スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YouTubeは音楽産業を殺すのか?それとも生かすのか?

以下の文章は、TorrentFreakの「Is YouTube Killing Music Piracy?」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Is YouTube Killing Music Piracy?
著者:Ernesto
日付:June 05, 2011
ライセンス:CC BY

長きにわたり、メジャーレーベル経営陣は、フリー(Free)との競争は不可能だと主張してきた。しかし、YouTubeはその主張の誤りを証明している。彼らの音楽を無料で共有することで、毎月、数億回にわたって視聴されて、メジャーレコードレーベルは、数百万ドルの利益を手にしている。多くの人々にとって、YouTubeは「海賊版」のインセンティブを失わせる。しかし同時に、合法的な音楽セールスの機会も失わせているのかもしれない。

近年、音楽産業は劇的な変化の舞台となっている。パイラシーが全く関わらない場面でさえ。この10年、インターネット革命とMP3革命は、リスナーの音楽消費習慣を再定義した。

以前、音楽リスナーがアルバムよりもシングルを購入するようになってきていることをお伝えした。しかし、それとは別の、大きな変化が訪れている。これは、音楽産業全体に大きな影響を及ぼすのかもしれない。YouTubeなどの『フリーな』音楽ソースの存在によって。

5年、6年ほど遡れば、オンラインで自分の大好きなアーティストの曲を無料で聞きたいと思っても、選択肢はたった1つしかなかった。その唯一の選択肢こそ、パイラシーであった。しかし今日では、多種多様な合法的選択肢がある。そして、大多数の人々に選ばれているメディアが、YouTubeだ。

熱狂的な音楽ファンを喜ばせるのは難しいが、大部分のリスナーは、YouTubeにあるお気に入りの曲を無料で聞くという選択肢に満足している。また、Googleも、音楽ビデオが重要な収入源であると主張することはない。

では、レーベルはどうだろうか?彼らもハッピーなのだろうか?容易に答えられる疑問ではないが、考えてみる価値はあるだろう。

収益面では、YouTubeとVevoは莫大な収入源であると言える。メジャーレーベルは、こうした収益の分配契約についてほとんど明らかにはしてこなかったが、LimeWire裁判の最中、EMI Musicの最高財務責任者ポール・カーンは、YouTubeで音楽ビデオが再生されるたびに、EMIが0.5セント(half a penny)を受け取ると認めている。(PDF

0.5セントなんて大したことないじゃないか、と思われるかもしれない。しかし、それが数十億回に上るとなればどうだろうか。

EMIのトップ・アーティスト デヴィッド・ゲッタを例にとろう。YouTubeにアップロードされた彼のビデオは、この12ヶ月間に308,000,000回再生された。つまり、ただ1人のアーティストだけで、1,540,000ドルの収益があったということだ。

有料配信と比較してみよう。ゲッタとEMIが同じだけ稼ぐためには、シングルを200万回売らなければならない。

音楽産業団体IFPIの最新のレポートによると、メジャーレーベルの音楽ビデオは1ヶ月に17億回の視聴回数があり、その数は急速に増加しているという。Universal Music単独で12ヶ月間のYouTubeの視聴回数は、昨年5月の23億回から今年の5月には70億回と3倍にまでなっている。

これは驚くべき数字だ。フリーな音楽が少なくとも数千万ドルを生み出すのだから。

YouTubeの成功は、音楽パイラシーの代わりとなっている側面もあるかもしれない。大部分の人は、YouTubeにフリーな音楽があるため、海賊行為へのインセンティブを削がれてしまう。実際、BitTorrentでの音楽共有の人気は失速している。これは、YouTubeやその他の選択肢がオルタナティブになっているためである。

もちろん、BitTorrent音楽共有コミュニティが無くなってしまうとまではいかないが、カジュアルなダウンローダーは、YouTubeや他のストリーミングサービスをオルタナティブとして見ているだろう。

では、これはレーベルにとって素晴らしいニュースであるのだろうか?まぁ、慌てない慌てない。

毎月、YouTubeで数十億回視聴され、パイラシーを鈍化させたかもしれない。しかし、音楽産業のロジックに従うならば、実際のレコード・ミュージックの売り上げにも影響を及ぼしていると考えられる。彼らはこれまでずっと、海賊サイトの「フリーな音楽」が数十億ドルの損失を引き起こしていると主張してきた。YouTubeのフリーな音楽も同様の影響を及ぼしうる。

もちろん、大きな問題は、YouTubeから得られる収益が、音楽産業が主張する損失に見合うかどうかである。これも容易には答えられない問題はあるが、今後、レコード産業がどのようにして利益を上げていくかを定義する上で、パイラシーよりも遥かに重要な要因であることは確かだ。

TorrentFreakは、RIAAとBPIに、YouTubeが音楽セールスにどのような影響を及ぼしうると考えているのかを伺ってみた。しかし残念なことに、いずれからもコメントはもらえなかった。

コメントがもらえない以上、我々はこう結論づけるより他ない。これまで多くのレコードレーベル経営陣がしてきた主張とは異なり、フリーと競争することはできる、パイラシーでさえ競争できる、と。インターネットがもたらす結果がポジティブなものであるかどうかは、未だ定かではない。ただ、YouTubeは毎年、レーベルの収益の多くを占めるようになっている。

音楽ビデオ1再生につき0.5セント(half a penny)が、どれほど一般化できるのかはわからないなぁ。PDFのPage 834-836を読むと、被告弁護士に聞かれて、カーン氏がそうだと認めている、というところ。

この点については保留するにしても、リスナーの音楽リスニング環境は大きく変化していて、これまで手の届かなかった潜在的なリスナーに広くリーチできているという側面があるのは確か。YouTubeで万単位で再生数を伸ばせるアーティストは限られているとはいえ、レーベルのこれからにとって、重要な要因となりうる。

少なくともYouTubeで満足できる人であれば、YouTubeがなかったら購入していた人よりも、YouTubeがなければ聞くことはなかった人の方が遥かに多いのだろうね。それに、YouTubeで満足できる人と言っても、ただ1度だけ見て満足するわけではないのだしね。

スポンサーサイト

海賊予備軍を優しく諭し、改心させたアプリ開発者

以下の文章は、TorrentFreakの「App Developer Fights Pirate With Politeness」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:App Developer Fights Pirate With Politeness
著者:Ernesto
日付:May 19, 2011
ライセンス:CC BY

多くの大手音楽・映画業界団体が、コンテンツをコピーする人々に銃をぶっ放し、しばしば泥棒だ犯罪者だとレッテルを貼る。しかし、そうした人たちは、正規のお客さんでもある。あるアプリ開発者は、音楽・映画業界団体とは別のルートを取り、潜在的な海賊ユーザを礼儀正しく粉砕した。

パイラシーは、コンテンツ・クリエイターに複雑なジレンマを突きつける。自らの作品で生計を立てているのであれば、その作品が無料でコピーされていることを好ましくは思わないだろう。しかし、このご時勢、そうされないことの方が深刻な状況とも言える。つまり、誰も価値を見出していないことを意味するのだから。

また、『海賊ユーザ』が、正規の購入者でもありうると理解すれば、状況はさらに複雑になる。以前にお伝えしたように、音楽海賊ユーザは、正規の音楽購入に多くのお金を費やしている。ある意味、海賊ユーザを非難することは、その人の最大のファンを非難することでもある。

では、そうした様々な側面を持った海賊ユーザに出会ってしまったとしたら、コンテンツ・クリエイターはどのようにアプローチするのだろうか?

アプリ開発者であり、ウェブサイトThe Fucking Word of the Dayのオーナー クリス・ベーカーの例を見るに、対決的、しかし礼儀正しくというのが、良い選択をもたらしうることがわかる。昨日、クリスはxSellizeフォーラムにて、海賊予備軍を発見した。その海賊予備軍は、以下のようなリクエストを投稿していた。

「どなたか、 The F-ing Word of the Dayのクラックをお願いします。」

多くのコンテンツ・クリエイターがこのメッセージを読めば、うんざりするか、怒鳴りつけたくなるのかもしれないが、クリスはより平和的な答えを選んだ。彼は、投稿者「HiDefinition」に返信した。

「こんにちは!私が*** Word of the Dayの、もっと正確に言えば F-ing Word of the Dayアプリのクリエイターです。まずはじめに、お褒めの言葉をありがとう!私はいつも、誰かが私の製品を割ろうとしているタイミングで居合わせてしまうようで。」

クリス・ベイカーは、彼がニューヨークで仕事をしているが、決して裕福ではないと説明を続ける。彼にとってアプリとウェブサイトは、自由になる時間を費やして熱心に続けているプロジェクトで、みんながそこから何かを学び取ることを願っているという。それから、彼は海賊予備軍に事実上の承認を与えた。

「それで、私が何を言いたいかというと、アプリを割ってもいいよ、と。このプログラムには1500ドル掛かりました。私の1ヶ月分の家賃というほどではありません。でも、もし私のサイトがクールだと思ったなら、ステラ・アルトワ(ベルギーのビール)の8分の1くらいだしてもいいと思うなら、私に99セント払ってください。そうしてくれたら、大喜びして、飲みに行っちゃいますよ。」

これは、HiDifinitionが望んでいた返事ではなかったかもしれない。しかし、インパクトはあったようだ。タダで割れアプリを手に入れる目論見は、突然、以前ほど魅力的には思えなくなったようだ。

HiDifinitionは以下のようにリプライした。

「わっ、 開発者の方がコメントくださるとは思いませんでした。あんなリクエストを出してしまって、すみません。クレジットカードもなく、バンキングサービスも利用していなかったので、IPA(iPhone App?)をタダで手に入れようとしてしまいました。でも、あなたの考えを見て、契約しようと思いました。支払いできるようになるには、少し余分にお金がかかてしまうかもしれませんが、私もステラ基金に貢献したいと思います。」

「また、あなたからの返信に心から感謝し、あなたの取り組みをサポートしたいと思います。あなたのアプリがクラックされないことを祈りつつ、あなたへのリスペクトのため、リクエストは取り下げさせてもらいます。クリス、改めてありがとう。ご多幸を。」

クリスの礼儀正しい返答により、彼は少なくとも1人の海賊予備軍を排除した。しかし、これで終わりではなかった。クリスはHiDifinitionからの99セントを心待ちにするのではなく、彼にギフトとしてアプリを送ることを約束し、その代わりにポジティブな評価を依頼した。

そして、クリスはこう締めくくった。

「このスレッドが、あなたにとって、オンラインで起こった「予想外」の1つとして記憶されることを望みます。私は予想外が好きなんです。それに、語彙を覚えるなんてくだらないことでも、人をハッピーにすることが好きなんですよ。」(註:彼のアプリは"sex, drugs, and swearing"な英単語が学べるアプリ)

確かにこのスレッドは忘れ難い。この一件は、銃をぶっ放す戦略が必ずしも最良の戦略ではないことを示しているのかもれしれない。特に、インディペンデント・コンテンツ・クリエイターにとっては。もちろん、必ずしも『海賊ユーザ』を優しく扱うべきだというわけではない。しかし、時にバランスのとれたリアクションを試してもても良いのかもしれない。

TorrentFreakは、クリス(彼はRedditでもたくさんの出会いを共有している)にコンタクトをとった。彼は、誰かが自分のアプリを割ろうとすることは想定していたし、問題だとは思っていないと話した。

「誰かが私のアプリを割ろうとすることはわかっています。誰にも割られないより、割られる方がいいんですよ。もし誰も割ろうとしないのであれば、誰も必要とはしていないということですから。」とクリスは言う。

実際、クリスは海賊版ソフトの使用経験があると認めている。彼は、モラルの問題は開発者が決めることではなく、「海賊ユーザ」が自分自身に問いかけることだと考えている。

「アプリ割れのモラリティは、永遠に答えのでないトピックだと思います。」とクリスはいう。「飢えた子どもが食べるためにパンを盗んだとして、これは悪いことなのでしょうか?飢えたデザイナーがPhotoshop700ドル版を割ったとしして、それは悪いことなのでしょうか?」

「クリエイティブなストーリーテラーは、どんなストーリーでも2つの側面を見せる物語を生み出すものです」。

スウェーデン:プライベートBitTorrentトラッカーの管理人2名を逮捕

以下の文章は、TorrentFreakの「Police Raid 'Excellent' Private BitTorrent Tracker, Admins Arrested」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Police Raid 'Excellent' Private BitTorrent Tracker, Admins Arrested
著者:enigmax
日付:May 26, 2011
ライセンス:CC BY

スウェーデン、ドイツ両国の警察が連携し、30,000のトレントを有するプライベートBitTorrentトラッカーを閉鎖に追い込んだ。この取り締まりにより、XNT.nuは閉鎖した。同サイトは、2009年に当局によって閉鎖に追い込まれた別サイトの代価サイトとして人気を集めていた。 警察はXNT.nuの2名の管理人を逮捕し、サーバーを押収した。

2009年、The Pirate Bayへの『有罪』判決に勢いづいたアンチ・パイラシー団体は、スウェーデンでホストされていたトレント・サイトへの圧力を強めていった。アンチパイラシー団体Antipiratbyranは、今後一切の著作権侵害活動を停止するよう複数のサイトに警告状を送付した。

2008年、最も人気のあったプライベート・トラッカーSweDVDRも、そうした警告を受け取った。彼らは別サイトSoftMP3とともに閉鎖をアナウンスしたものの、同時にソースコードの公開も行った。これにより、誰にでも同じサイトを立ち上げることが可能となった。

TVSourceとDVDRSourceという2つの新規サイトが、そのコードをもとに立ち上げられた。しかし、コードを手に入れたものの、彼らが成功をおさめることはなかった。一方、それらのサイト(実は、同一人物によって運営されていた)のスタッフは、それらのサイトを合併し、データベースを統合、XNT.nuという新たなサイトをローンチした。同サイトはユーザから『eXcelleNT』と呼ばれた。

2010年1月までに、eXcelleNTは13,000ものユーザを集めたが、保持していたトレントはわずか600に過ぎなかった。だがその状況は、2011年5月までに一変していた。ユーザ数は安定して17,000をやや下回る程度、トレント数も28,000-30,000と劇的に増えた。しかし、彼らの黄金期もそこで終わりを告げる。

Antipiratbyranによる調査の後、スウェーデンのボルレンゲ警察は火曜、XNT.nu管理人1名を逮捕した。

また、この日の家宅捜索によって得られた証拠から、ストックホルムの別の男性が逮捕された。

「この2名が共同して、同サイトの運営、管理を行っていたものと見ています。」とファイル共有事件捜査のベテラン検察官フレデリク・インブラドは話した。

スウェーデンの容疑者宅からコンピュータが押収され、サイトをホストしていたサーバーはドイツで押収された。

いずれも20代と見られる男性らは、本件についてある程度容疑を認めたとされている。両名とも、次の取り調べまで釈放された。

かつてはファイル共有のセーフ・ヘイブンと呼ばれたスウェーデンであったが、ユーザ、サイト双方への追求は確実に高まってきている。しかし、多数のサイト―かなり大規模なサイトを含む―が、依然として同国で運営を続けている。

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
2011年06月の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。