スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大手サイバーロッカーMediaFire、違法ファイルをAmazon購入リンクに差し替え

以下の文章は、TorrentFreakの「Mediafire Swaps “Pirate” Links for “Buy Now” Button」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Mediafire Swaps “Pirate” Links for “Buy Now” Button
著者:Ernesto
日付:February 2, 2013
ライセンス:CC BY

人気のファイルホスティングサービスMediaFireは、ユーザの公開共有ファイルに著作権侵害がないかどうか、先回りしてスキャンしている。同社は公に共有すべきでないリンクを発見すると、そのコンテンツが合法的に購入できるものであれば、そのダウンロードページをAmazonの「buy now」リンクに置き換えている。MediaFireによれば、このポリシーはユーザおよびMediafire自体を守るものであるという。

昨年、Megauploadが閉鎖された時、競合するファイルホスティングサービスの行動に報道関係者や著作権者から熱い視線が注がれた。

ある者は他のサービスもMegauploadの後を追うだろうと結論づけた。またハリウッドは次に閉鎖すべきサイバーロッカーを名指ししてもいる。その中には、MediaFireが含まれていた。

米国に拠点を置くMediaFireはこうしたカテゴライズを残念だとして、自分たちは権利者たちに常に協力してきたと強調した。その上で、同社はユーザがルールに則って楽しむよう複数の施策を講じてきた。

こうしたポリシーの好例としては無許諾共有の率先的なモニタリングである。MediaFireはAudible Magicのデジタル指紋技術を用いてユーザがアップロードした音楽ファイルやビデオファイルと照合することで、ユーザが同サイトの利用規約を順守しているかどうかをチェックしている。

もしMediaFireが公開共有されている著作権侵害ファイルを発見した場合、そのリンクを使用できなくする。

「私たちはユーザ、そしてMediaFireを守るために、著作権で保護されたオーディオおよびビデオの無許諾共有を防ぐAudible Magicを用いています。MediaFireはユーザを保護することを約束します。そしてこのシステムはそれを可能にしているのです」とMediaFireの共同設立者トム・ラングリッジはTorrentFreakに語った。

バックアップや私的利用のために著作物をMediaFireに保存することは認められているため、ファイルそのものにユーザがアクセスすることは可能である。

「ユーザのアカウントからファイルを削除することはしません。しかし、あなただけがファイルにアクセスできるのと、第三者とファイルを共有するのとでは違いますよね。私たちは著作物の共有を禁じています。ユーザがそうしようとすれば、エラーメッセージが表示されます」とラングリッジは言う。

しかし、MediaFireは単純にリンクを削除するだけにとどまらない。同社は一般的な「permission denied」というエラーメッセージがユーザにわかりづらいことに気づき、音楽やビデオファイルを合法的に購入できるストアへの「Buy Now」リンクを加えた。

「そのエラーメッセージは、長らくユーザを混乱させてきたメッセージでした。なので、ユーザが求めるコンテンツに続く経路を提供する明確なメッセージに置き換えました。それはユーザにとって便利なことだと思いますよ」とラングリッジはTorrentFreakに語った。

Buy Now!

このプロセスは透明性が高く、ファイルにフラグを立てられたユーザは、今後どうなるのかについて説明する通知を受け取るのだという。ユーザに対してそれ以上の措置がとられることはなく、MediaFireのアカウントを通じて私的にファイルにアクセスすることは可能である。

MediaFireはさらに、数カ月前に実装したこの機能が影響するのはユーザのごく一部に過ぎないと強調した。他のクラウドバックアップサービス同様、一部のユーザは著作物の共有を行うが、同時に、数百万の人々が合法的な用途で利用している。

「MediaFireは日々、合法的なファイルの保存、アクセス、バックアップ、協同、共有のために数百万人に利用されています。私たちはそうした人たち一人ひとりに、信頼性が高く、利用しやすいオンラインストレージサービスを提供することをお約束いたします」とラングリッジは語った。

なかなか面白い取り組み。いずれ正規購入をしたユーザの数や割合なんかも見てみたいところ。

ただ、MediaFireにアップロードされる違法ファイルの数を考えると、かなりの部分で自動化されていそうなんだけど、誤爆とかは大丈夫なのかしら。削除されるわけではないにしても、その辺はちょっと心配。

スポンサーサイト

MPAA、Megauploadの次のターゲットを名指し

以下の文章は、TorrentFreakの「MPAA Targets Fileserve, MediaFire, Wupload, Putlocker and Depositfiles」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:MPAA Targets Fileserve, MediaFire, Wupload, Putlocker and Depositfiles
著者:Ernesto
日付:March 31, 2012
ライセンス:CC BY

Megauploadの刑事摘発に際して、MPAAが重要な役割を果たしたことはよく知られている。映画スタジオは米国政府による取締りを賞賛しつつも、まだまだ満足してはいない。パラマウント・ピクチャーズの副社長は、世界的なコンテンツ保護のためにも、次に閉鎖すべき主要なターゲットとしてFileserve、MediaFire、Wupload、Putlocker、Depositfilesを名指しした。

今年1月にMegauploadが閉鎖してからというもの、ファイル・ホスティング・サービス界隈は混迷を極めた。多数のサイトがアフィリエイト・プログラムを即座に中止し、一部のサイトでは米国からのアクセスを遮断するまでに至った。

サイトのオーナーたちは明らかに自分のビジネスが次のターゲットにされることを恐れている。もちろん、生殺与奪は大手映画会社次第なのだから、その恐れも当然である。パラマウント・ピクチャーズのアルフレッド・ペリーは昨日、ニューヨークで開かれたOn Copyrightカンファレンスにて「私たちはこうした犯罪への訴追を求めていきます」と語った。

CNETによると、パラマウント・ピクチャーズは5つの「ならず者」ファイルホスティング・サービスのリストをキャッチーかつグラフィカルに紹介した。リストには、Fileserve、MediaFire、Wupload、Putlocker、Depositfilesが主要なターゲットとして挙げられ、そしてMegauploadにはバツ印が付けられていた。

パラマウントは、これら「ならず者」サイバーロッカーは年間410億回も閲覧されており、地球上に生きる全ての人が5回はアクセスした計算になると主張する。

シャットダウンリスト

この数ヶ月、MPAAは折に触れてサイバーロッカーのビジネスモデルを批判してきた。

たとえば昨年11月、「全ては金のため:ならず者サイバーロッカーの『ビジネス』モデル」と題されたMPAAのファクトシートを我々は入手したが、そこには、一部サイバーロッカーが実施していたアフィリエイト・プログラムの概要が記されていた。MPAAによれば、これらのアフィリエイト・プログラムは、ユーザに著作物を共有するインセンティブを与え、海賊行為を促進するのだという。

「ならず者サイバーロッカーは、単に剽窃された映画やテレビ番組を配信するハブとなっているだけではなく、コンテンツをアップロードするユーザと、サイトを運営するオペレーターが著作権侵害から金儲けできるようになっている。インターネット・ビデオ・トラフィックが増大しているように、不正なコンテンツから利益をあげているならず者サイバーロッカーの脅威は急速に高まっている」と同文書の中でMPAAは説明する。

MPAAは、「ならず者」サイバーロッカーについて記されたこのファクトシートを司法省に送りつけるのだろう。

司法省が映画スタジオの新たな要請に応じて、対処するかどうかは不明である。今のところ、彼らはMegauploadで手一杯だろう。一方、被告となったMegauploadのキム・ドットコムは彼の弁護チームと共に、「ナンセンス」な米政府の起訴に対抗するための準備を進めている。

RapidShare、著作権侵害対策として無料ユーザのダウンロード速度を制限

以下の文章は、TorrentFreakの「RapidShare Slows Download Speeds To Drive Away Pirates」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:RapidShare Slows Download Speeds To Drive Away Pirates
著者:enigamx
日付:February 24, 2012
ライセンス:CC BY

先週辺りから、RapidShareの無料ユーザたちが、ダウンロード速度の低下について不満の声を上げている。ユーザ間では、RapidShareがプレミアム・サービスに移行させようとしている、といった噂が広まっている。しかしRapidShareによると、速度低下の理由はシンプルなもので、同サービスから海賊ユーザを締め出すためだという。ただ、無料ユーザであっても高速ダウンロードは可能ではあるが、別のコストを支払う必要がある。

1月のMegaupload摘発後、TorrentFreakではサイバーロッカー界隈の動きに注目してきた。ファイル・ホスティング・サービスは混乱し、残されたユーザたちは別の選択肢を模索している。

この大転換は実に興味深いものであった。一部のサイバーロッカーは最終的に閉鎖に至り、別のサイバーロッカーはポリシーを変更した。まもなく、ユーザが許容可能な程度の機能を持ち合わせたサイバーロッカーがほとんどなくなっていることが明らかになった。

興味深いことに、WAREZブログやリリースサイトが現金報酬プログラムがないはずのRapidShareに目を向けはじめている。サイトユーザは、このスイスのファイルホスティングサービスを何度も何度も利用した。

1週間ほど前から、RapidShareの無料ユーザたちから、ダウンロード速度が30kb/s程度にまで落ち込んでいるとの声が上がりだした。ユーザの間では、RapidShareがMegaupload閉鎖による混乱に乗じて、ユーザに制限のないプレミアム・サービスに追い立てようとしているのではないか、との憶測が広まった。そこで我々は、RapidShareに尋ねることにした。以下は、彼らからの返答である。

「1月19日、MegauploadはFBIによって閉鎖されました。そのごまもなく、他のファイルホスティングサイトもサービスを縮小したり、完全に運営を停止してしまいました」とRapidShareはTorrentFreakに語った。

「それ以降、RapidShareは無料ユーザの著しいトラフィック増大に直面しています。残念なことに、我々のサービスを悪用するケースも増大しています。相当な数の著作権侵害者が、違法な活動を行う新たなファイルホスティングサービスとして、RapidShareを選択していることを示唆しています」と同社は説明する。

「そこで我々は、痛みは伴うものの、効果的な措置を講じることにしました。無料ユーザのダウンロード速度抑制です。これにより、RapidShareは海賊ユーザに極めて不人気となることで、悪用を抑止できると確信しています」

RapidShareは、ファイルホスティングサービスの無料ユーザと著作権侵害との間には直接的な関連があると言う。海賊版を好む人々はお金を支払うことを嫌っているし、著作権侵害のためのサイバーロッカー・アカウントに自身の支払い履歴が結びつくのを避けるだろう、と同社は考えているようだ。

しかし、RapidShareが言っているのは建前だ、こうした制限を利用して、ダウンロード速度を向上させるためにプレミアム・サービスに促そうとしているんだと言う人もいるだろう。だが面白いことに、RapidShareは、無料で高速なダウンロードを得るための方法も提供している。ただし、無料ユーザがアクセスしようとしているオリジナルファイルのアップローダーが、一定の条件を満たしている場合に限られる。

「こうした措置を通じて、RapidProをご利用の一部のお客様、特にウェブサイトやブログを通じて、自分自身のファイルを提供し、無料ユーザが自分のファイルをダウンロードしてくれる可能性に強く依存している方々にも、影響を及ぼしてしまうと考えました。そのため、そうしたお客様に対しては、無料ユーザが最高速でファイルをダウンロードできるよう、一種の規制緩和の選択肢を提供することにしました」とRapidShareは説明する。

これが意味するところは、コンテンツのアップローダーがRapidShareに、どのようなファイルを共有しているのか、ダウンロードリンクが掲載されるサイトやブログの名前、アップローダーのメールアドレスや電話番号など、アカウントに関わる詳細をRapidShareに提供しなければならない、ということである。

RapidShareは、こうした署名スキームを導入することで、アップローダーのファイルやウェブサイトが違法な活動に関わっていないかどうかを確認できるようになるのだという。

この数ヶ月、RapidShareは法律を遵守し、信頼に足るファイルホスティングサイトであることを示すため、ただならぬ努力を払ってきた。こうした措置は、同社が著作権侵害ファイルから距離をおき、そしてMegauploadと同様の運命を避けようとしていることを強く示唆しているのだろう。

サイバーロッカーRapidGator、PayPalアカウントを停止され閉鎖の危機

以下の文章は、TorrentFreakの「Cyberlocker To Shut Down After PayPal Ban」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Cyberlocker To Shut Down After PayPal Ban
著者:Ernesto
日付:February 26, 2012
ライセンス:CC BY

先月のMegauploadの閉鎖により急速な成長を遂げたファイルホスティングサイトRapidGatorが、PayPalに決済を停止された。その結果、このロシアのサイトは、1ヶ月後に終了するのだという。PayPalによると、RapidGatorのアカウントはファイル共有サービスへの決済処理に関連した「高いリスク(high risks)」のために停止されたのだという。

1月のMegaupload摘発以降、TorrentFreakはサイバーロッカー界隈に注目してきた。

多くのファイルホスティングサービスが混乱する中、元Megauploadユーザたちは、数あるサイトの中から、適当なオルタナティブに乗り換えている。

RapidGatorもそのようなオルタナティブの1つであった。ここ数週間、同サイトのトラフィックは飛躍的に増大し、わずか100ユーザ/日だったビジターも、10万を超えるほどになった。しかし、この人気も長くは続かなそうである。人気の決済サービスPayPalのアカウントを失ったためだ。

「PayPalから、ファイル共有の決済処理に関わる高いリスクのために、我々のPayPalアカウントを停止すると伝えてきました。」とRapidGatorはアナウンスしている。サイト運営者は、これがファイル共有産業の終焉をもたらすのではないかという。

PayPalは6ヶ月間にわたり、同サイバーロッカーの資金を凍結し、新たなユーザがPayPal経由で決済することはできなくなった。この停止措置により、おそらく「アフィリエイター」がPayPal経由で支払うを受けることもできなくなるのだろう。

PayPalのいう「高いリスク」が何なのかは明らかではないが、最も可能性の高い説明として、最近、他のサイバーロッカーサービスのユーザから多数の支払い拒否があったことが考えられる。Fileserveなどのサイバーロッカーが、一時的にパブリック共有機能を停止したことで、多数のユーザがPayPalに支払い拒否を求めていた。

RapidGatorは、このようなPayPalの方針が、他のファイル・ホスティング・サービスにも影響するだろうと考えている。

「すべての新興ファイル共有ホスト、そして全ての大手ファイル・ホスティング・サービスが、我々と同様の運命を辿るのでしょう」と彼らは言う。そして、このままの状態では、来月にも同サービスは停止すると付け加える。

「我々はあらゆる手を尽くしましたが、残念なことに、この状況は我々にはどうしようもできないのです。今後1ヶ月間、我々はホスティングサービスを継続していきますが、この状況が変わらなければ、サービスは終了します」とRapidGatorチームは述べている。

さらに多くのサイバーロッカーが同様の運命を辿る可能性もあるが、今のところ、4Sharedを含む最大手のサイトはPayPalからの支払いを受け取っている。

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
ファイル共有 サイバーロッカーの記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。