スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Trent Reznorから中国のファンへ:海賊盤を買うな、ダウンロードしてくれ

NIN>中国という国は、お世辞にも解放的な国とは言いがたい。それは、政治的、社会的な面だけではなく、文化的な面においても閉鎖的な傾向が強い。特に、欧米の文化に対しては可視的であれ、不可視的であれ、非常に強い制限を課している。もちろん、その合間を縫って海賊盤ビジネスの温床ともなっている。そのため、中国における海外文化影響を語る上では、商用の海賊盤、海賊版なしには語れない部分もある。そんな状況に対しReznorは、合法的に手に入れられないのであれば、海賊盤を買うよりも、無料でダウンロードしてくれ、と訴えているよというお話。

原典:BoingBoing
原題:Trent Reznor to China: download our music, don't buy it from pirates
著者:Cory Doctorow
日付:September 13, 2007
URL:http://www.boingboing.net/2007/09/13/trent-reznor-to-chin.html#

Nine Inch NailsのTrent Reznorは、先週、ロックフェスティバルに参加するため北京にいた。Music2dot0での素晴らしい、そして刺激的なインタビューにおいて、Reznorはレーベルを痛烈に批判し、今後はインディペンデントとして、彼のwebサイトを通じて楽曲を販売すると約束した。そして彼は、中国のファンに対して、彼の音楽を海賊盤業者からではなく、 無料でダウンロードするよう推奨した。

中国における特殊な事情を考えると、合法的なチャネルを通じて西洋の音楽を入手することは容易ではないようなので、我々のファンに1つ提案をしよう。もし、君たちが我々の合法的なCDを見つけ、購入するのであれば、あなたからのサポートに感謝を示すだろう。しかし、それを見つけることができないのだとすれば、インターネットからダウンロードすることのほうが、海賊盤CDを購入するよりも、より許容できるオプションであると考えている。我々の楽曲をインターネット上で見つけるのは非常に簡単だ。大概の楽曲であれば、それほど手間はかからないだろう。そして、それを聴き、我々の音楽を好きになってくれるのであれば、それを友人達と共有して欲しい。私は、音楽に心血を注ぎでいる。より多くの人たちが、その楽しさを我々と共有することを心より望んでいる。

何が素晴らしいって、単純に買えといっているという話でもないというところだろうか。購入してくれた人にはサポートしてくれてありがとう、言う一方で、海賊盤を買うよりなら、無料でダウンロードしてくれ、簡単だぞ、という。さらには、それを気に入ってくれたら、是非とも友人達と共有してくれという。

しばしば、海賊行為によって無料で利用されることが、それにコストを支払っている人たちに対して不平等感を生じさせ、それによって購買意欲が削がれるという話を聞く。もちろん、それはないわけではないのかもしれないが、果たしてそれがNine Inch Nailsのファンに対しても通じるのだろうかと疑問に思う。

というのも、前回のエントリで紹介したNine Inch Nailsのライブに参加していたオーディエンスの多くは、いかに高いCDあっても購入していただろう。そして、アーティストが自らの作品を盗め!といっていることに対して、多くのオーディエンスは歓喜した。もちろん、レーベルへの不満という背景があってこその反応なのだろうし、容易に一般化できる話でもないが、それでも、アーティストが自らの作品の素晴らしさを共有してくれ、という姿勢を示すことはファンにとってはこれ以上の喜びはないのではないか、と思うのだ。

この中国への反応に関しても、多くのユーザは海賊盤によってReznorが不利益を被っているから利用するなといっているわけではない、むしろ、リスナーが(インターネットから無料でダウンロードできるというのに海賊盤を購入することで)不利益を被るからこそ利用するなと言っているのだと理解するだろう。

その姿勢こそがリスナーを歓喜させるのだと思う。そして、その歓喜が生み出したものが、この『Year Zero』のリミックスサイトなのだろう(Limitless Potentialとはよく言ったものだ)。

良くも悪くも、中国における海外の文化を支えてきたのは海賊盤という側面もある。それは、単に安いからという安易な理由からではないという部分もあるだろう。つまり、そうでもしないと手に入らないと言う事情もあった。しかし、時代は変わりつつある。たとえ、中国がインターネットを検閲しようとも、少なくとも彼らに届くための方法が存在する。ならばそのチャネルを最大限に活用し、市場を活発にし、そして海賊盤に対抗すべきだろう。

『手は手でなければ洗 えない。得ようと思っ たらまず与えよ』。誰の言葉かはわからないけれど、そういうことなんだと思うよ。

スポンサーサイト

Nine Inch Nails:ライブオーディエンスに「俺の曲を盗め!」

NIN以前、Nine Inch NailsのTrent Reznorはオーストラリアにおける自らのCDの価格があまりにも高いことに怒り、そのことをレーベルの代理人に文句を言った。それに対して、代理人の答えは、NINのファンはどんな値段をつけても買うだろう、というものであった。それに対し、さらに怒りを覚えたReznorは、レーベルが人々を騙し搾取しているのだから、音楽が盗まれているのも無理はないと、強烈にレーベルを批判した。今回は、その話の発端となったオーストラリアで行われたのライブのお話。彼はオーディエンスに、この話題が世界中を駆け巡った後、CDの値段が少しでも安くなったかと問いかけた。聴衆たちのNO!の声を聞いたReznorは彼らに向かってこう言った。STEAL IT!

原典:ZeroPaid
原題:Trent Reznor Tells Australian Crowd to 'Steal My Music'
著者:soulxtc
日付:September
URL:http://www.zeropaid.com/news/9020/

+ Read More

Universal、音楽ストリーミングサイトを標的に

DeezerUnivresalが、フランスの無料音楽ストリーミングサイトDeezerに対して、その楽曲の利用を著作権侵害だとし、Webサイトから楽曲を削除するよう求めているようだよというお話。といってもDeezerはアーティスト達を代表するフランスの著作権料徴収団体と契約を交わしており、現在、Deezerは、楽曲をブロードキャストする許諾を得るために、個々のレーベルを協議を進めているところであった。その思惑としては、Vivendiのグループ企業であるISP(UniversalもVivendiのグループ企業)が展開するNeufというUniversalの楽曲を提供する同種のサイトを守りたい、というところもあるようだ。

原典:Slyck.com
原題:Universal Targets Music Streaming Site
著者:Drew Wilson
日付:Sepmber 24, 2007
URL:http://www.slyck.com/news.php?story=1591

+ Read More

アンチパイラシー技術の特許はアンチパイラシー企業に対抗するための武器?

Viralgさて、前回のエントリでは、Viralgというアンチパイラシー企業が、今となってはあまり利用価値のないアンチ海賊テクノロジーをeBayで販売しているよというお話だったのだけれども、今回はそのViralgがそれに対して、単にアンチパイラシーテクノロジーとして使用する以外の用途があるんだが、と反論しているよというお話。厳密に言うと、Viralgはその特許を販売するとしており、もし、それをP2Pファイル共有に関わる人が購入した場合、アンチパイラシー企業がその特許にかかる技術を利用して対抗してきたときに、その技術を封じることができる、と言う。

原典:TorrentFreak
原題:Anti-Piracy Company Wants to Sell Patents to Protect P2P
著者:enigmax
日付:September 27, 2007
URL:http://torrentfreak.com/anti-piracy-company-
wants-to-sell-patents-to-protect-p2p-070927/

+ Read More

アンチパイラシー企業:「海賊撲滅テクノロジー、100万ドルで売ります」

ViralgViralgというアンチ海賊行為企業が、同社の持つアンチパイラシーテクノロジーを100万ドル(約1億1500万円)でeBayオークションに出しているよ、というお話。で、問題はこの技術が使えるかどうかなのだけれども、この技術はFastTrackネットワークにおいては、非常に有効らしい。ただ、現状のKazaaなどの利用実態を考えると、それだけの額を支払って得られるメリットはあまりないと思われる。また、この技術を購入したところで、実際にネットワーク内のファイルを破壊するためには、多くの機器や手間を必要とし、それにもまたお金がかかるのだそうな。この企業が一躍脚光を浴びた2005年の記事はこちら(CNET Japan)。

原典:TorrentFreak
原題:Anti-Piracy Technology For Sale On eBay For $1m
著者:enigmax
日付:September 25, 2007
URL:http://torrentfreak.com/anti-piracy-technology-for-sale
-on-ebay-for-1m-070925/

+ Read More

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
2007年09月の記事
→次
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。