スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google Insightsから見たBitTorrentクライアントの人気の変遷と地域差

以下の文章は、TorrentFreakの「Google’s Insights on BitTorrent Clients」という文章を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:Google’s Insights on BitTorrent Clients
著者:Ernesto
日付:August 31, 2008
ライセンス:CC by-sa

Googleは、類似したニッチの検索の人気度を比較するすぐれたツールである。何かを探す人の数が増えれば、それはしばしば人気が増大していることを表す。我々は3つの人気のBitTorrentクライアントの検索量について、時間とともにどのように変化しているのか、世界の地域ごとにどのような差異があるのかを見てみることにした。

Google Insightsは、選択したキーワードの検索量をグラフ化し、時間経過とともにそれがどのように変化したのかを見ることができる。我々は3つの頻繁に利用されるBitTorrentクライアント、uTorrent、Azureus(現Vuze)、BitCometでみてみることにした。以下のグラフは、継時的な検索量の変化である。

このグラフを見ると、2007年の初めまではAzureusが最も検索されたクライアントであり、BitCometがそれに続く、という状況であった。ただ、その後はBitComet、Azureusの検索は次第に減少していく一方で、uTorrentがその座を引き継ぎ、成長を続けていった。もちろん、検索統計は、BitTorrentクライアントの人気を見るための間接的な指標にすぎない。しかし、グラフのパターンは、以前我々が報告した実際の利用統計と一致しているようだ。

Search volume comparison

Worldwide

もう1つ興味深いものとしては、検索の地域分布であろう。BitCometがアジアで非常に人気が高いのは興味深いところだ。現在、中国、台湾、タイ、マレーシア、香港にて好まれているクライアントである(もちろん、検索結果に基づいて判断すると、だが)。一方でuTorrentはより多くの国、特にモルドバでしばしば検索されている。Azureusはギリシャで人気の検索ワードのようだ。

uTorrent search volume worldwide

US

米国内の詳細を見てみると(いずれの国の詳細もこうして見ることができる)、3つのBitTorrentクライアントともにカリフォルニアで高い人気を誇っているのがわかる。グラフは大半のuTorrentの検索がケンタッキー州とカリフォルニア州、特にミルピタスという都市で(相対的に)行われていることが示されている。またAzureusはオハイオ州、ソルトレークシティで人気があるようだ。BitCometは3つのクライアントの中でも最も少ないようだが、ニューヨーク州と再びカリフォルニア州、こちらはモントレーパークから多くの検索がなされている。

uTorrent search volume in the US
全体的には、これとは別の統計と比較して、検索データは実際のBitTorrentクライアント選考にかなり近似したものと言えるだろう。地域差に関するGoogle Insightsは、既知のデータを補強するものであるが、これらが検索統計にすぎないということは留意しておくべきだろう。ともあれ、それほど重要なニュースのない日曜の午後にちょっと遊んでみるには楽しいツールだと言えるだろう。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1177-3578a5da

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。