スポンサーサイト

BSA調査:若者の著作権侵害的ダウンロードの減少、3年前から半減

BSAの調査によると、若者(8~18歳)のデジタル著作物の違法ダウンロードが、この3年で24%も低下しているよ、というお話。ソフトウェア、映画、音楽、ゲームのダウンロードが、若者の間で半減していることが調査の結果わかった。BSAは、子供たちを著作権侵害に関わるダウンロードを抑制する要因として、親の存在をあげており、子供のインターネット利用をしっかりと把握することが子供たちをそのようなダウンロードから引き離すのだ...

Azureus:Independet TV Festivalとのパートナーシップを発表、ノミネート作品をVuzeで公開

Vuzeという商業ラインを持つAzureusがIndependent TV Festival(ITVF)というその名の通り、独立系の番組制作者の祭典とのパートナーシップを結んだよ、というお話。世界中のテレビ番組製作者のショーケースでもあるこのフェスティバルに加わることで、Azureusは少しでも多くのユーザに、自らのプラットフォームを提供しようという考えなのだろう。一方のITVFもVuzeを利用した配信により、コストを削減することもでき、またBitTorr...

ネットを理解できない裁判官、利権を守るJASRAC、振り回されるオンラインストレージ

ネット上のストレージに、自身の購入した著作物をアップロードし、それを携帯電話のいつでもダウンロードすることができる、というサービスの提供が著作権侵害にあたるのかどうか、という裁判で、サービスの提供者側が著作権を侵害している、という判決が下されたよ、というお話。ちょっと勘違いしそうな部分もあるけれども、この裁判はJASRACが起こしたものではなく、このサービスが著作権侵害だとしてサービスの差し止めを求めた...

英国:Allofmp3クーポンの転売業者逮捕、多くの同業者は撤退を選択

しばらく扱ってこなかったAllofmp3ネタを1つ。先日、英国においてAllofmp3のクーポンを転売している業者が逮捕されたよ、というお話。なぜ、クーポンを転売できるのか(つまり買い手がつくのか)、というところから説明すると、IFPIやRIAAの活動により、VisaおよびMasterCardがAllofmp3との取引を停止したことに由来する。もちろん、ごく少数のクレジット企業は提携を続けてはいたものの、Visa、MasterCardの取引停止の効果はてき...

NHK、アーカイブ・オンデマンドサービス:いかにして人は技術に追いつけるのか

NHKがアーカイブス・オンデマンドサービスという コンテンツのアーカイブ、見逃しニーズへの対応に向けたサービスが来年から開始されるようだよというお話。NHKが他の放送局に先駆けて、このようなサービスを構想しているというのは非常に望ましいことであるなぁと。ただ、冷静になって考えてみると、このようなサービスは技術的には既に可能なことであった。かつては、こんなことができたらいいな、ということのほとんどは技術的に...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。