スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オープンソーシャルメディアセンターBoxeeの「海賊ユーザを合法ユーザに変える」アプローチ

以下の文章は、P2P Blogの「Boxee Wants to Enlist TV Pirates to Grow Hulu’s Audience」という記事を翻訳したものである。

原典:P2P Blog
原題:Boxee Wants to Enlist TV Pirates to Grow Hulu’s Audience
著者:Janko Roettgers
日付:October 31, 2008
ライセンス:CC by-nc-sa

とりあえず、フィルター、DRM、ロックされたセットトップボックスのことは忘れておこう。オープンソースメディアセンターBoxeeのメーカーは、合法的なソースからテレビを視聴させることを目的とした新たなアプローチに取り組んでいる。そのアイディアの背景にあるのは、海賊たちを罰しようというものではなく、その代わりにHuluやJoost、それらと類似した合法的なストリーミングメディアWebサイトをドライブするためのテイストメーカーとして海賊行為を利用する。

私は2,3日前、DCIAのP2P and Videoカンファレンスにて、BoxeeのプロダクトマネージャーDave Mathewsと話した。Boxeeはここのところ忙殺されており、毎週のように大きなアナウンスを出していた。まず最初に、BoxeeはAppleTVプラットフォーム上で動作することが明らかにされた。そして、HuluがBoxeeにやってきた。さらに最近では、BoxeeチームはCES i-stageコンペティションに勝利し、賞金の50,000ドルに加えて、来年ラスベガスで開催されるCESでのブースまで手に入れた。Boxeeが受賞に至ったのは、潜在的な海賊ユーザをHuluユーザに変えるのを助けるソーシャルな機能のためでもあっただろう。

とりあえず、お話を続ける前に、Boxeeとはなんぞやというところから。概要としてはTechCunrchの記事を、使用感としてはMacの手書き説明書のエントリ、またはBoxeeがアップロードしているビデオを見ると良いだろう。

 

TechCrunchの記事にもあるが、Boxeeは自身をソーシャルメディアセンターとして売り込んでいる。ではBoxeeの「ソーシャルさ」はどこから来ているのだろうか?

NewTeeVeeによれば、Boxeeは、ユーザがハードディスクに保存している大量の海賊コンテンツの視聴習慣を含む大量のデータをキーワード、メタデータ分析、ビデオ指紋等によって識別し、「Boxeeユーザが何を見ているのか」を共有する。Boxeeユーザはプラットフォーム上で友人になり、互いに何をしているのか、何を視聴しているのかを公開しあう。また、ユーザのレコメンデーション、視聴習慣はTwitter、Frendfeed、Tumblrを通じて公開することもできる。

ただ、BitTorrentで(違法に)入手したコンテンツを見ていることが公開されてしまうのは、いかにバリバリのダウンローダでも気が引けるものだろう。そこでBoxeeは、たとえば[Heroes.S03E07.HDTV.XviD-LOL.avi]といったあからさまなファイル名を表示させる代わりに、そのエピソードを合法的に提供しているページ(たとえばHulu)へのリンクを表示する(Boxee上でBitTorrentを利用したファイル共有も可能ではあるが、こちらは合法的に共有できるものに限られるとのこと)。

BoxeeのプロダクトマネージャーDave Mathewsは以下のように話す。

私たちはコンテンツを特定し、それをインターネット上で合法的に視聴するための場所を特定します。[...]違法ファイル共有ユーザがTorrentから入手したファイルを見ていたとしても、彼の友人には、HuluやCBSといった広告付きの合法的なストリーミングをみているように見えるでしょう。…私たちのパートナーがそのビデオをホストしていれば、ですが。

もちろん、海賊ユーザであるという素性を隠すということにもなるのだが、逆にそうした海賊ユーザがBoxeeを利用することになれば、他の人が合法的に視聴している(ように見える)エピソードへのリンクにも触れることになる。それが海賊ユーザに変化をもたらすのではないか、とも思える。

ただ、Huluであれ、CBSであれ、合法的に提供されるストリーミングビデオは、エピソードの合間合間にコマーシャルが挿入されている。一方で、それまで視聴してきた海賊版コンテンツはコマーシャルフリーの快適なものである。そう考えると、海賊版コンテンツの方がより快適だとはいえないだろうか?

しかし、Mathewsはそうした心配は無用であるという。

一般的に、P2Pは悪名高き存在です。確かにアルファギークはTorrentを作成するほどに熱心なのでしょうが、一般的なユーザは、より容易なエクスペリエンスを求めるだけであって、コマーシャルが挿入されたストリーミングであっても視聴することになるでしょう。改めてTorrentを探してダウンロードすることはないと思います。Huluのストリーミングを即座に提供することができれば、待ち時間なし、バッファリング時間なしで即再生できるのですから。

まぁ、確かにBoxeeを利用するようになれば、そうなるかもしれない。もちろん、コレクションを求めるユーザはそれでもBitTorrentからの入手を必要とするのだろうが、とりあえず見られればいいというユーザにとっては、そのエピソードへのリンクが表示され、即視聴できればよいということになるのだろう。

さて、海賊ユーザを合法コンテンツに促すのはよいとしても、当のBoxeeはどのようにして収益を得るつもりなのだろうか?TechCrunchの記事にも

Boxeeは、CBS、Hulu、Netflix、Amazon、BBCのような大手コンテンツプロバイダと交渉をより有利に進める足場確保の面で投資を役立てる必要が出るだろう、と話している

とあるように、Boxeeプラットフォーム上でビデオを視聴させることで、Huluを初めとするコンテンツプラットフォームから広告収入をシェアしてもらうことを期待しているようだ。ただ、そのための交渉は現在それほど進んではいないという(既にJoostとの提携は果たしているようだが)。 「大手コンテンツプロバイダと交渉をより有利に進める」必要を迫られるのは、現状では大手コンテンツプロバイダを必要としているのはBoxee側であり、その逆ではないということ。 Boxeeにとっては、コンテンツプロバイダから熱望されるほどの存在にならなければ、有利な交渉を進めるどころか、お金すら得られないかもしれない。

まぁ、その辺は別としても、このBoxeeはメディアセンターアプリケーションとしては、なかなかの支持を集めており、先日のLifeHackerによるメディアセンター投票でもWindows Media Centerを抜き第2位につけている。また、同記事で知ったのだが、Boxeeを利用することでSilverlightをインストールしているMacユーザ、およびApple TVユーザはNetflixのオンデマンド映画配信サービスを利用できるようになったという。

現状では何をしてでもBoxeeはより多くのユーザをつかまなければならないだろう。たとえHuluや大手ネットワーク、Netflixといったマーケットリーダーに相手にされなくとも、その地位を目指し、より多くのユーザからの利用を模索する第二、第三グループのビデオサービスをターゲットとすることもできる。

スポンサーサイト

BBC iPlayerのトラフィック増大がネット中立性議論を欧州に持ち込む

昨年公式にローンチされ、かなりの好評を得ているBBCのiPlayer。このサービスによって、BBC加入者は過去1週間にさかのぼって放送された番組を、Webを介して無料で視聴することが可能となる。当初はWindows Media DRMを利用したダウンロード版のみの提供していたものの、昨年末にはWebブラウザベースのストリーミング版の提供も開始し、それに伴い利用者およびその利用が激増しているようだ。これはBBCにとってはよかったよかったですむ話なのだが、トラフィックの増大は皆さんがよくご存知の問題を生み出すことになる。iPlayerの利用の急増によって生み出されるトラフィックにISP側が抗議をはじめ、BBCに対し補償を求め始めているよ、というお話。未だに日本でもくすぶり続けているインフラただ乗りのお話が、ついに欧州上陸というところでしょうか。

原典:NewTeeVee
原題:iPlayer Brings Net Neutrality Debate to?Europe
著者:Janko Roettgers
日付:February 22, 2008

+ Read More

Twitterクローンが成功するためには?:独Frazr、グレーなビデオ配信サイトと提携

Twitter、発想は非常に面白いのだけれども、その面白みを理解できぬまま、ついぞ試すことになかったサービスであるが(別になくなったわけではないけど)、面白い、と言う人もいれば、つまらないと言う人もいるし、もはやそういうこと考えることもなく利用している人もいる。で、そんなあれよあれよと言う間にブレイクしたTwitter、その人気を受けて多数のTwitterクローンが日本でも世界でも出現し、はたまたTwitter Japanなる詐欺サイトまで出てくるなど、それなりの人気を得たりもしているが、しかし、その辺は悲しいかなクローンの宿命、ある時期から伸び悩みに苦しむことになる。そういう時は概して、勢いの落ちていないうちにデッドコピーのままを売ってしまうとか、新たな機能を付加するしてテコいれしようとか、何がしかの手を打たなければならなくなる。今回は、そういった状況に陥ったドイツのFrazrは後者を選んだよ、と言うお話。そして、そのテコ入れのための付加機能は、何とも胡散臭いビデオプラットフォームのようで。

原典:P2P Blog
原題:German Twitter clone cooperates with dubious video platform
著者:Janko Roettegers
日付:August 22, 2007
URL:http://www.p2p-blog.com/item-353.html

+ Read More

CBS、フリーなオンラインビデオ共有ネットワークを構築:より効果的な広告モデルか

CBS米国放送局のCBSが、同社のコンテンツの無料での配信に乗り出したというお話。これ、何がすごいかっていうと、非排他的、非独占的な提携によって、さまざまなプラットフォームにコンテンツを提供し、巨大なネットワークを構築しようとしているところ。これまでのコンテンツ産業のやり方は、排他的に一部のサービスにのみコンテンツを提供してきた。CBSの戦略はそれとは正反対のものであり、より多くのプラットフォームに提供することで、視聴の機会を増やすことによって利益を上げる、という広告モデルの価値を最大限活かす努力をしている。あまりに単純化しすぎるのも問題だが、世の中には「無料なら利用する人」と、「有料でも利用する人」がいるとする。割合としては圧倒的に前者が勝っており、後者は前者に含まれている。誰を相手にビジネスをするのが最も利益を高めるのだろうね。

原典:CNET News.com
原題:CBS forms online video-sharing network
著者:Staff Writer, CNET News.com
日付:April 12, 2007
URL: http://news.com.com/CBS+forms+online+video-sharing+network/
2100-1026_3-6175626.html

+ Read More

Democracy:RSSを利用したインターネットビデオプレーヤー

Democracyというインターネットビデオプレーヤーのご紹介。このDemocracyの面白いところは、RSSfeedを利用してビデオ配信することで、そのRSSを1つのチャンネルとして見ているというところ。実際に利用してみるとよくわかると思うけれども、本当にチャンネルとして見ている感じ。RSS Video feedなので、設定さえしておけば更新されるたびに新しいビデオを自動でダウンロードしてくれます。インターフェイスもなかなか素敵。でも2つ問題点があって、1つは相当メモリを喰う(100~150MBくらい)こと、もう1つはiTunesでも同じことができること。

+ Read More

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
オンライン配信 インターネットテレビの記事
→次
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。