スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽曲無断使用のYouTubeビデオ、アーティストのアルバムセールスを伸ばす

以下の文章は、TorrentFreakの「‘Pirated’ Youtube Clip Boosts Band’s Album Sales」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:‘Pirated’ Youtube Clip Boosts Band’s Album Sales
著者:Ernesto
日付:July 27, 2009
ライセンス:CC by-sa

メジャーレーベルが本当のことを言っているのなら、彼らはYouTubeパイレーツ達のせいで数百万ドルを失っているのだろう。しかし、それは本当なのだろうか?アンチパイラシー団体が違法アップロードされた音楽を削除し、音楽をBGMとして使用するYouTubeクリップの音声を無効にしようとする一方で、バンドBarcelonaはビデオアップローダーに対し、自分たちの楽曲を使用してくれたことに感謝するビデオを掲載した。

日々、数十万のクリップがYouTubeにアップロードされ、その中には著作権で保護された音楽が使用されている。もちろん、メジャーレーベルはこうしたYouTubeユーザがホームメイドビデオにBGMとして音楽を利用するなどの違法アップロードのせいで人々がますます音楽を買わなくなることで利益を損ねていると主張する。

しかし、音楽ビジネスに関わるすべての人々が、こうした評価に同意するわけではない。インディーロックバンドBarcelonaは、彼らの最新トラックが100万ビューに達しようかというバイラルなビデオで使用されていたことについて、全く異なる反応を示した。彼らは、以下のビデオがアルバムセールスを上昇させ、コンサートの来訪者を増やしたと主張する。

Kuroshio Sea featuring the Barcelona track

彼らはこのYouTubeビデオの削除を要求するどころか、この『Kuroshio Sea』ビデオへのレスポンスビデオを投稿し、新たにファンになってくれた人たち、そしてオリジナルのビデオを投稿してくれたアップローダーに感謝の言葉を述べている。

「このビデオで僕らの曲『Please Don't Go』をフィーチャーしてくれたことを本当に光栄に思うよ。」とBarcelonaのリードシンガーBrian Fennellは言う。

さらにドラマーのRhett Stonelakeは「このビデオで僕らの曲を流してくれたおかげで、先週、僕らのレコード『Absolutes』はセールスはiTunes Storeのロックチャートをグングン駆け上がって行ったんだ。このことは是非ともみんなに知っておいてもらいたくてね。」と話す。

Barcelona’s response

レコードセールスが急上昇した以外にも、彼らはYouTubeでビデオを見てコンサートに足を運んだという新たなファンに出会ったのだという。それはオンラインで音楽をプロモーションする素晴らしい方法であり、優れたビデオと組み合わさればさらにその効果は顕著なものになる。

多くのアーティストにとっては残念なことに、RIAAやBPI、IFPIなどのアンチパイラシー団体は、YouTubeからすべてのコピーライテッドミュージックを排除せんと監視を続けている。そうした状況に苦しむ不幸なアーティストにCalvin Harrisがいる。彼は最近、音楽産業のロビー団体BPIと衝突した。

Harrisは、自身がYouTubeにアップロードしたクリップがBPIからの著作権クレームを受けて削除されたことを知り、「俺の曲に何しやがるこのクソ共が」とTwitter上にぶちまけた。

「ファッキュー『BPIさま』よぉ、テメーらのやってることなんざクソの役にも立ってねーんだよ」。Harrisはそれでも言い足りないとばかりに、BPIを「史上最悪の団体」、その従業員を「救いようのない無能」と罵倒した。

他の多くのアーティスト同様に、Harrisは自身の音楽を聞いて欲しいだけである。そして彼は、YouTubeにクリップをアップロードすることで、まだ彼の音楽を聞いたことのない人たちに聞いてもらえるかもしれないと考えているようだ。もし、人々が聞いて気に入ってくれれば、アルバムを購入したり、コンサートに来てくれるかもしれない。まさにそれがBarcelonaに起こったように。

YouTubeはバンドやアーティストにとって無料のプロモーションであり、収益を殺すのではなく、それをドライブする可能性を秘めている。メジャーレーベルやアンチパイラシー団体は、もう一度アーティストの声に耳を傾け、アーティスト自身が彼らのコンテンツの削除を望んでいるのかどうかを聞いてみるべきではないだろうか?

Calvin Harrisの件に関しては、彼のオフィシャルYouTubeチャンネルにアップロードされたものが削除されたのだろう。それに関連しているTwitterのログを見てみると…

Calvin Harris
@calvinharris
 Youtube just removed MY Fake Blood and High Contrast remixes of Ready For The Weekend due to a copyright claim from Sony Music. What?! RAGE(2009-07-21 08:14:47) link
Calvin Harris
@calvinharris
 Fake Blood and High Contrast mixes still havent been re-instated on Youtube, i'm still raging. Have to make do with this http://bit.ly/lKRw5(2009-07-23 04:10:59) link
Calvin Harris
@calvinharris
 Youtube have now removed the ORIGINAL mix and video of Ready For The Weekend, due to a 'copyright claim'.(2009-07-23 16:45:34) link
Calvin Harris
@calvinharris
 There are videos up there that other people have uploaded of the same song, and they haven't been removed!? But mine does!(2009-07-23 16:50:00) link
Calvin Harris
@calvinharris
 Fantastic use of time combating piracy by removing my own videos, what a fucking revelation. Fuck the Torrent sites, this is the way forward(2009-07-23 16:53:25) link
Calvin Harris
@calvinharris
 We already contacted them 3 DAYS AGO about the Fake Blood and High Contrast mixes and they've done nothing, just continued!?(2009-07-23 16:54:26) link
Calvin Harris
@calvinharris
 Yet the Dave Spoon mixes remain!? And all my other music videos. Again, if the BPI try to remove JAM TV i'm going to the House of Lords(2009-07-23 16:58:09) link
Calvin Harris
@calvinharris
 This is unbelievable, and it seems I am completely powerless to do anything. Sony have done nothing, the BPI have done nothing(2009-07-23 17:02:07) link
Calvin Harris
@calvinharris
 I'm going to drive my car into the big window in the BPI's offices on my way to the studio this morning(2009-07-23 17:02:41) link
Calvin Harris
@calvinharris
 I'm going to hire a 4x4 for the day so i make more of an impact, and hopefully reach the online monkeys at the back of the office(2009-07-23 17:08:14) link

彼がここまでぶちぎれている理由としては、数日前にも自身がアップロードしたクリップがSonyのクレームに従って削除されていたこと、その件について問い合わせをしていたものの返答がないこと、そしてその間に再び自身がアップロードしたクリップ、しかもオリジナルミックスが削除されたこと、自分がアップロードしたものが削除されたにもかかわらず、同じ曲をアップロードしている他のユーザのクリップはそのままであること等々が重なって、怒り心頭となってしまったようだ。終いには車(4WD)でカチこむぞバーローとまで。

ただ、Calvin HarrisのケースとBarcelonaのケースは若干異なっていて。Harrisは自分がアップロードしたクリップまで削除することねーだろ、ということに怒っているようにも思える。"Fuck the Torrent sites, this is the way forward"なんて言ってるのも、何から何まで是としているわけじゃないという印象を受ける。それでも他のユーザがYouTubeにリミックスアップロードすることは否定しないんだろうけど。

Barcelonaのケースは、比較的Creative Commonsを戦略的に採用しているアーティストに類似しているのかな。インディペンデントであるがゆえに抱えているプロモーションの問題を解決するための1つの手段として、UGC等で利用してもらうというところなのだろう。

いずれにしても、コントロールの効かないところでの動きがポジティブに働くことがあるという時代に、何から何までかっちりコントロールしようというのはナンセンスだよなぁと思ったりもする。

スポンサーサイト

ベルギー:著作権料徴収団体、アーティストへの不払い等の不正が発覚、立件へ

以下の文章は、TorrentFreakの「Copyright Group Prosecuted For Failing to Pay Artists」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Copyright Group Prosecuted For Failing to Pay Artists
著者:Ernesto
日付:July, 2009
ライセンス:CC by-sa

ブリュッセル検察当局は国内音楽著作権料徴収団体SABAMの訴訟に絡んでの3年間の調査に結論を下した。検察当局は、同著作権団体がアーティストに代わって徴収している使用料をアーティストに分配していないと結論づけ、5名のマネージャーが文書偽造および背信行為の疑いで起訴されることになっている。

音楽著作権料徴収団体は、表だってはアーティストや作詞・作曲家らを代表して使用料を徴収していると主張しているが、行き過ぎは度を超してきている。彼らはライセンスを得ずしてクリスマスキャロルを歌ったとして学校や児童コミュニティセンターをターゲットにしたり、結婚式を台無しにしたりしている。

こうした熱心さから、彼らが徴収した料金も細心の注意を持って扱われていると思われるかもしれない。しかし、検察当局が公表したレポートによれば、ベルギーの著作権団体SABAMは全くそのようなことはないのだという。

検事当局は3年間の調査を経て本日公表されたレポートの中で、SABAMがアーティストに渡すはずのお金を渡していなかった、と結論づけた。さらに検事当局は、SABAMは組織として問題があり、内部統制が欠如している、さらに複数のアーティスト、作詞・作曲家の間で分配されるべきロイヤルティをどれくらい徴収しているのかも不透明であるとした。

さらに、膨大な金額が全く支払われておらず、SABAMの資金として保持されていたことも発覚した。また管理上の不手際とは別に、SABAMは一部の年間費用をごまかすことで、アーティストを欺いてもいた。

これらが発覚したことで、SABAMの5名のトップマネージャが起訴されることになっている。この5名には背信行為および文書偽造の容疑がかけられている。また、SABAMはアーティストたちの損失を補償しなければならなくなるだろう。 SABAMがアーティストに分配していなかった金額がどの程度に上るのかは明らかにはされていないが、レポートによればその額はかなりの金額であるとされている。

とはいえ、SABAMがヘッドラインを飾るのはこれが初めてのことではない。その中でも最も目立っているのがベルギーのISP Scarlettに対する訴訟であろう。法廷はStarlettに対し、同社ネットワーク上でのすべての海賊行為を制止するか、さもなくば1日ごとに 2,500ユーロを支払うよう命じている翻訳記事)。

現在、Scarlettに対する裁判は上訴されているが、SABAMが再び勝訴するとなれば、是非とも損失に対してどのような補償の計画を立てているのかを伺いたいものだ。正直なところ、彼らが代弁しているというアーティストたちが、適切な補償を受けられるとは思えないのだが。

韓国版スリーストライク法施行、オンラインすべてのコンテンツに適用可能?

以下の文章は、TorrentFreakの「Crazy Copyright Law Set to Cause Chaos in S.Korea」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Crazy Copyright Law Set to Cause Chaos in S.Korea
著者:Ernesto
日付:July 23, 2009
ライセンス:CC by-sa

韓国のネチズン達は、厳格な新著作権法がもたらす著作権侵害の業火に翻弄されていると感じていることだろう。大手ソーシャルネットワーキングサイトは、利用者の行為に対し注意を喚起しており、最大6ヶ月間のインターネット遮断という罰を受ける可能性もある。

国内オンライン海賊行為対策としてスリーストライクポリシーの導入を検討するレポート、というのは目新しいものでもないし、そうしたレポートに書かれていることが事実だとしても、将来多数の国でスリーストライクが導入されるかどうかはまだわかってはいない。

しかし、韓国においてはもはや懸念の域を超えてしまった。本日施行された厳格なアンチパイラシー法は、非常に攻撃的な方法で違法ファイル共有ユーザをターゲットにしている。同国の文化体育観光相によって生み出されたこのスキームは、著作権侵害ユーザをインターネットから最大6ヶ月間遮断する権限を当局に与える。

しかし、ファイル共有ユーザに対するスリーストライクは、問題のごく一部に過ぎない。

政府は、この法律が大規模な著作権侵害者をターゲットにすると主張しているが、その範囲が不明瞭であるために―単に「著作物」とのみ言及されている―、インターネット上にコンテンツをアップロードするほぼすべての人がこれに含まれるという点で、韓国はスリーストライクを拡大したといえる。

ソーシャルネットワーキングサイトCyworld、ウェブポータルNateを運営するSKCによると、ブログやSNSページを作成している韓国人ユーザが、慎重にならなければならないのだという。

ここ数日の間、同社は利用者に、この新たな法律に関する注意を促し、音楽や映画、テレビ番組を違法に共有することだけではなく、いかなる著作権を有するイメージ、ビデオの利用に関しても警告している。

これらすべてのものが、侵害ユーザにストライクをもたらす可能性がある。

BGM付きの『YouTube』スタイルのホームメイドビデオも禁止され、ストライクと見なされることになる。

歌詞や書籍からの抜粋までも。

著作権産業がこの新たな力を得て責任のある行動を取るのか、それとも大規模なユーザ遮断ための武器として使うのかは、それほど遠くな日に知ることになるだろう。いずれにしても、この法律は韓国の優れたブロードバンド環境に利益をもたらすものではないだろう。

韓国のスリーストライクに関しては、それほど多くのソースを得ることができず、その問題点、施行前の動きなどは追いかけられなかったのだが、ついに施行されてしまった、と。

スリーストライク法の施行を伝えるレイバーネットによれば、著作権侵害の判断は裁判所ではなく、韓国著作権委員会なる機関が行なうとのこと。この点については、フランスで違憲判断が下された理由でもあるため、多くの問題を抱えることになりそうだ。

既に情報共有連帯IPLeftと進歩ネットワークセンターが、このフランスの例をあげ、韓国においてもスリーストライク制度は違憲であると主張し、違憲訴訟を提起する予定であるという。詳細は、レイバーネットを参照していただきたい。

ファイル共有やアップローダ(ウェブハード)といったものが大規模著作権侵害の温床とされているわけだけれど、それ以外の著作権侵害に対しても、このスリーストライク制を適用するかどうかは依然不明であり、一部の著作権者はそれを望んでいるのかもしれない。現状ではそれが可能であることを考えると不安にはなるけれどもね。個人的には、韓国著作権委員会次第という気がしないでもない。

ルイジアナ州立大学、学内の違法ファイル共有ユーザに50ドルの罰金

以下の文章は、P2P Blogの「University starts to fine students for file sharing」という記事を翻訳したものである。

原典:P2P Blog
原題:University starts to fine students for file sharing
著者:Janko Roettgers
日付:July, 2009
ライセンス:CC by-nc-sa

確かにRIAAはファイル共有ユーザに対する訴訟を中止したのかもしれない。しかしそれは、あなたのメディア消費習慣からお金を奪い取ろうとする 人がもういなくなったということではない。ルイジアナ州立大学の学内紙Daily Reveilleによると、同大学は8月1日より、学内ネットワークにてファイルを共有している学生に対して、50ドルの罰金を科すのだという。記事より。

「ITプランニング・コミュニケーション担当職員のSheri Thompsonは、RIAAからの警告状を受け取った学生は、一般的には4,000ドル程度支払わされるのだと言います。(…)『50ドルは4,000ドルに比べれば安いですし、そこまでの痛手ではありません。50ドルと4,000ドルとでは学生達の生活に与える影響も異なったものになるでしょう。』とThompsonは言います。」

もちろん、RIAAが大量訴訟戦略を断念した半年後に、この大学は罰金を科し始めようというのだから皮肉なものだ。

この記事によるとルイジアナ州立大学は2008年に200通のDMCA通知を受け取ったとある。つまり、この大学がファイル共有ユーザを追い込むことで10,000ドルの利益を上げるかもしれないということだ。必ずしも危機的な予算の問題を解決するものではないだろうが、これは確かにちょっとしたボーナスに成るだろう。

まぁおそらく、この大学がファイル共有に関するリソースを得るために、SlyckやZeropaidにリンクを張る必要はもうなくなるんだろうね :)。

というか、実際のところどうやって取り締まるつもりなんだろう?元の記事によれば、「違法に」ファイルを共有していた場合に罰金を科すことになっている。まぁ、脅しのつもりなんだろうけど…、このやり方に何か問題をはらんでいそうな気もする。というか…

Thompson said the RIAA monitors ports to see if they have left any music files that belong to the RIAA open to the public.

“When you transfer files, they’re called packets, and these packets can be identified as to what they are,” Thompson said. “Usually it’s through things like BitTorrent, or through LimeWire, or any other things that are shareware, where people put up stuff illegally or make it available illegally.”

Daily Reveille - Illegal downloads fine begins August 1

んー、RIAA(というかMediaSentry)がやっていたのは、特定のコンテンツに接続しているユーザのIPアドレスの記録であって、通信の内容じゃない。LSUもMediaSentryを雇ってRIAA同様の監視をするというのだろうか。それとも通信の内容を見るとでもいうのだろうか。さらにいえば、権利者でもないのに、その行為が違法であるかどうかをどう判断するのだろう。

また、P2P Blogの記事では年間200通のDMCA通知とあるが、元記事によれば2008年以降減少しているようで、今は「大体100くらい」なのだとか。でも大学はこの数を非常に多いと考えていて、学生にとって過剰に負担にならない程度だが、ファイル共有を思いとどまるであろう額として50ドルを設定したとのこと。Thompsonは、著作権侵害が起こる度に大学側にコストがかかっており、それが重荷になっているという。集められた罰金の使途については明かされていないが、その補填にでも当てるのかしら。

ちなみに、たとえ大学側に罰金を支払ったとしても、その著作権侵害をRIAAからとがめられた場合、特に大学側が身代わりになってくれる、助けてくれるというわけでもなさそうだ。元記事では、過去の著作権侵害をRIAAからDMCA通知を送付されたケースについて書かれているのだが、それは将来の著作権侵害なら別、というわけでもないだろう。

まぁ、RIAAが訴訟戦略を止めたおかげで、できることなのかもしれないけど。

DRM is Dead?:RIAA、DRM絶滅の危機を示唆(タイトル訂正: July 21)

以下の文章は、TorrentFreakの「DRM is Dead, RIAA Says」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:DRM is Dead, RIAA Says
著者:Ernesto
日付:July 19, 2009
ライセンス:CC by-sa

RIAAはこれまで長きに渡ってDRMの使用を堅持し、本当に音楽を購入した数百万の正直な消費者たちから嫌われてきた。現在、RIAAはDRMが有害無益であることをようやく理解し、その死を公式に宣言した。

デジタル音楽の世界は日々進化を続けている。ちょうど2年前、RIAAチェアマン兼CEOだったMitch Bainwolは、消費者の利益を守るために、デジタルミュージックでのDRMの使用を堅持すると発言した。

「DRMは種々の向消費者的利益をもたらすものです。」と当時彼は発言している。もちろん、その利益とやらが具体的にどのようなものであるかは明言されなかったが。

しかし、月日は流れ、ますます多くの消費者達がDRMフリーの音楽を求め、多数のレーベルや音楽サービスがデジタルな制限のない音楽の提供を開始した。それでも、RIAAはDRMのない未来を思い描くことはできず、昨年にはDRMが再び重要になってくるとすら予測した

状況はその予測とは正反対に進んでいった。DRMは未だ大手合法音楽ストアに存在しているが、多くのビッグプレイヤー達はそれを捨て去ることを決断した。2009年初頭、AppleはiTunes StoreDe販売するすべての音楽をDRMフリーで提供することになるとの見通しを公表したのが、その最も顕著な例だろう。この期に及んでは、たとえRIAAであってもDRMの復活など望むべくもない。

RIAAのチーフスポークスパーソンJonathan Lamyは、SCMagazineの取材でRIAAのDRMに対する見通しについて訪ねられ、DRMの死と宣言した。Lamyは、現在DRMフリーで音楽を提供するiTunesストアやその他のオンラインストアを参照し、「DRMは死ぬということですよね。」と答えた。

Update 7月20日: そう、それが本当であれば良いことなのだろうし、事実そうなのかもしれない。ただ、我々はRIAAが質問への返答にDeadという言葉を使ってはいなかったと伝えられた。LamyはTorrentFreakに対し、最近ではダウンロードされる楽曲にDRMがかけられていることはほとんどない、と話しただけだと語った。別の(我々の)言葉で言い換えると、DRMは絶滅危惧種である、が、まだ絶滅はしていない、というところだろうか。

DRM最大の唱道者であるRIAAがそこまでいうのだから、それは事実なのだろう。RIAAが公式にDRMの死を認めたのはこれが初めてであるが、音楽産業の他のプレイヤー達は既にこれを認めている。最も注目すべき例を挙げると、今年初めIFPIはDRMを捨てることによって「ダウンロードセールスが著しく上昇する」だろうと話している

我々はこれに同意せざるを得ない。DRMがなしたのは、ちゃんとお金を支払って音楽を購入した人々を悩ますことだけであった。DRMは音楽の著作権侵害を抑制するどころか、その逆ですらあった。音楽産業も今になってようやくそれを理解したんだろう。

**追記**

斜体箇所を修正。この発言は、あくまでもRIAAの現状把握を現しているののだと思われます。

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
2009年07月の記事
→次
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。