スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルウェアだらけのBitTorrentサイト、TrafficLoader.comのご紹介

以下の文章は、TorrentFreakの「TrafficLoader.com to Infect BitTorrent Users with Malware」という記事を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:TrafficLoader.com to Infect BitTorrent Users with Malware
著者:enigmax
日付:August 09, 2008

詐欺師、スパマーが、ユーザにスパイウェアやマルウェア、ウィルスを仕込まんとする新たなBitTorrentサイトが登場した。TrafficLoader.comの管理人は、バッドtorrentをサイトから削除するつもりはないとして、torrentユーザを汚染する悪意あるソフトウェアをアップロードすることを企む人々誘い込もうとしている。

TorrentFreakでは、新たなBitTorrentサイトの登場を知らせるメールを週に2,3通はいただく。しかし、それほど多いと、そのすべてのついて記事を書くということはできないでいる。ただ、時間的な制約はあるものの、我々はそうしたものの中でも、話題になっているものであるとか、面白い、またはユニークな特徴を持つものについては紹介している。本日、我々がお知らせするのは、非常に興味深い特徴を持った新たなTorrentサイトである。ただし、全く好意的にはみていないが。

LimeWireのようなP2Pソフトウェアを利用する主な欠点の1つとして、ネットワーク(Gnutella)上のコンテンツがモデレートされていないことがある。そこでは誰でも、自分の好きなもの、たとえば音楽、映画、テレビ番組などを自由に置くことができる。もちろん、一部の人々は、こうしたモデレーションの欠如をウィルス、スパイウェア、その他悪意あるソフトウェアをアップロードすることへのゴーサインであると捉えるだろう。一方で、BitTorrentの最大の強みの1つとして(少なくとも、危害を抑制するという観点から)、サイトスタッフが、アップロードされた.torrentファイルの中から可能な限り悪意あるソフトウェアを排除するよう尽力しているということがあり、それによってBitTorrentは比較的、マルウェアフリーが保たれている。

もちろん、サイト運営者を信用することができなければ、この素晴らしいシステムは崩壊することになる。Miiviのようなアンチパイラシーこそが「内なる敵」であると考えている人もいろうだろうが、新しいTorrentサイト、TrafficLoader.comの連中のような「友人」を得ることで、それは機能することになる。

TrafficLoader.com(とそのフォーラム、pdls.info)は、BitTorrentユーザの利益のためにセットアップされたものではない。むしろそれは、スパマーや詐欺師、ウィルス頒布者が自らの悪意あるソフトウェアをコミュニティに拡散させ(そしてそこから金を儲け)るために、利用されるのだろう。「Satty」という管理者は、Torrentをサイト上にアップロードするのに登録は不要であり、いかなるTorrentも削除されることはない、という。サイトには『ウィルス、スパイウェア、アフィリエイトリンク、それらに関連する如何なるものも、厳しく禁止されています。』とあるが、これを信じてはいけない。Sattyは、これらのルールは、PPI(Pay Per Install)コミュニティの彼の友人たちにはこれは適用されないのだという。

数日前、サイトにはほとんどTorrentは存在していなかった。そして、その数少ないTorrentのほとんどがマルウェア入りのものであったことは明白であった。また、Sattyは、この中に本物のTorrentも混ぜ込んだ方が良いとアドバイスされ、バッドTorrentを隠すのを手伝った。現在、サイト上にすぐにはマルウェアとは気付きにくいTorrentが数多く追加され、「改善し」始めているように思えるかもしれない。

ここ数日、TrafficLoader.comは、本物っぽく見えるとして、ポルノ広告を排除するという表面的な「お掃除」を行ったが、一部の人々は、TorrentFreak同様に彼らが大きな過ちを犯していることに気付いた。

「なんで、お前は(管理人、Satty)はパブリックなスクラップサイト、要はここの、ppiフォーラムに投稿してんだ??どーせ、マルウェアだらけにして、ひと儲けしたいだけなんだろ?」

万が一にも、彼らがユーザを騙し込もうとしているのであれば、このエントリはそうした人々への警告となってくれるだろう。

今後、こうしたバッドTorrentを避けるためにはどうしたらよいのか、というアドバイスが欲しい方には、我々が以前に書いたこのガイドを参考にしてほしい。

確かに、アップロードされたTorrentにはノータッチだ、というポリシー自体は否定するわけではないけれど、さすがにこれはあからさまだよなぁと思うわけです。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1138-bf140e13

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。