スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U2、リーク対策もむなしく最新アルバムをリークされる

以下の文章は、TorrentFreakの「U2’s New Album Leaks Early Despite ‘Private Hearings’」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:U2’s New Album Leaks Early Despite ‘Private Hearings’
著者:Ernesto
日付:Febrary 18, 2009
ライセンス:CC by-sa

数ヶ月前、リリースが予定されているU2のアルバム『No Line on the Horizon』から4曲がインターネット上にリークされた。公式リリース前にアルバム全体がリークされるのを防ぐため、U2はプレス向けに「プライベート・ヒアリング」を行ったものの、それも失敗に終わった。本日、アルバムがリークされて10時間が経ち、BitTorrentでのダウンロード数は10万回を数え、その数は増大を続けている。

No Line on the HorizonU2の12thスタジオアルバムの公式リリース日はアイルランドでは2月27日、その他の地域では3月初旬が予定されていた。

もはや驚くことでもないが、アルバムはほんの数時間前に、公式リリースより1週間早くBitTorrentサイトに姿を現した。

アルバムが登場してから10時間が経ち、既にダウンロード数は100,000回を数えた。これは音楽アルバムとしては非常に顕著な数字である。数ヶ月前、一部のファンは既に4曲のプレビューを手にしているが、これらは南フランスのBonoの別荘の外でファンが録音したものであった

こうした初期のリークとは異なり、本日リークされたものは高品質のフルアルバムであり、伝えられているところによれば、十分に聞ける品質であるという。どこからリークされたのかは明らかとはなっていないが、プレス向けのプレビューコピーが存在しないことを考えると、バンド関係者からのリークではないかと思われる。

U2は以前からアンチパイラシースタンスをとり続けており、このアルバムがスケジュール以前に登場してしまったことを面白く思わないだろう。U2のマネージャーPaul McGuinessのファイル共有ユーザに対するスタンスは、とりわけ攻撃的であり、著作物を共有するような輩は、インターネットから遮断されるべきだと提案してきた。そして、2009年現在、RIAAやIFPIは実際にそうした立法を後押ししている。

こうなってはもはや止められるものではないだろう。最新アルバムをパイレートされるのを避けるために、彼らはプレスにレビュー用コピーを送付することを拒否した。その代わり、彼らはジャーナリストが先行してアルバムを試聴するためのリスニング・パーティを行った。

もちろん、これらのパーティでは、ありとあらゆる保安対策がなされており、試聴にあたっては録音機器や携帯電話さえも携帯することを許可されなかった。全く、ご苦労なことで。

そうしたたゆまぬ努力にもかかわらず、アルバムは早々にリークされることとなり、現在、多くのU2ファンはそれぞれのパーティを開いている。その数は100,000回を超え、現在も増え続けている。

色々手を尽くしてみたけれど、それでもやっぱりダメだった、ということか。個人的には、こうしたビッグアーティストが視聴を制限するというのは、メリットに比べればデメリットは大きくはないのかなとは思うけれど、これからのアーティストにとってはデメリットの方が大きいのだろうなと思える。露出を制限することが、潜在的なファンにとってどのように働くか、を考えるべきなんだろう。

これまでのU2(とマネージャー)のスタンスについては以下の記事を参照のこと。

スポンサーサイト

2009年もほとんどのオスカー候補作品が内部リークされる

以下の文章は、TorrentFreakの「Online Pirates vs MPAA - The 2009 Oscars」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Online Pirates vs MPAA - The 2009 Oscars
著者:Ernesto
日付:January , 2009
ライセンス:CC by-sa

昨日、2009年のオスカー候補作品が発表された。今年は26本の映画が推薦されたが、このノミネートの日までに、26本のうち23本がDVDクオリティで既にオンラインにて共有されている。それらの大半は、投票者のDVDスクリーナーからリークされたコピーであると見られている。

昨年、我々はWaxyのAndy Baioが行った秀逸な調査に注目した。彼は、2003年以降の、全てのオスカー候補映画に関する詳細なパイラシー統計を提供した。先日、Andyから我 々に連絡があり、彼は2009年もこれに懸命に取り組んでいるという。彼の発見に注目してみることにしよう。

2009年のオスカーは26本の映画がノミネートされた。ノミネート作品はアルファベット順に、Bruges、Hellboy II、Iron Man、Kung Fu Panda、Milk、Rachel Getting Married、Revolutionary Road、Slumdog Millionaire、The Curious Case of Benjamin Button、The Dark Knight、The Duchess、The Reader、The Visitor、The Wrestler、Tropic Thunder、Vicky Cristina Barcelona、Wall-E、Wanted。

これら26本のうち25本が、既に昨日のノミネーションデーまでにオンラインにアップされており、Rachel Getting Marriedだけが唯一海賊行為の被害から逃れている。さらにそのうち23本は、MPAAにとって悩ましいことに、DVDスクリーナーまたは市販DVDフォーマット(Region 5を含む)でダウンロード可能となっている。ここ数ヶ月間、これらノミネート作品の多くが我々のウィークリーダウンロードチャートに登場しており、The Dark Nightなどは2008年内に700万回以上ダウンロードされ、年間ダウンロードチャートの完全なる勝者となっている。

もちろん、MPAAは常に映画盗撮海賊たちの『邪悪さ』を熱心に批判してきたし、ここ数年はその厳格な摘発に乗り出している。しかし、それによって、映画産業内部の問題に効果的に対処することはできやしないだろう。これら26のノミネート作品のうち20本がオスカー投票者に配布されたDVDスクリーナーフォーマットにて流通している。ごく一部の例外を除いて、それらの大半はウェブ上にリークされたものであった。

2003年、MPAAはオスカー候補作品のリークを回避するために、オスカー用スクリーナーの配布を一時的に停止していた、しかし、この決断は最 終的に取消されることとなった。それ以降、映画産業は自らのコンテンツを保護するためのCineaといった技術的ソリューションを模索してきた。とはいえ、種々の理由からリークを撲滅するというところにまでは至ってはいない。DVDスクリーナーがオスカー投票者に配達され、その後ウェブにリークされるまでの今年の平均時間は、ほんの6日であった。

『24』 シーズン7、放送直前にBitTorrentにリークされる

以下の文章は、TorrentFreakの「24 Season 7 Leaks Early to BitTorrent」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:24 Season 7 Leaks Early to BitTorrent
著者:Ernesto
日付:January 11, 2009
ライセンス:CC by-sa

テレビでの放映より数時間を前にして、『24』の新シリーズの最初の4エピソードがBitTorrentに登場した。ジャック・バウワーファンはこれまでずいぶんと待たされてきた。今回のシーズン7は、当初2008年前半に放映される予定であったが、ライターのストライキにより1年間延期されていた。そして晴れてご対面、というわけだ。

予定より遅れること1年、Foxの『24』新シーズンが今夜、米国のテレビに初登場する。前回のシリーズから3年後、そして24: Redemptionから2ヶ月後の設定で、初の女性大統領が登場する。今回は、キーファー・サザーランド扮する対テロリストエージェント ジャック・バウワーが政府コンピューターシステムのファイアウォールの突破から米国を守るという話になる。

『24』は長きに渡ってBitTorrentにおけるヒット番組であった。Heroes、Lost、Prison Breakに並び、全てのエピソードが100万回以上ダウンロードされてきた。さらに『24』はその新シーズン開始直前にリークされることでも評判になっている。

シーズン6のときにもリークされたが、このシーズン7でも最初の4エピソードが本日未明、複数のBitTorrentサイトにアップロードされた。ソースはスタジオからメディア関係者、テレビエディター、評論家に配られたプロモーション用DVDと見られている。初期のレポートによれば、このリップのクオリティは、良くも悪くもないというものであり、通常、BitTorrent上で流通している高品質のものとは異なるようだ。実際、このリークはThe Scene(訳注:Warezコミュニティ)を介してはいないようで、直接P2Pネットワークに流出したものと思われる。

ただ、こうしたリークが意図的なものであるという可能性もしばしば指摘されている。たとえば、放送局が新シリーズ開始直前に願文を売り込むために、こうしたリークを行うこともありうる。これが事実であるかを確認することは非常に困難ではあるが、全く事実無根であるというわけでもない。

2007年、Warner Brosの役員は、彼が『Pushing Daisies』のパイロット版のリークに関与したことを認めている。この役員は、番組が「そこにリークされること」を望み、それが「番組を助けることになる」と言う。ただ、これは彼自身によってアップロードされたものではなく、代わりにそれは隣人の子供が行った。

これら『24』のエピソードのリークが、意図的なものであろうとなかろうと、膨大な口コミプロモーションと、ブロゴスフィアを通じた無料のプロモーションになることは間違いないだろう。この番組を助けることになりはしても、害することはないだろう。

ハリーポッター最終作のフェイクtorrentファイルが二次創作者を困らせる

Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(US) 現在、Harry Potter and Deathly Hollows(ハリーポッターと死の聖人)というハリーポッターシリーズ最終作の名がつけられたフェイクファイルがBitTorrent上に流れているらしい。しかし、そのファイル自体は、けっしてリークされたものでもなく、単なるハリーポッターファンの二次創作物であった。しかし、そのことがこの二次創作者を困惑させ、心配させてもいるよ、というお話。かなりの数がダウンロードされているらしく、創作者は、ハリーポッターの二次創作者コミュニティに迷惑をかけたとか、このことによってハリーポッターの作者の弁護士から眼を着けられるのではないかと心配している。ただ、作者自体は二次創作に対しては、非常に寛容な人らしく、後者については安心してもいいのかもしれない。

原典:TorrentFreak
原題:Harry Potter BitTorrent Fake Upsets J.K. Rowling Fan
著者:enigmax
日付:April 21, 2007
URL:http://torrentfreak.com/harry-potter-bittorrent-fake-upsets-jk
-rowling-fan/

+ Read More

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
ネットと著作権 リークの記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。