スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TwitterはP2Pに向かうのか?

以下の文章は、P2P Blogに掲載された『Could Twitter go P2P?』という記事を翻訳したものである。

原典:P2P Blog
原題:Could Twitter go P2P?
著者:Janko Roettgers
日付:May 8th, 2008

今週、Twitterを分散化させる方法という興味深い議論が、ブロゴスフィア似て見られた。その背景としてある理由は、Twitterがしばしば落ち、その時間がそれほど短いものじゃないということがある。もしパリス・ヒルトンが利用し始めたりでもしたら、システムは完全に落ちちゃうんじゃないかなんて話もある。というか、ペレズ・ヒルトンでだって怪しいところだ。TechCrunchでは、この議論を要約し、このように記している。(注:訳は日本語版TechCrunchの記事より)

Twitterの最大の弱点(したがって、新しい非集中的なアプローチにとってのチャンス)というのは、Twitterに関係する活動の非常に多くが Twitter.comの外で行われていという事実だ。ユーザーはデスクトップ・クライアント(Twitterific、AlertThingy、 Twhirlなど)やIM、SMS、その他様々なインタフェースを使ってTwitterと会話している。これらのサードパーティ・アプリケーションは、新 しく非集中化されたTwitter風のサービスがTwitterに代わって、あるいはTwitterと並んで登場してきたときに、これらのサービスに簡単 な調整を加えるだけでTwitterオリジナルに対するのと同様に利用できる可能性がある。

しかし、ベテランP2P開発者のAdam FiskはTwitterを分散(非集中化)させることは誤った考えだという。彼はこう記している

Martin FowlerのFirst Law of Distribution Computing:は、いつだって真実を語っている。"don't distribute your objects"。なぜかって?それが難しいからだよ。

特にTwitterのようなケースでは特に難しくなるだろう。なぜなら、本当はP2Pファッションで配信すべきではないデータを、P2Pで配信しようというのだから。Fiskはこう続ける。

分散コンピューティングは、それ自体が特に大容量のファイルを扱うという点で役立つことを示した。Twitterの場合、これと反対の極から取りかかろうというものだ。そう、膨大な量の、小さな小さなメッセージを処理する。その在りようが集中化(centralizatoin)を叫んでるじゃないか。

しかし、折衷案も考えられるかもしれない。Twitterの問題を解決するための1つの方法としては、ネットワークワイドなコミュニケーションのために集中化したサービスのままにし、ニアフィールドコミュニケーション用に分散化したバージョンを作り上げればよいかもしれない。スペインの開発者は現在、Fluid NexusというP2Pメッセージアプリケーションに取り組んでいる。これはTelcoのネットワークすら利用しない。その代り、近接するユーザにメッセージを送信するためにブルートゥースに頼っている。

Fluid Nexusは、主に活動家や難民救済ワーカーといったユーザベースのために作られ、確かにそれらの活動においては意義あることだろう。もちろん、Jason Calacanisの24,000人のフォロワーたちが、彼が吐き捨てたすべてのメッセージをを読むことができるかどうか、などという話ではない。Twitterがこうしたケースで働かないなどといっても、世界が終るわけでもないわけだし。

一方で、救済活動や圧政に対する民主主義的デモなどでは、検閲されない、そして負荷が高まるごとにLOLcatsにスイッチしない、分散化されたTwitterライクなシステムが求められる。もちろん、これはカンファレンスのバックチャンネルとしても非常に便利なもとなるだろう。

クイックレビューはこちらに。

こちらのエントリも併せて読むとよいかもしれません。

TwitterのP2P化で一人ブレスト - blog.fukutommy.com

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1032-a74aec68

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。