スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Pirate Bay、本日起訴される(予定)、しかし海賊船は沈まず

The Pirate Bayこれまで予告されてきたとおりだとすれば、本日中、今から数時間後には、The Pirate Bayの関係者数名が起訴される予定だよ、というお話。ただ、彼らは起訴され、そして有罪になったとしても、The Pirate Bayを停止するすべはないのだと嘯く。

原典:TorrentFreak
原題:The Pirate Bay: The Site is Safe, Even If We Lose in Court
著者:Ernesto
日付:January 31, 2008

+ Read More

スポンサーサイト

P2Pデリバリーの更なる効率性を目指して:P4P Working Group、実際のネットワーク実験に着手

Napsterが華やかな脚光を浴びていたころ、peer-to-peerという言葉はそのユーザからは魅力的な言葉として、著作権者や報道からは悪魔の言葉として、用いられてきた節がある。違法ファイル共有ユーザからは、P2Pはどんなファイルでも手に入れることができる魔法のツールと考えられてきたし、コンテンツ産業からは、彼らの財産を蝕む海賊ツールとみなされてきたし、さらに最近ではISPからはネットワークを崩壊させる抑制させるべきツールとみなされているかもしれない。いずれの人々も「P2Pの用途は違法なファイル共有である」という前提があってこそ、そうした考えにいたっているのだと思う。

しかし、時代は変わりPeer-to-Peerは単に海賊のための違法ファイル共有ツールという用途以外でも活用され始めている。たとえば、BitTorrent Inc.は同社ストアでBitTorrentを利用したビデオストアを展開し、さらに広告モデルによるビデオストリーミングを行っている。またJoostも多数のコンテンツプロバイダとの契約を結び、無料で膨大な数のコンテンツの視聴を可能にしている。さらに最近ではBBCのiPlayerが放送から2週間のコンテンツを英国視聴者に対して無料で提供している。また、VoIPのSkypeなどは世界中に膨大な数のユーザを抱えているし、P2Pファイル転送サービスのPandoはコンテンツデリバリーにまでその範囲を広めている。いずれもP2Pパワードなサービスである。そうした状況では、ISPがP2Pトラフィックに頭を悩ませているからといって、単純にそれを抑制・遮断すれば全て解決する、というわけにもいかなくなってくるだろう。

大容量、高解像度のビデオや巨大なサイズのゲーム用パッチなど、現在は以前に比べて、大容量のファイルが扱われるようになり、多くの人々がそれを必要とするようになった。そのような状況が進むにつれて、ますますP2Pの必要性が高まってきている。つまり、望むと望まざるとにかかわらず、生き延びるためには、ISPもコンテンツプロバイダもP2Pとうまくやっていくための方法を見つけなければならない。その中でもISPとP2Pサービスプロバイダとの間で、より効率的な配信を目指した動きがある。以前にも紹介したP4P Working Groupなのだけれども、今回はそれについて再び紹介するよ、というお話。現在、PandoとVerizonによる実際のネットワークを使った実験が行われているようだ。

原典:ZDNet News
原題:Harnessing the power of P2P
著者:Marguerite Reardon
日付:Jan 24, 2008

+ Read More

広告モデルによる無料コンテンツダウンロードサービスを加速させるYuMe NetworksとHiro Media

ファイル共有から如何にして利益を上げるか、という問題は非常に難しい問題ではあるが、少なくとも数年間に比べればその選択肢は広がりつつあるようにも思える。そのような選択肢の中で、個人的に注目しているYuMe NetworksとHiro Mediaのお話。これらの企業は、既にダウンロードされたコンテンツに、随時広告を挿入することのできる技術を提供しており、ある意味ではユーザの所有されることで、ますますコンテンツの広告価値を高めるものとすることができるという点で、非常に興味深い。まだまだ、一般的に採用されているというわけではないだろうが、先日、YuMe NetworksはNBC Universalの提供するテレビ番組ダウンロードサービス、NBC Directとの提携を発表しており、NBC Direct次第では、このような技術が頻繁に利用されるのではないかな、と期待されるところもある。

原典:Los Angels Times
原題:Making money from file-sharing
著者:Jon Healey
日付:November 5, 2007

+ Read More

Trent Reznor、CNET Newsに喧嘩を売る:ISP税なんて考えちゃいねぇよ

NIN先日、自らがプロデュースしたSaul Williamsのアルバムを、「無料オンライン配信+気に入った人は5ドルの寄付」にて提供したTrent Reznor。彼はその後、実際にダウンロードされたアルバムの実数、寄付してくれた人の実数などを公表し、「ガッカリした」と発言したことから、いろいろと議論が巻き起こっているのだけれども、そうした議論に対して彼の真意を説明するため、彼はCNET Newsのインタビューを受けた。その記事の中で、彼はISP音楽税について述べているのだけれども、その記事によって彼はあたかも音楽税の支持者である、というような批判を受けることになってしまった。一昨日、彼は自らのサイト上で、それはCNETによる誤った引用である、と抗議しているよというお話。Reznorの批判が強すぎたためか、インタビュー記事を書いた記者も反論の記事を掲載している。とりあえず、Trent ReznorがISP税支持者ではないということがわかって一安心なんだけど、問題が随分こじれちゃったなぁという感じもする。

原典:NIN.com
原題:bigmouth strikes again
著者:Trent Reznor
日付:January 21, 2008

+ Read More

LimeWire/Cabosユーザはライトユーザ層が多い?:ACCS調査、ネットエージェント調査の比較

先日、ACCS/RIAJ/JIMCAが纏めた「ファイル交換ソフトの利用に関する調査(PDF)」をもとに、日本で最も利用されている(はずの)P2Pプロトコルは、実はWinnyじゃなくてGnutellaだったよ、と報告したのだけれど、本日ネットエージェントからリリースされた「 Winny・Share・LimeWire/Cabos(Gnutella)の国・地域別利用状況 」 を見てみると、どうもそれは現状には即していないんじゃないか、と思える。

+ Read More

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
2008年01月の記事
→次
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。