スポンサーサイト

米国調査:HTTPトラフィックがP2Pトラフィックを抜く、ビデオ共有サービスの影響?

米国調査会社のレポートから、HTTPトラフィックがP2Pトラフィックを抜いたことがわかったよというお話。その背景には、増加するビデオサービスの利用の影響があるようだ。そんなにYouTubeを始めとするビデオ共有サービスのトラフィックが増加しているとは思わなかった。といっても、P2Pトラフィックは依然として40%弱であり、減ったといわれても激減って感じもしないし、割合だけ減ってもなぁという部分もある。 原典:Light Re...

BitTorrent対Vista:海賊行為に挑むMicrosoft

Vistaの一般発売が始まり、それなりに盛り上がっていることになっているらしいので、それっぽい記事を紹介します。VistaやOffice 2007への海賊行為による影響を抑制しようとするMicrosoftの試みと、ソフトウェア業界の抱える海賊行為と深刻さはどれくらいなの?というお話。この記事の論調としては、それほど効果は上がっていないし、しかもソフトウェア業界が抱えている海賊行為による被害って映画産業や音楽産業に比べたら、屁で...

FakeFinder:Fake Torrentとそのホストトラッカーのリスト

MPAAやRIAAによるフェイクファイル攻勢は、以前に行われていたようなインデックスをFloodさせるという目的から、利用者のIPアドレスを収集するという目的にシフトしている。そのような彼らの努力に対抗するため、FenopyというtorrentサイトがFakeFinderという、フェイクファイルのリスト、フェイクファイルをホストしているトラッカーのリストを公開しているよ、というお話。 原典:TorrentFreak 原題:How to Find Fake Torrent...

P2P、ネット関連:1月中旬の海外での出来事

中旬といってもかなり幅があるんですけどね。気にはなってるのだけれども、紹介しきれなかった記事を一挙に公開。あまり、日本で報道されてないものを選んだつもりだけれど、そうじゃなかったらごめんなさい。...

P2Pファイル共有を利用したスパム広告

P2Pファイル共有、特にLimeWireなどの検索結果を返すタイプのP2Pファイル共有ネットワークで、その検索リクエストを利用した広告が行われているよというお話。ポップアップ広告などを含んだビデオファイルを、あたかも目当てのファイルであるかのように偽装して、そのファイルを再生すること、もしくはクリックすることで、ポップアップを表示させたり、広告主のサイトに誘導しようというもの。 現状ではそこまで問題にはならない...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。