スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

isoHunt、サイトブラウジングのSSL暗号化をサポート

以下の文章はTorrentFreakの「IsoHunt Goes Secure, Adds SSL Encryption」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:IsoHunt Goes Secure, Adds SSL Encryption
著者:Ernesto
日付:June 27, 2008

ISPや当局はますます、BitTorrentサイトへのアクセスをブロックするためにディープパケットインスペクション機器を使用したり、ユーザのブラウジング習慣をスパイしている。Isohuntでは、同サイトのユーザにより確実なプライバシー保護を提供するため、現在SSL暗号化を導入した。これは、ISPや当局がBitTorrentサイトでユーザが行っている活動をモニタリングすることを不可能にする。

先週成立したスウェーデンの盗聴法に対する反発として、The Pirate Bayはサイトユーザに対して、セキュアなブラウジングを可能にすると発表した。この法律が可決されるよりずっと以前に、もう1つのBitTorrentサイト、Isohuntは、同サイトユーザに対して類似したサービスを提供することを決断していた。

しかし、IsohuntがSSL暗号化を実装する理由の1つには、ドバイ政府によるIsohuntへのアクセスブロックがある。Isohuntの創設者、Gary FungはTorrentFreakにこう述べている。「私たちは、検索を盗み見られることを回避するため、低速なプロキシを迂回するため、そして、ドバイで行われているようなブロックを回避するために、SSLを実装することにしました。」

今年初め、ドバイはIsohuntを含む複数のBitTorrentサイトに対するアクセスを遮断し始めた。しかし、SSLを導入することで、いかなる問題もなくサイトに再びアクセスすることが可能になる。Isohunt上で行われた調査によれば、セキュアなブラウジングへのデマンドはかなりのものであるようだ。ユーザの80%以上は、今後、暗号化された接続によってサイトをブラジングすることになるだろうということを示している。

現在、SSLを介してサイトへのアクセスを可能にしているのは、Isohuntだけではなく、姉妹サイトのTorrentBoxや、そのフォーラも暗号化された接続が可能となっている。今後数週間にわたって、Isohuntではどのくらい多くのユーザがSSLを利用してブラウジングしているのかをモニターするのだという。

「これに関して、どの程度の追加付加が我々のサーバに見られるのかを、今後数週間にわたって評価することにする。もし、isoHuntやTorrentBoxへのセキュアなブラウジングを求める人々の要望が大きいとなれば、我々はSSL接続を扱う専用のハードウェアに投資することにする。」

現在のところ、SSLはISPの検閲を回避するすぐれた、そして極めて重要ななソリューションである。ドバイだけがBitTorrentサイトを遮断しているわけではない。トルコや一部デンマークのISPでも同様であるし、今年初めにはクウェートの政府がISPに対して、BitTorrentサイトへのアクセスを遮断するよう命じている

余談ですが、Slyckによると、mininovaはこうしたSSLの流れには今のところは乗り出す気がないとのこと。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1086-064b4207

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。