スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルギーISP二社、パイレート・ベイのDNSブロッキングを命じられる

以下の文章は、TorrentFreakの「Belgian ISPs Ordered To Block The Pirate Bay」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Belgian ISPs Ordered To Block The Pirate Bay
著者:enigmax
日付:October 04, 2011
ライセンス:CC BY

ベルギー法廷は、The Pirate BayへのISPレベルでのブロッキングが『不当(不釣合い:disproportionate)』であるとした2010年の判決を覆した。アントワープ控訴裁判所は、Belgian Anti-Piracy Federationの訴えを認め、2つのISPに、世界で最も有名なトレントサイトへのアクセスをブロックするよう命じた。BelgacomおよびTelenetは、今から14日以内にDNSブロッキングを実施せねばならず、そうしなかった場合には罰金が科せられる。

2009年、The Pirate Bay(TPB)設立者たちに下された有罪判決を受けて、ベルギーのアンチパイラシー団体Anti-Piracy Foundation (BAF)は、同国の2つのISP BelgacomとTelenetに対し、この著名なトレントサイトへのアクセスをブロックするよう要請した。

三者による交渉は1年間続けられたが、合意を得ることはできず、法的措置は不可避となった。そして2010年7月、彼らの戦いが始まった。

アントワープ商事裁判所は、いずれのISPもTPBをブロックする必要はないとする判決を下し、大規模なサイト・ブロッキングの考えを「不当である」とした。

ISP側は、ユーザがどのサイトにアクセスできて、どのサイトにアクセス出来ないかをISPが決める立場にはない、と主張した。一方、BAFはISPがThe Pirate Bayに避難場所を提供したと主張し、控訴した。その控訴審の判決が下された。

アントワープ控訴裁判所は、商事裁判所の判決を覆し、BelgacomとTelenetに対し、14日以内にThe Pirate Bayに関連する11のドメインをDNSブロッキングするか、さもなくば罰金を支払うよう命じた。

この判決について、The Pirate Bayのスポークスマンは、ブロッキングを回避する手段は多数あり、こうした措置は逆効果にしかならない、とTorretFreakに語った。「いつものように、我々のサイトへのアクセスが増えるだけ。タダで宣伝してくれてありがたいよ。」

デジタル権、表現の自由、プライバシー、市民的自由の促進・保護を訴えるベルギーの非営利活動団体NURPAは、この判決に失望したという。

NURPAスポークスマンのアンドレ・ロコンテは、この判決が人権法に矛盾する可能性があると指摘する。

「今回のアントワープ控訴裁判所の判決は、ベルギーのインターネット・サービス・プロバイダによるコンテンツ・ブロッキングという危険な前例を作ってしまいました。これは、ヨーロッパ人権裁判所が主張する比例原則と相容れないものです。」とロコンテは話す。

ロコンテは、控訴裁判所がサイト規模での ブロッキングを命じたことで、TPBによってインデックスされている合法なものを含む全てのコンテンツが不当に検閲されたと主張する。

今のところ、TelenetとBelgacomは、今回の判決についてのコメントを公表してはいない。

スポンサーサイト

フィンランド音楽産業、ファイル共有サイトのブロッキングを求めISPを提訴

以下の文章は、TorrentFreakの「Music Industry Sues ISP to Censor The Pirate Bay」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Music Industry Sues ISP to Censor The Pirate Bay
著者:Ernesto
日付:May 27, 2011
ライセンス:CC BY

フィンランド ヘルシンキ地方裁判所にて、The Pirate Bayにまつわる新たな訴訟が申し立てられた。音楽産業団体は、国内大手の複数ISPに対し、加入者によるBitTorrentサイトへのアクセスをブロックするよう求めている。現在、The Pirate Bayは、フィンランドで最も訪問されるウェブサイトの1つとなっている。

インターネット検閲への憤りを強く感じているウェブサイトがあるとすれば、The Pirate Bayが含まれるのは間違いない。この人気のBitTorrentサイトは、現在、アイルランド、イタリア、トルコ、デンマークにて検閲されており、昨年は米国政府によりほとんどドメインを奪われた。

フィンランドの音楽産業団体次第ではあるが、フィンランドもその仲間入りを果たすことになるかもしれない。昨日、Copyright Information and Anti-Piracy Centre (CIAPC)と同国IFPI支部は、ヘルシンキ地方裁判所に訴訟を起こしたことを明らかにした。

この申し立ては同国最大手のISP Elisaに対するもので、加入者のThe Pirate Bayへのアクセスを停止するよう求められている。フィンランドではThe Pirate Bayの人気が非常に高く、トラフィックレポートによると、国内では31番目に訪問されているウェブサイトであるという。

音楽産業によれば、The Pirate Bayを検閲する以外に、この大規模な著作権侵害を止める術はないのだという。

「スウェーデン控訴審での有罪判決があった2010年11月、私たちはThe Pirate Bayの管理人が同サービスを停止することを待ち望んでいました。しかしそうはならず、それどころか、フィンランド国内の同サイト利用者が増える結果となってしまいました」と音楽産業団体のラウリ・ライヒャルトはコメントした

さらにライヒャルトは、「The Pirate Bayのような違法なサービスが運営を続ける限り、フィンランドの合法オンライン・マーケットが成熟することはないでしょう。」と付け加えた。

Finnish Musicians' Unionの代表アハティ・バンティネンは、『ならず者』ウェブサイトを効果的に取り締まるための法改正が必要だと強調する。

「なんとも非喜劇的ではありますが、The Pirate Bayの設立者たちの違法な活動に対し、(訳註:スウェーデンでは)懲役刑が下されたにもかかわらず、サイトは未だフィンランドからアクセスできてしまいます。フィンランドの法律で対処できないのであれば、信頼は揺らぎかねません。それとも、インターネットは無法地帯だというのでしょうか?」とバンティネンは言う。

これまでのところ、欧州各地で、The Pirate Bayへのブロッキングを求めた訴訟が起こされ、実際にブロッキング命令が下されてもいる。しかし、すべてがそうなったというわけではない。昨年、オランダ法廷は、同国最大手のISP2社に対するTPBブロッキング訴訟において、 加入者のThe Pirate Bayへのアクセスをブロックを認めない判決を下した。、法廷はその際、同ISPユーザの大部分がThe Pirate Bayを介して著作権侵害を行っているという明確な証拠はなく、したがってブロッキングは正当化しえないとした。

しかし、流れはエンターテイメント産業寄りに向かいつつある。そして、議会議員たちはより幅広い検閲ツールを導入に向けてウォーミングアップしている。欧州では、ウェブサイト・ブロッキングのために中国式のファイアウォールの導入が話題に上がっていたり、米国では、PROTECT IP法案が成立することにでもなれば、『違法な』ウェブサイトへのブロッキングはますます簡単になる。

これまでThe Pirate Bayチームは嵐の中をくぐり抜けてきたが、今月初め、彼らはこうした提案への懸念を示し、「インターネットの戦いは始まったばかりだ」とユーザに語りかけている。

「俺達の戦いは始まったばかり(これから)だ!」は死亡フラグのような。

エリック・シュミット、英米ウェブ・ブロッキング・スキームへの反対を表明

以下の文章は、TorrentFreakの「Google Boss: We'll Fight Anti-Piracy Blocking Laws」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Google Boss: We'll Fight Anti-Piracy Blocking Laws
著者:enigmax
日付:May 19, 2011
ライセンス:CC BY

水曜、Googleの会長エリック・シュミットは、ファイル共有サイトへのアクセスをブロッキングするという米国・英国政府の提案が、言論を自由を脅かすと語った。Googleはそのような措置には反対し、必要があれば、裁判を含めて戦っていくと話した。

音楽・映画著作権侵害が疑われるサイトに対処するための、今年、最もホットなツールといえば、サイト・ブロッキングとウェブ・フィルタリングであることは間違いない。

米国はPROTECT IP法案を、英国はデジタル・エコノミー法を携え、パイラシーに対する決定的(だと彼らが信じる)アプローチ―『著作権侵害』ドメインの完全なるブロッキング―の準備を進めている。

しかし昨日、彼らは立法上の障害とは別のところから横槍を入れられることとなった。インターネットの巨人が、その進展を遅らせる意向を明らかにしたのだ。

Googleは、この厄介なDNSスタイルのブロッキングに反対する用意を整えている。これはおそらく、戦いの最中にあるThe Pirate BayやNewzbin2のようなサイトを後押しするものとなるだろう。これらのサイトはいずれも、米英両国でドメイン・ブロッキング・ウィッシュリストの上位に挙げられており、彼ら自身が法的なチャレンジをするには十分な立場とは言いがたい。

Google会長エリック・シュミットは、Google Big Tentカンファレンスの基調講演で、ウェブ検閲への明確な反対の姿勢を明らかにしたとガーディアンが報じている

「DNS(ドメイン・ネーム・システム:ウェブサイトへの接続を可能にするプロトコル)にXを義務付ける法律があったとしよう。米国両院を通過して、米国大統領がそれに署名したとする。それでも、私たちはそれに賛成しないし、戦うだろう。」とシュミットは言う。

「それが要請であったとしても、我々は応じない。それが議論であったとしても、我々は賛成しない」と彼は付け加えた。

シュミットは、ウェブサイト・ブロッキングの概念を、中国のインターネット検閲で用いられる手段と比較し続けた。はるか東側の人々から見て、西側ですら特定の目的を達成するためであれば検閲を認めるのであれば、さらなる弾圧を促すだけだろう、と警告する。

「私が政府であれば、複雑な問題への恣意的(に実施可能な)単純なソリューションには、極めて慎重になるだろう。」とシュミットはいう。

「『DNSから切り離そう』というアイディアがある。実に魅力的なソリューションに思えるかもしれない。しかし、それは悪しき前例を生み出す。かの国はこう言い出すかもしれない。『言論の自由など好かぬ、ならばDNSから切り離してしまえ』と。おそらく、それは中国だろう。」

Googleは、著作権侵害とそれを抑止する手段に関して、コンテンツ産業との駆け引きが続いている。

一方では、GoogleはAdsenseプラットフォームから『海賊』サイトを排除し、検索エンジンのサジェスト機能から『侵害的』フレーズをフィルタリングしている。他方では、BitTorrentインデックスサイトisoHuntの進行中の係争に関与し、ハリウッドの助けともなり、妨げともなっている。

また、Googleは同社の音楽ロッカーサービスの開始に際して、音楽レーベルとのライセンス契約を交わそうとしてきたが、最終的にはライセンスを結ぶことなく「Music Beta by Goolge」をローンチした。

ここから分かることは、Googleはエンターテイメント産業に味方しているわけでも、海賊を擁護しているわけでもない、ということだ。どこの企業でもそうであるが、自らの最大利益に適うならば何でもする、ということなのだろう。彼らがいったい何者であるかは、歴史だけが答えを知るのだろう。

シュミットは、デジタル・エコノミー法についても触れており、「もし(英国政府が)間違ったやり方を実行すれば、他の領域においても破壊的前例として置かれることになるだろう。」と述べている。同カンファレンスには、ジェレミー・ハント英文化相も参加しており、違法ファイル共有サイトへのブロッキングプランは予定通り進められると話している。

ノルウェー文化省、著作権法改正を提案:ウェブサイトのブロッキング、ユーザ特定手続きの簡素化など

以下の文章は、TorrentFreakの「Pirate Bay Heads Norwegian Domain Blocking List」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Pirate Bay Heads Norwegian Domain Blocking List
著者:enimax
日付:May 20, 2011
ライセンス:CC BY

ノルウェー文科省は、違法ファイル共有の取り締まりを強化すべく、著作権法の改正を提案している。権利者がより簡単にインターネットユーザを監視するための道ならし、ファイル共有サイトのISPレベルでのブロッキングなどが提案されている。もちろん、ブロッキング候補の筆頭はThe Pirate Bayだ。

米国や欧州では、めまぐるしい勢いでファイル共有対策が広がりをみせている。この数ヶ月、ほとんど毎日のようにオンライン著作権侵害問題、それに対する厳しい対策などの話題がヘッドラインを飾っている。

あなたが映画産業や音楽産業に不満をいだいていようとも、彼らはロビイ活動を成功させるためのノウハウを身につけている。世界の主要マーケットにおいて同時多発的に法改正が進んでいるという状況は、強いメッセージとなる。

現在、ノルウェーにおいても、権利者寄りの法改正が進められようとしている。

「本日、文化省は著作権法改正に関する提案を発表しました。提案は、(インターネットユーザの)プライバシーを保護しつつ、ライセンシーにインターネット上の著作権侵害の追跡に必要なツールを与えるものとなります。」と文化大臣アンニケン・ヴィットフェルトは語った。

主要な提案は2つ―1つは著作権者がIPアドレスから侵害者の個人情報を容易に特定できるようにすること、もう1つは、例によって、大規模著作権侵害を行っているとみなされたウェブサイトをホールセールISPレベルでブロッキングすることである。

現在ノルウェーでは、違法ファイル共有に関わったIPアドレスの監視および証拠収集は、同国データ保護機関Datatilsynetから免許を交付された企業のみ許されている。文化省は、新たな法改正によって、このセーフガードを緩和するよう提案している。提案では、監視企業の登録は必要とされているものの、免許は必要としないとされている。

また、収集したIPアドレスについて、権利者がISPに個人情報を照会するプロセスも簡素化されている。

「ライセンシーが違法ファイル共有に用いられたIPアドレスに関わる人物の情報を取得するためのルールを、分かりやすく、明確にするよう提案されました」とヴィットフェルト文化大臣はいう。

「裁判所が身元確認について判断する前に、郵便・電気通信局が、ISPの守秘義務を免除すべきか否かについて声明を公表するかもしれません。」

さて、2つ目の提案についてだが、こちらはファイル共有サイトのドメインをブロッキングするというものだ。ブロッキングについては、既に米国ではPROTECT IP法案(参考記事)として、英国ではデジタル・エコノミー法(参考記事)として現れている。

ヴィットフェルト文化大臣は、「今日の言論の自由を維持しつつ、著作権を侵害するコンテンツを明確に、大規模に提供するサイトのブロッキングを可能にするでしょう。」と言う。また、大臣は後に行われた記者会見で、The Pirate Bayが含まれることを認めている。

大臣は、諮問書(協議資料:consultation paper)で提案されている2つのモデルのいずれかが通過した時点で、インターネット・サービス・プロバイダにブロッキング命令が課されることになると話す。

1つ目のモデルは、同国メディア局にブロッキング権限を委ねるというもの。これは、(著作権者からの)申し立てを受け付ける機関によってバックアップされる。2つ目のモデルでは、改正著作権法の下、裁判所がブロッキングを命じる権限を与えられる。

ところで、こうした著作権法改正議論と並行して、IFPIと音楽著作権団体TONOは、この1年、同国ISP TelenorにThe Pirate Bayをブロッキングさせるよう裁判で争ってきた。最終的に、両団体は「ノルウェーの法律では、そうしたブロッキングを義務付けられてはいない」と認めた

彼ら文化省の提案について、「望ましいスタート」だと歓迎した。

この提案は9月30日を最終期限として承認され、2012年には成立する可能性がある。

イタリア:大手トレントサイトBTjunkie、全ISPからブロッキングされることに

以下の文章は、TorrentFreakの「Italian Court Orders All ISPs to Block BTjunkie」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Italian Court Orders All ISPs to Block BTjunkie
著者:Ernesto
日付:April 21, 2011
ライセンス:CC BY

本日、イタリア法定はすべてのISPに対し大手BitTorrentサイトBTjunkieへのアクセスをブロックするよう命じた。以前にも、The Pirate Bayに対し、同様の措置がとられている。検察官は、BTjunkieを最大規模のパイレート・ヘイブンの1つだとして、同サイトがイタリアのペイパービュー型テレビ局Dahlia TVの終了の一因となったと非難した。Dahlia TVは先月、経営破綻している。

BTjunkieはサルディニア島カリアリの検察官(public prosecutor)の命令により、イタリアで「検閲」されることになった。もうじき、イタリアのISPから同サイトのIPアドレスおよびドメインへのアクセスはできなくなり、ユーザのアクセスはブロッキングされる。

地元当局は、BTjunkieが同国で最も訪問されているBitTorrentサイトの1つで、イタリアから1日に50万のユーザがアクセスしているという。当局によると、同サイトは音楽や映画(のトレント)のダウンロードに加え、イタリアのトップサッカーリーグ-セリエA-の試合をストリーミングしていたという。

この裁判所命令は、Guardia di Finanza (GdF:財務警察)の調査に続いて決定され、オペレーション「Poisonous Dahlia(毒ダリア)」の管理下に入った。このオペレーション名は、3月の財政破綻により閉鎖したペイパービュー型テレビネットワークDahlia TVに由来する。とりわけ、Dahlia TVは、セリエAの試合を生中継していた。

検察官は、BTjunkieがDahlia TVの中継をライブストリーミングで提供しており、それが破綻の一因となったという。しかし、これは誤解のようである。BTjunkieは通常のトレントインデックスサイトで、ストリーミング配信などは行っていない。

TorrentFreakは、BTjunkieオーナーにコンタクトをとり、話を伺った。彼はどのように反応すべきか、ブロッキングを回避する方法はあるのかについて考えているという。しかし、今回の命令について上訴するつもりはない、と話す。

「イタリアの司法制度に失望しました。私たちは、イタリア人の通信の権利のためにベストを尽くします。現時点では、他の人気トレントサイトを利用しつつ、イタリアからBTjunkieにアクセスする方法についてTorrentFreakが記事にするのを待ってて欲しい、としか言えませんが。」

イタリアでアクセスが遮断されたのは、BTjunkieが初めてというわけではない。2008年夏、The Pirate Bayに対する同様の裁判所命令により、初の『検閲』が行われ、数百万のイタリア人が世界最大のトレントサイトへのアクセスを遮断された。

その際、The Pirate Bayは、判決を不服として控訴し、控訴審では勝訴した。ベルガモ法廷は、国外のウェブサイトを著作権侵害の疑いにより検閲することはできないと判断し、ブロッキングは解除された。しかし、それもつかの間、当局はさらに控訴。

最高裁はこのケースをレビューし、ISPに、BitTorrentサイトがイタリア国外でホストされ、イタリア人が運営していなかったとしても、当該BitTorrentサイトのブロッキングを強制しうるとの判断を示した。最高裁判決によると、著作物にリンクするトレントファイルを提供するサイトは、犯罪活動に関与しているのだという。

このような前例は、BTjunkieオーナーが検閲と戦うことを選んだとしても、その道のりは、全く望みがないわけではないにしても、極めて困難であることを意味する。The Pirate Bayのブロッキングを受けて、一部の有志がThe Pirate Bayにアクセスできるプロキシサイトを作ったものの、結局、このサイトも当局によりシャットダウンさせられた

「public prosecutor」を「検察官」と訳したのだけれども、別の適切な訳語がありそう。

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
ネットと著作権 ブロッキングの記事
→次
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。