スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tribe of Noise、BY-SAライセンスミュージックを利用しサービスをオープンに

以下の文章は、CreativeCommons.orgの「Tribe of Noise Opens With BY-SA Licensed Music」という記事を翻訳したものである。

原典:CreativeCommons.org
原題:Tribe of Noise Opens With BY-SA Licensed Music
著者:Greg Grossmeier
日付:July 14th, 2008

コミュニティによるミュージックディスカバリーネットワークのTribe of Noiseは、現在すべての人に対して参加、加入をオープンにした。Tribe of Noiseは、オランダにてHessel van OoeschotとSandra Brandenburgによって開始されたサービスで、アーティストがCC:BY-SAライセンスにて作品をアップロードすることを可能にする。このプロジェクトのルーツおよびゴールは、Open Source Softwareコミュニティに関連している。そしてそれはTribe of Noiseの選択したライセンスにも影響を及ぼしている。

Tribe of Noiseは、コミュニティが新たな音楽を発見し、参加するアーティストとの新たな関係を発展させることができるよう、このライセンスを採用している。

Tribe of Noiseに参加するアーティストは、将来的に法的にも技術的にもサポートされたパーソナライズWebショップを含む数多くの利点を手に入れるかもしれない。ユーザとしてであれ、アーティストとしてであれ、このプロジェクトに参加することは、正しい評価を伴う音楽の創造の新たなかたちや、財政的な持続性への新たなプランの進展を助けることになるだろう。

CreativeCommonsTribeofNoiseBY-SA

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。