スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダ:BitTorrentホスト企業は追い詰められ、BitTorrentサイトはスウェーデンへ

以下の文章はTorrentFreakの「BitTorrent Host Loses in Court, Site Moves to Sweden」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:BitTorrent Host Loses in Court, Site Moves to Sweden
著者:Ernesto
日付:July 13, 2008

Torrentサイト管理人の個人情報の提出を拒否したホスティングプロバイダーは、裁判官からその要求に応じるよう命じられた。サイトTorrent.toをホストしていたEuroAccessはまた、法廷に持ち込まれた裁判に関連したすべての費用を負担しなければならなくなった。その一方で、torrent.toはスウェーデンに移転し、サイトは運営を続けることとなった。

1年ほど前までは、オランダはBitTorrentサイトの安全地帯であると考えられていた。しかし、オランダのアンチパイラシー団体BREINからの法的圧力によって、その状況は劇的に変化することとなった。

それは、昨年、かつては最大規模のBitTorrentホスティングプロバイダーであったLeaseWebが、BitTorrentトラッカーeverlasting.nuの閉鎖を命じられたことから始まった。このことは、BTjunkieやDemonoid、What.cd、Waffles.fmなどのBitTorrentサイトのオランダからの脱出を促した。あるサイトは自発的に去り、そして別のサイトはLeaseaWebから急き立てられるように追い出された。

しかし、LeaseWebはBREINに対する裁判において、上訴を申し立てていた。しかしその裁判も、先週再び負けることとなった。アムステルダム法廷は、彼らの最初の判決を支持し、同社がホストを務めるBitTorrentトラッカーeverlasting.nuを閉鎖し、カンリンの個人情報を提出するよう命じた。

その判決から数日後の現在、別のホスティング企業EuroAccessは、同様の判決に直面している。法廷はWebサイトTorrent.toが著作権侵害を容易にしていたことは明らかであると判断し、EuroAccessに同サイトを閉鎖し、サイトオーナーの個人情報をBREINに提出するよう命じた。

この判決はこれまで我々がオランダの裁判で見てきた他のケースのものとは異なる。それは裁判官がTorrentサイトを単純に『違法』であるとした点である。おそらくこれには多くの弁護士が反対の意見を持つことだろう。BREINはこの部分を証明する必要はなかった。そして同団体は、Webホスティング企業は、BREINのサイト閉鎖要請および同プロバイダの顧客情報の提出要請に応じなければならなくなるだろうと述べている。

「ホスティングプロバイダーは、責任とらなければなりません。」とBREINの代表Tim Kuikは述べる。EuroAccessは複数の違法なサイトとサーバのホストを務めており、BREINやその他の団体からの要請には応じてはきませんでした。これは変化を必要とします。」

おそらく、今後EuroAccessはBREINからの更なるテークダウン通知を目にすることになるだろう。このBREINの「勝利」はオランダでの更なる裁判をもたらし、そしてスウェーデンのWebホスティングプロバイダーには新たな顧客をもたらすことになるだろう。Torrent.toは無傷のまま、スウェーデンへ、つまり現在Torrentサイトにとっての新しい「安全地帯」へと移転した。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1097-c62fac2f

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。