スポンサーサイト

The Pirate Bay、本日起訴される(予定)、しかし海賊船は沈まず

これまで予告されてきたとおりだとすれば、本日中、今から数時間後には、The Pirate Bayの関係者数名が起訴される予定だよ、というお話。ただ、彼らは起訴され、そして有罪になったとしても、The Pirate Bayを停止するすべはないのだと嘯く。 原典:TorrentFreak 原題:The Pirate Bay: The Site is Safe, Even If We Lose in Court 著者:Ernesto 日付:January 31, 2008...

P2Pデリバリーの更なる効率性を目指して:P4P Working Group、実際のネットワーク実験に着手

Napsterが華やかな脚光を浴びていたころ、peer-to-peerという言葉はそのユーザからは魅力的な言葉として、著作権者や報道からは悪魔の言葉として、用いられてきた節がある。違法ファイル共有ユーザからは、P2Pはどんなファイルでも手に入れることができる魔法のツールと考えられてきたし、コンテンツ産業からは、彼らの財産を蝕む海賊ツールとみなされてきたし、さらに最近ではISPからはネットワークを崩壊させる抑制させるべきツ...

広告モデルによる無料コンテンツダウンロードサービスを加速させるYuMe NetworksとHiro Media

ファイル共有から如何にして利益を上げるか、という問題は非常に難しい問題ではあるが、少なくとも数年間に比べればその選択肢は広がりつつあるようにも思える。そのような選択肢の中で、個人的に注目しているYuMe NetworksとHiro Mediaのお話。これらの企業は、既にダウンロードされたコンテンツに、随時広告を挿入することのできる技術を提供しており、ある意味ではユーザの所有されることで、ますますコンテンツの広告価値を...

Trent Reznor、CNET Newsに喧嘩を売る:ISP税なんて考えちゃいねぇよ

先日、自らがプロデュースしたSaul Williamsのアルバムを、「無料オンライン配信+気に入った人は5ドルの寄付」にて提供したTrent Reznor。彼はその後、実際にダウンロードされたアルバムの実数、寄付してくれた人の実数などを公表し、「ガッカリした」と発言したことから、いろいろと議論が巻き起こっているのだけれども、そうした議論に対して彼の真意を説明するため、彼はCNET Newsのインタビューを受けた。その記事の中で、彼は...

LimeWire/Cabosユーザはライトユーザ層が多い?:ACCS調査、ネットエージェント調査の比較

先日、ACCS/RIAJ/JIMCAが纏めた「ファイル交換ソフトの利用に関する調査(PDF)」をもとに、日本で最も利用されている(はずの)P2Pプロトコルは、実はWinnyじゃなくてGnutellaだったよ、と報告したのだけれど、本日ネットエージェントからリリースされた「 Winny・Share・LimeWire/Cabos(Gnutella)の国・地域別利用状況 」 を見てみると、どうもそれは現状には即していないんじゃないか、と思える。...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。