スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しばらくお休みします

諸般の事情でしばらく更新をお休みします。

復帰は未定ですが、そんなに遠くない日に再開します。止める訳じゃないですよ。まだまだ伝えたいことがいっぱいありますから。

今はちょっとそれが難しくなったというだけです。

スポンサーサイト

ニコニコ動画がなくなれば、アニメ産業の未来は明るくなるのか

以前に「アニメ制作者がネットラジオでニ○○○動画を痛烈に批判」なんて記事で大きな反響を呼んだアニメプロデューサーによるニコニコ動画批判について、私なりに考えてみるよというお話。確かにニコニコ動画上では数多くの著作権侵害がなされており、その問題は何とかしなければならないと思う。ただ、闇雲にニコニコ動画なりYouTubeから違法にアップロードされたコンテンツを削除するだけで産業としての利益に繋がるのか、ということを考えたい。もちろん、削除するのは当然だし、一向に構わない。少なくともここでは、ニコニコ動画にアップロードされることで利益が生じる、といいたいのではない。ただ削除するだけでバラ色の未来が待っているわけではないんじゃないの?ということ。2週間くらいかけてちまちま書いてきたので、論点が多少ばらけてるのは勘弁してね。

原典:偽・うpのギョーカイ時事放談SUPER! 第4回放送
著者:偽・うp/GNE&SG
URL:http://www.geneon-ent.co.jp/rondorobe/gne-sg/

+ Read More

著作権議論においてなぜ公益が軽視され、私益が重視されるのか

前回要約を紹介したIntellectual Privilege: Copyright, Common Law, and the Common Goodという本の、イントロダクションから第3章にかけての骨子がブログで述べられているのだけれど、それがまた面白いのでそちらも紹介するよというお話。現在、著作権ポリシーにおいて公益と私益の関係はバランスを欠いたものだと指摘されることも多いが、そのような状況がなぜ作り出されているのか、ということに興味深い指摘をしている。もちろん、公益を求める側の声というのは財政的、組織的な問題もあってとても小さく、一方で私益を求める側は財政的、組織的な面からより大きな声を上げることができるということもあるだろう。ただ、それと同時に、公益が、非常に曖昧な、数量化できない存在であるということもにあるのではないかという指摘をしている。

原典: Intellectual Privilege
原題: The Indelicate Imbalancing of Copyright Policy
著者:Tom W. Bell
日付:November 17, 2007
URL:http://www.intellectualprivilege.com/blog/2007/11/indelicate-
imbalancing-of-copyright.html

+ Read More

『第三の手』による著作権ポリシー

著作権を寄り開放すべきだという議論がある一方で、著作権を寄り強固なものとすべきだという議論が存在する。その両者は対立することが多いのだけれども、Tom W. Bellという、以前に知的財産権を知的特権と呼ぶべきだと主張してた人が、そのどちらかによって著作権を扱うのではなく、その両者のバランスを取りうる第三の手によって行うべきだと主張しているというお話。その主張は彼の著作において展開されるようなのだけれども、現在執筆中ということもあり、要約と一部の章の草稿が公開されている。今回はその要約を要約したものをご紹介。

原典:Intellectual Privilege: Copyright, Common Law, and the Common Good
原題:Introduction: Copyright on the Third Hand
著者:Tom W. Bell
URL:http://www.intellectualprivilege.com/book.html

+ Read More

アンチパイラシー団体BREIN、TorrentFreakの著作権を侵害

オランダのアンチパイラシー団体であるBREINがTorrentFreakの記事を無断使用したことに対して、TorrentFreakが著作権侵害で訴えるかもしれないよ、というお話。TorrentFreakによると、BREINは先週レポートしたSumoTorrentのインタビュー記事の一部を使用したにもかかわらず、TorrentFreakからの出展であること、TorrentFreakへのリンクの両方を明示していないとして、そのような行為を著作権侵害だと主張している。まぁ、彼らがいかにTorrentFreakを海賊ブログだと揶揄しようと、その著作権を無視してよいということはない。TorrentFreakはCCライセンスのもとパブリッシュしており、それに従えば、自由に利用することができる。

原典:TorrentFreak
原題:Anti-Piracy Outfit Pirates TorrentFreak
著者:Ernesto
日付:November 19, 2007
URL:http://torrentfreak.com/brein-pirates-torrentfreak-071119/

+ Read More

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
2007年11月の記事
→次
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。