スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Winny裁判:本当の問題は開発者・配布者の責任では?

Winny開発者金子勇氏に対する有罪判決が下ったが、どうも玉虫色の判決のようだ。積極的な幇助の意図は否定したものの、独善的で無責任な態度は批判を免れないとして、罰金150万円の有罪。懲役1年を求刑していた検察、無罪を主張していた金子氏のちょうど真ん中くらいの判決だといえる。しかし、この問題は幇助かそうではないかという問題ではなく、著作権の保護に対しての開発者、配布者の責任というものをどうしていくべきか、という部分が根底にあるわけで、個人的に現状と今後について考えたことを述べてみるよというお話。

原典:MSNニュース
原題:ウィニー裁判:元東大助手の金子被告に有罪判決 京都地裁
著者:毎日新聞
日付:2006/12/13
URL:http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061213k0000e040019000c.html
京都地裁は13日、罰金150万円(求刑・懲役1年)の有罪を言い渡した。氷室眞裁判長は「技術自体の価値は中立的だが、著作権侵害への利用を認識し、弊害も知っていた。独善的かつ無責任な態度で非難は免れない。しかし侵害のまん延を積極的に意図したわけではない」と理由を述べた。同交換ソフト開発者が「犯罪のほう助」で有罪となったのは全国で初めて。金子被告は控訴するとみられる。
 ウィニーを巡っては、著作物の違法な流通のほか、自衛隊や行政機関、企業からの機密・個人情報の流出が社会問題化。また、国が振興に力を入れるIT(情報技術)分野で、高レベルの新技術の開発・提供が、利用者の悪用によって罰せられたのは異例で、今後の技術開発などに与える影響は大きい。
判決自体は、相当悩んだ結果のものだと思う。それが量刑に現れているかと。Winnyにおける著作権侵害の実態は看過し得ないほど甚大なものにもかかわらず、その開発者を法的に問うための法律も整備されていないのが現実。苦肉の策の著作権侵害の幇助であり、さすがに裁判官もそのような裁判はつらいものだったろう。

金子氏自身の積極的意図を否定しつつも、独善的かつ無責任な態度をとったという判断は、金子氏の持論である現在の著作権制度に対する改革、が心証を悪くしたのかなと思われる。しかし、それ以上を問えるほどの状況でもなく、個人的にはWinny問題の大きさが、最終的にはこの判決を後押ししたのではないかと推測する。

ただ、問題なのは、この論理が通用するのが金子氏だけであるという点である。国産P2PソフトはWinny以外にもShareや最近産声を上げたPerfect Darkがあり、その開発者たちは沈黙を保ったまま、開発を続けている。彼らの独善的かつ無責任な態度は今ところ見られないし、著作権保護に対する配慮が足りないことをもって独善的といってしまうのは、あまりに飛躍がある。

個人的には、金子氏は無罪になってもよかったと思う。結局は先延ばしに過ぎないのだから。地裁から高裁への先延ばしというわけではない。現行法で裁けない類のものを現行法で犯罪にしようとしているのだから、それが適応されない事案になれば、また別の理由を探してくることになる。幇助というあいまいなものを持ってくれば、何だって幇助になる。正直、安易な適応は違法ファイル共有のみにとどまらず、悪しき判例として後々利用されかねない。であれば、最も効率的な解決法は、法体系を適切な形に変えるということである。確かに現在の著作権団体、業界団体を考えると非常に恐ろしい部分があるし、これに乗じて利権の拡大を図るということも考えられる。だからといって、現状の有様のままでいいというわけにはいかないだろう。いかに法整備がなされたところで、不遡及の原則から金子氏をどうこうすることはできない警察、検察は口惜しいだろうが、この法整備を急ぐほうが今後のためになったのではないだろうか。インターネットが世界的に普及し、当たり前の技術となった今、それに付随して起こった問題を解決する時期に来ているのだ。それを解決してこそ、次のステージがあると思うのだけれど、どうだろうか?ユーザが考え、意見を表明し、働きかけるべきことは、違法行為の規制が全うな使われ方に悪影響を及ぼさないようにすることだろう。

日本国内において、この裁判以外に、開発者・配布者の責任が問われている大きな問題提起は見られないように思える。その一方で、先日のエントリでも紹介した、ダウンロードも著作権侵害にしようなどという飛躍にもほどがある議論があったりする。どうも根本的な問題が見えていないのかなとも思えるけれど、実際のところはどうなんだろう。ユーザを規制するよりも、開発を規制するほうがはるかに効率はいい。もちろん、それによって開発が阻害されないような枠組みを考える必要もあるが、それを一足飛びにして、場当たり的な対策を施してもしょうがないと思う。確かに、開発者の責任を問うことは技術の発展を妨げることになるかもしれないけれど、無制限にそれが許されるというのも問題がある。両者のバランスを取って、よりよい有り様を模索する努力も必要だろう。非常に難しいのはわかるけれど、最初からダメだというのではなくてね。

余談ではあるがこの裁判、こんな判決が下るなら、包丁を売ること自体が違法だろう!、100km/s以上で走れる車があるのも道交法違反幇助だろう!という声もあるが、個人的には賛同できないなぁ。包丁に関しては、必要以上のものに対しては問題化され、銃刀法で規制されているし、車に関しては必要以上の機能であるけれど、それで裁判になったけ?と思う。そして、それに対して問題視してこなかった、問題視していても誰も問題提起してこなかったわけで。車だって規制されていないんだからWinnyだって云々は、全く別個の問題であって、車が問題だと思うなら、裁判を起こすなり、それが規制されるように働きかけるべきであって、それを根拠に正当化するという類のものではないだろう。一方でWinnyに関しては、問題が起こっており、裁判が行われ、それに対する問題提起もされており(一部、度が過ぎるところもあるが)、それに対処していくという地盤ができている。

さらに余談であるが、
金子被告と弁護団は「純粋に技術的検証で、法律が予定するほう助には当たらない」と無罪を主張し、「世界最高の技術価値を理解せず、開発を萎縮(いしゅく)させ日本をIT後進国へ導く」と、事件化自体を批判していた。
世界最高の技術価値・・・ですか。個人的には、トラフィック過剰なところとか世界最高というのは・・・と思うのだけれどね、すばらしい技術ではあるけど。まぁ、匿名性を高めるためというのもあろうだろうし、この発言自体は裁判の印象操作みたいなところもあるだろうし。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/110-b37ff900

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。