スポンサーサイト

シンガポール:(アクションフィギュアによる)アンチOdexデモが行われる

シンガポールのアニメ配信業者、Odexに関する記事をいくつか紹介してきたのだけれども、そのエントリにアンチOdexの人からコメントをもらったので、そのっひとのエントリを紹介するよというお話。Odexが同社が配信しているアニメコンテンツを共有していたBitTorrentユーザに対して、損害賠償を請求していた一件は、未だ確定していないながらも、サブライセンシーであるOdexには著作権侵害を訴える権利は無いと判決が下されている。...

TorrentSpyの控訴を棄却される:RAM内のユーザログを提出命令へ

MPAAから著作権侵害で提訴されているBitTorrentサイトTorrentSpyは、6月に裁判所よりRAM内に蓄積されたユーザのログデータを提出するよう命じられていたが、それを不服として控訴していた。しかし、このたび裁判所が控訴を棄却したよ、というお話。とはいえ、先日お伝えしたように、TorrentSpyは既に米国ユーザからの利用をシャットアウトしており、肝心の提出すべきデータが無い、という状態。また、TorrentSpyのサーバはオランダ...

TorrentSpy盗聴裁判:MPAAはTorrentSpyのメールを取得したが盗聴法違反ではない、との判決

TorrentSpyとMPAAとの間で争われている裁判は、TorrentSpyが訴えられている裁判だけではない。TorrentSpyは、MPAAが盗聴によって同社幹部のメールを違法に取得したとして、MPAAに対して訴えを起こしていた。その訴訟において、米国地方裁判所は、MPAAがメールを150,000ドルを支払う代わりに取得したことを認めつつも、それによってMPAAが盗聴法を犯したとはいえない、という判断を示し、TorrentSpyの訴えは棄却されたよ、というお...

Sweet Diss and the Comebacksのフリーアルバムの紹介とパワーポップ云々

Sweet Diss and the Comebacksというバンドのご紹介。おそらくほとんどの人が知らないと思うけれども、それもそのはず、彼らはインディペンデントであり、レーベルとの契約すら行っていない。なぜ紹介したいかというと単純に彼らの楽曲が気に入ったのと、彼らがそれをフリーアルバムとして配信しているから、というお話(CCで配布しているというわけでは無いけれど、彼らは再配布を認めている)。さわやか且つアグレッシブな...

TorrentSpy、米国ユーザからの検索を停止

ついにTorrentSpyが米国ユーザの検索を停止することになったよ、というお話。ユーザログを取ることを避けるために、米国ユーザを遮断する、ということは以前から予告されていたのだけれど、それが実際のものとなったようだ。TorrentSpyは裁判において、彼らのサイト上でのユーザログを保存し、それをRIAAに提出するよう命じられており(まだ確定はしていないが)、それに対する措置のようだ。彼らの主張としては、米国内のユーザが...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。