スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Brad Sucks、Creative Commonsライセンスにてニューアルバムとそのソースをリリース

  
以下の文章は、CreativeCommons.orgの「Brad Sucks Releases “Out Of It”, CC-Licensed Pop/Rock」という記事を翻訳したものである。右のプレイヤーはJamendoにて公開されている

Brad Sucksのセカンドアルバム"Out of It"
のWebプレイヤーをエンベッドしたものである。ちょっと長いエントリになると思うので、聞きながら読んでいただければ幸い。 プレイリストはアートワーク下のタイトル、アーティスト名が表示されている半透明の部分をクリックで見ることができる。また、このプレイヤーからDownloadリンク掲載ページに飛ぶこともできます。

原典:Creative Commons.org
原題:Brad Sucks Releases “Out Of It”, CC-Licensed Pop/Rock
著者:Cameron Parkins
日付:September 10, 2008
ライセンス:CC by

CCスタッフもお気に入りのミュージシャンBrad Sucksは、今週月曜、ニューアルバム"Out of It"をオンラインにて無料でリリースした。このアルバムはCC BY-SAにてライセンスされている。Brad Sucksのブログより。

2001年、僕が音楽をインターネットに置き始めたときから、ずいぶん多くのことが変わった。アーティスト自身が無料ダウンロードを推奨するというのもショッキングなことだったし、フレキシブルな価格設定というのも試されたことのない風変わりなものだった。アーティストがソースファイルを提供するということもほとんどなく、新たなミュージシャンたちが音楽の共有を薦めることもなかった。

最近、僕は今度は別のやり方でやってみないかって聞かれたんだ。[...] でも、正直言って、なぜ別のやり方をするのかってことを想像できないんだよね。国内ベースで自力でアルバムを制作している僕のような人間が、ある種の成功を収めることができた唯一の理由は、みんながわざわざ僕の音楽を友達と共有してくれたおかげなんだよね。リミックスしてくれた人、ビデオで使ってくれた人、ポッドキャストでかけてくれた人、ソフトウェアやゲームで使ってくれた人、そうした人たちにおかげで、僕の音楽は僕の知らないところで広まっていったんだ。

アルバムのリリースと同時に、Brad SucksはCCmixterにて、“Indie Band Survival Guide”の著者でもあるRandy ChertkowとJason Feehanからインタビューを受けている。BradはccMixterの中でも最もサンプリングされたアーティストの1人である。

さて、そのccMixterにて公開されているインタビュー記事を見てみよう。話の中心は、インディペンデントな音楽活動とリミックスについて。

以下の文章は、CCmixterの「Artist Spotlight Q & A: Brad Sucks 」という記事を翻訳したものである。

原典:CCmixter
原題:Artist Spotlight Q & A: Brad Sucks
著者:CCmixter
日付:September 10, 2008
ライセンス:CC by-nc

Brad Sucks

以下のQ&Aは、Indie Band’s Survival Guideの著者でもあるRandy CherktowとJason Freehanによる2008年9月のインタビューである。彼らはBeatnik Turtleというシカゴベースのホーンパワードロックバンドのメンバーでもあり、18枚のアルバムをリリースしている。また、昨年には every day of the yearという楽曲をリリースしている。

Brad SucksはOpen Musicのパイオニアである。たとえば、2005年にCCmixterにてリミックス用にアカペラを投稿した最初のアーティストの1人でもある。それ以来、彼の作品は数百回にもわたってリミックスされることとなった。2008年9月、彼はセカンドアルバムOut of Itをオンラインでリリースした。そして、強く期待されていたように、彼はアルバム全体のアカペラをCCmixterにすぐさま投稿してくれた。Bradは、Indie Band Survival Guideでもフィーチャーされており、このCCmixterのArtist Spotlightで再び彼にインタビューできるのは嬉しい限りだ。

IBSG:まず最初に、一番重要なことから聞こうかな。Brad、君は自分の機材の気に入ったところをあげるのと同じくらいに、ダメなところをあげようとすることがよく知られているよね。で、僕らの間だけで、どの機材が本当に一番嫌いなのか、どの機材が一番好きなのか教えてくれないかな?僕らは君の機材のことは一切言わない、それは約束するよ!

Brad:今は、壊れかけのPreSonus BlueTube、徐々に壊れていってるBehringer UB1204ミキシングボード、思った通りに動いてくれたことのないM-Audio Axiom-25 keyboardに怒り心頭ってところかな。

まだ僕を怒らせていない機材は・・・、Event 20/20basモニターとM-Audio Delta 66。あと、Boss GT-8が好きだね。だけど、ツアーの時にこれが重くて大きくてね、だんだんそこが気にくわなくなってきてるけど。

IBSG:君はCCmixterの中でも最もリミックスされたアーティストの1人だし、長いこと自分の音楽をリミックスさせてきた。いつ、他のミュージシャンに自分の音楽をリミックスさせようとし始めたのか、それと、何が君にリミックスを許させることを選択させたのかを聞かせてくれないかな。

Brad:それは僕が一番最初にやりたかったことの1つだったんだよね。僕はいつも、他のアーティストの楽曲を分解する機会が欲しいって思ってた。だから僕にとってこれは自明のことだったんだ。でも残念なことに、それを始めた当初は、帯域が全然足りなくて・・・。だから、CDでソースを提供しようとしたり。やっぱり面倒だったね。最終的にはソースをアップロードするのに十分な帯域を手に入れて、それからは煩わされることはなくなったよ。

IBSG:何がこれほどまでに多くのミュージシャンに君の音楽をリミックスさせているんだと思う?

Brad:よくわからないんだけど・・。とりえあず、本当にはじめの頃に参加したから、というのがあるかもしれない。あと、僕のファーストアルバムの曲のシンプルさがそれと関係があるのかなぁ。シンプルだから、ここをこうしてみようとかいうイメージがわきやすいのかもね。

IBSG:君のファンが長らく待ち焦がれていたニューアルバムOut of Itが9月8日にリリースされるね。それに、ccMixterのリミキサーたちも君が音源をアップロードしてくれるのをよだれを垂らして待っている。最初にリミックスするのは誰だなんてレースも起こりそうだね。君はどの楽曲が一番リミックスされると思う?あと、どの曲が一番チャレンジングだと思う?

Brad:うーん、難しい質問だね。Certain Death(2曲目)は確かに一番ソースのリクエストがある曲なんだけど、それはずっと前からサイトにデモを載せていたからかもしれないし。"Out of It"が可能性があるのかな。以前バックグランドボーカルコンテンツをやったときのオルタナティブボーカルテイクがccMixterにたくさんあるしね。

あとは一番大変そうなの?たぶんBad Signだろうね。はっきりとは言えないんだけど、みんながそれを使ってリミックスってのがどうしても想像できなくって。

IBSG:君がファーストアルバムを書いて録音したときは、オフラインだったし、一人っきりでもあった。でも今回は、オープンに、ファンの前で、そしてオンラインで曲を書いてレコーディングした。これはどんな風に君の作品作りに影響したと思う?期待に応えなきゃいけないって感じた?それとも、もっとサポートになったって感じたかな?

Brad:実は最初のアルバムもオンラインで作ったんだけど、ただほとんど注目してはもらえなかったね。自分の頭の中で音楽が「できあがる」前に、知らない人からフォードバックを受けることにノイローゼ気味にもなったことはあるよ。でも、もう1つの選択肢-孤独に作業すること-がとても大変で、歩みが遅くて、やりがいが感じられない、ってことに気づいたんだ。

IBSG:ミュージシャンみんなが独力でレコーディングする方法を知っている訳じゃないんだけど、どこでそれを学んだのか、今までどんな機材のことを学んできたのかを教えてもらえるかな?これまで、PortastudioとかCasiotoneは使ったことある?

Brad:最初はトラッカー(Scream Tracker, Impulse Tracker, etc)から始めたかな。ベースとしてFostex 4-trackを持ってて、何曲かはそれで作ったけど、それはなんだかおかしくて直感的じゃないアナログなやり方だってわかったんだ。こうしたことならだいたいはできちゃうようなコンピューターを持っているのに、何でそんなアナログなやり方をしているんだろうって理解できなくなっちゃって。それでも、ソフトウェアがまともになるまでには時間がかかったけどね。

IBSG:リミックスしてもらうための音楽をどうやって用意すればいいのかってことを、他のミュージシャンにアドバイスすることが何かあれば教えてもらえないかな。できるだけ、簡単に、フレキシブルにすればいいのかな?それと、君のファーストアルバムの曲をリミックス用に用意したことで学んだtipsなんかはある?ccMixter用にアップロードする音源で前作と今作とで違うところはあるのかな?

Brad:ファーストアルバムの時は、シンプルで、ループベースのものばかりだったかな。今作のOut of Itだと、いろんなグループ(guitars/drums, etc)を曲全体でエクスポートしたものをアップロードするつもり。そうすれば、みんな使いたいように使えるからね。前作の違いはその辺かな。前作のレコーディングソースパックはループがメインだったんだけど、結構不満の声もあって、アルバムで使われているまんまのトラック全体のところから始めたいって。その辺のことがあって、今回は曲全体のトラックをそれぞれアップロードすることにしたんだけど、そういったやり方を気に入ってくれると嬉しいね。

IBSG:君は2004年にccMixterに参加しているね。どうやってccMixterを知ったの?

Brad:実はよく覚えて無くて。新しものをチェックするためにオンラインでかなりの時間を使っていただろうけど。僕はCreative Commonsと、僕の友達Victor Stoneに注目してたから、たぶんその辺から知ったんだと思うけどね。

IBSG:じゃあ次はデザートアイランドトラックを(訳注:無人島に持って行くなら、の意)。もし、ccMixterでトラックを利用できるようになったら、リミックスしてみたいアーティストや楽曲はある?

Brad:僕は一般的なセンスではよいリミキサーではないけれど・・。自分のテイストにあった形に作り直したいアルバムはたくさんあるね。思いつくところで3つほどあげると・・

- Cypress HillのBlack Sunday
- MinistryのThe Land of Rape and Honey
- NirvanaのNevermind

大半は、もっとエッジを効かせて、ラウドに、モダンなサウンドにしたいってとこ。ただ、アレンジなんかはそのままだろうね。あとPink FloydのThe Wallから80's サウンドを取っ払って、Dark Side of the Moonみたいなサウンドにしたいね。

IBSG: Sucksって言葉は「むかつくほど不愉快である、または不快である」って意味だけど、もっと成功したらバンドの名前を変える気はある?もしそうだとしたらどんな名前になるのかな?

Brad:名前を変えるつもりはないけど、思いつくところとしては"Bras's Not Too Shabby"かな。

IBSG: このアルバムが完成した今、次にしたいことは?

Brad: 寝たい。で、起きたら、ツアーに出るかどうかを考えなきゃ。そのあとは、別の音楽と脚本に取りかかって・・・。プロジェクトには終わりはないから、規則的にいろいろと取り組んでいかなきゃね。、

彼のアルバムのソースは自身のWebサイト、またはccMixterにて公開されている。

Trackback

Trackback URL
http://peer2peer.blog79.fc2.com/tb.php/1187-cc1b1702

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール
heatwave Author
:heatwave

RSS Jamendo twitter tumblr Creative Commons Attribution 2.1 Japan
ブログ内検索
記事リスト
最新の記事
全記事一覧
他所で書いてるブログ

P2Pとかその辺のお話@はてな

アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。