スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「米当局がウェブサイトを誤って検閲」という記事が誤って検閲される

以下の文章は、TorrentFreakの「TorrentFreak's US Censorship 'Mistake' Article, Censored by 'Mistake'」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:TorrentFreak's US Censorship 'Mistake' Article, Censored by 'Mistake'
著者:Ernesto
日付:February 27, 2012
ライセンス:CC BY

我々は検閲と無縁でいられないということなのだろう。

我々は昨年、米当局が誤って84,000ものウェブサイトを児童ポルノ犯罪に関わっているとして閉鎖させたという記事を公開した。

なんとも皮肉なことに、この記事がポルノ団体によって検閲されている。teamskeet.comなるポルノサイトのオーナー Paper Street Cash, LLCが、彼らの権利を侵害したとして、上記記事を含む555のURLをリストアップした。

そのリストはGoogleに送られ、現在、そのすべてのURLがGoogleのインデックスから除外されている。

もちろん、問題の記事はteamskeet.comとは全く無関係の記事であり、間違いなのは明白である。

これが間違いであると仮定すれば、自動化されたキーワード検索システムに我々の記事が引っかかったというところだろう。だが、陰謀の疑いも考えられる。

幸運なことに、こうした検閲を受けたのは我々だけではないらしい。TechDirtの主要なSOPA/PIPA記事も同様に検索結果から削除されている

DMCAってほんとうに素晴らしいものですね!

Update:この記事を投稿してすぐ、Googleは上記記事の検閲を解除した。我々にとっては朗報なのだが、これが例外的措置であることも忘れてはならない。

Update:簡単に計算してみたところ、この検閲により、我々は数千ドルの被害を被ったようである。この問題の解決にあたっては、法的措置を検討している。

とりあえず、検討してないだろっていう。

さてさて、おそらくはTorrentFreakの読み通り、誤検出なのかもしれないが、TechDirtの記事の件もあってきな臭さは残る。

この件は、TechDirtのMike Masnickが、GoogleでTechDirt内の記事を検索していて、Google検索から一部の記事、それもSOPA/PIPA記事が除外されてることに気づいたのが発端となっている。DMCAを根拠とした検索からの削除された場合、検索結果の下部にその旨表示され、詳細を知ることができる。

Masnickが調べてみると、 Armovoreというアンチパイラシー企業が、Street Cash, LLCの代理人としてteamskeet.comに関連した権利侵害を主張し、検索結果からの除外を申請していたことがわかった。問題のSOPA/PIPA記事は、コメントを含め上記ポルノサイトの著作権を侵害するような内容はなく、そもそも全くの無関係であった。なぜ ArmovoreとStreet Cash, LLCは、でっち上げのDMCAテイクダウン・ノーティスを、よりにもよって主要なSOPA/PIPA記事について行ったのか、しかも申請されたのが1月20日、SOPAの事実上の廃案が決まった日である。しかもこいつら、SOPA/PIPAとは別の、TorrentFreakの記事も削除しているときた。

著作権法の濫用を懸念する2つの異なる記事…。そのいずれも、でっち上げのDMCA削除によりGoogleのインデックスから除外されている。はてさて…

Key Techdirt SOPA/PIPA Post Censored By Bogus DMCA Takedown Notice | Techdirt

TorrentFreakのいう「陰謀」というのはこの辺りの疑念なのだろうね。

で、TorrentFreakの記事のコメント欄を見ていたら、気になるコメントがあった。投稿者はArmovoreを名乗っている。

Ernesto,

今回の間違いについて心よりお詫び申し上げます。これは意図的なものではなく、私たちに言論の自由を制限する意図はございません。実際、私たちはTorを始めとするEFFのプロジェクトに寄付するなど、言論の自由を強く支持するものであります。今週日曜の(訳註:リストの)検査時に、あなた方のURLがリストに含まれていることを発見しております。これはTechDirtの記事が公開される前であります。その証拠を以下に。

Reinstate requested through [#949646034] - Sat, 25 Feb 2012 00:56:41 -0800
Reinstate requested through Contact @ Google - Mon, 27 Feb 2012 13:22:52 -0800 (PST)
Reinstate Approved - Mon, 27 Feb 2012 14:48:21 -0800

TorrentFreak's US Censorship 'Mistake' Article, Censored by 'Mistake' | TorrentFreak

TechDirtの記事にも同様のコメントを残しているのだが、こちらはもっと面白くて、我々はみな人間、人間なのだから間違いはある、そして人間は間違いから学び取れるものだ、とか、意図的でない証拠として、ほらTorrentFreakのさらに別の記事も削除しちゃってるし、とか、どう見ても火に油を注いでいるようにしか思えず、本当にArmovore関係者であるのなら、実に香ばしい。

スポンサーサイト

BitTorrentと海賊版とインディ映画製作者

以下の文章は、TorrentFreakの「Filmmaker: BitTorrent Pirates Help Us Get More Exposure」という記事を翻訳したものである。昨年12月の記事。

原典:TorrentFreak
原題:Filmmaker: BitTorrent Pirates Help Us Get More Exposure
著者:Ernesto
日付:December 14, 2011
ライセンス:CC BY

数日前、インディペンデント映画「The Inner Room」がBitTorrentに登場した。こうした出来事を脅威だと捉える映画製作者がいる一方で、同映画のプロデューサー マーク・ディスラーには全く正反対の出来事として捉えられた。数カ月間、彼は海賊たちが映画をピックアップするのを待っていた。そしてついに、彼の映画が新たな露出を得たのである。そして彼の映画は初めてIMDbムービー・メーターのトップ250入りを果たした。

MPAAなどの映画産業のロビイストは、海賊行為が大手スタジオだけではなく、小規模なインディペンデント・プロダクションをも傷つけていると主張する。

しかし、インディペンデント映画製作者 マーク・ディスラーは、そんなに白黒はっきりしたものではないという。先週、彼の映画「The Inner Room」がネット上に流出し、例のごとくたくさんの人たちがその映画をBitTorrentで共有し始めた。

1日と経たずして、5,000人のユーザが対価を支払うことなくコピーを手にした。一部の映画製作者にとってこれは最悪のシナリオである。しかし、ディスラーは彼らとは全く異なる見解を持っている。彼はBitTorrentでのダウンロードが、彼の血と汗と涙の結晶である映画を露出するための良い方法であると考えていた。

「5,000ダウンロードと言わず、500,000ダウンロードの方がありがたいかもしれません。もちろん、ディストリビューターは違うふうに考えているかもしれませんが。小規模な映画にとっての最悪の事態は、どの映画にも当てはまることでしょうが、全く無視されてしまうことです。500,000人に映画をダウンロードされようと、忌み嫌われようと、全く見られもしない、話題にものぼらないよりは良いと思うのです。」とディスラーはTorrentFreakに話した。

「もちろん、誰しもに忌み嫌われることはないでしょうから、何人かは気に入ってくれるでしょう。そしてたくさんの人にその映画を楽しんでほしいと思ってくれるかもしれません。さらに重要なのは、それについて話してもらうことです。そのバズはうまく行けば映画のセールスに変換されるかもしれません。また、特典のためにDVDを手にしてくれるかもしれないし、もっとダイレクトに、自分が本当に楽しんだ映画の製作者をサポートしようと思うかもしれない。」

ディスラーは、大半のインディペンデント映画はハリウッド大手の映画制作会社とは違って、雀の涙ほどの広告予算しかないのだと説明する。こうした映画にとって、BitTorrent『パイラシー』はプロモーションとして機能する。ディスラーは2年前、彼の友人の映画がパイラシーのお陰で爆発的に人気に火がついたのを見て、BitTorrentの力に思い知ったという。

「あなたが小規模な映画製作者で、広告費が全くなかったとしましょう。BitTorrentはあなたの映画を世に知らしめ、そうして人々の会話に乗る、何れにしても全てが広告になるのです。映画『Ink』の製作者ジャミン・ウィナンズ/ジャミン・カイオワのようになりたいのか、というのは興味深い質問です。この件に関しては、彼らと非常に近い考えを持っているのでしょう。」と彼は話した。

「The Inner Room」の公開に際して、自分たちでこの映画の海賊版を流してしまおうか、と話し合われたという。しかし、最終的にはプロに任せることにした。

「この映画がDVDでリリースされる2ヶ月くらい前に、この映画に関わった何人かから、この映画をBitTorrentに『リーク』すべきかどうか、という話を持ちかけられました。私も最初はそれはいいと思ったのですが、やり方がよくわからない。特に、こういうのはうまくやらなければなりません。となると、誰かを雇わないといけない。どうしようもない状態ですよね。」

「結局、私たちはいつかBitTorrentに上がるだろうと考えました。だから、私たち自身でアップロードする必要はない、と。それから2ヶ月が経ちました。ついに、ようやく、BitTorrentに現れたのです。今はこの映画が広まり、視聴され、楽しまれ、話題になることを祈るのみです。」ディスラーは言う。

これまでのところ、「The Inner Room」は「上々の」BitTorrent効果を引き出したようで、期待していたバズが生まれている。この映画が海賊の手にかかってからわずか数日のうちに、IMDbムービーメーターは大幅にランクアップし、現在250位につけている。映画「Ink」には遠く及ばない露出ではあるが、製作者らはBitTorrentパイラシーによって生み出されたパブリシティに満足しているようだ。

Update:マーク・ディスラーより、以下の声明を追加するよう要請があった。

初めに、私たちのウェブサイトに高品質ダウンロード版を追加することにしました。この映画のHDでのダウンロードはここが初となります。HDダウンロードで9.99ドル、SDダウンロードで7.99ドルです。リージョン制限は無いので、世界中どこからでもダウンロードできます。さらに、私たちをサポートしたいという方のためにドネーション・ボタンを設置しました。

また、私は以下の点について、明確にしておかなければならないと思いました。

  1. 私は北米での映画のデジタル・ライツを所有していません。ただし、私のウェブサイトでのダウンロード販売は除外されています。
  2. 私は「パイラシー」を容認しているわけではありません。単に、私たちのような極僅かな予算しか持たない映画に、BitTorrentは露出をもたらすものだと提案しているだけです。たとえ1万人がダウンロードしたとしても、9,900人かそれ以上は、それがなければ知らなかった人たちでしょう。そうなると、私たちは100人くらいの潜在的な「セールス/レンタル」を失ったことになるのでしょうか?そうは言っても、あくまでも潜在的なセールスです。実際のセールスがいくらだったかなど誰にわかりましょう。いいとこ、5本/回くらいではないでしょうか。それよりも、1万人に露出したことのほうがはるかに貴重ではないかと思うのです。それとも、私が間違っているのでしょうか?
  3. この映画をBitTorrentでダウンロードして、時間を損したと感じる人もいるかも知れませんが、この映画にお金を払わず済んでいるのですからハッピーでいられるのです。一方で、この映画を楽しんでくれた方は、寄付をしたり、私たちのウェブサイトからダウンロードしてくれたり、DVDを買ったり、単純に映画のことを誰かに話してくれるかもしれません。

支援をありがとう。プロデューサー マーク・ディスラー

サイバーロッカーRapidGator、PayPalアカウントを停止され閉鎖の危機

以下の文章は、TorrentFreakの「Cyberlocker To Shut Down After PayPal Ban」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Cyberlocker To Shut Down After PayPal Ban
著者:Ernesto
日付:February 26, 2012
ライセンス:CC BY

先月のMegauploadの閉鎖により急速な成長を遂げたファイルホスティングサイトRapidGatorが、PayPalに決済を停止された。その結果、このロシアのサイトは、1ヶ月後に終了するのだという。PayPalによると、RapidGatorのアカウントはファイル共有サービスへの決済処理に関連した「高いリスク(high risks)」のために停止されたのだという。

1月のMegaupload摘発以降、TorrentFreakはサイバーロッカー界隈に注目してきた。

多くのファイルホスティングサービスが混乱する中、元Megauploadユーザたちは、数あるサイトの中から、適当なオルタナティブに乗り換えている。

RapidGatorもそのようなオルタナティブの1つであった。ここ数週間、同サイトのトラフィックは飛躍的に増大し、わずか100ユーザ/日だったビジターも、10万を超えるほどになった。しかし、この人気も長くは続かなそうである。人気の決済サービスPayPalのアカウントを失ったためだ。

「PayPalから、ファイル共有の決済処理に関わる高いリスクのために、我々のPayPalアカウントを停止すると伝えてきました。」とRapidGatorはアナウンスしている。サイト運営者は、これがファイル共有産業の終焉をもたらすのではないかという。

PayPalは6ヶ月間にわたり、同サイバーロッカーの資金を凍結し、新たなユーザがPayPal経由で決済することはできなくなった。この停止措置により、おそらく「アフィリエイター」がPayPal経由で支払うを受けることもできなくなるのだろう。

PayPalのいう「高いリスク」が何なのかは明らかではないが、最も可能性の高い説明として、最近、他のサイバーロッカーサービスのユーザから多数の支払い拒否があったことが考えられる。Fileserveなどのサイバーロッカーが、一時的にパブリック共有機能を停止したことで、多数のユーザがPayPalに支払い拒否を求めていた。

RapidGatorは、このようなPayPalの方針が、他のファイル・ホスティング・サービスにも影響するだろうと考えている。

「すべての新興ファイル共有ホスト、そして全ての大手ファイル・ホスティング・サービスが、我々と同様の運命を辿るのでしょう」と彼らは言う。そして、このままの状態では、来月にも同サービスは停止すると付け加える。

「我々はあらゆる手を尽くしましたが、残念なことに、この状況は我々にはどうしようもできないのです。今後1ヶ月間、我々はホスティングサービスを継続していきますが、この状況が変わらなければ、サービスは終了します」とRapidGatorチームは述べている。

さらに多くのサイバーロッカーが同様の運命を辿る可能性もあるが、今のところ、4Sharedを含む最大手のサイトはPayPalからの支払いを受け取っている。

欧州委員会、ACTAを欧州司法裁判所へ付託

以下の文章は、TorrentFreakの「European Court of Justice To Examine ACTA For Rights Breaches」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:European Court of Justice To Examine ACTA For Rights Breaches
著者:Ernesto
日付:February 22, 2012
ライセンス:CC BY

欧州委員会は、アンチパイラシー条約 ACTAについて欧州連合の最高裁定機関に付託するという。欧州司法裁判所は、ACTAが欧州の基本的人権や表現の自由、情報の自由などと矛盾するかどうかについての判断を求められることになる。欧州通商担当委員は、欧州司法裁判所の判断によって「不確実な霧を晴らさなければならない」と話す。

欧州通商担当委員 カレル・ドゥ・グヒュトは今朝、委員らとの協議の結果、模倣品・海賊版拡散防止条約(ACTA)を欧州司法裁判所に付託することを明らかにした。

国際的な著作権執行の調和を目的としたACTAは、その案が密室で協議された当初より、論争を巻き起こしてきた。ACTA反対派は、インターネットの検閲や監視を強化するとして懸念の声をあげている。

「我々は欧州最高裁判所に、ACTAが欧州の基本的人権や表現の自由、情報の自由、データ保護、知的所有権における所有権と-いかなる形であれ-競合しないか否かを評価してもらおうと考えています。」とドゥ・グヒュトは言った。

ここ数週間、多数の主要都市でのデモ行進など、ACTAへの抗議は欧州中で巻き起こった。ドゥ・グヒュトは、こうした懸念については理解できると話した。

「私はこれら基本的な自由への懸念を共有しています。皆さんが積極的に懸念を、特にインターネットの自由についての懸念を表明したことを歓迎しています。私も、ACTAが実際のところ、これら重要な問題にどのような影響をもたらすのかという点について、不確実な部分があると理解しています。」と彼は言う。

「そこで、欧州司法裁判所に判断してもらうことがACTAに必要なステップであると考えています。この議論は、このところのソーシャルメディアやブログなどに蔓延している誤解や噂に基づくのではなく、事実に基づかねばなりません。」

ドゥ・グヒュトは、ACTAが検閲やウェブサイトの閉鎖をもたらすものではなく、またインターネットの自由や言論の自由を阻害するものではないとしつつも、欧州司法裁判所への付託によって「不確実性の霧が晴れる」ことに繋がるだろうと主張する。

これまでのところ、22のEU加盟国がACTAへの署名に同意していたのだが、最近の抗議活動を受けて、ドイツ、オランダ、デンマーク、ポーランド、ブルガリア、チェコ共和国など複数の国が批准に対して(一時的にでも)慎重な姿勢を見せている。

オーストラリア、カナダ、日本、韓国、モロッコ、ニュージーランド、シンガポール、米国は、昨年10月にACTAに署名し、発効に向けた最後のハードルとして欧州議会と欧州加盟国による承認が残されることとなった。欧州の基本的人権や自由と、ACTAとの適合性についての司法裁判所の見解は、多くの議員にとって重要になるだろう。

以前、研究者らはACTAが実際に人権を侵害すると結論づけた。司法裁判所が同様の結論を下すかどうかは依然不明だが、アンチパイラシーフィルターに関する最近の2つの判決において、法廷は著作権者の権利よりも一般市民の権利を優先させた。

コンテンツ売るより儲かる大規模BitTorrent訴訟、弁護士が無資格の疑いで裁判が停止

以下の文章は、TorrentFreakの「Mass-BitTorrent Lawsuits Stopped Over Unlicensed Attorney」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Mass-BitTorrent Lawsuits Stopped Over Unlicensed Attorney
著者:Ernesto
日付:February 23, 2012
ライセンス:CC BY

映画をダウンロードしたとして訴えられていた数千人のユーザたちは、ほっと胸をなで下ろせるかもしれない。少なくとも今のところは。 大規模BitTorrent訴訟において、著作権者側の弁護士が無資格であるとの疑いがあり、フロリダ法廷は27の訴訟を停止した。これらの訴訟は棄却される可能性があり、その場合、原告は被告のファイル共有ユーザに和解を求めることはできない。

米国で現在進行中の大規模BitTorrent訴訟は、米国の司法制度を忙しくし続ける。この2年間で25万人以上が提訴され、毎週のように新たな訴訟が起こされている。

これらの大規模な訴訟を通して、著作権者はBitTorrentで著作権侵害ファイルを共有したとみられるユーザの個人情報を取得しようとしている。権利者側が個人情報を掴もうものなら、彼らは被告に対し、数百ドルから2,000ドル程度の金額での和解の要求する。

アカデミー賞受賞映画「ハート・ロッカー」のメーカーや出版社John Wiley and Sonsが、このスキームを用いる著作権者としてよく知られているが、訴訟の多くは、アダルト・エンターテイメント企業によって起こされている。これらの企業の多くは、コンテンツを売るよりも訴訟によってより多くの利益を上げることができ、しばしば著作権トロールと呼ばれている。

Transnational Law Groupのタリク・ハシミは、フロリダ州のアダルト企業のを代表して多数の訴訟を起こしている弁護士である。しかし、これらの訴訟はヒンクル地裁判事によって停止され、すぐにでも棄却される可能性がある。ハシミはフロリダ連邦裁判所で弁護士活動を行なっているが、3人の被告からの申立によれば、適当なライセンスを持っていないのだという。

ヒンクル判事は「原告弁護士テリク・ハシムがフロリダでの弁護士資格を有していないという申し立てに基づき、これらのケースが棄却されるべきか否かの判断が下るまで-または適切な処置が取られるまで-、パスしていないすべての手続きおよびすべてのデッドラインをペンディングする。」と書いている。

弁護士はこの申し立てに反論する機会が与えられるが、今のところ、彼が抱えている27の大規模BitTorrent訴訟において訴えられている数千人の被告に和解を要求することはできない。

「この問題が、法廷の更なる命令により解決されるまで、ハシム氏はこれらの訴訟について和解を試みてはならず、和解金を受け取ってはならず、何らかのアクションを起こしてはならない。」と判事は書く。

ハシムへの調査が本当に彼に弁護士資格が無いと結論づけるならば、すべての訴訟は棄却されることにあるだろう。これら特定の訴訟で訴えられている数千のユーザにとっては朗報となるだろう。しかし、未だに増え続ける大規模BitTorrent訴訟を止めるような効果があるわけではない。

このスキームが弁護士と権利者に大いに利益をもたらす限り、訴訟は続く。

これ自体は大規模BitTorrent訴訟に何かしらの影響をあたえるものではないのだけれど、ある種のバブルになってるのかなぁと。

権利者から訴えられた違法ダウンローダーの弁護を引き受けます!と宣伝していた弁護士が、一夜のうちに、権利者の皆さん、違法ダウンローダーを訴えましょう!と鞍替えするという、冗談のようなホントの話もあるくらい。実際の裁判になってもある程度の額がとれる当てがあるからなんだろうけれども。法定損害賠償制度があることが、こうした事態を招いているのかなと思えるところもある。

裁判恐いでしょう?エロ動画落として裁判とかかっこ悪いでしょう?裁判ではこちらが有利ですよ、嫌なら和解しましょう、と。そのために大量に訴えて、大量のユーザにそこそこの和解金を要求して、大金をせしめる、という算段。

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
2012年02月の記事
→次
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。