スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国政府:複数ビデオサイトを停止…するもeDonkeyサイトは生き残る

以下の文章は、TorrentFreakの「Chinese State Bans Video Sites, Huge eDonkey Site Survives」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Chinese State Bans Video Sites, Huge eDonkey Site Survives
著者:enigmax
日付:October 31, 2008
ライセンス:CC by-sa

中国政府の介入により、10のビデオサイトが停止させられ、17のサイトが警告を受けた。これらのサイトは、『規則違反(regulations violations)』であるとされ、認可無くサービスが運営されているというものや、暴力的またはホラーコンテンツを提示しているとされた。そうしたサイトの内の1つが中国最大のeDonkeyインデックスサイトではあったが、これは海賊行為と関連するものではないようだ。

西側諸国は、中国にインターネットパイラシーを取り締まって欲しいと心底願っている。そのため、中国政府が最近、10のビデオサイトを停止し、他の17のサイトに警告を発した際、これがアンチパイラシーのためになされたようにも思えるかもしれない。しかし、実際にはそうではなかった。

Xinhuanetの報道によれば、中国国家ラジオ映画テレビ総局(State Administration of Radio Film and Television)は、17のサイトに対し規則違反の警告を発したという。これらのサイトは、ホラー、暴力、ポルノコンテンツを含むものやきちんと認可を得ていないものであった。いずれにしても、海賊行為問題で警告、または停止させられたサイトはなかった。

警告を受けたサイトの1つ、VeryCDは中国最大規模のeDonkeyインデックスサイトである。同サイトは5年にわたって運営が続けられており、30TB以上のデータとリンクしているとアピールしている。またVeryCDはMP3!と呼ばれるサービスも運営している。これは、世界最大のMP3ファイルインデックスを目指すものであり、明らかに著作権アクションを引きつけるものであろう。

しかし、VeryCDを訪問してみると、ほとんど無傷であるように見える。最新の映画、音楽、ゲーム、ソフトウェアへのリンクであふれている。従って、同サイトは停止の措置を受けたのではなく、警告がなされたのだと推測される。詳細は明らかにはなっていないが、同サイトが著作権侵害と関連がないのであれば、何に関して警告を受けたのだろうか?

もちろん、可能性の1つとしては、eDonkeyで利用可能なポルノコンテンツ。もう1つの可能性は、複数サイトに対する警告リストから見えてくるのだが、そこには「国家規則に違反するビデオプログラムの頒布」と記述されている。実際、VeryCDは独自バージョンのeMuleを作成しており、3,000万回以上ダウンロードされている。これが警告の原因なのだろうか?

問題がどうであれ、ファイル共有サイトには珍しく、海賊行為とは関連していなかった。

Via SHD

スポンサーサイト

eMule、Sourceforge Community Choice Awardにて「最もユーザが訴えられそうで賞」を受賞

以下の文章は、P2P Blogの「P2P plays big role at Sourceforge Community Choice Awards」という記事を翻訳したものである。

原典:P2P Blog
原題:P2P plays big role at Sourceforge Community Choice Awards
著者:Janko Roettgers
日付:July 07, 2008

+ Read More

eDonkey:サーバー運営者は違法コンテンツ1曲につき330万円の損害賠償を支払え

ちょっと前から、ed2kサーバに接続できないという自体が続いていたらしい。まぁ、現時点での主流P2PプロトコルといえばBitTorrentに移ってしまっているのだけれども、それでもed2kサーバを有するドイツでは依然として高い人気を誇っていた。その突然の停止に、多くのユーザ達は戸惑っていたのだけれども、実はその原因はドイツにおいてed2kサーバの管理者に対して起こされていた訴訟によるものだったようだよ、というお話。これまでP2Pハブは著作権侵害に対して責任を有するかどうかの点で議論されてきたけれども、今回の件は、P2Pハブは著作権侵害を助長した場合に責任を持つ、ということになったということになる。そして、音楽に対する著作権侵害を助長した場合、サーバー側は1曲につき、330万円程度の損害に対する責任を負わされるのだという。もちろん、ドイツに限った話になるのだろうけれど、BitTorrentサイトにも派生していくのかしら?

原典:P2P Blog
原題:German music industry shuts down eDonkey Servers
著者:Janko Roettgers
日付:September 19, 2007
URL:http://www.p2p-blog.com/item-372.html

+ Read More

ドイツ:eDonkeyインデックスサイトに一時差し止め命令下る

eDonkeyドイツでは、BitTorrentに並んでeDonkeyが盛んなのだけれども、そのインデックスサイトに対して、違法な音楽ダウンロードに関わる限りにおいて、サーバーを停止するよう裁判所から命令されたよ、というお話。ドイツIFPIはこれを大勝利だとしているものの、実際にはある1バンドの特定の1アルバムが配布されていることに関するものであり、音楽ファイル全体に関連した命令ではない模様。ということは、このファイルを削除すれば、またインデックスサイトを復活させてもいいってことなのかな?

原典:TorrentFreak
原題:Music Industry Gains Hollow Victory Over eDonkey Site
著者:enigmaz
日付:July 16, 2007
URL:http://torrentfreak.com/music-industry-gains-hollow-victory-over-edonkey-site/

+ Read More

eMule 0.48a、公式リリース:Vista正式対応、SPAMフィルタ導入 、UPnPのサポート、それとスマイルマーク

eMuleが最新バージョン0.48aをリリースしたよというお話。その第一の目的としては、Vistaへの正式対応があり、その点については他P2Pファイル共有アプリケーションと何ら変わるとことはないのだけれども、それの以外の変更点として、検索結果に対するSPAMフィルタの実装があり、検索可能なP2Pファイル共有ネットワークがいかにSPAMに汚染されているか、ということを示すものかもしれない。

原典:eMule
原題:eMule 0.48a released
著者:eMule-Team
日付:May 13, 2007
URL:http://www.emule-project.net/home/perl/news.cgi?l=1&cat_id=22

+ Read More

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
ファイル共有 eMuleの記事
→次
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。