スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国:ISP、数千人のファイル共有ユーザの個人情報を提出

以下の文章は、TorrentFreakの「ISPs Hand Over Details of ‘Several Thousand’ Pirates」という文章を翻訳したものである。

原典:TorrentFreak
原題:ISPs Hand Over Details of ‘Several Thousand’ Pirates
著者:enigmax
日付:September 04, 2008
ライセンス:CC by-sa

英国高等裁判所は、2つの大手ISPに対して数千名もの容疑をかけられたファイル共有ユーザの個人情報を提出するよう命じた。BTはTopwear Inc.に雇われたDavenport Lyonsの弁護士たちが数千名もの人々を脅威に晒しつつあることと関連があると認め、一方Virgin Mediaは間接手金それを認めている。

現在、この『Dream Pinball』騒ぎの背後にいる米国ゲーム開発会社Topware Interactiveは、ますますこの問題を大きくしようとしているようだ。ロンドンの弁護士事務所Davenport Lyonsを通じてオペレーションを行い、彼らは何とか高等裁判所に、ISPに対して容疑をかけられている海賊たちの身元情報を提出するよう命じさせた。

Samknowsによると、現在、英国最大手のISPであるBTが、Davenport Lyons versus P2Pのまっただ中に投げ込まれたようで、同社は著作権を侵害するファイル共有ユーザの身元情報を提出するよう命じられたことを確認した。彼らがすでにそうしているのかどうかという点までは明らかになっていない。しかし、BTは、BPIによって喧伝される非常に教育的な警告とは裏腹な、この「暴力的」戦術に驚かされたことだろう。

「音楽業界のやり方と比較しても、かなり暴力的なアプローチのようです。」とBTのスポークスマンはいう。「現時点では、こうしたごく限られた数の不心得者を追跡するのは1つの企業だけです。ただ、そうした人たちが潜在的にかなりの数に及んでいるであろう音楽産業が、この訴訟に続くのではないか、と思わずにはいられません。もちろん、どうなるかはわかりませんが。」
Virgin Mediaの反応はもう少し曖昧なものであった。しかし、その文脈からは彼らもこの訴訟に巻き込まれたことは明らかであろう。彼らは加入者のプライバシーを真剣に考えていると述べる一方で、裁判所から加入者の氏名、住所を提出するよう明示されれば応じざるを得ないという。Virgin Mediaはまた、同社が「教育的アプローチ」を望んでいるという。その例としては、最近ISPとBPIとの歩み寄りがある。Virgin Mediaのスポークスマンは、Samknowsにこう述べている。

「確かに私たちは、BPIとの協力を選んだように、教育的ルートを望んでいます。それは、ある人々が有罪であるなどと仮定することは誰にもできないことだからです。もちろん、私たちもそのようなことはいたしません。私たちが行っているのは、加入者の方に何が起こっているのかを伝え、合法的なダウンロードを行うためにどのようにすべきかという情報を提供することなのです。別の産業には、全く異なった別のアプローチがあるということなのでしょう。」

Virginのスポークスマンは口を滑らせたかなと。というのも、『ゲーム産業』全体が疑わしきファイル共有ユーザに対してこうした攻撃的なアプローチをとっているわけではないのだから。実際にそうしているのはTopware Interactiveであり、他のアクティブなケースでいっても、Atari、Codemasters、Techland、Reality Pumpと、ほんのわずかなゲーム開発会社に過ぎない。

25年来のゲーマーとしては、自らの顧客に対して法的措置を執ることはとりわけクレバーではない、といったEA SportsのボスPeter Mooreに賛同したい。また、GameIndustry.bizのRob Faheyは、産業によって主張されているような損失というのは『全くの戯言』でしかないと考えており、そう考えるのは彼だけにとどまらない、と述べている。

いずれにしても、こうしたアクションによって『保護されている』ゲームをみてみれば、Codemastersのタイトルは例外としても、その他ほとんどは二流で、ほとんど売れていない物ばかりである。開発会社は、売れない原因をファイル共有による物と見せかけようとしているが、人々はきちんと理解しているだろう。ファイル共有コミュニティが疑っているのは、こうしたアクションが著作権の保護のためではなく、ひどいゲームにお金を支払わせるためのものではないかということである。ジリ貧の中でどーしても金が必要になったってところかね?

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1179-d4ee7c7c

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。