スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Joost:Linuxバージョンのリリース予定はない…ということはSTBもないってことか

以下の文章は、P2P Blogに掲載された『Joost says no to Linux. Translation: No set-top box, either』という記事を翻訳したものである。

原典:P2P Blog
原題:Joost says no to Linux. Translation: No set-top box, either.
著者:Jank Roettgers
日付:June 02, 2008

Joostユーザたちは、Linux版Joostの要望に対する同社に回答に失望している。その回答は要するに、まぁないでしょう、というもの。Joostフォーラムより

「我々は現在利用可能となっているPCおよびMacバージョンのJoostのパフォーマンスの改善に取り掛かっている。LinuxバージョンのJoostに対する要望はあるが、我々はビジネスを優先しなければならない。そのため、現時点ではLinuxバージョンをリリースする予定はない。」

ではもし、あなたがUbuntuを走らせていないのであれば、これはほとんど関係のないことなんだろうか?Linuxバージョンの計画がないということは、すなわちセットトップボックス向けの配信を計画していないということでもある。なぜなら、ほとんどのSTBがLinuxオペレーティングシステムをベースにしているのである。

以前、Joost CEOのMike VolpiはNew York Timesに対して、Joostは「ソフトウェアの一部であり、それはさまざまなプラットフォームに対応することができる。もちろん、テレビ向けのセットトップボックスもそう」。またThe Registerによれば、Joost EVPのDavid Clarkは、Joostが今夏、リビングルームに進出する予定であるとすら述べている。

現在、どうもこうしたことはおこらなそうである。おそらく、彼らは自らのビジネス目標を優先させたんだろう。

JoostIPTVP2PLinux

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。