スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オープンソースTorrentサイト、著作権団体に閉鎖に追い込まれる

以下の文章は、TorrentFreakの「Open Source Torrents Forced Offline by Anti-Piracy Outfit」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Open Source Torrents Forced Offline by Anti-Piracy Outfit
著者:Ernesto
日付:December 18, 2008 
ライセンス:CC by-sa

インターネットは一部の人々、特に著作権者にとって理解しにくいものであるだろう。最近、 Entertainment Software Association (ESA)はウェブホスティング企業に対し、同社がホストするオープンソースソフトウェアに特化したBitTorrentトラッカーがBSAのくライアンとの著作権を侵害している、と警告した。同ホストは一切の通知なく、そして同トラッカーが何ら間違っていないことを理解することなく、トラッカーをオフラインにした。

BitTorrentをよく知らない人にとって、トラッカーや.torrentファイルという用語は混乱を招くかもしれない。誰かがファイルを他の人と共有しようとしたとき、.torrentファイルを作成し、そこにトラッカーURLが加えられる。トラッカーにアクセスすることで、ダウンローダーはどこで他のピアがそのファイルを共有しているのかを知ることができる。トラッカーは.torrentファイルをホストしているわけではなく、BitTorrentユーザ間のコミュニケーション手段でしかない。この点では、トラッカーはISPと同等以上の責任を有することはないと言える。

インターネット上には数千のオープンBitTorrentトラッカーが存在しており、それらの大半がそれらトラッカーのWebサイト上に全てのファイルをホストしているわけではない。しかし、それらのトラッカーはオープンであるため、誰しもがそのトラッカーURLを.torrentファイルに加えることができる。そして、トラッカーのオーナーたちは、そのトラッカーによって広められているファイルについては知り得ない。最近、オープントラッカーを運営していたために、人気のインターネットテレビネットワークRevision 3はMediaDefenderによって攻撃された。しかし、こうしたケースはこれだけにとどまらない。

今週、『Open Source Torrents』は、オープンBitTorrentトラッカーをホストしていたことで、ある注意すべき事態に対処せざるを得なくなった。伝えられるところでは、BitTorrentを利用したオープンソースソフトウェアの共有に特化した同トラッカーは、ゲーム『Command&Conquer Red Alert 3』の著作権を侵害したとして、オフラインにされた。彼らのサーバには.torrentファイルが保存されていたわけではなく、唯一データのハッシュが残るのみであった。

Webホスティング会社Liandra Techは、ESAから著作権侵害通知を受け取り、その後同トラッカーをオフラインにした。「私たちは、ostorr.org上で行なわれている著作権侵害のために、あなたのウェブホスティングアカウントを停止しなければなりません。」彼らは同サイトの設立者にメールで説明し、ESAから受け取った警告メールを転送した。

トラッカー設立者のAkashは、先ず彼に事情を聞くこともなくサイトを閉鎖するというウェブホスティング会社の決定にひどく驚かされた。「彼らはおそらく、『Command and Conquer』が私のトラッカーを利用してやり取りされているということで、シャットダウンしたのでしょう。そんなゲーム、やったことすらないんですけどね。」とAkashはTorrentFreakに語る。「確かに、私たちは実際のファイルをホストしていますが、それも私たちがトラッキングしているオープンソースソフトウェアのミラーだけです。それは完全に合法的なものです。」

OStorr.orgは比較的小規模なトラッカーではあるが、The Open CDでは5万回以上、その他のフリーなオープンソースソフトウェアでは数千回にわたってダウンロードされており、その拡散を手助けしてきた。そして、彼のWebサイトにリストされる.torrentファイルは、オープンソースサイトのものだけであった。彼のトラッカーは誰にでもオープンであった。それは他のトラッカーと同様のことである。しかし、Akashにはどんなファイルがトラッキングされているかを知る術がない。

Akashは現在、より理解があるホストを捜さなければならなくなったが、しかし、トラッカーを復旧させることを我々に約束してくれた。「オープンソースソフトウェアというくらいなのですから、入手に関しては合法的だということくらいわかると思うのですが、現実はそうではないようです。新たなホストを捜さなければならないのでしょうね。」と彼はいった。

Update:ウェブホストは全く正しい決断をしたようだ。Akash曰く「Liandraは、私がC&C torrent(どうもC&Cは本当に危ないゲームだそうで)をアップロードしていたと誤解していたとして、ながーい謝罪をしてくれました。さらに、3ヶ月分のウェブホストを無料にしてくれるとか。サイトは現在復旧して、通常通り動いています。今後は許諾のないtorrentはブロックする方針です。」

トリガーとなったのは著作権団体ではあるけれど、ホスト側の過剰反応が引き起こしたケース、という感じなのかな。

スポンサーサイト

2008年、最も人気のあったBitTorrentサイト トップ10

以下の文章は、TorrentFreakの「Top 10 Most Popular Torrent Sites of 2008」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Top 10 Most Popular Torrent Sites of 2008
著者:Ernesto
日付:December 28, 2008
ライセンス:CC by-sa

2008年も終わりに近づき、今年も最もトラフィックを集めたBitTorrentサイトのトップ10を発表する時期となった。The Pirate Bayがトップに立っており、Mininova、Isohuntがその後に続いている。TorrentSpyが今年初めに閉鎖したためにランクに現れなかったのは特筆すべきことであろう。

以下のリストはCompeteとAlexaのトラフィックランキングレポートをベースにしており、サイトの管理人からのビジターレポートにてそれをバックアップしている。

1. The Pirate Bay

The Pirate Bayにとって今年は良い年であっただろう。デンマークやイタリアにて、サイトへのブロックが行なわれたものの、それでもビジター数の増加は著しい。先月、同サイトは2500万ピアのトラッキングをマークしたすぐ後に、5周年のアニバーサリーを祝った。どの時点においても、2500万人以上がThe Pirate Bayトラッカーを利用して活発にファイルをトレードしているものと思われる。

Compete rank 885 / Alexa rank 117 / 2007 #3

2. Mininova

Mininovaは2008年を通じて、安定してビジター数を増加させており、この12ヶ月で30億以上の.torrentファイルが同サイトからダウンロードされている。ユーザがアップロードするコンテンツに加えて、Mininovaチームは同サイトのコンテンツディストリビューションプラットフォームを通じて、プレミアムパブリッシャーにフォーカスを合わせ始めている。

Compete rank 1,225 / Alexa rank 79 / 2007 #1

3. IsoHunt

MPAA、CRIAとの訴訟に直面していながらも、Isohuntは成長を続けている。今年、彼らはCreative CommonsミュージックディストリビューションサイトJamendoと手を組み、また、ISPや当局がユーザアクティビティを監視することを不可能にするため、The Pirate Bayと同様に同サイトにSSL暗号化を導入した。

Compete rank 1,106 / Alexa rank 200 / 2007 #2

4. Torrentz

最古参の部類に入るTorrentサイトであるTorrentzは、今年7月に5度目のアニバーサリーを祝っている。同サイトは、今年『verified torrents(確認されたtorrent)』機能を導入し、それによって、他の数多くのメタ検索エンジンでも同様の機能の導入が促された。先月、『ハッカー』によるtorrentzドメインの乗っ取りによってちょっとした問題を引き起こしたが、幸運なことにこの問題は2,3時間のうちに解決された。

Compete rank 2,039 / Alexa rank 220 / 2007 #4

5. TorrentReactor

TorrentReactorは2008年を通じて、サイトの再設計、最適化を繰り返し、その結果ビジターの増加に繋がった。さらに、TorrentReactorは、BitTorrentユーザに匿名でのtorrentダウンロードを可能にするサービス TorrentPrivacyをローンチした。

Compete rank 2,150 / Alexa rank 532 / 2007 #9

6. Demonoid

CRIAからの脅威により、6ヶ月間の停止状態にあったDemonoidは、今年4月に復活した。それ以降は、これまで通りの運営に戻り、かつてのメンバーのほとんどがすぐに戻ってきた。

Compete rank 3,869 / Alexa rank 526 / 2007 #na

7. BTjunkie

2007年12月、BTjunkieはオランダのアンチパイラシー団体BREINからテイクダウン通知を受け取り、元のISPからの移転を余儀なくされた。今年のBTjunkieは特にトラブルもなく、サイトはますます強化されている。

Compete rank 3,762 / Alexa rank 625 / 2007 #5

9. SumoTorrent

2007年、SumoTorrentは急速にトップTorrentサイト入りを果たし、そして今年も着実にトラフィックを増やし続けた。しかし、ポップアップ広告やリダイレクトなどのため、お世辞にもブラウジングしやすいサイトとは言い難い。

Compete rank 4,110 / Alexa rank 1,019 / 2007 #na

9. BTmon

BitTorrentMonster、通称BTmonは、デビューした昨年の時点で第10位につけていたが、今年も何とかランクアップすることができた。それ以外の点では、同サイトに関する特段のニュースはない。

Compete rank 4,737 / Alexa rank 989 / 2007 #10

10. TorrentPortal

TorrentPortalに関するニュースもほとんどないが、しかし、通常BitTorrentサイトにとって、ニュースがないことが良いことでもあるだろう。このランキングにある他のBitTorrentサイトほどの劇的なトラフィックの増大はないが、安定はしているようである。

Compete rank 4,300 / Alexa rank 1,126 / 2007 #7

Honorable mention: TorrentSpy

2006年にはTorrentSpyは他のどのBitTorrentサイトよりも人気があった。しかし、連邦裁判官がTorrentSpyに対し、全てのユーザデータを記録するよう命じた2007年8月以降、それは変わってしまった。裁判官はTorrentSpyに対し、ユーザをモニターし、ユーザアクティビティ詳細なログをとり、それをMPAAに提出するよう命じた。

TorrentSpyは、この命令に対し、ユーザのプライバシーを優先するとして、米国からアクセスする全てのユーザをブロックすることが最良の方策であると決断した。この結果、トラフィックは大幅に減少することとなったが、それでも何とか昨年のトップ10にはランクインすることができた。そして2008年3月、TorrentSpyのオーナーJustinは完全にサイトを閉鎖することを決断し、5月には彼の会社は1億1000万ドルの罰金を支払うよう命じられている。TorrentSpyはこの判決に対し、上訴する予定であるようだ。

ハリウッド、スパイに海賊行為をさせ それを証拠としてISPに対処を迫る

以下の文章は、TorrentFreakの「Movie Studios Spied On ISP’s BitTorrent Users」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Movie Studios Spied On ISP’s BitTorrent Users
著者:enigmax
日付:December 17 , 2008
ライセンス:CC by-sa

先月、7つのメジャーハリウッドスタジオがオーストラリア第3位の大手ISP iiNetを訴えるために手を組んだことを我々は報じた。これらのスタジオはBitTorrentを利用するiiNetの加入者をモニターしたというのだが、その中には彼ら自身がiiNetに送り込んだ『著作権侵害』加入者も含まれていた。権利者が第三者に著作権侵害をさせる、なんてことはあり得ないのだけれどもね。

ハリウッドスタジオの主張を以下に。オーストラリアのISP iiNetは「iiNet加入者が同社ネットワークを通じて、ハリウッドスタジオの映画やテレビ番組を無断使用していることを知りつつ、それを防ぐためにiiNetの利用規約を適用するといった適切な処置をとることを怠った」。

スタジオ側は著作権侵害をしたとされるユーザの遮断を望んでいるが、iiNetはそれを拒否している。Australian Federation Against Copyright Theft(AFACT)代表のAdrianne Pecoticは、iiNetが加入者に対し適切な措置をとらないために、スタジオは訴えざるを得ないのだという。ケースはまもなく連邦地裁に戻されるが、これまでの動きは非常に興味深いものがあった。

AFACTが認めているところでは、ハリウッドスタジオは今年6月から秘密裏に調査を開始した。彼らは調査者としてAaron Herps(AFACTは彼をiiNetに加入させた)と、ソフトウェアリソースの提供に関してにコペンハーゲンのアンチパイラシー会社DtecNetと契約を結び、7月2日から10月30日までオンラインでの調査を行なった。そしてHerpsは、iiNet加入者による著作権侵害活動をiiNetが黙認していることを証明する証拠を集めるため、BitTorrentを利用して積極的に著作物を共有した。しかし、どうやって彼らはこれを証明したというのだろう?

18週間の調査の末、スタジオは数千名のiiNet加入者のIPアドレスを収集し、それをiiNetのボスMichael Maloneに提出した。Malonelは後にこれについて「彼らはIPアドレスのリストを送りつけてきて、こういうのです。『このIPアドレスは、この日付に違反に関与していました』、と。私たちはそれを見てこういうしかないのです。『はぁ、で、私たちにどうしろと?私たちは、あなた方が疑わしいと訴えているだけでは個人情報はお渡しできませんし、何処ぞの誰かがかけた疑いに基づいて加入者の方を追放するなどということもできやしないのです』。」とコメントしている。

確実に、スタジオは調査者として、そして現iiNet加入者としてのAaron Herpsを「奥の手」だと感じていただろう。Herps自身の『著作権侵害』は他の加入者のものと同じようにiiNetに報告された。しかし当然ではあるが、iiNetは彼に何の措置もとらなかった。それに対してスタジオは、ISPは海賊行為を知りながら何ら措置を講じなかったという主張を強めた。

面白いことに、Herpsは実際にはスタジオから映画やテレビ番組を共有する許可を与えられていため、彼は著作権侵害を行なってはいないことになる。とすれば、もしiiNetが彼を遮断していたら、iiNetは誤った行動をしていたことになる。(訳注:彼は許可を得て共有していたのだから)彼の行動がこの件に何の関係があるのか、全く不明である。

iiNetは自らアクションを起こす代わりに、スタジオから提供された全ての証拠をそのまま警察に提出している。「ですから、あとはこういうしかないですね。『あなた方はこの人物が法を犯したと主張なさる。それを私たちは警察にお伝えする。あとは彼らにお任せしましょうよ』。」とMaloneはいう。

結局のところ、iiNetが著作権侵害を『黙認していた』のかを決定するは裁判所になるのだろう。しかし、スタジオ側の主張はいくつかの思い込みから来ている。iiNetは同社ユーザが著作権侵害をしたことを知っていた、同社はそれに対して何ら対策を講じてこなかった(たとえば警告や遮断)、同ISPは定められている利用規約を適用しなかった(著作物を共有してはならない)、こうした自由な環境がiiNetユーザがよりファイルを共有することを促した、とかね。

Business Spectatorによると、明日、審理が開かれ、iiNetの抗弁の期限を決定するとされている。iiNet側としては争う構えをとっている。

米国におけるDMCA同様に、オーストラリアのISPはCopyright Act 1968 - Sect 112Eにて守られている。コミュニケーションを可能にする、またはそれを促進する設備を提供する人物(キャリアや転送サービスプロバイダー)は、何物かによって著作権で保護された何らかの行為を目的として提供する設備を使用されたというだけでは、オーディオ/ビジュアルの著作権侵害を認めたとはされない。

しかし、Copyright Act 1968 - Sect 116AH statesは「転送サービスプロバイダは、適当な状況にて、著作権侵害を繰り返す利用者のアカウント停止規定のポリシーを導入し、適切にそれを実行しなければならない」としている。

しかし、誰かを著作権侵害者でだとするための証明は、単に疑いをかけるだけでは不十分である。今回の状況は、上記の原則に則ったとしても、遮断が適切であったとは考えにくい。Dennis Cowdroy判事が判決を下すまではね。

+ Read More

スペイン:ロイヤルティ徴収団体、証拠集めのために違法行為を働く

以下の文章は、TorrentFreakの「‘Wedding Crashing’ Royalty Collector Continues to Break the Law」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:‘Wedding Crashing’ Royalty Collector Continues to Break the Law
著者:Ben Jones
日付:December 25 , 2008
ライセンス:CC by-sa

スペインの演奏権料徴収団体は、そのロイヤルティ紛争における証拠収集方法に関して、法廷と衝突している。しかし彼らは、過去にも法律を破ったことで処罰されているにもかかわらず、反省するどころか、今後も同様のやり方を続けると言う。

RIAAが著作権侵害したとされる人々を追い回すことにご熱心なのは周知の事実であろう。そうした組織は他の国にも存在し、時として、彼らの行為はRIAA以上に悪しきものである。今回のケースでは、ロイヤルティに関する紛争にて証明を行なうに際して、ロイヤルティ徴収団体のSpanish General Society of Authors and Editors (SGAE)がスペイン法を犯したというものである。

SGAEは主要な演奏権料徴収団体であり、アーティストや著作権者への分配を行なっている。彼らはこのロイヤルティを支払わせるために、しばしば、行き過ぎた行為をしでかしてしまうようだ。それはまさに、2005年に彼らがしたことであった。SGAEは、セビリアで催された結婚披露宴に、スパイとして私立探偵を送り込み、その模様をビデオで撮影させた。そのビデオは、同会場がSGAEにロイヤルティを支払わずに音楽を演奏していたという証拠として、利用されることになっていた。

しかし、その審理の中で、裁判官はこの証拠ビデオがイベントに参加した人々のプライバシー権を侵害するものであり、不法に収集されたものとして、証拠として採用しなかった。証拠ビデオ自体は採用されなかったものの、同会場はロイヤルティを支払わずに音楽を利用したとして、43,179ユーロ(59,200USドル)の罰金を科された。

しかし、このストーリーにはお粗末なハッピーエンドが待っていた。後にSGAEはプライバシーの侵害のために、60,101ユーロ(82,400USドル)の罰金を科されることとなった。裁判費用を除いても、SGAEは16,992ユーロを失うことになり、さらには悪評まで生み出す結果となった。それでも、著作権エンフォースメントの世界では、権力を乱用し、料金を徴収することこそが重要だというのであれば、彼らはそれを続けることになるのだろう。SGAE代表Pedro Farreは、The Timeに対し「不正を調査するために私立探偵を雇うことは一般的なことです。我々はそれを実行し続けますよ。」と述べている。

さらにSGAEは、同団体が結婚式でのプライバシーを侵害したという判決に対しても批判的であり、2006年には、ビデオの合法性に関する疑念は「先導的な議論」であって、真に問題なのは、会場が音楽を違法に利用していたことにあるべきで、証拠の合法性は問題ではない、と発言している

2008年現在、それに類似したケースが審理されている。今度は、私立探偵を結婚式に忍び込ませ録画させる代わりに、合法的に出席した人物から得たというテープを証拠として提示している。再び、結婚式におけるプライバシーの問題となっている。スペインでは憲法にて自身のイメージに関する権利を定めており、このビデオの証拠能力は無効なものとなるかもしれない。会場側弁護士のJoaquI'n Moeckelは、結婚式でのこうした証拠収集は、同会場のライセンシングの決定には何ら影響するものではなく、本件ではSalón de Bodasに対するプライバシー権の侵害に当たるものだとしている。

+ Read More

スペイン:フリーカルチャー団体、著作権団体への抗議のため違法ファイル共有デモを決行

以下の文章は、TorrentFreakの「Spanish ‘Pirates’ Share Files on Government Doorstep」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Spanish ‘Pirates’ Share Files on Government Doorstep
著者:Ernesto
日付:December 21 , 2008
ライセンス:CC by-sa

アンチパイラシーロビーの増長にウンザリしたフリーカルチャー支援者団体は、自らのノートPCを手に社会党本部前に集結し、そこで著作権で保護されたファイルの交換を開始した。その目的は、著作物ファイルの共有がスペインでは合法的であると示すことにあった。そして、それは彼らが成し遂げたものであるようにも思える。

エンターテイメント産業のロビーストたちによれば、著作権で保護されたファイルをBitTorrentといったファイル共有ネットワークで共有することは重罪なのだそうだ。これは、彼らが議員たちに信じ込ませようとすることでもあり、そして一部では成功を収めている。

しかし、スペインのフリーカルチャー支援者が結成した団体は、これとは真逆の証明を行なわんとして、スペインのある主要政党のドア前でデモンストレーションを決行した。昨日、Compartir es Bueno (Sharing is good)とHacktivistas (Hacktivists)という2つの団体は、社会党本部前に集結し、その場でP2Pクライアントを起動し、著作権で保護されたものを共有し始めた。このデモンストレーションは事前に警察に届け出がなされており、無事決行されることとなった。もちろん、予想されていたように逮捕者は出なかった。

このデモンストレーションは、エンターテイメント産業のますますひどくなりつつあるプロパガンダとその影響力に呼応して組織された。この件は複数の主要ニュース媒体でも報じられることとなった。他の多数の国と同様に、スペインは著作物を共有したとされるユーザを遮断する権利をエンターテイメント産業に与えるスリーストライク提案を検討している。非営利目的の著作物の共有は、スペインでは違法ではないという事実があるにもかかわらず。

以前の裁判で、そのことが本当であることが確認されている。2006年、著作権で保護された音楽をダウンロードし、共有した男性に対し、お金を稼ぐことを目的とはしてはいないため、いかなる法律をも破ってはいない、という判決が下されている。最近では、法廷はP2Pダウンロードのためのリンクを提供するサイトの運営は合法であるとの判決を下している

抗議者たちは、社会党本部の真ん前で、そして警官の目前で著作物を共有することで、再びこのことを証明した。Hacktivistasはウェブサイトにて「利益を上げることを目的としない限りにおいては、P2Pネットワークから著作物をダウンロードしたとしても、スペインでは合法であるという事実を、我々は再び示したことになる。」と述べている

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
2008年12月の記事
→次
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。