スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド映画監督、海賊版上映会を開いた国会議員を訴えてやる!と息巻く

以下の文章は、TorrentFreakの「Director Furious As Lawmakers Watch Pirate Copy of Hit Movie」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Director Furious As Lawmakers Watch Pirate Copy of Hit Movie
著者:enigmax
日付:June 21, 2010
ライセンス:CC by-sa

インドの映画監督が同国国会議員への法的措置を示唆した。議員らが彼のヒット映画の海賊版コピーを集まって視聴したためだという。『Raajneeti(Politics:政治)』と題されたこの映画は今月より劇場公開されたのだが、数十名のインド人民党議員たちは映画館で映画を見たわけではなかった。彼らの上映会がテレビニュースの一部として流れたことで、この違法上映が発覚した。

インドの映画監督プラカーシュ・ジャーにとって、6月はめまぐるしい月になった。彼の最新作『Raajneeti(Politics:政治)』は、ボリウッド(インド映画産業)版の政治的スリラーとして大成功を収めている。同映画は2週間足らずで10億ルピー(約20億円)の興行収入という大ヒット。しかし、6月中旬に入り、別の問題が降りかかった。

6月15日、インド人民党の数十名の議員の娯楽として、同映画は豪勢なホテルにて上映された。しかし、そこには問題があった。『Raajneeti』は現在、劇場で公開中であり、DVDはリリースされていないのだ。インド人民党はこの小さな問題を、海賊版を上映することで解決した。

もし、同国のニュースチャンネルが、この上映会の模様や、あるインド人民党議員の「Raajneeti(政治)と題された映画ということもあって鑑賞している。今最新の映画ということもあるが、それ以上に政治に関わることだからね。」という発言を報じなかったならば、この問題は表面化しなかったかもしれない。

これに激怒した監督のプラカーシュ・ジャーは、この上映会が開かれたホテルに対し法的措置をとることを公表した。

「この映画の上映に関与した人たちを訴えるのに、どれほどのコストがかかっても構わない。鑑賞した人たちにも同様の措置をとる。」とジャーはいう。「前閣外相のバスンダラー・ラージェだろうが、ホテル関係者であろうが、この件に関わったすべての人々を許すわけにはいかない。彼らは罰せられなければならない。」

「立法に関わる議員その人が自ら法に反することをするなど、あまりに馬鹿げている。ましてや海賊版の映画を上映しただなんてとんでもないことだ!彼らは劇場公開されたばかりの映画が(DVDでは)手に入らないことも知らないのだろうか?」

インド人民党の議員たちは非を認めなかった。「問題が針小棒大に叫ばれているのでしょう。実にひどいことです。プラカーシュ・ジャーが今後どういう措置をとるかという話なら、彼に聞いてください。我々は間違ったことはしていませんから。」

ジャーは、もし議員側から上映の要請があったなら、正規のコピーを提供していただろうと話している。

「こうした違法行為を行う人への啓蒙が必要とされている。」と彼はまとめている。「私たちはこれまでずっと懸命にパイラシーに立ち向かってきた。そんななか彼らは、こうした問題にも気づきもせず、それどころか海賊版を見て、そのまま知らんぷり。何もしてないじゃないか!」

刑事告訴に続き、先週木曜、裁判所は警察にこの問題の調査を開始するよう要請した。

この映画については、以下のブログをご覧くださいませ。何とも皮肉なもんだね。

■ ポポッポーのお気楽インド映画 : 【Raajneeti】

スポンサーサイト

英国ISP、「間違って」RapidShare/Megauploadへのアクセスを遮断?

以下の文章は、Copybitsの「UK ISP Virgin Media Blocks Rapidshare and Megaupload」という記事を翻訳したものである。

原典:Copybits
原題:UK ISP Virgin Media Blocks Rapidshare and Megaupload
著者:nikozz
日付:June 27, 2010
ライセンス:CC by-sa

Digital Economy Billが英国上院、下院を通過する際、果たしてこの法律が ファイル共有サイトの合法/違法ユーザの双方にどういった影響を及ぼすのかを理解していた者はいなかっただろう。

昨日、英国のインターネット・サービス・プロバイダ Virgin Mediaは、自ら問題の引き金を引いた。ファイル共有ポータルサイトRapidShareとMegauploadへのアクセスをすべてブロックしたのだ。多くの人々が、政府や音楽産業のアクションに先だっての動きではないかと考えた。

当然のことながら、Virgin Mediaの加入者たちは、この問題に対する説明を求めて同社のフォーラムに詰めかけた。大半のクレームはこれらのファイルホスティングサイトのプレミアムユーザからのものであった。彼らは仕事で使用する重要なデータを保存していたが、そのファイルにアクセスできなくなっていた。

Bitterwalletによると、Virginのテクニカル・サポートは加入者に対し、これらのサイトへのアクセス遮断はミスによるものであり、午前中に問題を解決すると説明している。さらに、RapidShareのブロックを回避する簡単な方法として、"http;//"ではなく"https://"でアクセスするよう推奨している。

アクセスが復旧し次第、追ってお伝えする。

追記 Virgin MediaはTwitterにて加入者に対し公式に説明を行った。今回の遮断はミスによるものであり、VirginはRapidShareやMegauploadへのアクセスを意図的に遮断したのではないとしている。Bitterwalletに投稿されたコメントによると、Virgin Mediaのルータにインストールされたモニタリング・ソフトウェアが意図せぬ遮断を引き起こしたのだという。

サイトへのアクセスは段階的に通常の状態に戻りつつようだ。

追記2 我々はVirgin Mediaにコンタクトを取り、公式な返答を受け取った。彼らはこれがネットワークの問題であるという。

Virgin Mediaのスポークスパーソンは以下のように語っている。「Virgin Media加入者の方が、5月13日木曜日の夜半から特定のファイルアップロードサイトにアクセスできなくなっている問題は把握しております。Virgin Mediaはこれらのサイトを意図的にブロックしたことは決してございません。現在、根本的な原因を調査しております。ともかく、現在は回避措置を実装しましたので、加入者の皆さんは再びサイトにアクセスできるようになっているはずです。ご不便をおかけして申し訳ございません。」

問題は、これまで推測されていたようなルータのアップグレードによるものではなく、内部ネットワークのルーティングの問題によって生じているようだ。

回避措置が実装された今、Virgin Media加入者は問題なくこれらのサイトにアクセスできているのだろう。

まぁ、今回は間違いだったのかもしれないね。ただ今後、RapidShare、Megaupload上で行われている著作権侵害を理由に、両サイトへのアクセスがブロックされることもありうる話だとは思うけどね。

アルバムを違法ダウンロードしようとしたらアーティストが爆死した

以下の文章は、TorrentFreakの「Assassinate a Pop Star By Illegally Downloading Music」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Assassinate a Pop Star By Illegally Downloading Music
著者:enigmax
日付:June 15, 2010
ライセンス:CC by-sa

アンチパイラシーキャンペーンは手を変え品を変え、続けられている。しかしその大半は果てしなく退屈であったり、冷やかしの対象にしかならないものばかり。新たに開始されたアンチパイラシーキャンペーンは、人気アーティストのフリーダウンロード・サイトという形が取られているが、ちょっとしたひねりが加えられている。ユーザがダウンロードしようとすると、ポップスターたちは弾丸で頭をぶち抜かれたり、手榴弾で吹き飛ばされたりと、悲惨な最期を遂げる。

ここ十年ほどの間、アンチパイラシーキャンペーンは非常にアレげな方向で楽しませてくれている。状況の改善を望むエンターテイメント産業にとって、失敗以外の何物でもなかった、という意味でもそうであるのだが、さらに「You Wouldn't Steal…」キャンペーンのような意図せぬおもしろおかしさと、そこから多数のパロディが生み出されたこともそう。

もちろん、その流れは止まらない。中国の音楽誌RE:SPECTは、前代未聞のアンチパイラシーキャンペーンを開始した。海賊ダウンロードサイトっぽく見える『合法』的なフェイクサイトを使い、ダウンローダーは大好きなスターの音楽をダウンロードするよう仕向けられる。

ポップスターを暗殺せよ

残念なことに、このサイトでフィーチャーされている億万長者のアーティストたちは、最終的にファンの違法ダウンロードのツケを支払わされる。

アルバムのアートワークをクリックすると、ダウンロードボタンが表示される。これをクリックすると、不幸なメロディメーカーたちへの永遠のお別れの幕が開く。哀れなMoby(以下の画像)は、2発の銃弾を避けたものの、3発目の銃弾に頭をぶち抜かれてしまった。

避けろMoby、避けるんだ!

他のアーティストたちも、銃弾だったり、手榴弾だったり、他の爆発物だったり、さまざまなバリエーションでやられてしまう。2分くらいは十分楽しめる。

なかなか見栄えの良いサイトではあるが、そこにならんでいるアルバムをよくよく見てみると、お馴染みのアルバムのようでいて、タイトルがちょっとおかしかったり、オリジナルを真似たアートワークで再現されたものであるとわかる。実に皮肉なことであるが、これは著作権への配慮ゆえ、なのだろう(Mobyがこうしたキャンペーンに賛同するわけもなく)。

アンチパイラシーキャンペーンの中でも、これはとりわけ、エンターテイメントとして実に愉快なものだ。しかし、それによって違法ダウンロードを抑止できるのか?…まず無理だね。

FreeMusicHKのサイトはこちらからどうぞ。

B00000J6AGちなみにMobyのホンモノの『Play』のジャケットはこちら。

あくまでも、『Moby』ではなく『Copy』という架空のアーティストなのだそうだが。他にも『Amy Winehouse』が『Any Winehouse』だったり、『Madonna』が『Madownload』だったり、『White Stripes』が『White Stop』だったり、『BLUR』が『BIUR』だったり、失笑を禁じ得ないのだが、これってアンチパイラシーキャンペーンというよりも、アンチ・アンチパイラシーキャンペーンなんじゃないかと思えるほどの出来。

ダウンロードボタンをクリックすると、アートワークの中の実写/アニメのアーティストたちに、手榴弾が投げ込まれたり、銃口が向けられたり、というビデオがスタートする。しつこくダウンロードボタンをクリックしていくと、最終的にアーティストたちが射殺されたり、爆殺されたりする、と。結構頑張って作ってあるんだろうけど、あんまり趣味がいいとはいいがたい。…嫌いじゃないけど。

個人的には、『Madownload』さんの爆破っぷりに素でびっくりしてしまったので、2分くらいならお馬鹿なことに時間を割ける方は是非。

uTorrent Falcon、iPhone対応のウェブインターフェースをリリース

以下の文章は、TorrentFreakの「uTorrent Launches Remote Control for iPhone」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:uTorrent Launches Remote Control for iPhone
著者:Ernesto
日付:June 15, 2010
ライセンス:CC by-sa

BitTorrent Inc.はFalconクライアントにiPhone対応の『ウェブ』リモートアクセス機能を追加した。これにより、uTorrentユーザはどこにいてもiPhoneさえあれば、ダウンロードを遠隔操作することができる。uTorrentアプリケーションそのままのインターフェースで、torrentの追加、停止、削除などが可能となる。

Falconプロジェクトは、uTorrentにとって将来の支柱の1つである。このプロジェクトでは、セキュアなウェブインターフェースを通じて、どこにいてもダウンロードステータスにアクセスできる機能などの開発が進められている。uTorrentは数週間前にその『ウェブ』機能を一般に公開したが、本日、開発チームはiPhoneをサポートしたことをアナウンスした。

「世界が常にネットに繋がっているこの時代、ユーザはいつでも、どこでも、Torrentをコントロールすることを望んでいます。そこで、私たちの製品をもっとアクセシブルなものとするため、Torrent Web for iPhoneを導入しました。」とBitTorrent社プロダクトマネジメントVPのサイモン・モリスは語る。

「現在、Torrent Webは実験的なProject Falconソフトウェアの一部として提供されているのみではありますが、大型のロールアウトを前にこの機能の調整を続けていきます。」とモリスは最近のブログエントリにて述べている。未確認ではあるが、このuTorrent WebはiPadでもサポートされるのではないかと推測される。

Falconのリリースは、uTorrentのこれからにとって非常に重要な部分であろう。Falconは通常のuTorrentによく似ているが、ウェブインターフェースやビデオストリーミングなどの複数の機能が追加されている。GriffinやPheonと共に、Falconプロジェクトは最近アナウンスされたuTorrent Labsの一部で、初期の段階からユーザにベータプロジェクトへの参加を許容している。

web.utorrent.comでのウェブインターフェースを利用するためには、最新のFalconリリースをダウンロードし、インストールしなければならない。暗号化、ログインすれば、iPhone対応のインターフェースを利用できる。PC版クライアントとほぼ同様のコントロールが可能になる。

uTorrent Web for iPhone

なぜApp StoreにBitTorrent関連アプリがないのかを疑問に思っている人も多いだろうが、それはApple様がBitTorrentに関連するすべてのアプリケーションを禁止しているためだ。「この種のアプリケーションはしばしば第三者の権利を侵害する目的で使用されており、そのためApp Storeでこの種のアプリケーションを公開しないことにしております。」というのがAppleのオフィシャルな説明だ。

Appleは、自らのビジネスに関わるすべてをコントロールしたいと考えているのだろうが、今のところ、iPhoneでアクセスするウェブサイトまで検閲してはいない。つまり、Safariを通じてuTorrentウェブインターフェースを利用できるということ。今後も、これが続くといいのだが。

ちなみに、Apple側の説明は、TransmissionのiPhoneアプリ開発に絡んでなされたもの。

iPhone/iPod Touchには「しばしば第三者の権利を侵害する目的で使用されて」いるYouTubeビューワがデフォルトで搭載されていたと思ったが。

ノルディック・ユース映画祭:ガザに届け、BitTorrentライブストリーミング

以下の文章は、TorrentFreakの「BitTorrent Live Stream Brings Film Festival to Gaza」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:BitTorrent Live Stream Brings Film Festival to Gaza
著者:Ernesto
日付:June 11, 2010
ライセンス:CC by-sa

BitTorrentはオンライン上で大容量のファイルを共有する最も効率的な方法である。それと同時にイベントをライブストリームするために使用することもできる。場合によっては、人々が文化的イベントにアクセスするための唯一の手段ともなりうる。パレスチナ人映画監督がノルウェーの映画祭に参加するためのビザがおりなかったことから、映画祭の主催者はガザにむけてBitTorrentライブストリーミング配信を行おうとしている。

今週末、ノルウェーのトロムソにて国際「ノルディック・ユース映画祭」が開催される。映画祭の主催者は毎年、世界中から若手映画監督を招き、その作品を上映している。しかし、招待されたからといってこの映画祭に行けるとは限らない。映画『Ticket to Azrael』のパレスチナ人監督が、当局によってノルウェーへの渡航を制限されたのだ。

「中東における封鎖(ガザ封鎖)のため、貧しいパレスチナ人に水や食料、薬などの生きる上で必要なものが渡っていないことは、よく知られています。しかし、地域外へ旅行に行こうとするだけの普通の人々にビザが下りないことは、ほとんど知られていないかもしれません。」と、映画祭主催者はこの問題についてブログに記している。しかし幸運にも、この映画監督は、BitTorrentのおかげで映画祭の模様をフォローすることができそうだ。

このノルウェーの映画祭は、ガザの人々と密接な関わりがある。主催者は以前よりガザの若手映画監督を招待し、2008年、2009年には、インターネットを介した映画ワークショップを共同開催している。今年は、現在の政治情勢ゆえに、ガザを含む世界中に人々にBitTorrentパワードのライブストリーミングを提供することにした。

映画祭にて使用されるBitTorrentストリーミングは、Far North Living Labによって提供される。昨年、このラボはBitTorrentを用いて2K (2048×1080)の解像度の映画を大型スクリーンにストリームする実験を行っている。また、その数ヶ月後には初となるコンサートのBitTorrentライブストリーミング配信も行っている。

Far North Living Labは今晩、映画祭のオープニングよりライブストリーミングを開始する。ノルウェー最古の現役映画館より配信される映像は、ガザやその他の地域の人々がストリーミング視聴をできるよう、約1.1Mbps、H.264フォーマット、PAL規格フル解像度でBitTorrentライブストリーム配信される。これには、以前のプロジェクト同様、P2P-Nextのコードベースが使用されている。

「これはユースシネマの国際的認知を高めるという私たちの目標を後押しするための重要な機会です。」と映画祭ディレクター ヘルマン・グルーエルはTorrentFreakに語った。

重要な点は、ストリーミング配信を通じて、ガザに住む若き映画監督たちがこの映画祭の模様をフォローできるということ。「映画祭の模様ををがガザの中心部やイベントで上映することはできません。ガザ政府の特別な許可が必要になるのです。しかし、このストリーミングであれば、ガザでも視聴できるのです。」と彼は言う。

BitTorrentを著作権侵害を助長するテクノロジーだと非難するばかりよりも、映画監督や映画ファンたちがこのように創造的に使用しているのは実に喜ばしいことだ。

このストリーミングをチェックしたい方は、CET午後6時よりこちらからどうぞ。

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
2010年06月の記事
→次
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。