スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Podmailing、帯域規制に対処するため「HTTP+BitTorrent」のハイブリッドクライアントをテスト

以下の文章は、P2P Blogに掲載された『Podmailing goes hybrid to bypass Bittorrent throttling』という記事を翻訳したものである。

原典:P2P Blog
原題:Podmailing goes hybrid to bypass Bittorrent throttling
著者:Janko Roettgers
日付:June 02, 2008

Podmailingは、ISPの帯域制御に対処するため、HTTPとBitTorrentの両方を介してデータをアップロードするハイブリッドP2Pクライアントのテストを開始している。そのブログより

「プロトコルのハイブリッド化は、最も効果的に動作することをもとに、異なる転送スキームを同時に生じさせるということを意味している。もしBitTorrentパートがブロックされたとすると、ソフトウェアは転送のために完全にhttpに頼ることになる。」

Podmailingは、BitTorrentとAmazon S3を組み合わせて利用しているサービスであり、ユーザはemailのインボックスに入りきらないような大容量のファイルを送信することができる(以前のレビューはこちらに)。それぞれのファイルはS3にてホストされるため、(訳注:BitTorrentだからといって)転送の際に送信者がオンラインでいる必要はない。PodmailingはこれらのファイルのHTTPダウンロードを、現在のところアップロードを望んではいない、若しくはそうすることのできないユーザ向けに提供している。また、新しいバージョンにおいても、HTTPアップロードは可能となる。

幸いにも、私のISPはBitTorrentに対する妨害を行っておらず、それどころかネット中立性を支持してさえいる。そのため、私はこうした部分をテストすることはできないのだが、通常のアップロードは非常に素晴らしく、データはBitTorrent、HTTPの双方で均等に分けられているようだ。

また、ベータテストページにあった別のセミアナウンスメントに目をひかれた。

「もし、我々のサーバーがBitTorrentの再Seedingサービスを提供していると感じるのであれば、それはあながち間違ってはいない。Podmailingは現在、one-to-few(1人から少数へ)のプライベート"e-mail"コミュニケーションだけであるが、我々は、one-to-manyのパブリッシングサービスにも取り掛かっている。」

うーん、興味深い…。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1039-debf9d4c

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。