ユーザ1000人やPayPalとともに訴えられる

以下の文章は、TorrentFreakの「Hotfile, 1000 Users and PayPal Named In Piracy Lawsuit」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Hotfile, 1000 Users and PayPal Named In Piracy Lawsuit
著者:enigmax
日付:January 18, 2011
ライセンス:CC BY

先月、BitTorrentユーザから最大規模の和解を引き出したLiberty Mediaが、今度は著作権侵害を武器にサイバーロッカーを絡め取ろうとしている。現在、Liberty Mediaは ファイルホスティングサイトHotfileとそのユーザ1000人を提訴、さらにPayPalに Hotfileの口座を凍結するよう求めている。さらに、Hotfileのドメインを差し押さえるよう主張している。

2011年1月6日、Liberty Media HoldingsはファイルホスティングサイトHotfileを提訴した。この訴訟は今後、非常に大きな意味を持つことになるだろう。

Libertyによると、Hotfileはパナマ企業だとしているが同国には実態はなく、「所在地、住所、主体などをごまかす」ための措置に過ぎないという。Libertyはまた、Hotfileのオーナーはアントン・チトフというロシア人で、ブルガリアないしオランダ在住であるが、フロリダにも住居を構えているという。

また、Lemuria Communicationsという会社も被告として提訴された。同社はHotfileのウェブホストをつとめており、アントン・チトフの片腕であると主張された。Hotfileはダラス、テキサス、フロリダでサーバーを運用しているという。

さらにLibertyは、「現実的または推定的な認識をもちつつ、または意図的にわからないようにしつつ、LIBERTYの作品をwww.Hotfile.comを介し、共同して複製、配布していた」として1000人のユーザを『John Doe(氏名不詳)』のまま訴えた。

PayPalも、Hotfileやチトフ、Lemuriaに金融サービスを提供していたとして、被告に名を連ねた。Libertyは法廷に対し、本件の結論が出るまでPayPalの被告口座を凍結するよう求めている。

Liberty Mediaは、Hotfileには合法的な用途があるとしながらも、その目的が「著作物の違法共有から利益を上げることにあり、その中にはLIBERTYの知的財産が数多く含まれている」と主張、さらにそれは「多数の支援者」によってアップロードされているという。

Libertyは、こうした支援はアフィリエイトの側面も持っており、それらは著作権者ではなく、Hotfileに利益を流し込む「巨大なピラミッド」のようなビジネスモデルを形成すると主張する。

Libertyは、Hotfileに保存されている同社800タイトルへの2,400超のリンクを指摘し、その「不正な目的」を達成するためにLemuria Communicationsのサーバを使用しているのだという。

「Hotfileはユーザが何をアップロードし、何をダウンロードしたのかを自ら知ることのないよう、ファイルの分類やインデックスを意図的に避けつつ、同サイトのウェブトラフィックから利益を上げている。」とLibertyはいう。さらに以下のように主張を続ける。

「被告Hotfile.comが同社の運営の違法性を認識していることは、2種類のダウンロードサービスを提供していることからも立証できる。被告Hotfile.comは、無料のユーザには盗んだ映画を非常に低速でダウンロードさせ、有料のプレミアムユーザにはその10倍の速度でダウンロードさせている。」

また、デジタル・ミレニアム著作権法のセーフハーバー条項については、Lemuriaが著作権侵害に対応するDMCAエージェントを置いている一方で、Hotfileには置かれていない。よって、「著作権侵害の申し立てに関して、セーフハーバー条項の保護条件を満たしていない」と、Libertyは主張する。

LibertyはHotfileが大規模な著作権侵害者であり、同社とアフィリエイト双方の利益のためにウェブサイトにさらなる訪問者を惹きつけるため、著作物をアップロードするようアフィリエイトたちに奨励したという。Liberty Mediaは陪審裁判を求め、Hotfileが誘因、寄与侵害、代理侵害において有罪であると主張し、侵害された作品1つにつき150,000ドルの法定損害賠償を求めている。

さらにLibertyは、この件が解決するまでHotfileのドメイン名を差し押さえるよう要求してもいる。

この訴訟は、先日HotfileがMPAAに提訴される以前に起こされている。

この数年で世界的に問題視されるようになったサイバーロッカー/ワンクリック・ホスティング・サイト、今後どうなっていくのだろうね。

フランスレーベル、Vuze、LimeWire、SourceForgeを著作権侵害幇助で訴える

以下の文章は、TorrentFreakの「Record Labels to Sue Vuze, Limewire and SourceForge」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Record Labels to Sue Vuze, Limewire and SourceForge
著者:Ernesto
日付:November 14, 2008
ライセンス:CC by-sa

フランスのレコードレーベルは、BitTorrentクライアントVuze、LimeWire、MorpheusなどP2Pアプリケ―ションを開発する4つの米国企業を訴えるゴーサインを与えられた。また、訴えられたアプリケーションの1つにShareazaがあり、それゆえにレーベルはオープンソースデベロップメントプラットフォームSourceForgeを訴えようとしている。

フランス複数レーベルのアンブレラグループであるSociété civile des Producteurs de Phonogrammes en France (SPPF)は、4つのファイル共有アプリケーションが大規模な著作権侵害を容易にしていると主張している。これらの企業(とアプリケーション)自体は著作権侵害に関与しているわけではないが、SPFFは非常に強い関連があるとしている。

レーベルは、Vuzeおよびその他のアプリケーションが、著作物への無許可のアクセスを可能にする目的で、故意にソフトウェアを配布されているとしている。基本的に、彼らはすべてのもの(またはユーザにファイル共有を許すすべてのアプリケーション)は実質的には違法な目的で用いられているという。対照的に米国では、ユーザに対しアプリケーションを用い著作権侵害を行わないよう促す企業は、違法扱いされていない。

昨年、SPPFは既に複数の企業、組織を訴えてきた。しかし、これまでのところ、米国ベースのアプリケ―ション開発企業が、フランスの法律にておいて告訴可能であるかどうかは不明であった。現在、フランス法廷は、これが実際に可能であると判断した。つまり、彼らが法廷に訴え出ることが可能であるということである。

レーベルにP2P企業を追跡するよう促した最近のフランスの法律では、すべてのP2Pアプリケーションは、無許諾の著作物の転送を防ぐための機能がなければならないことが示唆されている。SPFFに訴えられたクライアントにはそうした機能は搭載されていない。実際、そうしたフィルタを開発することが可能であるかどうかは疑わしい。それでも、SPPFはそれを要求し、損害に対して数百万ドルの損害賠償を請求している。

Vuze CEO Gilles BianRosaはTorrentFreakにこのように述べている。「我々は、新たなフランスの法律の意図するところは評価していますが、SPFFのクレームは見当違いなものでしょう。Vuzeは新たなテクノロジーを用いて合法的なコンテンツを配布することを主な目的としています。そうした意味では、我々の利益は、海賊行為に対抗するという点で、SPFFメンバーを含むすべてのコンテンツオーナーの利益と一致するものと思われます。」

「我々のビジネスが合法的なコンテンツの配信を主な目的としている、という点で、SPPFがこうしたアプローチをとったことに失望せざるを得ません。」とBianRosaは付け加えた。「Vuzeに対するSPPFのクレームは、単純に誤りです。Vuzeのビジネスは、フランス法にも米国法にも、いずれにも完全に準拠しています。最近のフランス法廷の判決は、管轄の問題に関することであり、問題そのものの理非を判断したものではありません。そうだと思われるのであれば、誤りであると思われます。」

興味深いことに、SPPFは、P2PアプリケーションShareazaをホストしているという理由で、オープンソースデベロップメントWebサイトSouceForgeも追求しようとしている。ユーザ活動に対するアプリケーションデベロッパーの責任議論は別としても、潜在的に著作権侵害に利用しうるアプリケーションをホストしていたためにSourceForgeが追求するという判断は、確実性を際限なく広げることにもなる。

一方、Vuzeはこの判決を上訴した。それとは別に、同社はSPPFがVuzeに関する複数の虚偽または有害な声明を行なったとして、名誉毀損で訴えている。最近、(訳注:上記の判決を下したのとは)別のフランス法廷は、そうした主張を却下しようとするSPPFの試みを否定し、名誉毀損訴訟を続行させている。

もし、SPPFがこれら4つのP2Pアプリケーションを運営する組織に対する訴訟の勝利すれば、次はFTPソフトウェア、インターネットブラウザがターゲットとされるかもしれない。もちろん、それどころかUbuntuやその他のOSを先に訴えるかもしれないが。おそらく、完全にインターネットを閉鎖してしまう方が望ましいとでも思っているのだろう。

ハリウッド、P2PオンラインストレージのWualaに削除要請

以下の文章は、P2P Blogの「Hollywood targets Wua.la, closes down largest user group」という記事を翻訳したものである。

原典:P2P Blog
原題:Hollywood targets Wua.la, closes down largest user group
著者:Janko Roettgers
日付:October 07, 2008
ライセンス:CC by-nc-sa

+ Read More

無料雑誌共有サイトMygazinesが出版社と和解、著作権侵害コンテンツの監視、削除を受け入れる

以下の文章は、paidContent「Magazine Publishers Settle With Napster-For-Magazines Mygazines」という記事を翻訳したものである。

原典:paidContent
原題:Magazine Publishers Settle With Napster-For-Magazines Mygazines
著者:Joseph Weisenthal
日付:October, 2008
ライセンス:CC by-nc-sa

+ Read More

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
ネットと訴訟 対ファイル共有企業の記事
→次
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。