スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついにACTAインターネット規定のドラフトがリークされる

以下の文章は、Michael Geist Blogの「ACTA Internet Chapter Leaks: Renogotiates WIPO, Sets 3 Strikes as Model」という記事を翻訳したものである。翻訳に当たっては、無名の一知財政策ウォッチャーの独言の「第216回:リークされた模倣品・海賊版拡散防止条約(ACTA)のインターネット関連部分」の翻訳を参照、一部転載した。

原典:Michael Geist Blog
原題:ACTA Internet Chapter Leaks: Renogotiates WIPO, Sets 3 Strikes as Model
著者:Michael Geist
日付:February 21, 2010
ライセンス:CC BY

数ヶ月前、ACTAのインターネット規定について記述された欧州連合メモがリークされたが、ついに実際のチャプターそのものがリークされたPC Worldがこれを報じているが、この新たなリークはこれまでの報道を裏付けるもので、欧州連合メモそのままの内容であった。このチャプターは、昨秋、秘密保持協定が求められた部分である。

既にリークされている内容を確認するものであるため、内容そのものにはさして驚きはないが、ノーティス・アンド・テイクダウン、技術的保護手段の回避禁止ルール、ISPの責任制限/スリーストライクの3つに留意する必要があるだろう。

ノーティス・アンド・テイクダウン(Notice-and-Takedown)

ノーティス・アンド・テイクダウン規定では、仲介者(訳註: ISPなど)の責任制限のためのセーフハーバーの必要条件として以下を義務づけている。

オンライン・サービス・プロバイダーが著作権侵害に対する法的に有効な通知を受け、かつ、当該の加入者よりオンライン・サービス・プロバイダーに通知の誤認または誤送であるとの法的に有効な返答がない場合には、迅速にマテリアル(訳註: 侵害コンテンツ)を削除、またはそのアクセスを無効にしなければならない。ただし、オンライン・サービス・プロバイダーがそのシステムまたはネットワークにおいて、転送のためのパイプとしてのみ振る舞う場合には、(II)の規定からは除外される。

これはカナダの法律を変えなければならないことを意味している。先の2度の著作権法改正案(C-60およびC-61)は、ノーティス・アンド・テイクダウンではなく、ノーティス・アンド・ノーティスを求めるものであった。現在、このノーティス・アンド・ノーティスは非公式の取り決めによって実施されているが、その効果についても十分にあったとされている(Entertainment Software Association of Canadaは、今月初旬に開かれた自由党著作権ラウンドテーブルにて、通知を受けた71%の加入者がその後1週間以内に再びコンテンツをアップロードしてはいなかったと報告している)。ACTAは国内法ならびにカナダのビジネス慣習をもねじ曲げることになるだろう。

技術的保護手段の回避禁止(Anti-Circumvention)

技術的保護手段の回避禁止規定はさらに問題がある。これらは事実上、WIPOインターネット条約の再調整であるといえる。提案されたACTA規定では以下のように述べられている。

作者、実演家、レコード製作者によって用いられ、その作品、実演、レコードの不正使用を制限するために有効な技術的手段の回避への適当な法的保護および有効な法的救済措置に関連する 著作権に関する世界知的所有権機関条約第11条 ならびに 実演及びレコードに関する世界知的所有権機関条約第18条の履行に際し、各加盟国は適当な意図的行為のケースにおいて民事的救済措置ならびに刑事罰を盛り込まねばならない。これは以下のものに適用される。

(a) 保護された作品、実演、またはレコードへのアクセスをコントロールする有効な技術的手段の無許諾の回避、ならびに

(b) 有効な技術的手段を回避することを目的として販売、設計、または製造されている、もしくは有効な技術的手段の回避以外に商業的目的を持たない、または使用されない技術、サービス、デバイス、製品、部品またはその一部の製造、輸入、流通

WIPO Copyright Treaty 第11条(技術的保護手段の回避禁止規定)は、加盟国が自国に適当な形でそれぞれに導入できるようあえておおざっぱに定められていた。同条約では、「有効な技術的手段への十分な法的保護と、回避に対する有効な法的救済策」を義務づけるという程度である。つまり、アクセスコントロールも、回避に用いられるデバイスの製造や流通の禁止も求められてはいないということ。実際、アメリカ合衆国でDMCAが議論されていた際、ブルース・リーマン国防次官は、同条約の履行はデバイス規定なしでも実現できると認めている。さらに彼は、DMCAの存在が、他の国々にアメリカの先例に従うよう圧力をかけるために利用されるだろうとも述べていた。

この法律が施行されれば、我々はこれをテンプレートとして使うことができるだろう。通商代表が、商務省が、国務省がこれをテンプレートとして、他国政府との交渉に際して、有効な救済策の提供を求めるこれらの条約の履行のために何をすればよいかをアドバイスすることができる。

つまり、ACTAは1996年ジュネーヴでのポリシー戦争の敗北を覆すためのメカニズムであると言える。たとえACTAが一見それらしい構想を掲げていたとしても、カナダを含む多数の国に米国式のアプローチを採用するよう強制するものとなる。

スリーストライク/段階的レスポンス(Three-Strike/Graduated Response)

このドラフト版のチャプターがリークされたことでようやく、現時点でのACTAにはスリーストライクモデルの導入が義務づけられていないことが判明した。先日、米国通商代表は、義務的なスリーストライク・システムは定められていないと述べていたが、このドラフトでもそれが確認できる。しかし、その厳しい表現は義務的ともとれる。米国の提出したドラフトのチャプターでは、仲介者はネットワークの管理に際してより積極的な役割を負わなければならないとされており、さらにそのモデルとして、スリーストライク・アプローチが例としてあげられている。つまり、条約はスリーストライクを明確に要求するものではないが、責任が制限されるセーフハーバーの資格を得るための推奨モデルとして明示しているのである。仲介者の責任制限のためのセーフハーバーの必要条件の規定にはさらに以下のものが含まれている。

オンライン・サービス・プロバイダが、著作権または関連する権利によって保護された物の不正蔵置または不正転送に対処するためのポリシーを採用し、適切に履行する場合。 ただし、この(a)の責任制限において、いかなる加盟国も、オンライン・サービス・プロバイダーがそのサービスを監視すること、あるいは、侵害行為が生じていることを示す事実を積極的に探すことを条件とすることはできない。

では、ACTAにて推奨されるポリシーとはどういったものだろうか?条約では以下のように記述されている。

そのようなポリシーの例としては、サービス・プロバイダのシステムまたはネットワークにおいて侵害を繰り返す者の契約ならびにアカウントを適切な状況で停止することが挙げられる。

このリークから、米国通商代表のこの問題に対する説明があてにならないことがわかる。彼らは、公式にスリーストライクはないと約束しておきながら、その一方で、推奨されるポリシーのモデルとしてスリーストライクを明確に挙げているのだから。米国での過去の技術的保護手段の回避禁止議論を見ても、初めは大まかな話をしておいて、その後に詳細な要件について話を進めていくというのは明らかで、このスリーストライクの件でも同様の力学が働くことは疑いない。

進行の見通しから察するに、このリークはISP規定が議論されたメキシコでのACTA会合からのものであると推測される。しかし、同会合では技術的保護手段の回避禁止規定については議論されていないことになっている。米国の技術的保護手段の回避禁止規定は、現在のところは、要検討の提案として挙げられているだけなのかもしれない。ニュージーランド政府によると、スリーストライクモデルに代る別の提案があるかもしれない、という。これについては、おそらく4月にニュージーランドで開催される次回会合で議論されることになるだろう。

ACTAのインターネット規定のその他の条文については、無名の一知財政策ウォッチャーの独言の兎園さんが翻訳されているので、是非。

第216回:リークされた模倣品・海賊版拡散防止条約(ACTA)のインターネット関連部分: 無名の一知財政策ウォッチャーの独言

しかし、相変わらずリークによっておぼろげに概要がわかるというのも酷い話だ。

スポンサーサイト

スウェーデン:アンチパイラシー法施行から9ヶ月、抑制効果は消失

以下の文章は、TorrentFreakの「Illicit File-Sharing and Streaming of TV Shows Increases」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Illicit File-Sharing and Streaming of TV Shows Increases
著者:Ernesto
日付:February 17, 2010
ライセンス:CC by-sa

スウェーデンのコンサルタント企業が、消費者のデジタルメディア消費に関するレポートを公表した。レポートによると、 2009年第4四半期における映画、テレビ番組の無許諾オンライン配信にアクセスしたスウェーデン人の数が増加傾向にあったという。この調査は、IPRED法の導入によって生じた抑制効果がなくなったことを示している。

昨年4月1日にスウェーデンのアンチパイラシー法IPREDが施行されたことで、同国のインターネットトラフィックはなんと30%も減少した。多くのインターネットユーザが、著作物のダウンロード、共有を発見されることを恐れ、そうした利用を停止したためであると思われる。

それから数ヶ月後の2009年11月、 TorrentFreakはNetnodのデータから、スウェーデンのトラフィックレベルがIPRED施行以前に戻っているのみならず、実際には以前よりも増加していることを見いだした。

IPRED施行後のスウェーデントラフィックの回復

とはいえ、トラフィックレベルは年々増加しているため、トラフィックの激増がオンラインパイラシーの状況が元に戻ったことと関連しているかどうかを確かめるのは困難であった。しかし、スウェーデンのあるコンサルタント企業が公表した調査によると、オンライン上の違法コンテンツへのアクセスが実際に増加していることが示唆されている。

Mediavisionは、デジタルメディアの消費動向を専門とするコンサルタント企業であると自らを喧伝している。そのクライアントには、メディアグループ、テレビ局、広告主、製作会社がいる。

公表されたばかりの2009年第4四半期のレポートによると、昨秋、テレビ番組のダウンロードが増加傾向にあることが明らかにされた。

15歳から74歳までの140万のインターネットユーザが、そうした活動を行なっていた。15~24歳のグループでは、50万人が映画やテレビ番組にアクセスするために、違法なストリーミングサービスを利用していた。Mediavisionによると、こうした手段へのデマンドはより増加しているという。この年齢層の20%が、その利用を認めている。

さらに同社は、15~24歳のグループの60%が、さまざまな手段を通じてオンライン上の違法なメディアを消費しているという。このパーセンテージは15~74歳では40%であった。この数値は、IPRED施行以前にMediavisionが調査した数値と同じであった。

同社は、ウェブでの違法な映画、テレビ番組へのアクセスは、少なくともIPRED施行以前と同程度に、ともすればそれ以上になっているとまとめている。

Mediavisionのイェンス・ヘロンは、テレビ番組のパイラシー状況は、海外のテレビ番組や国際映像などがもっと早く利用できるようになり、消費者のタイムシフト、プレイスシフトの選択肢が増すことで、改善されるだろうと述べている。

「我々の分析では、消費者はいつ見るのか、どのスクリーンで見るのかを自分自身で決定することをますます望んでいる。残念なことに、多くの人がIPRED法の回避に慣れてしまった。これを改善するためには、法律のみならず、良質な合法的選択肢を提供することが必要である。」と彼は言う。

以前にもお伝えしたが、実際、15~25歳のスウェーデン人のおよそ10%が、IPREDを無力化するための手段を講じているという。実数としてはおよそ500,000人だが、この数字はさらに増えていくだろう。ランド大学のマンス・スヴェンソン法社会学博士は、全スウェーデン人の6~7%が、オンラインでのアイデンティティを隠しているだろうと推定している

ロシア大手Torrentサイト、当局の命令でドメインをサスペンドされる

以下の文章は、TorrentFreakの「Huge Russian BitTorrent Site Has Domain Suspended」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Huge Russian BitTorrent Site Has Domain Suspended
著者:Ernesto
日付:February 18, 2010
ライセンス:CC by-sa

ロシアの大手BitTorrentサイトTorrents.ruが、当局の命令によりドメインを停止された。 Torrents.ruは、同国最大手のBitTorrentサイトでありとあらゆるジャンルのメディアをインデックスしていた。同サイトは現在、400万人のユーザにサービスの提供を続けるため、 仮のドメインで運営を継続している。

西欧諸国においては、The Pirate Bay やisoHuntなどのサイトが、主にその規模や人気のために多くのパブリシティを得ている。その一方で、英語圏や欧州の周辺であまり注目を集めてはいないながらも、非常に大規模なサイトも存在している。

そうしたサイトの1つにTorrents.ruがある。同サイトはロシアの大手BitTorrentサイトで、ユーザ数400万人、ホストしているTorrentは100万を超えていたが、比較的トラブル無く運営を続けてきた。今までは。

本日、ロシアの大手ドメインレジストラ、ウェブホスティングプロバイダ-のRU-Centerは、Torrents.ruのドメインを停止し、即時サスペンドした。

RU-Centerの広報アンドレイ・ウォロビヨフは、モスクワ チェルタノフスカヤ地方警察の刑事課からの命令でドメインをブロックしたことを認めているが、その理由については明らかにしていない。

一方、Torrents.ruの運営者たちは、この措置の影響を最小限のものに抑えるため、対抗策を講じている。

彼らは既に、ユーザが同サイトに継続的にアクセスできるようRutracker.orgという別のドメインが用意された。しかし、これは古いドメインのURLが付与された既存のTorrentには効果がない。

この問題は、既存のTorrentに記述されたアナウンスURLを、torrents.ruからbt.rutracker.orgに変えることで解決することができる。あるいは、単に新たなドメイン下のサイトにアクセスし、現在の新しいトラッカーURLが含まれているTorrentを再ダウンロードしてもいいだろう。

この件についての報道ビデオはこちら(ロシア語)。

「BitTorrentってどうやって機能しているの?」をわかりやすく視覚化

以下の文章は、TorrentFreakの「How and Why BitTorrent Works, a Visualization」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:How and Why BitTorrent Works, a Visualization
著者:Ernesto
日付:February 18, 2010
ライセンス:CC by-sa

日々、数百万の人々がファイル共有するためにBitTorrentを利用している。しかし、そのBitTorrentがどのように機能しているのか、そしてどうして大容量のファイルを効率的に共有することができるのかについて実際に理解している人はごく一部であろう。シンプルかつ説得力のある視覚化によって、BitTorrentクライアントが内部で何を行なっているのかをより理解することができるだろう。

テクノロジー一般についても言えることだが、技術者、開発者たちの専門用語でいっぱいのページを苦労して読むよりは、BitTorrentの内部動作を表現するシンプルなシミュレーターを見る方が手っ取り早く理解できる。これまでBitTorrentがどのように動作しているのかを知らない人々にとっては、このビジュアライゼーションは何かと役立つだろう。

この秀逸なBitTorrentスウォームビジュアライゼーションは、processing.jsを使用し、BitTorrentスウォームがどのように機能しているのかを表している。特に、初心者にとっては、どうやってBitTorrentが機能しているのか、なぜほんの数分のうちに1GBのデータを数百万人に送信することができるのか、ということを理解する助けとなるだろう。

テック好きのユーザの方ならご存じだろうが、BitTorrentはまずファイルを小さなピースに分割することから始める。ファイルの共有を開始したユーザは、スウォーム内の他のピアにも入手できるよう、それらの小さなピースを送信する。BitTorrentプロトコルは、それらのピースが全員にシードされるよう設計されており、ピースを入手したピア同士でも即座に交換が開始される。

その後はビットとバイトによるシェアリング・フェスティバルである。あなたのBitTorrentクライアントは最も不足しているピースをスウォーム内のピア同士で共有できるよう探し出そうとする。これはダウンロードプロセスが99%で止まらないようにするためである(訳註: ピース欠けを防ぐため、ということ)。また、こうした共有は、フェアな交換原則(tit-for-tat)に従っている。

一般的に、BitTorrentでの転送速度は、スウォーム全体のシーダーの数が多いほど速いとされている。たとえば、20人のシーダー、50人のリーチャーがいるTorrentの方が、50人のシーダー、250人のリーチャーよりも高速なダウンロード速度が得られる。

以下のBitTorrentシミュレーションは、こうしたプロセスをシンプルに視覚化したものである。Internet Explorerを除き、最新版にしてあれば全てのブラウザで動作する。スウォーム内にシーダーを追加する場合は「S」キー、リーチャーを追加する場合には「P」キーを押す。「R」キーでスウォーム内のピアがランダムに削除される。

TorrentFreakは2006年にも、この「BitTorrentシミュレーター」の初期バージョンを紹介しているが、そのオリジナル版が既にウェブ上に存在していないこと、2006年以降ますますBitTorrentを利用する人々が増えていることを考えると、新ためてこの最新版を紹介する意義はあるだろう。

動作中のBitTorrent Simulator

全く知らない人に説明するためには、ここに書いてあるようなことをまず教える必要があるのだろうが、その後にこのビジュアライゼーションを見ることで、より容易に理解することができるだろう。

ベルギーISPへのフィルタリング義務裁判、欧州司法裁判所による審査へ

以下の文章は、TorrentFreakの「European Court Of Justice Reviews P2P Filtering Case」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:European Court Of Justice Reviews P2P Filtering Case
著者:Ernesto
日付:Febrary 09, 2010
ライセンス:CC by-sa

音楽著作権団体SABAMは、ベルギーのインターネットプロバイダに対し、P2Pトラフィックへのフィルタリングを 強制するよう求める裁判を起こしている。しかし今のところ、全くうまくいってはいない。ブリュッセル控訴裁判所は現在、 このケースが再度精査される必要があるとして、本件の審査を欧州司法裁判所に委ねた。

SABAM対ベルギーのISP Tiscaliの裁判は、既に数年の月日が流れるほどに長引いている。この間、同インターネットプロバイダーは社名をScarletに変え、その後、Belgacomに買収されもした。多くの変化があったにも関わらず、ベルギーの音楽著作権ロビー団体による法廷闘争は続けられている。

音楽業界団体はこの裁判を通じて、インターネットプロバイダーに対し、ファイル共有ネットワークにおける著作物の流通を阻止するためのフィルタリングシステムを、ISPネットワークに導入することを義務づけるよう求めていた。2007年、ISPはAudible Magic(音楽産業が推奨したシステム)を用いて違法ファイル共有を阻止しなければならないという判決を下し、SABAMは勝利を収めた。

しかし、この判決は複数の理由から論争を引き起こした。まず、ISP加入者を検閲(訳註: spying)することは法律違反ではないかという点。当時の取締役のガート・ポーストは、「この措置は、ISPにインターネット上のビッグブラザーになれと言っているに他なりません。今日、私たちがこれに控訴しなければ、永久に、見えないところで、違法に個人データの監視が行なわれることになってしまいます。」とコメントした。

さらに、プライバシーの問題以上に急を要する問題もあった。フィルタリングシステムの導入自体が大きな問題を抱えていたのだ。音楽産業が推奨した『Audible Magic』が機能しないばかりか、それに代るフィルタリングシステムもないことが判明した。つまり、ISPが判決に従おうとしても、事実上それは不可能であった。

その後、SABAMの弁護士は、彼らがAudible Magicの有効性について裁判官に誤解させたことを認めた。それを受けて裁判所は判決を覆した。同ISPは、控訴審が決着するまでの期間、違法ファイル共有ユーザに対する措置を講ずることなく運営を続けることができるようになった。

先週、ブリュッセル控訴裁判所はこのケースに着手した。しかし、控訴審は問題となっている内容を吟味する代わりに、欧州司法裁判所に本件に含まれる基本的な問題について審査するよう委ねた

欧州において、これは加入者による著作権侵害に対してISPが責任を負うのかどうかを定める先例的ケースである。近年、エンターテイメント産業は、この手のフィルタリングに関して継続的にロビー活動を続けている。欧州司法裁判所の解釈が今後のカギを握ることになるだろう。

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
2010年02月の記事
→次
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。