スポンサーサイト

ThePirateBay管理人、フィルタリングを開始したTorerntSpyを批判

The Pirate Bayの管理人であるBrokepが、フィルタリングデータベースサービスを開始したTorrentSpy管理人のJustinを批判しているよ、というお話。TorrentSpy管理人のJustinは、ライツホルダーが削除したいと望む全てのファイルをTorrent検索サイト上での検索結果から排除するためのデータベースを提供するFileRights.comというサービスを開始しており、そのデータベースは、ライツホルダーが入力した全てが自動的に反映される。 B...

違法配信識別マークはダウンロード違法化への下準備?

RIAJが配信業者を対象に違法配信識別マークを交付し、それによってその配信業者の適法性を示すことで、違法配信を抑制しようとしていると、というお話。でも、現実には、ほとんどの人が違法であることを知りつつ利用しているであろうことを考えると、単にマークがついただけで利用をやめるとも思えないのだけれどもね。とすると、狙いは別にあって、ダウンロードの違法化に伴う適法、違法サイトの識別にこのマークを利用しているの...

BitTorrrentを利用したワーム、確認される(たぶん初)

W32/Impard-Aというワームが、BitTorrentを利用する初のワームとして確認されたよ、というお話。基本的には、IMソフトを経由して拡大していくらしいのだけれども、一度感染すると、そのPC内のマルウェア類を根こそぎ収集、削除して、それをBitTorrentを介してSeedしていくらしい。作者自身が、多くのマルウェアを回収しようとしているらしいのだけれども、一斉に送られたのでは回線がパンクしてしまう、というのでBitTorrentを利用...

海賊版DVDの字幕翻訳者は海賊業者を幇助してる?

大阪府警が海賊版DVDを販売している海賊業者を検挙したことに伴い、その海賊版DVDに字幕をつけている翻訳者の行為が、違法販売の助長に当たるとして、著作権侵害の幇助容疑で捜査を進めているみたいだよ、というお話。翻訳者とこの海賊業者に直接の関係があるのであれば(金銭授受に関わらず)、幇助容疑ってのもわからないのでもないのだけれども、そうでないのであれば幇助ってのはちょっと強引なんじゃないのって気もする。金子...

WinMXの代理キャッシュサーバwinmxgroup.com突然の停止、ws2_32.dllユーザは不通に

かつてFrontcodeが運営し、そしてGrokster判決によって息の根を止められたかと思われていたWinMXは有志たちの手によってキャッシュサーバーが立てられ、それまで同様に多くのユーザを抱えてきた。しかし、本日そのキャッシュサーバをホストしていたWinmxgroup.comの管理人KMがオフラインにすることを決定し、現在多くのユーザが接続できない状態に陥っているようだよ、というお話。閉鎖といっても、キャッシュサーバは1つしかない...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。