スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシア政府、BitTorrentサイトを閉鎖するようホスティング企業に命じる

以下の文章は、TorrentFreakの「Malaysian Government Orders Torrent Sites Shutdown」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Malaysian Government Orders Torrent Sites Shutdown
著者:enigmax
日付:June 27, 2008

マレーシア政府が、同国にてホストされる多数のBitTorrentトラッカーの即時の停止を命じたという報告が入ってきた。この劇的な動きにおいて、政府は、‘Copyright Act 1987′を持ち出し、調査が終わるまでの間、BitTorretサイトをホストするサイトを停止するよう命令した。数多くのサイトがオフラインとなっている。

BitTorrentサイトが法的トラブルに直面したり、その他のプレッシャーによって新天地への移転を余儀なくされたとき、どこが最も安全な場所であるのか、ということを考えるだろう。たとえば、サイトをオランダから脱出させてカナダへ移転する?いや、現在のカナダは非常に危険、スウェーデンに移転するほうがよい?それとも、Demonoidのようにウクライナへ?いやもっと遠く、中国やロシアはどうだろう?必然的に、こうした議論はサイトを東へと移転させるというアイディアが含まれる。たとえばマレーシアとか。しばしば、こうしたマレーシアのようなハイテク国家というのは魅力的な選択肢となる。特に、海賊行為に対してはそれほど縛りがきつくないといった政府の実績がある場合に。

このような背景の下、マレーシアでホストされるBitTorrentサイト/トラッカーの管理人たちは今日、思いがけない困難に直面した。今朝、ある人気トラッカーの管理人からTorrentFreakに、ある心配なニュースがもたらされた。曰く「今日、マレーシア政府は突然、追って通知するまでの間、BitTorrentサイトを閉鎖させた。これには、torrentサイト管理人たちやマレーシアのホスティング企業なども強い驚きを感じている。」

このニュースは、ホスティングプロバイダーのメールによって、これらの管理人たちに知らされることとなった。そして、これが高いレベルからの命令によって行われたことが示されていた。電子メールから、国内流通省がCopyright Act 1987に基づき、サーバを停止させたことが知らされた。ホスティング企業は、政府からの要請が来たために、いたしかたなくサイトを停止したことを明らかにする。Extremebits、Rapthe、Superfundo、その他複数のサイトがこの影響を受けている。ソースによると、次第に増加する著作権に関連したクレームに対処する政府が決断したのち、Torrentサイトだけではなく、著作権侵害コンテンツを扱うサイトもまた停止させられたという。

マレーシアの大手ホスティングプロバイダーShinjiruはこの停止について、TorrentFreakに認めている。「これが正確な情報であることを認めます。MDTCAの職員が我々のオフィスを訪れ、我々のネットワーク上のBitTorrentサイトを停止するよう命じました。我々は、令状・文書に基づく当局または機関のいかなる停止命令をも順守するつもりです。」

Update:サイト管理人からの報告に反して、この事態に近しいソースによると、この停止が少数のサイトに限られており、政府の関与があったとしても必ずしも広範な取り締まりとなるわけではない、という。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1087-28b9da67

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。