スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラトビア:大手BitTorrentトラッカー閉鎖、管理人は逮捕

以下の文章は、TorrentFreakの「Latvia’s Largest BitTorrent Tracker Shutdown, Admins Arrested」という文章を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Latvia’s Largest BitTorrent Tracker Shutdown, Admins Arrested
著者:Ernesto
日付:August 27, 2008
ライセンス:CC by-sa

10万人を超えるユーザたちが大いに失望したことだろう。ラトビア最大のBitTorrentトラッカーが当局によって閉鎖に追い込まれた。ラトビアの経済警察とIFPIと提携している地元アンチパイラシーエージェンシーによる共同オペレーションの末に、2名の管理人が拘束されることとなった。

ラトビア最大のBitTorrentコミュニティ、File.lvは2,3日ほど前に停止させられた。報じられているところによると、ラトビアの経済警察と、IFPIの提携機関であるLatvian Music Producers Association、通称LAmpAとの共同の末に、100,000人ものメンバーたちを落ち込ませることとなった。

複数のラトビアでの報道によれば、サイトは閉鎖され、主要管理人2名が拘束されたという。このトラッカーとつながっていたゲーム、スポーツ関連のプロジェクトも、これによって失われた。また、最大で40台ものサーバが押収されたとも言われている。

FileX、Tralivalとして知られる2名の管理人は、経済警察に留置されているといわれているが、これはOiNKの閉鎖にオランダのFOID-ECDに関与していたことと類似している。いつものことではあるが、過度のアップローダが捜査されているのではないかという噂が流れているものの、現段階で全く確かめられてはいない。

報道では、2007年、管理人の"FileX"がドイツメディア企業から閉鎖を求める通知を受け取ったことを示唆されている。それが失敗に終わると、今度はFile.lvに少なくともドイツのIPアドレスのユーザをブロックするよう要請がなされ、応じられなかった場合には法的措置も辞さない、という脅迫的通告がなされた。同サイトがこの要請に応じたかどうか、こうした脅迫的な法的措置がサイトの閉鎖に直結しているかどうかは不明である。

まさに12か月前、ラトビア警察と検察官たちはラトビアのシグルタにて開催された「サイバー犯罪」サミットにおいて、どのようにしてインターネット上の海賊たちを、法廷においても認められる形で発見し、記録することができるのかについて議論している。このミーティングのゲスト講師の1人として、IFPIインターネットアンチパイラシーオペレーション部門の代表Jeremy Banksが参加していた。

File-lvに関する報道では、組織化が行われるまでには1年を要したとのことである。

ラトビアの方でこの件についての詳報をご存知の方は、我々にメールtips@torrentfreak.comにて知らせてほしい。

Update:ラトビアにてホストされている多くの有名トラッカーが、この件を受けて一時的に、予防的措置として閉鎖しているようだ。今回の件は、torrentサイトに関連したラトビアでは最初の逮捕となる。

Update2このニュースでは、新たな詳細が追加されている。サイトのホストによると3台のサーバが押収されたとのこと。さらに、同サイトは『SMSを通じてアップロードクレジットを購入する』システムであったとされている。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1167-a67f4b08

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。