スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

著作権とQWERTYキーボード:経路依存が狭める未来

以下の文章は、TorrentFreakの「Copyright Is Like QWERTY: Locked-In and Retrospective」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Copyright Is Like QWERTY: Locked-In and Retrospective
著者:Stefan Larsson
日付:April 24, 2011
ライセンス:CC BY

『経路依存』は、技術的標準の進展と、技術的標準がいかにして所与の技術的ソリューションを『ロックしてしまうか(lock in)』を説明する用語として、一般的に使われている。経路依存の例として、QWERTYキーボードがしばしば用いられるが、これはキーボードをより望ましく、効率的なソリューションに変えるためのコストが、変化を阻害しているためである。同様のことが、今日の著作権法制についても言える。プライバシーやその他の権利を犠牲にして。

QWERTYキーボードを製造、販売する企業が、現在の規格を変えたがらないのは当然のことである。標準規格を変更すれば、市場における優位性が損なわれる。同様に、著作権をどのようにして制御すべきかという法的ソリューションの多くも、経路依存となり、狭められている。

たとえ、もっと望ましいソリューションがあったとしても、著作権法は『コピー』され続ける。著作権に頼る産業は変化を嫌う。それまで持っていた権威や権力を失い、そして収益を失いかねないからである。こうした「経路依存」の最悪の結末は、万人のプライバシーを犠牲にして、著作権に関わる利害が維持されることである。

どうしてそうなってしまうのか

著作権の本質的な経路依存を把握するためには、広く、複雑な展開について理解しなければならない。ご存じのように、インターネット上の振る舞いと著作権による制限との間には、多くの矛盾がある。EUの「情報社会指令」がより多くの行為を違法化したことも、知財権執行に関する指令がインターネットユーザのプライバシーを弱めたことも、著作権侵害者に対するスリーストライク法が欧州各地で議論されていることも、いずれも強い傾向、すなわち『経路』が選択されていることを意味している。

法律は、さまざまな面で歴史を反映する。しかし、歴史的かつ時代遅れの概念や原則は、以降の法律の方向性を狭める経路を作り出す傾向にある。法律が、社会の重要な変化を捉えきれない過去のやり方に最適化されている場合、問題が生じる。たとえば、インターネットやデジタル化がそうだ。法律はしばしば、『新たな時代』に適応しうるオルタナティブを考慮できないほどにロックされる。

この点に関して、著作権は実に興味深い。結果として、社会的規範と法的規範との克服しがたい葛藤に終わっている。いやが上にも、この経路依存分析を重要なものとする。上述したように、欧州著作権政策の経路依存は、その保護によって利益を得る人々にとっての強い根拠として用いられる。

エンターテイメント産業は変化を嫌う。制度を社会に調和させることは、彼らの利益にはならず、よって産業はより厳格な著作権法を望む。著作権保護期間の更なる長期化、より強力な保護、著作権侵害を発見するための侵入的な手段を求める。彼らは、自分たちの独占のために戦っている。しかし、産業が実行力を有するに至った理由は、(訳註:現在の)法制度の確立や成熟が、インターネットが登場する以前になされたためであることを忘れてはならない。

いま、そこにある問題

こうした調和を欠く現実の法律は、様々な問題を抱えている。第一に、著作権の特別利益が、たとえばテロリズム対策法など、さまざまな他の領域にかかる法律と絡み合っていることがある。その結果苦しめられるのは、ファイル共有ユーザや著作権侵害者だけではない。万人のインターネットトラフィックが監視されることになる。

第二に、ISPなどの中立の仲介者が、著作権の抱える『葛藤』において、どちらにつくかを選ぶよう、標的にされてきていることがある。これに関する欧州の展開は、執行指令(Enforcemnet Directive)やテレコム改革パッケージ(Telecom Reform Package)に見ることができる。最近まで交渉が続けられてきた模造品・海賊版拡散防止条約(ACTA)も、同様のことが世界規模で生じた事例と言えよう。先日、欧州委員会が公表した報告書(PDF7ページ)では、「オンラインの知的財産権侵害」と効果的に戦うための法的措置ないし法律によらない措置は不十分であるとして、ISPはデータキャリアとしての責任を果たすべきであると結論づけられている。

第三に、ISPの役割が我々の知るインターネットの基盤に大きな影響をもたらすことがある。古い著作権の原則が、インターネットとは何かを定義するために用いられている。これは、著作権の発展が、広範囲にわたって、トレーサビリティやアクセシビリティ(ゲーテッド・コミュニティ)のみならず、大規模な監視に関する法執行の再構築を意味する。

全市民を対象にした監視の発達は、軽々しく扱える問題ではなく、精査されることなくして通過させてはならないものであることは理解しておかねばならない。

要約すると、著作権経路が再生産(コピー)され、様々な法的措置において強化されうる。欧州著作権の経路依存は、その維持により利益を得るものによって強力な根拠として用いられ、その背後に強固な権力構造があることを暗示する。その結果、著作権は、プライバシー権や場合によっては財産権などの他の権利よりも、優先されることになる。

著作権の経路依存は、利害関係者間の大きな不均衡に繋がる。エンターテイメント産業や著作権から利益を得る人々は、市民が何をして良いか、何をしてはいけないかを、広く定めることができ、著作権の利益は、万人のプライバシーを犠牲にして得られることになる。それが真に望ましいことであるのかどうか、私たちはよく考えなければならない。

--

ステファン・ラーションは、ランド大学サイバーノーム研究グループの法社会学者。最近では、The Pirate Bayのファイル共有調査プロジェクトを行っている。

ステファンがエジンバラ法科大学院のジャーナルScriptEdで発表した欧州著作権の経路依存に関する論文は、こちらで全文参照できる

議論のテーマに比して、文章が短いということもあってか、やや抽象的な感があるけれども、大筋としては同意したい。いまの状況を見て、著作権などいらないとは思わないけれども、結果としてパッチを当て続けることでしか対応できておらず、そのパッチも過去のあり方から、今の、これからのあり方を規定するかたちで当てられ続けている。

さらに、市民の声よりもロビイストの声の方が通りやすいというのもあって、プライバシーのような基本的な市民権が軽視される傾向もあるのかなと思ったり。

スポンサーサイト

MAFIAAfire:米政府によるドメイン押収に対抗するFirefoxアドオン

以下の文章は、TorrentFreakの「Firefox Add-on 'Undoes' U.S. Government Domain Seizures」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Firefox Add-on 'Undoes' U.S. Government Domain Seizures
著者:Ernesto
日付:April 14, 2011
ライセンス:CC BY

米国政府によるファイル共有関連ドメインの差押えは、エンターテイメント産業が期待したほどの効果は上がってはいない。ドメインを押収されたウェブサイトの大半は、新たなドメインの下で活動を継続している。ある匿名のグループは、こうしたドメインの移行をよりスムースにするため、自動的に新たなホームページにリダイレクトするシンプルなFireFoxアドオンをリリースした。

ここ数ヶ月、米国政府がファイル共有関連ドメインを差押えたことで、多くの論争が巻き起こった。各方面から強い批判を浴びているものの、依然として終わりは見えていない。

先週、ICE(移民関税執行局)管理官ジョン・モートンは、こうしたドメイン押収が今後数年にわたって続けられるとを確認した。しかし、当局がこうした努力を喧伝する一方で、その反対者たちも、回避する方法を既に編み出してきている。

こうしたイニシアチブの1つとして、Firefoxアドオン「MAFIAA Fire」が本日公式にリリースされた。このプラグインは、ICEが差し押さえたドメインのリストを保持、更新し続け、問題のウェブサイトが別のドメインを用意している場合にリダイレクトしてくれるというもの(ICEへの対抗なだけにfireとか)。Chrome拡張への対応も進められている。

アドオンの開発者たちは、手始めにTorrent-Finder.comやRojadirecta.comなどのドメインを新たなドメインにリダイレクトすることから始めた。彼らはさらに、サイト管理人向けに、今後ドメインが差し押さえられた場合に備えて、別のドメインを登録するためのオプションを用意してもいる。新たに追加されたドメインは、サイト管理人の必要に応じて「アクティブ」にすることができる。

TorrentFreakはMAFIAA Fire開発者にコンタクトをとり、話を伺った。曰く、これはまだ手始めであるという。彼らは「インターネットは検閲をダメージであると解釈し、それを回避する」というダン・ギルモアの言葉に触発され、当局によるドメイン押収や、その他の検閲に徹底抗戦する覚悟を持ったという。

「まだスタートを切ったに過ぎない。このやっかいな問題に足を突っ込んだ以上、たくさんのアドオン、エクステンション、プラグインをリリースしなくてはならないね。」と彼らはTorrentFreakに語った。「我々の目標は、インターネットを検閲しようとする政府の試みを、カビの生えたビジネスモデルを守ろうとアンチパイラシー活動を続ける連中のやり方をひっくり返してやること。」

「昔懐かしのモグラ叩きゲームがあるでしょう?あれの現代版、あなたの周りの至る所から同時にたくさんたくさん。」

「政府の腐敗ぶりには心底呆れている。もうたくさんだ。批判し、行動を起こすべき時がきている。随分、延び延びになってしまっているが。」と言う。

MAFIAA Fireの開発者によれば、エンターテイメント産業やその他隠された思惑によるインターネットのコントロールを回避しなければならないという。このアドオンは、小さな、しかし口火を切るステップであると彼は言う。

「世界中の政府が、エンターテイメントの終わりなき嘆きにつきあって検閲を行ったり、自らの政策のためにインターネットのコントローラビリティを高める口実としてそれを利用している。そして、そのプロセスにおいて我々の権利を踏みにじる。」

「我々のプライバシー権は、いかなる時代遅れのビジネスモデルにも優先しなければならない。残念なことに、普通の人は10,000ドルのプレートディナーを挟んで議員連中に陳情するほどの余裕はない。ハゲワシどもはこの数十年、普通の人の声を殺してきたんだ。」と彼はいう。

MAFIAA Fireの開発者は、このリダイレクト機能以外にも、世界中のアンチパイラシー機関のウェブサイトに何かできないかと計画しているという。このプロジェクトでは、世界中のアンチパイラシーサイトのドメインを募集している。

MAFIAA Fireアドオンは、Mozillaおよび公式ウェブサイトにてダウンロードできる。公式サイトでは、詳細を知りたい人向けのFAQも用意している。アドオンのコードはオープンソースで、近日中に公開される予定。

PS3ハッカーGeohot、PSN情報流出事件への関与を否定

以下の文章は、TorrentFreakの「Geohot: Don't Blame Me For Sony Hack」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Geohot: Don't Blame Me For Sony Hack
著者:enigmax
日付:April 28, 2011
ライセンス:CC BY

Sonyとのトラブルに不当に巻き込まれた感のあるPS3ハッカーGeohotは、今回のプレイステーション・ネットワークへの攻撃との関係を否定した。

「何らかのかたちで僕が関与していたと思っている人もいるみたいだけど、僕はそこまでイっちゃいないし、FBIにドアをノックされたいわけでもない。」と彼は言う。

「ホームブリュー(homebrew:自作ゲームソフト)を起動したり、手持ちのデバイスのセキュリティをチェックするのはクールだ。でも、誰かのサーバをハックしたり、ユーザ情報データベースを盗むのはクールじゃない。たとえ相手がSonyみたいな糞野郎だとしても、ハッカー・コミュニティのイメージは最悪にしてしまう。」

Geohotは、今回の壊滅的な侵入の責任は、「ハッカーに宣戦布告し、かつてSonyと呼ばれた要塞への侵入を叫んだ人々をあざ笑い、海賊行為に絶え間ない愚痴をこぼし、優れたセキュリティ専門家を雇うべき時に弁護士ばかり雇ってきた経営陣」にある、という。「ハッカー・コミュニティを排除しようとするのは、得策じゃない。」と彼は付け加えた。

全くだね。

全文はこちらから

今回の件とこれまでの経緯とは関係がないわけじゃないけれども、私は切り離して考えるようにしている。もちろん、Geohotを訴えて、コミュニティの怒りを買ったのは当然だと思うし、私も憤りを覚える。ただ、そういう経緯があって攻撃を受けたのだろうだから(といっても、未だ犯人が割れているわけではないのだが)、その状況を生み出したSonyが悪いんだ、とも思えなくて。

ただ、セキュリティ上の問題を抱えていたことや、対応の後手後手感などには、やはり不信感を覚えてしまう。なんだかなぁ。

ビースティ・ボーイズ、最新アルバムをリークされるも、Soundcloudへの公式アップロードで反撃

以下の文章は、TorrentFreakの「New Beastie Boys Album Leaks, Listen Here For Free」という記事を翻訳しつつ、加筆したものである。

原典:TorrentFreak
原題:New Beastie Boys Album Leaks, Listen Here For Free
著者:enigmax
日付:April 27, 2011
ライセンス:CC BY

The Beastie Boysは、最新アルバム『Hot Sauce Committee Pt. 2』の無料ストリーミング配信を開始した。

このアルバムは、例によって既にファイル共有ネットワークにリークされているのだが、バンドはギャーギャーわめくよりも、長いものには巻かれることにしたようだ。

Mike Dは、リーク後に既にこのアルバムの曲をブログ(tumblr)にアップロードし、「これはまったく予定にはなかったんだけど、リークされちゃったし、最初はここで(自分たちの手から)聴かせたい思ってね。もう聴いちゃった人もいるかもしれないけど。楽しんでって。」とコメントしている。

さらに昨日、彼らはSoundCloudを利用し、この最新アルバムのフルストリーミング配信を開始した。

Hot Sauce Committee Part Two by Beastie Boys

アルバムのストリーミング配信に際して、バンドは以下のコメントを掲載している

善良なる人々へ。我々のコントロールを越えた残念な状況により、最新アルバム『The Hot Sauce Committee pt 2』の"clean"なバージョンがリークされてしまった。そこで、我々は不遜かつ敵対的報復措置として、我々のサイトから"full explict"な、いわゆる"filthy"で"dirty"で"nasty"なバージョンをストリーミング配信することにした。幸福と祝福と、調和をもたらさんことを。

SoundCloudで聞くのもいいんだけど、公式サイトのアルバム特設ページもかっこよかった。SoundCloudとのマッシュアップページといった感じ。

それにしても、うまい切り返しだ。他にもリークへの対抗策として、Soundcloudでの配信に先立って、「マディソンスクエアガーデンで、大きなラジカセを置き、そばに立てたマイクで音を拾ってアルバム音源を生中継する、という何ともシュールな方法でアルバムの全曲ストリーミング放送を行った」のだとか

uTorrent 3.0ベータがリリース:レイティング&コメント、ストリーミング機能など

以下の文章は、TorrentFreakの「uTorrent 3.0 Adds Ratings, Comments and Streaming」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:uTorrent 3.0 Adds Ratings, Comments and Streaming
著者:Ernesto
日付:April 19, 2011
ライセンス:CC BY

本日、uTorrent開発チームは、 長く待たれていたuTorrentバージョン3.0ベータを公式にリリースした。これまでで最も重要なリリースとも言えるこのuTorrent 3.0は、トレント評価、コメント、ストリーミングなど、さまざまな新機能が盛り込まれている。uTorrentチームは、このuTorrent3.0が新規ユーザ、そして歴戦のBitTorrentユーザの双方に歓迎されることを期待している。

Windows版uTorrentは、2005年にリリースされるやいなや、最も広く使用されるBitTorrentアプリケーションとなった。今日では、世界中で100万のユーザが定期的にこのクライアントを使用し、ユーザ数も増加の一途をたどっている。

本日、uTorrent 3.0ベータが公式にリリースされた。本バージョンは多数の新機能や修正が盛り込まれ、先月よりクローズドテストが続けられていた。uTorrentの親会社であるBitTorrent社は、これらの追加機能により、このフラッグシップクライアントがより多くのオーディエンスにアピールできれば、と期待している。

最も期待されていた機能として、まず、トレントファイルの評価とコメントのオプションが追加された。コメント機能は多数のユーザが要望していた機能で、uTorrent「Idea Bank」でも4番目にリクエストの多い機能だった。一部からは、アプリケーションが肥大化する、スパマーに利用されると懸念されたが、大方はコメント機能を有益だと考えているようだ。

コメント機能以外にも、uTorrent 3.0ユーザは、トレントファイルを5つ星で評価できる。これらコメント機能、評価機能により、ダウンローダーはダウンロード中のファイルのクオリティについて知ることができる。

uTorrent 3.0 コメントと評価(Ratings)

uTorrent 3.0のもう1つの新機能として、ダウンロード完了前のビデオのストリーミング・オプションが追加された。このストリーミング機能は、一部実験的なuTorrentリリースにて既に実装されているが、現在はuTorrentの中心的な機能となっているのだろう。このストリーミング機能により、ビデオをプレビューしたり、ダウンロードしながら視聴できるようになる。

上記の機能以外にも、uTorrent 3.0はアップデートされている。ユーザ・インターフェースは改良され、「簡易ビュー」が追加された。これは、uTorrentの最も基本的な機能にのみ限定した、最小限のインターフェースとなる。これまで、その複雑すぎる見た目のために、たくさんの初心者ユーザたちを脱落させてきたが、簡易ビューのおかげで、こうした「手に負えない」感は幾分緩和されるだろう。

また、初心者ユーザをつなぎ止めておくためのもう1つの機能として、「スタート」ガイド機能が導入された。ここには、すばやくBitTorrentをマスターするための、新規利用者向けビギナーズガイド、チュートリアルビデオ、その他の小技・裏技集がある。

これまでのuTorrentでは、トレントを作成し、共有することは、さほど容易なことではなかった。uTorrent 3.0では、クライアントの左下に「送信ファイルをここにドロップ」というボックスがあり、ここにファイルをドラッグ&ドロップすると、自動的にトレントが生成され、シードが開始される。

ユーザは、友達と直接トレントを共有するためのリンクを得ることができる。友達がuTorrentをインストールしていない場合でも、uTorrentのコピーがバンドルされたトレントをダウンロードできるオプションもある。

BitTorrentに慣れたユーザにとっても、uTorrent3.0は新機能がたくさん詰まっている。コメント/評価機能以外にも、uTorrent 3.0は、リモート機能を中心的な機能として加えている。これにより、スマートフォンなどのデバイスから、トレントをセキュアにコントロールすることができる。さらに、uTorrentはポータブルモードを実装し、USBメモリー一本で気軽に持ち運ぶことができるようになった。

BitTorrent社製品管理副社長のサイモン・モリスは、「私たちのゴールは、uTorrentのさまざまな機能を提供、拡張しつつ、そこでのやり取りをシンプルにすることにあります。」とTorrentFreakに話した。「この方向性は、テクニカルな機能を求めるパワーユーザを満足させつつ、より広いユーザ層にアピールできると考えています。」

「機能的展望としては、2つのアプローチをとっています。1つは、多くのユーザが価値を見いだしているストリーミングや評価、リモートアクセスなどの需要の高い機能を満たすこと。もう1つは、BitTorrent App Platformから、アドオン機能を追加できるようにすることです。」とモリスは付け加えた。

今後数ヶ月、uTorrentはその機能を拡張し続けるとという。

「2011年のuTorrentロードマップはアクティブです。uTorrentは、詳細なバックグラウンドデータを参照しつつ、理想のファイル共有エクスペリエンスを提供するクライアントだと考えています。理想型としては、インターネット中の大容量ファイルを発見、入手、再生、送信、シフトできるクライアントを目指しています。」

「特に、大容量ファイルの送信や同期、ライブストリーミングの導入に焦点を絞ったメジャーイニシアチブが進行中です。」とモリスは付け加えた。

uTorrent 3.0ベータの新機能の概要とダウンロードはこちらから。もう試したって?なら、感想をコメントしてくれるとうれしい。

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
2011年04月の記事
→次
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。